J2降格圏に沈む大宮に激震…出場機会激減の主将・三門雄大がJ3の今治に完全移籍「ボロボロになるまで走り続けたい」

2022.07.26 10:13 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
FC今治は26日、大宮アルディージャのMF三門雄大(35)が完全移籍で加入することを発表した。背番号は「50」となる。

三門は、流通経済大付属柏高校から流通経済大学へと進学。2009年にアルビレックス新潟へと入団した。

豊富な運動量とプレッシングが特徴で、トップ下で起用されて前線からのハイプレスなどを武器としており、2014年には横浜F・マリノスへ完全移籍。2016年にアビスパ福岡へと移籍すると、2018年から大宮でプレーした。

大宮では2020年にキャプテンに就任。変わらぬプレースタイルで主軸としてチームを支え、4シーズン半でJ2通算144試合に出場し4得点を記録していた。

しかし、相馬直樹監督就任後は出場機会が激減。5月28日の第19節以降は出番がなかった。

21位と低迷する中でキャプテンながら完全移籍を決断した三門は両クラブを通じてコメントしている。

◆FC今治
「皆さんはじめまして。 大宮アルディージャから加入することになりました三門雄大です」

「J2昇格を目標に戦っているチームの力になれるように頑張ります!!応援よろしくお願いします」

◆大宮アルディージャ
「大宮アルディージャを支えてくださるすべての皆様、4年半温かいご声援、本当にありがとうございました。このようなタイミングでクラブを離れることになり本当に申し訳ありません。今シーズン戦っていくなかで、チームの助けになれない自分の力不足を感じていました」

「また、ピッチ内外で自分の必要性を感じられないことも多くあり、まだやれるという自分の気持ちと葛藤しながら日々を過ごしてきました」

「そのなかでフットボール本部長、秋元強化部長、相馬監督ともお話をさせていただき、クラブの考えも伝えてくださいましたが、ピッチに立てていない今の現状や自分の年齢などを考え、決断しました」

「まだまだピッチに立ち大好きなサッカーがしたい。ボロボロになるまで走り続けたい。その気持ちに勝るものはありませんでした。自分勝手な決断というのは重々承知していますが、少しでも理解していただけたら幸いです」

「最後になりますが、改めてどんな時でも温かく支えてくださったファン・サポーターの皆さん、4年半本当にありがとうございました。大宮のために戦えたことは僕の誇りです。その誇りを胸にこれからも頑張り続けたいと思います」

関連ニュース
thumb

「No.1ストライカーは自分」緊急招集も9ゴールと爆発したU-19日本代表FW千葉寛汰、U-20W杯へ「ターニングポイントになる」

U-19日本代表のFW千葉寛汰(FC今治)が、U-20アジアカップ予選を振り返った。 U-19日本は、10日からラオスで集中開催されているU-20アジアカップ予選に参加。グループCに入り、イエメン、パレスチナ、ラオス、グアムと同居した。 A代表のレベルで考えればどのチームも力の差がある格下。日本は12日の初戦でラオスを0-4で下すと、14日にグアムを9-0、16日にパレスチナと0-8で破っていた。 そして迎えた18日は、グループで一番力のあるイエメンと対戦。相手がマンツーマンで守備をするなど強度に苦しんだが、セットプレーからオウンゴールが決まり1-0で勝利。4戦全勝、無失点で予選突破を決めた。 千葉は初戦が終わった段階で緊急招集されると、2戦目のグアム戦でダブルハットトリックとなる6ゴールを記録。さらに3攻めのパレスチナ戦でもハットトリックを達成。9ゴールを記録した。 イエメンを終えた翌日、千葉はメディアのオンライン取材に応対。急遽の招集を受けての予選を振り返った。 「招集がかかったのは急でしたけど、自分自身この代表への思いは常に持っていて、悔しい思いをしていたので、今治でここに入るために一生懸命やっていて、いつ入っても良い準備をしていました」 「呼ばれた瞬間からこのチャンスを生かして、自分の価値を再び示すという思いとともに、合流しました」 その中で2試合で9ゴールを記録した千葉。「大会を振り返ってはこれだけ多くのゴールを奪えたのはもちろんチームメイトのおかげですが、苦しい試合で点を取れないというのが今の実力、自分に足りないところを突きつけられたと思います」とイエメン戦でゴールを決められたなかったことを反省。「さらにレベルアップが必要ですし、再び競争があるなと。そこに向かってチームでやってきたいと思います」と、さらに力をつけたいとした。 千葉は清水エスパルスから育成型期限付き移籍で今治に加入。明治安田生命J3リーグでは13試合で3得点を記録していた。 千葉は、今治で試合にでていることが急遽招集されても活躍できた要因だと語った。 「間違いなくコンスタントに試合に出られているので、コンディションよくプレーできました。日頃から毎週末タフな試合をコンスタントにできていることは今回生かされました」 「プレー面では、今治であまり得点は取れていないですが、こっちにきて自分の特徴である得点感覚が発揮されたので、こっちで得点感覚が少し戻った感覚があるので、得たものをチームで生かしたいと思っています」 清水ユース時代はエースとして活躍。この世代でも重要なストライカーとして戦ってきた一方で、最近は遠ざかっていた。 今回も追加招集という形になったが「ここ最近入れず、今回入って、代表で戦える喜び、責任、誇りは改めて感じました」とコメント。「このエンブレムをつけて戦えることは当たり前じゃないことを感じられたので、入れなかった期間は非常に良い時間だったと思いますし、努力できたのでこういう結果につながったと思います」と、悔しい思いをしてきたものの、それがプラスに働いたとした。 また「ここから最終予選(U-20アジアカップ)、W杯に向けて競争が激しくなると思いますし、チームでどれだけ結果を出せるかが重要になるので、そこでしっかりアピールしてまた呼んでもらえるように努力したいと思います」と、更なるアピールをしていきたいと意気込んだ。 さらに自分ではエースだと思っていると断言。「(序列について)そこは監督が判断する部分なので凄く難しいですが、自分は選ばれなくなった時でもこの世代のNo.1ストライカーは自分だという思いは捨てずに無くさずにやってきましたし、来てからもそれを証明しようと思ってやっていたので、監督、スタッフがどういう評価をしてくれているかわからないですが、自分ではこのチームのエースだと思ってやっています」とコメント。その言葉通り、格下相手とはいえ多くのゴールを決め、数字で証明したことは間違いない。 改めてU-20W杯については「自分はその大会が凄くターニングポイントになると思っていますし、そこで世界で活躍して、上のステージに羽ばたきたいという思いが常にあるので、要になると思います」とコメント。「何がなんでも選ばれて、必ず活躍したいという気持ちは冨樫さんのU-20W杯に向けたチームができた時から常に思っています」と、自身のステップアップのためにも、出場してしっかり活躍したいとした。 2022.09.19 18:55 Mon
twitterfacebook
thumb

U20アジアカップ予選に臨むU-19日本代表メンバー変更、甲府FW内藤大和が離脱で今治FW千葉寛汰が追加招集

日本サッカー協会(JFA)は13日、U-19日本代表の選手変更を発表した。 AFC U20アジアカップウズベキスタン2023予選に臨むU-19日本代表は、12日に初戦のU-19ラオス代表戦に0-4で勝利していた。 初戦を終えた中、U-19日本代表からはFW内藤大和(ヴァンフォーレ甲府)がケガのため離脱することとなった。 なお、追加招集としてFW千葉寛汰(FC今治)が招集されている。 12日のラオス戦の後は、14日にU-19グアム代表、16日にU-19パレスチナ代表、18日にU-19イエメン代表と対戦する。 2022.09.13 14:25 Tue
twitterfacebook
thumb

今治の高卒ルーキーMF佐藤璃樹が右ヒザ外側半月板損傷で手術…全治約3カ月

FC今治は8日、MF佐藤璃樹の負傷を発表した。 クラブの発表によると、佐藤は右ヒザ外側半月板損傷と診断されたとのことだ。 なお、1日に手術を受けており、全治は術後約3カ月とのことだ。 佐藤は神村学園高校から今シーズン加入。ここまで明治安田生命J3リーグで1試合に出場していた。 2022.09.08 14:55 Thu
twitterfacebook
thumb

今治の連勝を止めた北九州が4試合ぶり白星【明治安田J3第23節】

4日、明治安田生命J3リーグ第23節の2試合が行われた。 今治と北九州の一戦はシーソーゲームとなった。開始4分にペナルティエリアで中川が倒されて得たPKを安藤が決めて今治が先制。だが、その後は北九州が主導権を握り、前半アディショナルタイムにセットプレー時の相手のオウンゴールで同点に追いつく。 後半に入ると勝ち越したのはアウェイチーム。55分、ボックス左に走り込んだ中山がスルーパスを呼び込み、グラウンダーのクロスを上形が押し込んで逆転した。しかしその3分後、今治も高瀬が左サイドから上げたクロスを山田がインサイドステップで丁寧に合わせて追加点。これで試合は再び振出しに戻った。 その後は互角の攻防が続く中で明暗を分けたのは79分のセットプレーだった。北九州が敵陣右サイドからファーサイドへクロスを放り込むと、河野が頭で折り返し、西村が右足でハーフボレー。これがゴール右上に突き刺さり、北九州が勝ち越し。そのまま4試合ぶりの勝利を収めた。4連勝中だった今治は、6試合ぶりの黒星を喫することになった。 讃岐と藤枝の一戦は1-1のドローに終わった。先制したのはホームの讃岐。21分、松本孝平がボックスの外から左足のシュートを沈めて第15節のYS横浜戦以来の先制点を挙げる。 しかし、後半立ち上がり3分に横山に決められ同点に。試合はこのまま終了し、讃岐は8試合未勝利、藤枝は2試合未勝利となった。 ◆明治安田生命J3リーグ第23節 ▽9/4(日) FC今治 2-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">3 ギラヴァンツ北九州</span> カマタマーレ讃岐 1-1 藤枝MYFC ▽9/3(土) アスルクラロ沼津 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">1 鹿児島ユナイテッドFC</span> <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">いわきFC 1</span>-0 AC長野パルセイロ SC相模原 2-2 ガイナーレ鳥取 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">松本山雅FC 2</span>-1 愛媛FC <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">カターレ富山 3</span>-2 福島ユナイテッドFC ヴァンラーレ八戸 1-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">2 テゲバジャーロ宮崎</span> <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">FC岐阜 3</span>-0 Y.S.C.C.横浜 2022.09.04 21:16 Sun
twitterfacebook
thumb

今治、トップチーム選手1名が新型コロナ陽性

FC今治は3日、トップチーム選手1名の新型コロナウイルス感染を報告した。 当該選手は2日にJリーグ指定の定期検査で陽性判定。その後、ドクターの診察でも陽性診断を受けた。 また、検査実施日に体調不良などの症状はなし。適切な指導および対策の下で療養している。 なお、Jリーグ独自の基準による濃厚接触疑い者については「なし」となっている。 2022.09.03 15:40 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly