「アーセナルはより強くなった」 増強の古巣をC・パレス敵将が警戒

2022.08.05 10:40 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
クリスタル・パレスのパトリック・ヴィエラ監督がプレミアリーグ開幕節の対戦相手であるアーセナルを分析した。イギリス『メトロ』が報じている。

今週からいよいよ開幕のときを迎えるプレミアリーグ。5日のC・パレスvsアーセナルで長きにわたる戦いの火蓋が切って落とされる。

古巣をホームに迎え撃っての開幕戦となるヴィエラ監督は昨季に1勝1分けのカードだが、「まったく異なる試合になる」と警戒した。

そんなアーセナルは今夏、ブラジル代表FWガブリエウ・ジェズスらを獲得して増強に成功。ヴィエラ監督も難しい戦いを予想した。

「新たな選手が加わったことで、もちろん、もっと良いチームになっていると思う。プレシーズンも本当に良い試合をしていたしね」

「彼らは昨季よりも良い状態。新戦力が加わって、より強くなったんだ。挑戦するため、タイトルに近づくための陣容が整っている」

一方のC・パレスもイングランド代表GKサム・ジョンストンらを獲得したりして戦力をアップ。現スカッドに自信をのぞかせた。

「チャレンジングな戦いになるのは覚悟の上だが、我々だって彼らを苦しめるためのツールを持っていると信じている」

関連ニュース
thumb

17日予定のブライトンvsクリスタル・パレスが鉄道ストライキで延期に

ブライトンは7日、17日にホームで開催が予定されていたプレミアリーグ第8節のクリスタル・パレス戦が延期となったことを発表した。 延期は鉄道会社が予定しているストライキによるもの。クラブは警察や地元の機関らと決行に向けて協議を重ねてきたが、やむなく延期を決定するに至ったようだ。 「何度が議論を経て、すべての要素を慎重に評価した結果、安全諮問委員会はプレミアリーグの全面的な支持のもと、全会一致で試合の延期を勧告しました」 「このことは、両チームのファンにとって非常に残念なことであり、両チームの試合スケジュールやサポーターのスケジュールに支障をきたすことを十分に理解しているが、両クラブのファン、マッチデースタッフ、選手、役員の安全を第一に考えなければなりません」 「我々は、両クラブのファンにとって、鉄道網へのアクセスなしに試合を観戦することがいかに困難であるかを考慮し、多くの選択肢と様々な緊急時対応策を検討しました」 「これには追加の旅行オプションや、試合を同じ週の前後に移動することが含まれていました。インターナショナルブレイクに突入するため、日曜日の午後の最も遅い時間も候補でしたが、単に満員の観客を集めて試合を実施することが不可能でした」 「両チームのファンの皆様にはご迷惑をおかけして申し訳ございませんが、正しい判断であったと考えております。また、この件に関してサポートしてくれたクリスタル・パレス、プレミアリーグ、当局に感謝します」 なお、代替日は決まり次第アナウンスがあるとのことだ。 2022.09.08 18:05 Thu
twitterfacebook
thumb

ユナイテッドがワン=ビサカをキープか、パレス&ウェストハムの打診拒否

マンチェスター・ユナイテッドで重要度を下げるイングランド人DFアーロン・ワン=ビサカ(24)だが、移籍の可能性が低くなっているようだ。 オーレ・グンナー・スールシャール元監督が退任後、右サイドバックのレギュラーを完全に失っているワン・ビサカ。その状況はエリク・テン・ハグ新監督の下でも変わらず、ポルトガル代表DFジオゴ・ダロトのプレーをベンチから見つめる日々が続く。 長い足を生かしてボールを刈り取る姿からスパイダーの異名もつく一方で、乏しい攻撃面から移籍が取り沙汰されたが、動きのないまま今季が開幕。イギリス『The Athletic』のデイビッド・オーンスタイン記者によると、残留の線が強まっている模様だ。 ユナイテッドは選手の古巣であるクリスタル・パレスとウェストハムからアプローチを受けたが、売却も貸し出しも考えておらず、いずれも拒否。今夏の移籍市場も閉幕が迫る今、ワン=ビサカを手放すとなれば、代わりを探す必要性が生じるからだという。 なお、ユナイテッドの右サイドバック事情を巡ってはドルトムントのベルギー代表DFトーマス・ムニエとバルセロナのアメリカ代表DFセルジーニョ・デストと紐づく報道も。それらの動きが形になれば、ワン=ビサカの状況も一変しそうだが、果たして。 2022.08.30 11:50 Tue
twitterfacebook
thumb

怪物ハーランド、プレミア4試合目にして早くもハットトリック「僕がここにいる理由」

マンチェスター・シティのノルウェー代表FWアーリング・ハーランドが、クリスタル・パレス戦を振り返った。イギリス『スカイ・スポーツ』がコメントを伝えている。 27日にプレミアリーグ第4節でホームにパレスを迎えたシティ。2点ビハインドで試合を折り返す予想外の展開となったが、後半立ち上がりにベルナルド・シウバのゴールで反撃の狼煙を上げると、ここからハーランドが覚醒する。 まずは62分、右サイドから上がったクロスをボックス内で繋ぎ、フィル・フォーデンの左からの折り返しを頭で合わせて同点に。70分には、右CKのショートコーナーからベルナルド・シウバがクロスを上げ、ジョン・ストーンズが頭で折り返したところを流し込んで逆転。 さらに81分にも、イルカイ・ギュンドアンの縦パスに反応したハーランドがDF2人に挟まれながらも強靭なフィジカルでゴールに繋げ、ハットトリックを達成。試合もそのままシティが勝利を収め、3勝1分け無敗とした。 加入後初のハットトリックとなったハーランド。これが移籍した理由だと得意げに語り、新たなチームメイト達とのプレーを楽しんでいることを強調した。 「こういう試合のために僕はここにいるんだ。苦しい時に全てを引っくり返すためにね」 「もちろん、ピッチ上で僕が楽しんでいることや、周りとの連係が上手くいっていることが見てわかると思う。時間はかかるけど、そのうちもっと良くなるはずだ」 「最後にフィルが僕のところにボールを運んできてくれたんだ! 最高に嬉しかったよ。僕たちはお互いのためにプレーしている。誰が点を取ろうと気にしないんだ。勝つことやそのためのメンタリティが重要だからね」 2022.08.28 16:07 Sun
twitterfacebook
thumb

「我々にはゴールを決める力がある」 大逆転劇のペップが攻撃力を誇る

マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督が逆転劇で飾ったプレミアリーグ第4節のクリスタル・パレス戦を振り返った。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 前節のニューカッスル・ユナイテッド戦を3-3のドローに持ち込み、開幕3試合で2勝1分けのシティ。仕切り直しを期す一戦でも21分までに2失点と守りの不安定さを露呈したが、53分にポルトガル代表MFベルナルド・シウバの2戦連発弾で反撃の狼煙を上げると、ノルウェー代表FWアーリング・ハーランドも加入後初のハットトリックで続いて、4-2で制した。 自慢の攻撃力で試合をひっくり返して2試合ぶりの白星を手にしたグアルディオラ監督はここ2試合連続で複数失点の守備面に頭を悩ませつつ、逆境を跳ね除けた戦いぶりに満足感を示した。 「我々にはゴールを決める力がある。ただ、最近は失点が多い。ニューカッスル戦で3失点、バルセロナ戦で3失点、今日も2失点。だが、良い逆転劇で乗り切れたのは良かった」 「こういう状況は起こりうる。でも、普通ならこうした状況に陥れば負けるものだ。相手は良く組織され、我々はああいう試合でプレーするために必要な準備をしていなかった」 51歳のスペイン人指揮官はまた、チームを救う今回のハットトリックで開幕から4戦6発と前評判通りの活躍を披露するハーランドに触れ、改めてフィニッシャーぶりを評価している。 「ハーランドが今日の試合でやったことは彼のキャリアを通じてずっとやってきたこと。だから、特別なことじゃないし、あれが彼のスタイルなんだ。彼は驚くべき存在だね」 そして、今夏も移籍報道に揺れるなか、2試合連続のゴールで逆転劇の口火を切ったB・シウバにも「彼は今日の勝利における功労者。劣勢でも力を出せるタイプの選手さ」と賛辞の言葉を送った。 「あの力は選手としての最も大きな資質。誰にでもスキルというものがあるが、状況が悪いときにどう反発するか、彼はおそらく我々のなかで最高の選手だね」 2022.08.28 09:45 Sun
twitterfacebook
thumb

ハーランド圧巻の加入後初ハット! シティが天敵パレスに2点差引っくり返す逆転勝利!《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第4節、マンチェスター・シティvsクリスタル・パレスが27日にエティハド・スタジアムで行われ、ホームのシティが4-2で逆転勝利した。 開幕連勝スタートのシティは、ニューカッスルとの前節で連勝がストップ。一時2点ビハインドを負ったアウェイゲームを3-3のドローに持ち込んだ点はポジティブだが、新たに取り組むビルドアップの問題、大量失点とネガティブな側面も垣間見せた。 ホームで仕切り直しの白星を目指す今節は、アーセナル、リバプールと強豪相手に善戦を見せた難敵パレスと対戦。グアルディオラ監督は前節から先発2人を変更。負傷のアケに代えてルベン・ディアス、ギュンドアンに代えてマフレズを右ウイングで起用。ベルナルド・シウバは左インサイドハーフに入った。 昨季1敗1分けと苦手意識のあるパレスに対して、ホームのシティはこの試合でも難しい入りを強いられる。開始4分、自陣左サイドで与えたFKの場面でエゼのクロスがゴール前の密集でウォーカー、ストーンズに続けて当たると、これがゴールネットに吸い込まれた。 不運な形での失点で出ばなをくじかれたシティはすぐさま反撃を開始。[5-4-1]の堅牢なブロックを敷く相手に対して、圧倒的にボールを握りながらサイドでの個人技、中央での細かいコンビネーションで局面の打開を図る。 その流れからボックス内でフォーデンやハーランドがフィニッシュまで繋げていく。ただ、決定機まであと一歩という状況が続く中、再びセットプレーから相手に少ないチャンスをモノにされる。 21分、パレスは右CKの場面でキッカーのエゼが右足アウトスウィングの正確なボールを入れると、うまく相手DFを外したアンデルセンが渾身のヘディングシュートをゴール左隅の完璧なコースに突き刺した。 ニューカッスル戦に続き2点のビハインドを背負う形となったシティは、その前節のように早い時間帯のゴールを目指すが、焦りや相手の堅守を前に連携ミスや最後の質を欠きゴールが遠い。 39分には右サイド深くでベルナルド・シウバが上げた正確なクロスにフリーのフォーデンが飛び込むが、ここはヘディングシュートを抑え切れずに枠の上。さらに、40分過ぎにも波状攻撃を仕掛けてデ・ブライネが続けて右足を振っていくが、同点ゴールはおろか1本の枠内シュートも放てぬままハーフタイムを迎えることになった。 後半も同じメンバーで臨んだシティは、開始直後のセットプレーでいきなり際どい部面を作り出すと、早い時間帯に1点を返す。53分、左サイドに振って中央でボールを受けたロドリが右サイドに張るベルナルド・シウバへサイドチェンジ。そのままボックス内に侵入して鋭いカットインを仕掛けたポルトガル代表MFが左足を振ると、ゴール前の密集でシュラップにディフレクトしたボールがGKグアイタの反応の逆を突く形でゴールネットを揺らした。 ベルナルド・シウバの2戦連続ゴールで反撃の狼煙を上げたシチズンズは、60分過ぎにカンセロとマフレズを下げてギュンドアン、アルバレスを同時投入。この交代でベルナルド・シウバ、フォーデンがウイングバックに入る変則的な[3-4-3]の布陣に変更した。 すると、この交代直後の62分には右サイドでデ・ブライネとパス交換したベルナルド・シウバが正確なクロスを供給。ボックス内でアルバレスが頭で落とすと、これを拾ったフォーデンがボックス左から丁寧な折り返しを上げると、ゴール前に飛び込んできたハーランドが頭で合わせ、同点に追いつく。 これで完全に流れを掴んだシティは、心身ともに疲労感が漂うパレスを完璧に押し込んでいく。そして、幾度かの決定機を経た70分には右CKのショートコーナーからボックス右で仕掛けたベルナルド・シウバがアルバレスとのワンツーでボックス右ライン際から丁寧なプルバック。これを中央のストーンズが冷静にファーへ流すと、ドフリーのハーランドがワンタッチで流し込んだ。 まるで “鳥かご”のような圧巻の連携プレーでハーランドの逆転ゴールが生まれたシティは、攻撃的な交代策を切ってきた相手の出方を窺いつつ、試合を決める4点目を目指す。すると、81分にはギュンドアンの縦パスに反応したハーランドがDF2枚に挟み込まれながらも強靭なフィジカルでボックス内まで運び、最後はGKのポジションを冷静に見極めた左足のシュートを流し込み、加入後初となるハットトリックを達成した。 これで勝利を確実としたホームチームは殊勲のハーランド、デ・ブライネを下げてこれがデビュー戦となるセルヒオ・ゴメス、パーマーを続けてピッチに送り込んで試合をクローズ。前半の出来を考えれば、今季初黒星もちらついた厳しい一戦をハーランドの活躍などで勝ち切ったシティが、天敵パレス撃破で大きな勝ち点3を手にしている。 2022.08.28 01:16 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly