マルセイユ、フランス代表MFクラウスとスペイン人GKルベン・ブランコを獲得

2022.07.21 07:00 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
マルセイユは20日、RCランスのフランス代表MFジョナタンクラウス(29)[写真左]と、セルタのスペイン人GKルベンブランコ(26)[写真右]を獲得したことを発表した。

850万ユーロ(約12億円)の移籍金で完全移籍のクラウスは2025年6月までの3年契約を結び、ルベンブランコは1年間のレンタル移籍となっている。

2020年夏にアルミニア・ビーレフェルトからランスに加入した右ウイングバックを主戦場とするクラウスは、ランスで公式戦74試合に出場して8ゴール18アシストを記録。昨季はリーグ・アン37試合に出場して5ゴール11アシストとインパクトを残していた。

一方、セルタでプロデビューを飾ったルベンブランコは、セルタで公式戦142試合に出場。正GKを務めるシーズンもあったが、昨季はコパ・デル・レイ2試合の出場に留まっていた。

関連ニュース
thumb

ヌーノ・タヴァレス出場停止のマルセイユ、代役コラシナツも前日に負傷

マルセイユのイゴール・トゥドール監督が、ボスニア・ヘルツェゴビナ代表DFセアド・コラシナツの負傷を明かした。フランス『RMC Sport』が伝えた。 今年1月にアーセナルからフリートランスファーで加入したコラシナツ。今シーズンはトゥドール監督の下、リーグ・アンで7試合に出場し1アシスト、チャンピオンズリーグ(CL)でも2試合でプレーしていた。 レギュラーとしてポジションを掴みつつあるコラシナツは、今回のインターナショナル・マッチウィークでボスニア・ヘルツェゴビナ代表として参加。UEFAネーションズリーグ(UNL)の2試合でプレーしていた。 30日にはリーグ・アン第9節でアウェイでアンジェと対戦するマルセイユだったが、コラシナツが前日のトレーニングで負傷したようだ。 今夏アーセナルからレンタル移籍で加入したヌーノ・タヴァレスがレギュラーとして左サイドでプレーしていたが、アンジェ戦は出場停止。そのため、コラシナツを起用しようと考えていたところ、まさかのケガとなってしまったという。 なお、コラシナツのケガの状態は現時点では不明とのことだ。 2022.09.30 12:35 Fri
twitterfacebook
thumb

低迷ユーベ… 数少ない光明ミリクの買い取りを検討、約10億円が必要か

ユベントスがポーランド代表FWアルカディウシュ・ミリク(28)の買い取りを検討しているようだ。 ミリクは今夏にマルセイユから買い取りオプション付きの1年レンタルで加入。当初はセルビア代表FWドゥシャン・ヴラホビッチの控えと目されていたが、継続的にプレー機会を得ており、ここまで公式戦6試合で3得点を記録している。 ユベントス自体は近年まれに見る不振に陥っているものの、そんななかでも数少ない光明として挙げられるミリク。首脳陣らは早くもマルセイユからの完全移籍への移行を議論し始めたという。 イタリア『カルチョメルカート』によると、ミリクの買い取りに必要となるのは700万ユーロ(約9億8000万円)+アドオン200万ユーロとのこと。財政には決して余裕がないユベントスだが、首脳陣らはミリクに満足しているとされ、買い取りを決断する可能性は高い模様だ。 2022.09.29 14:42 Thu
twitterfacebook
thumb

マルセイユ主将MFロニエ、2026年まで契約延長

マルセイユは20日、フランス人MFヴァランタン・ロニエ(27)と2026年6月まで契約を延長したことを発表した。 2019年夏にナントからマルセイユに加入したセントラルMFのロニエ。マルセイユではこれまで公式戦117試合に出場、昨季は公式戦46試合に出場し、マルセイユのチャンピオンズリーグ出場に大きく貢献していた。 そして今季より主将を務め、リーグ・アン7試合、CL2試合に出場している。 2022.09.21 07:00 Wed
twitterfacebook
thumb

オリンピアコス、マルセイユFWバカンブを獲得

オリンピアコスは16日、マルセイユのDRコンゴ代表FWセドリック・バカンブ(31)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2025年6月までの3年間となっている。 ソショーでプロデビューを飾ったストライカーのバカンブは、トルコのブルサスポルを経て2015年夏にビジャレアルに加入。ビジャレアルでは公式戦105試合の出場で47ゴールを挙げる活躍を見せた。 その後、中国の北京国安を経て今年1月にマルセイユに加入。昨季は半年で公式戦21試合に出場するも、その多くが途中出場。今季もイゴール・トゥドール新監督から信頼を得られず、ここまでわずか56分の出場時間にとどまっていた。 2022.09.17 06:30 Sat
twitterfacebook
thumb

オリンピアコス入り間近のバカンブがマルセイユに別れ「神の御加護がありますように」

オリンピアコス移籍が報じられているDRコンゴ代表FWセドリック・バカンブ(31)がマルセイユとのへ別れの言葉を告げた。 ソショーでプロデビューしたバカンブは、トルコのブルサスポルやビジャレアル、中国の北京国安を転々とし、今年1月にマルセイユに加入。昨季は半年で公式戦21試合に出場するも、その多くが途中出場。今季もイゴール・トゥドール新監督から信頼を得られず、ここまでわずか56分の出場時間にとどまっていた。 契約は2024年夏までとなっているが、チャンピンズリーグの登録メンバーからも漏れたバカンプは、自身のツイッターでマルセイユと袂を分かつことを発表。感謝と別れの言葉を残した。 「これでマルセイユとは幕引きだ。この数カ月間のサポートやメッセージにはとても感謝しているよ」 「この美しいクラブのサポーターのみんなの幸せを願っている。何より君たちの人生の幸せをね。神の御加護がありますように」 そして、新天地は報道通りオリンピアコスが濃厚に。フランス『フットメルカート』によれば3年契約を結ぶようだ。なお、ギリシャは15日まで移籍市場が開いている。 2022.09.16 14:40 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly