アフリカ年間最優秀選手にマネ! サラー&メンディ抑えて2度目の受賞

2022.07.22 10:45 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
2021-22シーズンのアフリカ年間最優秀選手にセネガル代表FWサディオ・マネが輝いた。

今夏にバイエルン入りしたマネは昨季もリバプールで変わらずの活躍を披露。代表でもアフリカ・ネーションズカップ制覇に貢献した。

今月に最終候補がさらに絞り込まれるなか、アフリカサッカー連盟(CAF)は21日に各賞受賞者を発表。マネが2度目の栄冠を手にした。
今回はリバプールのエジプト代表FWモハメド・サラー、チェルシーのセネガル代表GKエドゥアール・メンディを抑えての受賞となった。

なお、2020年、2021年は新型コロナウイルスの感染拡大もあって開催されず、2019年以来の選出となるが、そのときもマネが受賞した。

関連ニュース
thumb

カタールW杯ベスト16のセネガル代表、アリウ・シセ監督続投へ

セネガル代表のアリウ・シセ監督(46)は、少なくとも2023年までは現職にとどまることになるようだ。同国サッカー協会(FSF)のアウグスティン・サンゴール会長が明かした。 2015年にセネガル代表監督に就任し、2大会連続でワールドカップ出場に導いているアリウ・シセ監督。今回のカタール大会ではグループステージで2勝を挙げ、20年ぶり2度目のベスト16進出に導いた。 そこでイングランド代表に敗れてしまったものの、サンゴール会長は2024年の1月から2月にかけて行われるアフリカネイションズカップ2023までは指揮を託す意向を示した。 元々カタールW杯前に2024年まで契約を延長していたが、イングランドに敗れたことで解任の噂も。しかし、やはり7年間で積み上げた評価は揺るがず、46歳指揮官は今後はアフリカ王者として連覇を目指すことになった。 2022.12.27 20:45 Tue
twitterfacebook
thumb

チェルシー指揮官、去就注目のツィエク&メンディに言及「誰しもが忍耐強く…」

チェルシーのグレアム・ポッター監督が、去就が注目される2選手に言及した。イギリス『フットボール・ロンドン』が伝えている。 中断期間前のプレミアリーグを8位で折り返したチェルシー。苦しい戦いが続いたなかでリフレッシュ期間を挟むこととなり、27日に行われる第17節のボーンマス戦からリスタートする。 記者会見ではポッター監督に対し、去就が注目されるモロッコ代表MFハキム・ツィエク(29)についての質問が。ツィエクに対して前半戦はほとんど出場機会を与えなかった指揮官だが、関係性に問題はないとアピールしている。 「我々は彼の資質をよく知っていて、私個人としても彼のプレーが好きだ。カタール・ワールドカップ(W杯)で見せたように、ライン間で素晴らしいクオリティを発揮する」 「だが、チェルシーではスタメンの11人以外にも優秀な選手が揃っていて、誰しもが忍耐強くなければならない」 「W杯中には彼に連絡し、祝意を伝えた。彼が(W杯で)長い時間プレーし、チームを助けていたことも私にとっては大きな喜びだ」 また、契約延長のオファーを固辞したと伝えられるセネガル代表GKエドゥアール・メンディ(30)について問われると、話せることはないと退けた。 「選手の契約について公で話すのは私の仕事ではない。クラブと彼自身の話だ。彼は我々とともにここで幸せな時間を過ごしている。契約に関して私がコメントできることは何もない」 メンディにはミランやモナコといったクラブからの関心が取り沙汰され、ツィエクも来年1月のミラン移籍が盛んに報じられている。 2022.12.24 17:42 Sat
twitterfacebook
thumb

ご意見番ロイ・キーン氏、カラフルな装いのセネガル応援団を「迷惑だ」と口に...

辛口ご意見番でお馴染みのマンチェスター・ユナイテッドOB、ロイ・キーン氏が残念な言葉を口にした。イギリス『サン』が伝えている。 現役時代にアイルランド代表として2002年の日韓ワールドカップ(W杯)を経験しているロイ・キーン氏。今回のカタールW杯ではイギリス『ITV』のコメンテーターとして現地に赴いている。 4日には決勝トーナメント1回戦のイングランド代表vsセネガル代表を担当。試合はイングランドが3-0で完勝を収め、2大会連続となるベスト8進出を決めたが、同氏は試合後、会場に詰め掛けたセネガルの応援団について「迷惑だ」と口にしたという。 どうやら応援団の大きな声や、独特かつカラフルな装いが気に食わなかったようで、隣にいた司会者が気を遣ってやんわり場を濁そうとするも、キーン氏はさらに「W杯は素敵な舞台だが、それでも鬱陶しい」と続けたとのことだ。 なお、ギャリー・ネビル氏とイアン・ライト氏はセネガルの応援団について「素晴らしい」と称えていたとのこと。キーン氏の方は多少なりとも冗談交じりのつもりだったのかもしれないが、それでも少し残念な言い方ではある。 2022.12.05 15:24 Mon
twitterfacebook
thumb

「本当に素晴らしい夜」今大会初ゴールのケイン、若手の躍動を称え、打倒フランスへ「良い戦いになる」

イングランド代表のFWハリー・ケインが、セネガル代表戦勝利を喜んだ。イングランドサッカー協会(FA)が伝えた。 4日、カタール・ワールドカップ(W杯)のラウンド16でイングランドはセネガルと対戦した。 グループBを首位で通過したイングランドは、グループA2位のセネガルと対戦したが、立ち上がりからセネガルに押し込まれピンチを迎える。 それでも凌いでいると38分にジョーダン・ヘンダーソンが先制ゴールを奪うと、前半アディショナルタイムにはケインが今大会初ゴールを記録し、前半を2-0で折り返す。 後半はリードしたイングランドがペースを握り、58分にはブカヨ・サカが決めて3点目。そのまま逃げ切り、3-0で勝利した。 今大会初ゴールを記録し、プレーヤー・オブ・ザ・マッチに輝いたケインは試合を振り返り、しっかりと勝利できたことを喜んだ。 「もちろん勝利は嬉しいよ。本当に大変だった。ノックアウトステージは決して簡単ではない」 「僕たちは大会を通じてとても成熟していることを示しているし、本当に良いチームに対して3-0で勝利した」 「チームメイトのおかげだ。メンタリティは最初から最高だったし、彼らがきた時に僕たちはチャンスを掴んだ」 「3試合連続でクリーンシートを維持することは本当に重要だ。僕たちにとっては本当に良い日になった」 また、この試合では若手がゴールに絡み活躍。ジュード・ベリンガム、フィル・フォーデン、そしてダメ押しゴールのサカについても言及した。 「彼らは素晴らしかった。今日の3人は、いずれもゴールに大きく貢献した。若さと経験が見事に混ざり合い、またノックアウトステージで勝利できたんだ」 「ここ数年はイングランドにとっては簡単ではなかった。3-0で勝てたことは、本当に素晴らしい夜だった」 ベスト8入りしたイングランドだが、次の相手は前回大会王者のイングランド。ケインはタフな試合になるだろうと次戦への意気込みを語った。 「僕たちはこの試合の勝利を楽しむと思う。もちろん焦点はフランス戦だ。本当にタフな試合に集中する」 「彼らはディフェンディングチャンピオンだが、良い戦いになるだろう。今は順調に回復し、試合に備える」 2022.12.05 14:56 Mon
twitterfacebook
thumb

辛口の自国評論家に「文句言わせない」 イングランド代表MFライス、セネガル戦完勝を誇る

イングランド代表MFデクラン・ライスがカタール・ワールドカップ(W杯)決勝トーナメント1回戦のセネガル代表戦を振り返った。スペイン『ムンド・デポルティボ』が伝えている。 イングランド代表は4日にセネガル代表と対戦。38分にMFジョーダン・ヘンダーソンが先制点を決めると、前半アディショナルタイムにはFWハリー・ケインが今大会初ゴールをゲットし、57分のMFブカヨ・サカの3点目で勝負を決した。 反撃も許さず、3-0の勝利を収め、2大会連続のベスト8進出が決定。中盤の底でフル出場したライスは試合後のインタビューで完勝を誇り、普段は辛口だという自国の評論家たちも文句なしの試合内容だっただろうと振り返った。 「彼らは僕たちに的確な評価をしてこなかった。いつも否定的なことしか言わないね。オランダとアルゼンチンが苦しんで勝った一方、僕たちのここ2試合は完璧だった」 また、この日の3得点により、グループステージ初戦からの4試合で計12得点に。これについても「大会が始まる前、僕たちが多くのゴールを決められないという話題があった。これで何の文句も言わせない」と胸を張った。 一方、チーム最年少の19歳ながら主軸として躍動するMFジュード・ベリンガムには賛辞を送っている。 「彼の圧倒的なプレーを見られて嬉しい。フィジカルにも才能にも恵まれているね。ドルトムントでシーズンを通してやってきたことが、今は僕たちのために活かされているね」 イングランド代表は10日に行われる準々決勝でベスト4進出を懸け、前回王者のフランス代表と対戦する。 2022.12.05 14:24 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly