超豪華ゲスト!フッキが贈ったサプライズに子供たち大感激「決して忘れないだろう」「永遠に心に残る」

2022.07.24 20:35 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アトレチコ・ミネイロのブラジル代表FWフッキが父親の威厳を保ったようだ。12年間連れ添った前妻と離婚後、その姪との再婚が波紋を呼んだフッキだが、今年4月には新たな女の子が誕生し、リーグ戦でも得点を重ねるなど、公私ともに調子は上向きだ。

前妻のイラン・アンジェロさんとの間に授かった3人の子供を含めて4人の子供と暮らすフッキは、子供の誕生日にサプライズのビデオメッセージを用意。これがイアンくんとチアゴくんを驚かせた。

「私の子供、イアンとチアゴが7月20日に誕生日を迎え、イアンが14歳、チアゴが12歳になりました」

「彼らは物のプレゼントは求めなかったけれど、特別なサプライズを期待していました」

「サッカーに情熱を注いでいるので、世界最高の選手たちに祝福されることに勝るものはないでしょう」

「偉大なアイドルや友人への感謝の気持ちを。ネイマール、メッシ、ロナウド」

フッキが用意したビデオメッセージにはブラジル代表で肩を並べたネイマールだけでなく、パリ・サンジェルマン(PSG)のアルゼンチン代表FWリオネル・メッシや、マンチェスター・ユナイテッドのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドという世界屈指のサッカー選手が登場したのだ。

これには2人も相当驚いた様子。食い入るようにビデオを見つめ、メッセージ終了後には父親の元へすぐさま駆け寄り、熱い抱擁を交わした。

サプライズの様子には、ファンからも2人への祝福のメッセージに加え、「アイドルからアイドルへ」、「こういう瞬間は決して忘れないだろう」、「なんてかっこいい!」、「永遠に心に残るギフト」などの声が多数寄せられている。

1 2

関連ニュース
thumb

選手たちへのレーザー照射で試合中断…ネイマールは顔を緑色に照らされながらもPK決める

ブラジル代表FWネイマールが冷静さを発揮した。 27日、ブラジルは国際親善試合でチュニジア代表と対戦。カタール・ワールドカップ(W杯)前最後の実戦に臨んだ。 ブラジルは10分にFWハフィーニャのゴールで先制すると、18分に同点に追い付かれたものの直後の19分にFWリシャルリソンのゴールで勝ち越し。さらに29分にはPKを獲得し、リードを広げるチャンスを迎えた。 キッカーを務めたネイマールだが、その顔面にはスタンドからレーザーポインターが向けられ、緑色に照らされていた。それでも集中を欠かなかったネイマールは冷静にGKの反応の逆を突き、3点目を奪取した。 40分には4点目も奪ったブラジル。その後チュニジアに退場者が出たこともあり、5-1で快勝を収めた。 PKの場面以外にもスタンドからブラジルの選手たちにレーザーポインターが度々向けられ、試合が中断するシーンも。ブラジルが2点目を奪った際にはスタンドからリシャルリソンに向けてバナナが投げ込まれるなど、後味の悪い試合となった。 <span class="paragraph-title">【動画】PK直前のネイマールの顔が緑色のレーザーに照らされる</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="pt" dir="ltr">Defina o Neymar Jr batendo pênalti em uma palavra! <br><br> TV Globo<a href="https://twitter.com/hashtag/neymar?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#neymar</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/neymarjr?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#neymarjr</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/njr?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#njr</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/sele%C3%A7%C3%A3obrasileira?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#seleçãobrasileira</a> <a href="https://t.co/wJvthufq9c">pic.twitter.com/wJvthufq9c</a></p>&mdash; Neymar Jr Site (@NeymarJrSite) <a href="https://twitter.com/NeymarJrSite/status/1574901947202773018?ref_src=twsrc%5Etfw">September 27, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <span class="paragraph-title">【動画】ゴールを喜ぶリシャルリソンに向かってバナナが投げられる</span> <span data-other-div="movie2"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="pt" dir="ltr">Na comemoração de Richarlison, foi arremessada uma banana em direção ao jogador da seleção brasileira. <a href="https://twitter.com/s1_live?ref_src=twsrc%5Etfw">@s1_live</a> <a href="https://t.co/6zjC4OVZto">pic.twitter.com/6zjC4OVZto</a></p>&mdash; Isabelle Costa (@bellexcosta) <a href="https://twitter.com/bellexcosta/status/1574834765945081869?ref_src=twsrc%5Etfw">September 27, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.09.28 11:45 Wed
twitterfacebook
thumb

勝ち越しゴール後にバナナが投げ込まれる…リシャルリソンへの人種差別行為に会長が怒り「罰はもっと厳しくする必要がある」

ブラジルサッカー連盟(CBF)のエドナルド・ロドリゲス会長が、トッテナムのブラジル代表FWリシャルリソンに向けられた人種差別に反対のコメントを残した。 事件が起きたのは27日に行われた、チュニジア代表とのフレンドリーマッチ。カタール・ワールドカップ(W杯)に向けた大事な試合は、5-1で勝利を収めた。 ハフィーニャ、ネイマール、リシャルリソンと前線で起用した選手がゴールを決める活躍を見せた中、事件はブラジルの2点目が入った後に起きた。 ゴールを決めたリシャルリソンがコーナーフラッグに駆け寄り喜びを露わに。するとしばらくして、スタンドからリシャルリソンに向けてバナナが投げ込まれる事態となった。 これは人種差別的な侮辱行為であり、CBFはこのことを問題視。試合後に声明を発表した。 「ブラジルの2つ目のゴールの後、バナナがリシャルリソンに向かって投げられた。CBFは差別に対する姿勢を強化し、フットボールにおける人種差別のさらに別の出来事に激しく反対したいと思う」 「フィールドの内外を問わず、このような行動は容認できない」 また、ロドリゲス会長が断固反対の意志を示すためにコメント。人種差別をなくすべきだとし、重いペナルティをかさなければいけないと訴えた。 「もう一度、私は自分が反対することを表明するために公の場に来た。今回は自分の目で見た。これは我々に衝撃を与える」 「肌の色、人種、宗教に関係なく、我々は皆同じであることを常に覚えておく必要がある」 「人種差別との戦いは大義ではなく、この種の犯罪を地球から一掃するための根本的な変化だ。罰はもっと厳しくする必要があると主張したい」 <span class="paragraph-title">【動画&写真】ゴールを喜ぶリシャルリソンに向かってバナナが投げられる</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="pt" dir="ltr">Na comemoração de Richarlison, foi arremessada uma banana em direção ao jogador da seleção brasileira. <a href="https://twitter.com/s1_live?ref_src=twsrc%5Etfw">@s1_live</a> <a href="https://t.co/6zjC4OVZto">pic.twitter.com/6zjC4OVZto</a></p>&mdash; Isabelle Costa (@bellexcosta) <a href="https://twitter.com/bellexcosta/status/1574834765945081869?ref_src=twsrc%5Etfw">September 27, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="pt" dir="ltr">Após o segundo gol do Brasil, uma banana foi arremessada em direção a Richarlison. A CBF reforça seu posicionamento contra a discriminação e repudia veementemente mais um episódio de racismo no futebol.<br><br> Lucas Figueiredo / CBF <a href="https://t.co/hcUqBjFxrz">pic.twitter.com/hcUqBjFxrz</a></p>&mdash; CBF Futebol (@CBF_Futebol) <a href="https://twitter.com/CBF_Futebol/status/1574871593930588160?ref_src=twsrc%5Etfw">September 27, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.09.28 10:12 Wed
twitterfacebook
thumb

ブラジルがチュニジアに5発完勝! ハフィーニャ&リシャルリソンが躍動《国際親善試合》

国際親善試合のブラジル代表vsチュニジア代表が27日に行われ、ブラジルが5-1で快勝した。 共にカタール・ワールドカップ(W杯)に出場するチーム同士の一戦。23日に行われたガーナ代表戦を3-0の快勝で飾ったブラジルは、同じアフリカ勢を相手に連勝を狙った。 チッチ監督はガーナ戦から先発2人を変更。ミリトンに代えてダニーロを右サイドバック、ヴィニシウスに代えてフレッジを起用。前線はリシャルリソンとネイマールの2トップに、ハフィーニャ、パケタがサイドに入った。 立ち上がりからボールを握って相手を押し込むブラジルは、ガーナ戦と同様に早い時間帯に先制点を奪う。10分、中盤でフリーのカゼミロが背後を狙うハフィーニャへ絶妙なフィードを通すと、ボックス中央に抜け出したハフィーニャはGKの前目のポジションを冷静に見極めて巧みなヘディングシュートを流し込んだ。 幸先よく先制したブラジルだが、18分には自陣右サイドで与えたFKの場面で、キッカーのスリマネがゴール前に入れたボールをタルビに豪快なダイビングヘッドで決められて同点に追いつかれた。 それでも、慌てないチッチのチームは失点からわずか1分後に勝ち越す。19分、右サイドのタッチ際でボールを受けたハフィーニャがディフェンスラインと駆け引きしてニアを狙うリシャルリソンへ完璧な斜めのスルーパスを通す。リシャルリソンは冷静なボールコントロールからGKの股間を抜く右足シュートを流し込み、2試合連続ゴールとした。 2-1となった試合は相手のハードな対応にフラストレーションを溜めるネイマールのラフプレーをキッカケに、球際でバチバチとやり合う荒れ模様の展開に。そういった中、29分には右CKの場面でボックス内のカゼミロが相手DFのファウルを受けてPKを獲得。これをキッカーのネイマールが冷静にGKの反応の逆を突き、通算75点目を奪取。 これで完全にリズムを掴んだ南米の雄は前半終了間際の40分に追加点。左サイドで仕掛けたネイマールが入れた横パスに対して、パケタが潰れて流れたボールをボックス中央のリシャルリソンが丁寧にマイナスへ落とす。これをハフィーニャが得意の左足で合わせると、右ポストの内側を叩いたボールが逆のサイドネットに突き刺さる。 さらに、直後の42分には完全にチュニジアの標的となったネイマールがブロンのラフプレーを受けると、このプレーでブロンにレッドカードが掲示された。 3点リードに加えて、数的優位を得て試合を折り返したブラジルは、リシャルリソン、パケタを下げてペドロ、ヴィニシウスをハーフタイム明けに投入。これ以上相手のラフプレーを誘発したくない考えもあり、省エネモードでプレーするが、虎視眈々とハットトリックを狙うハフィーニャが際どいシーンを作り出す。 それでも、危なげなくゲームをコントロールするブラジルは74分、ボックス付近でのヴィニシウスの個人技からボックス左でフリーのペドロにこぼれ球が渡ると、25歳のフラメンゴFWが抑えの利いた右足ボレーシュートを流し込み、待望の代表初ゴールを挙げた。 その後、試合を締めにかかるチッチ監督はマルキーニョスを下げて、これがセレソンデビューとなるロジェール・イバニェスを投入するなど、若手を続けてピッチへ送り込む。 そして、このまま5-1のスコアを維持したブラジルがガーナに続きチュニジアに快勝を収め、W杯に向けて順調な仕上がりを見せた。 ブラジル代表 5-1 チュニジア代表 【ブラジル】 ハフィーニャ(10分) リシャルリソン(19分) ネイマール(29分[PK]) ハフィーニャ(40分) ペドロ(74分) 【チュニジア】 タルビ(18分) 2022.09.28 05:23 Wed
twitterfacebook
thumb

ネイマールが不快感? ムバッペの名前が出た途端に明らかに表情が曇る…今季はPKを巡る騒動も

やはり2人の間には何かが起こっているのかもしれない。 現在はインターナショナル・マッチデーでそれぞれの選手たちが代表チームでプレー。カタール・ワールドカップ(W杯)前の大事な時間を過ごしている。 本大会での組み合わせも決定し、それぞれの国が対戦国を想定した相手と対戦している中、ブラジル代表はガーナ代表と対戦し勝利を収めていた。 その試合後、ミックスゾーンでの取材に対応したのがパリ・サンジェルマン(PSG)のFWネイマール。ガーナ戦では2アシストを記録していた中、最後に記者が質問したことが話題になっている。 記者はネイマールに対し、PSGのチームメイトであるフランス代表FWキリアン・ムバッペとの関係について質問。すると、ネイマールは表情を曇らせ、特に何も答えずにその場を去って行った。 ムバッペとネイマールは、今夏の移籍市場でも度々その関係性が報じられ、2025年までPSGと契約を延長したムバッペが発言権を持つようになり、ピッチ内外で力になれていないネイマールを売却するようにクラブへ求めたとされている。 また、2人はモンペリエ戦でPKを巡って争いに。あまり良い関係ではないことは、多くの人が目撃していた。 今回の対応もその関係性の表れと見られており、良く思っていないとの憶測も。チームメイトである以上、ピッチ上ではチームのために協力するものの、それ以外ではイマイチなのかもしれない。 <span class="paragraph-title">【動画】ムバッペについて聞かれ、明らかに表情が変わるネイマール</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">In other news..<br><br>When Neymar was asked about Mbappea href="https://t.co/YnYY761EBj">pic.twitter.com/YnYY761EBj</a></p>&mdash; George Addo Jnr (@addojunr) <a href="https://twitter.com/addojunr/status/1573433253620776966?ref_src=twsrc%5Etfw">September 23, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.09.24 19:15 Sat
twitterfacebook
thumb

ブラジルがリシャルリソン2発などで快勝! ガーナはデビューのI・ウィリアムズが存在感《国際親善試合》

国際親善試合のブラジル代表vsガーナ代表が23日にフランスで行われ、ブラジルが3-0で勝利した。 共にカタール・ワールドカップ(W杯)に出場するチーム同士の一戦。ブラジルはGKにアリソン、4バックは右からミリトン、マルキーニョス、チアゴ・シウバ、アレックス・テレス。中盤はカゼミロがアンカーに入り、パケタとネイマールのインサイドハーフ。3トップは右からハフィーニャ、リシャルリソン、ヴィニシウスとなった。 対するガーナはアイェウ兄弟やトーマスのベテラン、クドゥス、アフェナ=ギャンら若手を織り交ぜた布陣となった。 立ち上がりから相手を押し込むブラジルは、リシャルリソン、パケタと立て続けにボックス内で際どいフィニッシュのシーンを作り出す。すると、9分には右CKの場面でキッカーのハフィーニャが入れた正確なクロスをゴール前のマルキーニョスが打点の高いヘッドで合わせ、早々にゴールネットを揺らした。 幸先よく先制に成功したブラジルは、以降もカゼミロを除きアタッカーが並ぶ中盤と3トップが内と外を効果的に使いながら多彩な攻撃を仕掛ける。その中でハフィーニャが豪快なバイシクルシュートなどで、スタンドを沸かせる。 そして、28分には相手陣内右のハーフスペースを持ち上がったネイマールからの正確な斜めのグラウンダーパスに反応したリシャルリソンがペナルティアークから右足のダイレクトシュートを右隅に突き刺し、2点目を奪取。さらに、前半終了間際の40分には相手陣内左サイドで得たFKの場面でネイマールが右足インスウィングで入れた正確なボールをニアに走り込んだリシャルリソンがドンピシャのヘッドで合わせ、背番号10と背番号9の共演による連続ゴールで一気にガーナを引き離した。 3点リードで試合を折り返したブラジルは、チアゴ・シウバを下げてブレーメルをハーフタイム明けに投入。一方、前半はほぼ守備に追われたガーナはスペインから帰化したイニャキ・ウィリアムズが投入され、待望のブラック・スターズデビューを飾った。 すると、後半はウィリアムズの投入で活性化されたガーナがやや省エネモードのブラジル相手に押し込む形を作り出す。56分にはクドゥスの右CKをアンドレ・アイェウがドンピシャのヘッドで合わすが、これは惜しくもクロスバーを叩く。 一方、ブラジルは60分過ぎにカゼミロ、ヴィニシウス、リシャルリソンを下げてファビーニョ、アントニー、クーニャと一気に3枚替えを敢行。これで試合を落ち着かせることに成功した。 その後はフレンドリーマッチらしいやや動きの少ない状況が続き、試合はこのままタイムアップ。リシャルリソンの2ゴールなどで完勝のブラジルが、本大会に向けて順調な仕上がりを見せた。 ブラジル代表 3-0 ガーナ代表 【ブラジル】 マルキーニョス(9分) リシャルリソン(28分) リシャルリソン(40分) 2022.09.24 05:34 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly