田中亜土夢が後半から出場のヘルシンキがアウェイで先勝! フェネルバフチェも快勝《EL予選3回戦》

2022.08.05 10:55 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
【動画】田中亜土夢出場のマリボルvsヘルシンキ ハイライト





1 2

関連ニュース
thumb

久保、冨安、堂安ら4選手が決勝トーナメント進出!原口、南野はプレーオフへ【EL日本人選手】

ヨーロッパリーグ(EL)グループステージ最終節が3日に欧州各地で行われた。 今シーズンのグループステージには、アーセナルのDF冨安健洋、ソシエダのMF久保建英、フライブルクのMF堂安律、モナコのFW南野拓実、ウニオン・ベルリンのMF原口元気、ユニオン・サン=ジロワーズのDF町田浩樹、ヘルシンキのMF田中亜土夢ら7人の日本人選手がプレーする。 今回の最終節では、原口が先発出場、冨安、田中が途中出場した。 すでに決勝トーナメント進出を決めている堂安律の所属するフライブルクは、アウェイでカラバフと対戦し1-1の引き分けに終わった。 堂安がベンチスタートとなった一戦は、24分にフライブルクが決定機。ヴァイスハウプトのロングパスに反応したシャーデがボックスライン際でムスタファザドに倒されるとVARの末にがPKを獲得。これをペテルゼンがゴール右隅に決めた。 1点リードで後半を迎えたフライブルクだったが、立ち上がりにピンチ。50分、ロングパスでボックス右に抜け出したヴェショビッチをシケが後ろから倒してしまいPKを献上。しかし、VAR検証の結果、ヴェショビッチがオフサイドと判定されPKは取り消された。 さらにフライブルクは、54分にもボックス内の混戦からヴェショビッチにネットを揺らされたが、これもVARでオフサイドと判定され、ゴールは取り消された。 62分にメディナが退場し数的優位となったフライブルクだったが、試合終了間際の92分にオウスにゴールネットを揺らされ、1-1の引き分けで試合を終えた。なお、堂安はベンチ入りするも出場機会はなかった。 また、グループDでは首位通過の決まっているユニオン・サン=ジロワーズと2位のウニオン・ベルリンは、開始早々のミヒャエルのゴールが決勝点となり0-1でウニオンが勝利。 なお、サン=ジロワーズのDF町田浩樹はベンチ外、ウニオンのMF原口元気は62分までプレーしている。 ★冨安健洋[アーセナル] ▽11/3 アーセナル 1-0 チューリッヒ ◆73分からプレーし、88分に負傷交代 ★久保建英[ソシエダ] ▽11/3 ソシエダ 0-1 マンチェスター・ユナイテッド ◆ケガのためベンチ外 ★堂安律[フライブルク] ▽11/3 カラバフ 1-1 フライブルク ◆ベンチ入りも出場せず ★南野拓実[モナコ] ▽11/3 モナコ 4-1 ツルヴェナ・ズヴェズダ ◆ベンチ入りも出場せず ★原口元気[ウニオン・ベルリン] ▽11/3 サン=ジロワーズ 0-1 ウニオン・ベルリン ◆62分までプレー ★町田浩樹[サン=ジロワーズ] ▽11/3 サン=ジロワーズ 0-1 ウニオン・ベルリン ◆ベンチ入りせず ★田中亜土夢[ヘルシンキ] ▽11/3 ベティス 3-0 ヘルシンキ ◆80分からプレー 2022.11.04 07:15 Fri
twitterfacebook
thumb

フライブルクが土壇場ドローで首位通過を決める!ウニオンは3連勝でグループ2位に浮上【EL日本人選手】

ヨーロッパリーグ(EL)グループステージ第5節が27日に欧州各地で行われた。 今シーズンのグループステージには、アーセナルのDF冨安健洋、ソシエダのMF久保建英、フライブルクのMF堂安律、モナコのFW南野拓実、ウニオン・ベルリンのMF原口元気、ユニオン・サン=ジロワーズのDF町田浩樹、ヘルシンキのMF田中亜土夢ら7人の日本人選手がプレーする。 今回の第5節では、冨安、久保、堂安が先発出場、原口が途中出場した。 EL4連勝でグループステージ突破を決めたフライブルクは、ホームでオリンピアコス(ギリシャ)と対戦し1-1の引き分けに終わった。堂安が右MFで先発出場し63分までプレーしている。 立ち上がりからボールを保持しながらも相手の守備を崩し切れないフライブルクは、17分に失点する。G・ロドリゲスのパスでボックス右に侵入したマスラスの折り返しをビエルがシュート。これはGKフレッケンが弾いたが、こぼれ球をエル・アラビに押し込まれた。 迎えた後半も1点を追うフライブルクがボールの主導権を握るが、なかなか同点弾を奪えずに時間が経過。試合も終盤に差し掛かり、このまま試合終了かと思われたが、後半アディショナルタイムに待望の瞬間が訪れる。 93分、ギュンターの右CKをゴール前に走りこんだキューブラーが頭で合わせると、これがゴール左隅に吸い込まれた。結局、試合はそのままタイムアップ。土壇場弾で勝ち点1を掴んだフライブルクがグループ首位突破を決めた。 また、EL2連勝で上位を追走するグループD3位のウニオン・ベルリンは、ホームでグループ2位のブラガ(ポルトガル)と対戦し1-0で勝利した。ウニオンの原口元気は94分からプレーしている。 試合はゴールレスで迎えた後半に動く。ウニオンは64分、右サイドを持ち上がった シャーファーのクロスがクリアに入ったファビアーノの右腕に当たると、VARの末にPKを獲得。このPKをクノッヘがゴール左隅に突き刺した。 結局、これが決勝点となりウニオンが1-0で勝利。3連勝を飾ったウニオンがブラガをかわし2位に浮上している。 ★冨安健洋[アーセナル] ▽10/27 PSV 2-0 アーセナル ◆74分までプレー ★久保建英[ソシエダ] ▽10/27 オモニア 0-2 ソシエダ ◆前半のみプレー ★堂安律[フライブルク] ▽10/27 フライブルク 1-1 オリンピアコス ◆63分までプレー ★南野拓実[モナコ] ▽10/27 フェレンツヴァーロシュ 1-1 モナコ ◆ベンチ入りも出場せず ★原口元気[ウニオン・ベルリン] ▽10/27 ウニオン・ベルリン 1-0 ブラガ ◆94分からプレー ★町田浩樹[サン=ジロワーズ] ▽10/27 マルメ 0-2 サン=ジロワーズ ◆ベンチ入りせず ★田中亜土夢[ヘルシンキ] ▽10/27 ヘルシンキ 1-2 ローマ ◆ベンチ入りも出場せず 2022.10.28 06:33 Fri
twitterfacebook
thumb

ローマがヘルシンキに辛勝! ファラオーネの30歳バースデー弾で逆転2位通過へ望み繋ぐ《EL》

ヨーロッパリーグ(EL)グループC第5節、ヘルシンキvsローマが27日にソネラ・スタジアムで行われ、アウェイのローマが1-2で勝利した。なお、ヘルシンキのMF田中亜土夢はベンチ入りも出場機会はなかった。 ここまで1勝1分け2敗でグループリーグ3位のローマ(勝ち点4)は、逆転での2位通過を目指して最下位のヘルシンキ(勝ち点1)とのアウェイゲームに臨んだ。モウリーニョ監督は0-1で敗れた直近のナポリ戦から先発4人を変更。イバニェス、スピナッツォーラ、カルスドルプ、出場停止のザニオーロに代えてビーニャ、ザレフスキ、エル・シャーラウィ、トップチーム初先発のヴォルパートを起用した。 開始直後にセットプレーからピンチを迎えるなど、慣れない人工芝のピッチに手を焼くローマ。それでも、時間の経過と共に地力の差を見せつけて押し込む展開に。 そして、20分には制空権を完全に握るセットプレーでペッレグリーニの右CKをニアのクリスタンテが頭で合わすが、これはクロスバーを叩く。さらに、こぼれ球にマンチーニらが詰めるが、ゴール前の混戦で押し込むことができない。さらに、28分には左CKから再びクリスタンテのヘッドでゴールネットを揺らすが、ここはオフサイドポジションでGKをブロックする形となったスモーリングのオフサイドを取られて、ゴールは取り消しとなった。 それでも、攻勢を続けるアウェイチームはやはりセットプレーからゴールをこじ開ける。41分、相手陣内右サイドで得たFKの場面でキッカーのペッレグリーニが正確なボールをゴール前に供給すると、これをエイブラハムが完璧なヘディングシュートでゴール右隅へ流し込んだ。 時間を要したものの、前半の内に先制点を奪ったローマは後半も引き続き押し込む入りとなるが、一瞬の隙を突かれて追いつかれる。54分、中央でのパス交換からボックス付近でヘテマイに前を向かれると、右足のシュートをゴール左隅に流し込まれた。 痛恨の失点を喫したローマはすぐさま反撃を開始。だが、一度失った流れを引き戻すのに苦戦を強いられる。それでも、62分にはエイブラハムのポストプレーからペッレグリーニを経由したボールが左サイドのエル・シャーラウィに渡る。ここでファラオーネは得意のカットインから右足のシュートを放つと、ゴール前でクリアを試みたDFホスコネンが出した足に当たって大きくコースが変わったボールがニア下に吸い込まれた。 エル・シャーラウィの30歳を祝うバースデーゴールで勝ち越したローマだが、過密日程の中で疲弊するチームは試合をうまくコントロールできない。78分には疲労の見えた主力を下げてトップチームデビューの大器ファティカンティやボーヴェといった若手をピッチに送り出す。 しかし、この直後の79分には相手の右CKの流れからボックス手前でクリアボールに反応したブロウンに右足の弾丸ミドルシュートをゴール右上隅に突き刺される。ただ、このシュートの直前のクリスタンテの競り合いに関してオンフィールド・レビューが入ると、相手のファウルとの判定が下されてヘルシンキのスーパーゴールは取り消しとなった。 VARに救われて辛くもリードを維持したローマは、クンブラ、スピナッツォーラと守備的な選手を試合終盤に投入。格下相手に割り切った戦いでリード死守を目指す。その後、相手のパワープレーを何とか撥ね返し続け、泥臭く敵地で2-1の勝利を挙げた。 この結果、順位は3位と変わらずも勝ち点7で並んだ2位のルドゴレツとのホーム最終節での逆転突破に向けて望みを繋いでいる。 2022.10.28 06:25 Fri
twitterfacebook
thumb

4発快勝のフライブルクが圧巻の4連勝でGS突破!久保のソシエダもGS突破を決める【EL日本人選手】

ヨーロッパリーグ(EL)グループステージ第4節が13日に欧州各地で行われた。 今シーズンのグループステージには、アーセナルのDF冨安健洋、ソシエダのMF久保建英、フライブルクのMF堂安律、モナコのFW南野拓実、ウニオン・ベルリンのMF原口元気、ユニオン・サン=ジロワーズのDF町田浩樹、ヘルシンキのMF田中亜土夢ら7人の日本人選手がプレーする。 今回の第4節では、堂安、原口が先発出場、冨安、久保、南野、田中が途中出場した。 3連勝でグループGの首位に立つフライブルクは、アウェイでナントと対戦し4-0で快勝した。堂安が右MFで先発出場し、75分までプレーしている。 前回対戦をと完勝したフライブルクは、26分にグリフォのスルーパスでボックス左深くまで駆け上がったギュンターがダイレクトで折り返すと、相手GKが弾いたボールを走りこんだキューブラーがゴール左へシュートを突き刺した。 迎えた後半は膠着状態が続いたが、フライブルクは71分に追加点を奪う。中盤でのボール奪取からカウンターを仕掛けると、左サイドを持ち上がったギュンターのクロスをチョン・ウヨンが頭で折り返し、最後は中央で収めたグレゴリッチュが反転シュートをゴールに流し込んだ。 攻勢を続けるフライブルクは82分、敵陣でボールを奪ったシャーデがミドルシュートを放つと、相手DFにディフレクトしたボールがゴール中央に吸い込まれた。さらに87分には、グレゴリッチュのミドルシュートのこぼれ球をチョン・ウヨンが押し込んだ。 結局、試合はそのまま4-0でタイムアップ。4連勝を飾ったフライブルクがグループステージ突破を決めた。 ★冨安健洋[アーセナル] ▽10/13 ボデ/グリムト 0-1 アーセナル ◆70分からプレー ★久保建英[ソシエダ] ▽10/13 ソシエダ 3-0 シェリフ ◆62分からプレー ★堂安律[フライブルク] ▽10/13 ナント 0-4 フライブルク ◆75分までプレー ★南野拓実[モナコ] ▽10/13 トラブゾンスポル 4-0 モナコ ◆60分からプレー ★原口元気[ウニオン・ベルリン] ▽10/13 ウニオン・ベルリン 1-0 マルメ ◆68分までプレー ★町田浩樹[サン=ジロワーズ] ▽10/13 サン=ジロワーズ 3-3 ブラガ ◆ベンチ入りせず ★田中亜土夢[ヘルシンキ] ▽10/13 ルドゴレツ 2-0 ヘルシンキ ◆70分からプレー 2022.10.14 06:15 Fri
twitterfacebook
thumb

堂安先発のフライブルクが3連勝!原口途中出場のウニオン・ベルリンが初勝利を飾る【EL日本人選手】

ヨーロッパリーグ(EL)グループステージ第3節が6日に欧州各地で行われた。 今シーズンのグループステージには、アーセナルのDF冨安健洋、ソシエダのMF久保建英、フライブルクのMF堂安律、モナコのFW南野拓実、ウニオン・ベルリンのMF原口元気、ユニオン・サン=ジロワーズのDF町田浩樹、ヘルシンキのMF田中亜土夢ら7人の日本人選手がプレーする。 今回の第3節では、久保、冨安、堂安が先発、南野、原口が途中出場した。 2連勝でグループGで首位に立つフライブルクは、ホームでナントと対戦し2-0で勝利した。堂安が右MFで先発出場し、83分までプレーしている。 フライブルクはゴールレスで迎えた後半開始早々にスコアを動かす。48分、チェレのパスでボックス右に駆け上がった堂安が対応したチリベジャからボールを奪い中央に折り返すと、ボックス中央のチェレがゴール左隅へシュートを流し込んだ。 先制したフライブルクは、72分にも自陣でのロングスローからカウンターを仕掛けると、ギュンターのパスをボックス手前で受けたグリフォがボックス左まで侵入しシュート。これがゴール右隅に吸い込まれた。 83分にグリフォ、チェレ、堂安を下げたフライブルクが、危なげなく時計を進めて2-0のまま試合をクローズ。フライブルクが3連勝でグループG首位をキープしている。 ★冨安健洋[アーセナル] ▽10/6 アーセナル 3-0 ボデ/グリムト ◆フル出場 ★久保建英[ソシエダ] ▽10/6 シェリフ 0-2 ソシエダ ◆フル出場 ★堂安律[フライブルク] ▽10/6 フライブルク 2-0 ナント ◆83分までプレー ★南野拓実[モナコ] ▽10/6 モナコ 3-1 トラブゾンスポル ◆73分からプレー ★原口元気[ウニオン・ベルリン] ▽10/6 マルメ 0-1 ウニオン・ベルリン ◆84分からプレー ★町田浩樹[サン=ジロワーズ] ▽10/6 ブラガ 1-2 サン=ジロワーズ ◆ベンチ入りせず ★田中亜土夢[ヘルシンキ] ▽10/6 ヘルシンキ 1-1 ルドゴレツ ◆ベンチ入りも出場せず 2022.10.07 06:05 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly