田中亜土夢が後半から出場のヘルシンキがアウェイで先勝! フェネルバフチェも快勝《EL予選3回戦》

2022.08.05 10:55 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
4日、ヨーロッパリーグ(EL)予選3回戦の1stレグ7試合が行われた。MF田中亜土夢が所属するHJKヘルシンキは、アウェイでスロベニアのマリボルと対戦。0-2でヘルシンキがアウェイで先勝を収めた。

田中はこの試合でベンチスタート。ハーフタイムにサンテリ・ヴァーナネンと交代して出場した。

前半はゴールレスで折り返した中、47分にヘルシンキが先制。ボックス右でパスを受けたデイビット・ブラウンが細かいステップで相手DFを抜いてカットイン。サンテリ・ホスティッカとのダイレクトワンツーでボックス内でリターンを受け、左足で見事にゴールを奪った。

先制に成功したヘルシンキは64分にも追加点。大きなサイドチェンジを左サイドでムリロが受けると、グラウンダーのクロス。これをファーサイドに走り込んだボヤン・ラドゥロビッチが押し込み、リードを2点に広げ、そのまま勝利を収めた。

その他、フェネルバフチェやマルメ、チューリヒなどヨーロッパの経験があるチームが順当に勝利を収めている。

◆ヨーロッパリーグ予選3回戦 1stレグ

AEKラルナカ(キプロス) 2-1 パルチザン・ベオグラード(セルビア)
マルメ(スウェーデン) 3-0 デュドランジュ(ルクセンブルク)
フェネルバフチェ(トルコ) 3-0 スロヴァコ(チェコ)
マリボル(スロベニア) 0-2 HJKヘルシンキ(フィンランド)
リンフィールド(北アイルランド) 0-2 チューリヒ(スイス)
シャムロック・ローバーズ(アイルランド) 3-1 シュクピ(北マケドニア)
オリンピアコス(ギリシャ) 1-1 スロバン・ブラチスラバ(スロバキア)



1 2

関連ニュース
thumb

ローマに痛手…主力WBのカルスドルプが左ヒザ内側半月板断裂で手術

ローマは17日、オランダ代表DFリック・カルスドルプが手術を受けることを発表した。 カルスドルプは15日に行われたヨーロッパリーグ(EL)グループC第2節のヘルシンキ戦にフル出場したが、その試合で左ヒザを負傷。検査の結果、左ヒザの内側半月板断裂と診断された。 クラブによれば、同選手は今後スイスにあるグートクリニックのゲオルグ・アールベウマー医師により手術を受けるとのこと。 なお、離脱期間は明かされていないが、『フットボール・イタリア』は約6週間程度の離脱になると伝えている。 2017年夏にフェイエノールトからローマに加入したカルスドルプは、フェイエノールトへのレンタル移籍などを経て、昨季から右ウイングバックのレギュラーに定着。今季もここまで公式戦5試合に出場していた。 2022.09.18 07:30 Sun
twitterfacebook
thumb

数的有利活かしてEL勝利のローマ、モウリーニョ監督「後半にチームの姿勢が変わった」

ローマのジョゼ・モウリーニョ監督がヨーロッパリーグ(EL)での勝利を振り返った。クラブ公式サイトが伝えている。 ローマは15日に行われたELグループC第2節でヘルシンキと対戦した。初戦でまさかの黒星を喫したチームは開始10分で相手チームに退場者が出るアドバンテージを得ながらも、数多くのチャンスを決め切れずハーフタイムへ。それでも、後半FWパウロ・ディバラのゴールで均衡を破ったチームはその直後にMFマヌエル・ペッレグリーニの得点でリードを広げると、68分に新戦力のFWアンドレア・ベロッティにも初ゴールが生まれ、3-0で勝利した。 今季EL初勝利を挙げたチームについて、試合後にモウリーニョ監督は後半のパフォーマンスに満足していると強調。そのうえで、チームは特に攻撃面でさらなる成長が必要だと発破をかけている。 「(ディバラの影響力については)彼が先制点を奪ったのだからあるのだろう。だが、後半はチームとして良い姿勢で臨めたと思う。前半は相手に退場者が出ていたにもかかわらず、まだ11人対11人であるかのようなプレーをしていた。受け身になりすぎていたのだ」 「後半、4バックに布陣を変えてからはチームの態度が変わったね。序盤に2点を奪って1人多い状況でもプレッシャーをかけ続ける安定感があり、我々は敵陣でプレーし続けることができた」 「ヘルシンキは気の毒だったね。試合の入りは良かったが、レッドカードによって常に厳しい状況となった。こうなれば、厳しい戦いになるのは目に見えている。彼らはよく組織されたチームで、良いアイデアも持っていた。だから、タフなゲームだったよ」 「我々はビルドアップに改善の余地があると思う。とはいえ、得点を奪うにはFWに狡猾さも求められるだろう。今はあまりに多くのチャンスを無駄にしているからね。ベロッティも、この "病気"に少しかかっていたようだ。今日は普段のレパートリーにないバックヒールを4、5回も見せていた。本来、彼はあらゆる方法で得点する必要があり、シュートをネットに突き刺さなければならない」 「今はチャンスをたくさん作っているのに決められていない。だが、そうは言っても私はまだチームに満足している。ELではベティスとの連戦になるが、彼らは本当に強いチームだ。このグループにも大きな影響を与えるだろう」 2022.09.16 10:58 Fri
twitterfacebook
thumb

堂安先発のフライブルクが2連勝!原口途中出場のウニオン・ベルリンは連敗…【EL日本人選手】

ヨーロッパリーグ(EL)グループステージ第2節が15日に各地で行われた。 今シーズンのグループステージには、アーセナルのDF冨安健洋、ソシエダのMF久保建英、フライブルクのMF堂安律、モナコのFW南野拓実、ウニオン・ベルリンのMF原口元気、ユニオン・サン=ジロワーズのDF町田浩樹、ヘルシンキのMF田中亜土夢ら7人の日本人選手がプレーする。 今回の第2節では、堂安が先発、久保、原口が途中出場した。 敵地でオリンピアコスと対戦したフライブルクは5分、右サイドで獲得したFKからグリフォがクロスを供給すると、ニアで合わせたホフラーのヘディンシュートがゴール左隅に決まった。 幸先良く先制したフライブルクは、25分にもグリフォのロングパスをチェレがボックス左で収めると、相手DF2人の間を抜くチップキックでラストパス。これをゴール前で受けたグレゴリッチュが難なくゴールに流し込んだ。 後半も主導権を握るフライブルクは53分、右CKの二次攻撃から中盤右サイドでボールを受けたグリフォがボックス内へロングパスを供給。これをボックス左のギンターが頭で折り返すと、ゴール前で受けたグレゴリッチュが飛び出したGKを冷静にかわしてシュートを突き刺した。 その後、フライブルクは69分に堂安を下げてペテルゼンを投入。終盤にかけても危なげない試合運びを見せ、3-0で完勝した。 ★冨安健洋[アーセナル] ▽延期 アーセナル vs PSV ★久保建英[ソシエダ] ▽9/15 ソシエダ 2-1 オモニア ◆61分からプレー ★堂安律[フライブルク] ▽9/15 オリンピアコス 0-3 フライブルク ◆69分までプレー ★南野拓実[モナコ] ▽9/15 モナコ 0-1 フェレンツヴァーロシュ ◆ベンチ入りも出場せず ★原口元気[ウニオン・ベルリン] ▽9/15 ブラガ 1-0 ウニオン・ベルリン ◆67分からプレー ★町田浩樹[サン=ジロワーズ] ▽9/15 サン=ジロワーズ 3-2 マルメ ◆ベンチ入りせず ★田中亜土夢[ヘルシンキ] ▽9/15 ローマ 3-0 ヘルシンキ ◆ベンチ入りも出場せず 2022.09.16 06:02 Fri
twitterfacebook
thumb

途中出場ディバラの1stプレー弾にベロッティが加入後初弾! ローマが田中亜土夢不出場の10人HJKに完勝《EL》

ヨーロッパリーグ(EL)のグループC第2節、ローマvsヘルシンキが15日にスタディオ・オリンピコで行われ、ホームのローマが3-0で勝利した。なお、ヘルシンキのMF田中亜土夢はベンチ入りも出場機会はなかった。 ルドゴレツとのアウェイでの開幕節を土壇場の失点で1-2と落としたローマは、今季グループステージのホーム開幕戦で初勝利を目指した。今週末にアタランタとの上位対決を控える中、モウリーニョ監督は2-1で競り勝った直近のエンポリ戦から先発4人を変更。スモーリングに代えてビーニャを3バックの左に入れたほか、チェリクとディバラ、エイブラハムに代えてカルスドルプ、ベロッティ、肩の脱臼から回復したザニオーロを起用した。 試合は拮抗した入りとなったが、10分過ぎに流れを大きく左右するアクシデントが発生。自陣中央でリングマンがバックパスを蹴り損なうと、これを奪ったベロッティがそのままボックス手前まで運ぶと、慌てて対応にあたったDFテンホがアフター気味に倒す。主審は当初、イエローカードを掲示も、オンフィールド・レビューの結果、決定機阻止でのレッドカードに判定が変更された。 前半序盤に数的優位を手にしたローマは、ここから攻勢を強めていく。3バックの左右に入るビーニャやマンチーニも積極的に高い位置を取って攻撃に厚みを加える。 前半半ばから終盤にかけては相手陣内でハーフコートゲームを展開するホームチームが再三ゴールへ迫る。だが、ビーニャのクロスに合わせたペッレグリーニにのヘディングシュートは枠を外れ、見事なコンビネーションプレーから放ったベロッティとザニオーロの決定機はGKハザードのビッグセーブに阻まれ、前半の内にゴールをこじ開けることはできなかった。 迎えた後半、ローマはイバニェス、ビーニャに代えてスモーリングとディバラを同時投入し、並びを[4-2-3-1]に変更。すると、“ラ・ホヤ”がいきなりの輝きを放った。 キックオフ直後の47分、ボックス内でペッレグリーニがヒールでマイナスに落としたボールに反応したディバラがペナルティアーク付近で左足を一振り。ゴール前の密集を抜いたグラウンダーのシュートがゴール右下隅に突き刺さり、公式戦2試合連続ゴールとした。 ディバラのファーストプレーで先制に成功したローマは畳みかける。直後の49分にはマティッチのスルーパスに抜け出したザニオーロがボックス左で仕掛け、ゴールライン際からプルバック。相手DFに触られて浮いたボールをゴール前に詰めたペッレグリーニが腹部で押し込み、直近のエンポリ戦でPK失敗のカピターノにも待望の今季初ゴールが生まれた。 この連続ゴールでほぼ勝利を決定的なモノとしたホームチームだが、ゴールがほしい攻撃陣が貪欲に追加点を目指していく。マティッチの強烈なミドルシュートやザニオーロのゴール前での決定機は3点目に繋がらなかったが、多くのロマニスタがゴールを期待していた新戦力に待望の加入後初ゴールが生まれる。 68分、左サイドでスピナッツォーラからのスルーパスに抜け出したザニオーロが2点目と同じ形でゴールライン際からグラウンダーの折り返しを入れると、ゴール前でフリーのベロッティが左足で合わせた。 個の3点目で勝利を確信したモウリーニョ監督は、殊勲のペッレグリーニ、ザニオーロを下げてボーヴェ、エイブラハムを投入。週末のビッグマッチを意識した戦い方にシフトした。その後、相手GKの意地のファインセーブもあり、4点目を奪うまでには至らなかったが、3-0の完勝でグループステージ初勝利を手にした。 2022.09.16 05:55 Fri
twitterfacebook
thumb

堂安の決勝点でフライブルクが白星発進!冨安、久保らも勝利に貢献【EL日本人選手】

ヨーロッパリーグ(EL)グループステージ第1節が8日に各地で行われた。 今シーズンのグループステージには、アーセナルのDF冨安健洋、ソシエダのMF久保建英、フライブルクのMF堂安律、モナコのFW南野拓実、ウニオン・ベルリンのMF原口元気、ユニオン・サン=ジロワーズのDF町田浩樹、ヘルシンキのMF田中亜土夢ら7人の日本人選手がプレーする。 今回の第1節では、冨安や久保、堂安、南野、原口が先発出場となった。 ホームでカラバフと対戦したフライブルクは4分、左CKの競り合いの際にギンターがバイラモフと激しく接触し倒れると、VARの末にPKを獲得。このPKをグリフォがゴール左隅に決め、幸先良く先制した。 さらにフライブルクは15分、右サイドでパスを受けた堂安がドリブルでカットイン。そのままボックス内に入ると、ゴール左隅にシュートを流し込んだ。 その後、39分にヴェショビッチの強烈なミドルシュートで1点を返されたフライブルクは、後半にも何度か危ない場面を作られたが、堂安のゴールで逃げ切り2-1で勝利した。 一方、南野が2試合ぶりの先発となったモナコは、アウェイでツルヴェナ・ズヴェズダと対戦。前半から膠着状態が続く中、モナコは67分に南野やベン・イェデルらを下げてディアタやエンボロを投入。 すると74分、ディアタの右クロスに反応したゴロビンがボックス内でスルニッチに倒されPKを獲得。このPKをエンボロがゴール左に決めると、これが決勝点となり、モナコが1-0で勝利した。 また、原口に所属するウニオン・ベルリンと町田の所属するサン=ジロワーズによる日本人所属クラブ同士の対戦が実現。試合は39分にライネンが挙げたゴールで逃げ切ったサン=ジロワーズが1-0で勝利した。原口は60分までプレー、町田はベンチ外となった。 ★冨安健洋[アーセナル] ▽9/8 チューリッヒ 1-2 アーセナル ◆フル出場 ★久保建英[ソシエダ] ▽9/8 マンチェスター・ユナイテッド 0-1 ソシエダ ◆79分までプレー ★堂安律[フライブルク] ▽9/8 フライブルク 2-1 カラバフ ◆93分までプレー、15分にゴールを記録 ★南野拓実[モナコ] ▽9/8 ツルヴェナ・ズヴェズダ 0-1 モナコ ◆57分までプレー ★原口元気[ウニオン・ベルリン] ▽9/8 ウニオン・ベルリン 0-1 サン=ジロワーズ ◆60分までプレー ★町田浩樹[サン=ジロワーズ] ▽9/8 ウニオン・ベルリン 0-1 サン=ジロワーズ ◆ベンチ入りせず ★田中亜土夢[ヘルシンキ] ▽9/8 ヘルシンキ 0-2 ベティス ◆ベンチ入りも出場せず 2022.09.09 06:30 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly