ユナイテッド関心のアントニーにアヤックス新監督「残るだろう」

2022.07.23 11:20 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アヤックスのアルフレッド・シュロイデル監督がブラジル代表FWアントニー(22)の残留を明言した。

オランダの強豪という地位を維持するなかで、他クラブから関心を集めるタレントを多数抱えるアヤックス。今夏もフリー移籍を含め、主力勢に移籍が相次いでいる。

最近ではDFニコラス・タグリアフィコのリヨン行きが濃厚視され、昨季に公式戦12得点10アシストをマークしたアントニーも長らくユナイテッド行きが噂される。
だが、移籍金額の部分で溝があるといわれ、今季からアヤックスを率いるシュロイデル監督もオランダ版『ESPN』の取材で残留見通しを口にしたという。

「彼は残るだろう。言うまでもなく、我々は多くの選手を売った。近年、ここまではなかったぐらいにね」

「それを受けて、複数の選手を獲得した。選手をかなり売ったし、もう誰も出て行かないと推測している」

49歳のオランダ人指揮官はまた、選手の退団期限を問われると、「いや、そんな話などしていない」と返して、現スカッドからの主力退団に否定的な発言をした。

「日々、話し合ってはいるがね。もう誰も出て行かないだろう。またキープレーヤーを売るとなれば、我々にとって良いことじゃない」


関連ニュース
thumb

オランダ代表経験のある20歳イハッターレン、女性脅迫で逮捕…

ユベントスに所属する元オランダ代表MFモハメド・イハッターレン(20)が、母国で逮捕されていたようだ。オランダ『テレグラフ』が伝えている。 同メディアによれば、逮捕の原因は女性への脅迫容疑。ある知り合いとの共犯だったようだ。逮捕されたものの、すでに釈放されており、イハッターレンの代理人はできるだけ早くユベントスの練習に復帰するとコメントしているという。 イハッターレンは2021年夏にPSVからユベントスにステップアップを果たしたが、そこからキャリアは下り坂。レンタル先のサンプドリアではすぐにケガの影響でチームから外れると、家族の問題を理由に帰郷したユトレヒトでしばらく行方不明に。加えて、その数年前に最愛の父の他界をきっかけにうつ病に苦しんでいたという。 結局、一時引退も囁かれた期待の逸材はサンプドリアで試合に出ることなく、今年1月の市場でユベントスに復帰。そして、その足でアヤックスへ再びレンタル移籍することになった。 ところが、アヤックスでもフィットネスの問題でしばらく実践から遠ざかり、4月のKNVBベーカー決勝の古巣PSV戦で最後の4分間だけ出場。昨季のヨング・アヤックスでは5試合の出場記録はあるものの、今季はここまでベンチ入りすら出来ない状態で、10月31日付でユベントスへの復帰が発表されていた。 2022.11.24 18:45 Thu
twitterfacebook
thumb

蘭代表DFブリント、今季限りでアヤックス退団へ? CL敗退後に序列が低下

オランダ代表DFデイリー・ブリント(32)は、今季限りでアヤックスを退団する可能性があるようだ。 オランダ代表としてカタールW杯に臨むブリント。マンチェスター・ユナイテッド時代は輝けなかったが、古巣アヤックスへ復帰後はチームの主軸として活躍し、2018-19シーズンにはチャンピオンズリーグ(CL)ベスト4進出も経験した。 アヤックスでは通算333試合出場を誇るリーダー格の1人だが、契約は2023年6月までで、先月26日のCLリバプール戦以降はベンチスタートが増加。これまで一貫して自身の去就に関するコメントを避けてきたなか、滞在中のカタールで記者からこの件を問われると、またしてもはぐらかしている。 「聞くのは自由だけど、僕は何も答えないよ。W杯のためにここ(カタール)へ来ている。何かが起こるのは12月18日(W杯閉幕)以降だ」 また、オランダ『AD』は、ブリントの「現状に傷ついている」という発言を紹介。アヤックスはチャンピオンズリーグ(CL)の早期敗退に加え、11月以降のリーグ戦で白星がなく、ブリントはチーム状況に懸念や不満を抱いているとされている。 2022.11.20 19:10 Sun
twitterfacebook
thumb

ドルトムントFWアラーが精巣がんの再手術も当初の計画通りの治療

ドルトムントのコートジボワール代表FWセバスティアン・アラーが、精巣がんの完治に向けて再び手術を受けることを明かした。 今夏にアヤックスから加入したアラーはチーム合流後まもなく精巣がんが見つかった。その後、手術は無事成功したものの、離脱期間は未定で、現在も入退院を繰り返している状態。 アムステルダムで療養中のアラーは先月、古巣アヤックスでようやくトレーニングを再開していたが、今回予め計画されていた手術を受けることを自身の公式SNSで明かした。 「最初から計画されていたように、化学療法の後、さまざまな可能性が検討されました。僕にとって戦いはまだ終わっていないことをお伝えします」 「自分をピッチから遠ざけている、この腫瘍を永久に終わらせるために手術を受けなければなりません。この試練の中で僕に与えてくれたサポートのメッセージと力に感謝したいと思います。皆さんとすぐにお会いできることを楽しみにしています」 2022.11.17 22:52 Thu
twitterfacebook
thumb

引退示唆の20歳イハッターレン、スナイデル氏のサポートでキャリア続行を決意

キャリアの岐路に立つユベントスの元オランダ代表MFモハメド・イハッターレン(20)を、ヴェスレイ・スナイデル氏がサポートしているそうだ。 PSVの下部組織で育ったイハッターレンは昨夏にユベントスへ加入も、すぐさまサンプドリアへと貸し出され、今年1月からはアヤックスにレンタル移籍。期間満了に伴い、来冬にユベントスへ復帰すると発表されている。 弱冠20歳と今後の飛躍が期待される年齢だが、ピッチ外での行動がしばしば話題に。サンプドリアではケガの影響で離脱した直後、家族の問題を理由に突如として故郷のユトレヒトへ戻り、しばらく行方不明に。 加えて、数年前に最愛の父が他界したことでうつ病に苦しんでいるとも明らかに。現役引退すら示唆し、結局、アヤックスでも公式戦1試合に4分間出場したのみ。今季に至っては一度もベンチ入りできていない。 そんなイハッターレンの精神面のサポートに名乗り出たのが同郷のスナイデル氏だ。同氏は20歳の若者と対話を重ね、温かくも厳しく後押ししたといい、インタビューで振り返っている。 「彼は自らの過ちを理解している。だが、これからプロフェッショナルとして成功を目指すべき。これまでのことはすべて脇に置こうじゃないか。忍耐こそが重要で、誰しもこれが最も難しい部分だ」 イタリア『カルチョメルカート』によると、イハッターレンはスナイデル氏の献身に感銘を受け、現役続行の決意を固めたとのこと。今後の飛躍を楽しみにしたい。 2022.11.09 18:40 Wed
twitterfacebook
thumb

バルサvsユナイテッドのビッグカードがPOで実現! 守田英正、南野拓実、原口元気の対戦相手は?《EL》

7日、ヨーロッパリーグ(EL)のノックアウトステージ・プレーオフ組み合わせ抽選会が行われた。 カタール・ワールドカップ(W杯)がシーズン中に開催されることで、通常よりも過密日程で行われた今シーズンのEL。グループ首位がラウンド16に、2位はチャンピオンズリーグ(CL)のグループ3位チームとのプレーオフを戦い、ラウンド16に進む。 バルセロナやユベントス、アヤックスなど強豪クラブがCL敗退となった中、日本代表MF守田英正が所属するスポルティングCPもプレーオフに参加した。一方で、ELからは日本代表MF南野拓実が所属するモナコ、日本代表MF原口元気が所属するウニオン・ベルリンが参加している。 なお、DF冨安健洋のアーセナル、MF堂安律のフライブルク、MF久保建英のレアル・ソシエダ、DF町田浩樹のロイヤル・ユニオン・サン=ジロワーズは1位で突破し、既にラウンド16進出を決めていた。 そんな中、2年連続でCLをグループステージで敗退となったバルセロナは、マンチェスター・ユナイテッドと対戦することに。プレーオフの最大のカードとなった。 また、守田のスポルティングCPはミッティラン、南野のモナコはレバークーゼン、原口のウニオン・ベルリンはアヤックスとの対戦が決まった。 ◆2022-23シーズン ELプレーオフ組み合わせ バルセロナ(CLグループC・3位) vs マンチェスター・ユナイテッド(ELグループE・2位) ユベントス(CLグループH・3位) vs ナント(ELグループG・2位) スポルティングCP(CLグループD・3位) vs ミッティラン(ELグループF・2位) シャフタール・ドネツク(CLグループF・3位) vs スタッド・レンヌ(ELグループB・2位) アヤックス(CLグループA・3位) vs ウニオン・ベルリン(ELグループD・2位) レバークーゼン(CLグループB・3位) vs モナコ(ELグループH・2位) セビージャ(CLグループG・3位) vs PSV(ELグループA・2位) ザルツブルク(CLグループE・3位) vs ローマ(ELグループC・2位) 3 個のファイル 2022.11.07 21:33 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly