バルサBのマテウス・ペレイラがエイバルに移籍

2022.07.12 19:01 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
バルセロナBに所属していたブラジル人MFマテウス・ペレイラ(24)がエイバルに移籍した。

2016年夏にコリンチャンスからエンポリに移籍したマテウス・ペレイラは、半年後にユベントスのプリマヴェーラにレンタルし、シーズン終了後には完全移籍でユベントスに加入した。だが、トップチームでの出場機会は回ってこず、ボルドーやディジョン、ブラジルのパラナをレンタルで転々とするキャリアに。

そんな中、2020年1月にバルセロナのリザーブチームへレンタル。そして半年後には完全移籍し、この2年間でリザーブチームでは通算64試合7ゴール7アシストを記録した。
しかし、結局トップチームでの出場機会には恵まれず、この度、昨季のセグンダ・ディビシオン(スペイン2部)で3位だったエイバルに移籍することに。契約は2025年までの3年間と伝えられている。

なお、エイバルは今季のプリメーラ昇格プレーオフに参戦したものの、ジローナに敗れて1部復帰を逃していた。

関連ニュース
thumb

チャビ、レアルの突き放しに成功も「死んだとみなすわけにいかない」

バルセロナのチャビ・エルナンデス監督が振り返った。スペイン『マルカ』が報じている。 5日にラ・リーガ第20節でセビージャをホームに迎え撃ったバルセロナ。後半の3発で畳みかけ、3-0でリーグ戦連勝を「5」に伸ばした。これで、足踏みのレアル・マドリーとは8ポイント差に。首位の座もより確固たるものにした。 そんなチャビ監督だが、「思い切った1日だった。セビージャの低いブロックに対して、たくさんのものを生み出せたし、満足だ」と語ったセビージャ戦後も慢心なしだ。 「今のチャンピオンはマドリーで、本命の一角。彼らは最後まで戦ってくるし、油断できない」 また、「彼らを死んだとみなすわけにいかない。私は選手として、彼らの逆転劇を経験した。監督として、それを起こしたくない。まだ2月だ」と続け、勝ち点8差を喜んだ。 「全体を通じて素晴らしい試合をした。選手の働きは計り知れない。最も苦手とする低いブロックを敷く相手に素晴らしい仕事をした。これで、マドリーとは8ポイント差。まだ先は長いが、素晴らしい1日だ」 2023.02.06 10:30 Mon
twitterfacebook
thumb

バルセロナがセビージャ撃破で8pt差の首位独走! アルバ&ガビ初弾にハフィーニャ躍動《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第20節、バルセロナvsセビージャが5日にカンプ・ノウで行われ、ホームのバルセロナが3-0で快勝した。 首位のバルセロナは前節、ジローナとのカタルーニャ自治州ダービーにウノセロ勝利。さらに、第17節延期分のベティス戦ではハフィーニャと3試合のサスペンションから復帰した主砲レヴァンドフスキのゴールで2-1の勝利。公式戦9連勝と共に50ポイント到達で前半戦を締めくくった。 そのベティス戦から中3日でのホームゲームでは直近のラ・リーガ連勝で復調気配を見せる13位のセビージャと対戦。チャビ監督はバルデに代えてジョルディ・アルバを起用した以外、同じスタメンを継続した。 [5-4-1]の後ろ重心の布陣で臨んだセビージャを立ち上がりから自陣に押し込むバルセロナ。しかし、開始直後にはブスケッツが足を痛めてしまい、8分にケシエを緊急投入するアクシデントに見舞われた。 以降は自陣に引きこもるアウェイチームに対してハーフコートゲームを展開するバルセロナ。ボックス内になかなか良い形でボールを送り込めない中、ミドルレンジからのシュートでジャブを打っていく。 そういった流れの中で17分にはガビのヘディングパスに抜け出したレヴァンドフスキがゴール右に持ち込んでシュートを放つが、ここはうまくDFにコースを限定されてGKボノの好守に遭う。さらに、26分にはボックス手前で一瞬フリーとなったレヴァンドフスキが強烈なミドルシュートを枠の左隅へ飛ばすが、これもボノの見事なパラドンに阻まれた。 前半終盤にかけてはセビージャがカウンターを仕掛ける場面を作り出し、やや試合はオープンとなり始めたが、バルセロナの堅守を前に決定機まで持ち込めず。試合はゴールレスでの折り返しとなった。 迎えた後半、先に動いたのは劣勢のセビージャ。オリベル・トーレスとエン=ネシリを下げてラメラとブライアン・ヒルを同時投入。これにより、ラキティッチが最前線に入る形となった。 後半も引き続き我慢比べの展開が続く中、バルセロナはサイドを起点に内と外の出し入れ、浮き球パスを使った3人目の動き出しなど多彩な仕掛けで攻略を図る。 すると58分、クリステンセンの浮き球パスをボックス中央で収めたハフィーニャの短い落としに反応したケシエが、DF3枚に囲まれながらも右足アウトを使った絶妙なショートパスをボックス左へ走り込むアルバに通すと、スペイン代表DFは冷静にゴール右下隅へ流し込んだ。 ケシエの技ありアシストからアルバに今季初ゴールが生まれたバルセロナは、ビハインドを負った相手が前に出てきたことで、ここからよりストレスなくプレーできるようになる。 そして、70分には右サイドで背後を狙うハフィーニャへクンデの縦パスが通ると、ボックス右でキープしたブラジル代表FWが絶妙な折り返しを供給。レヴァンドフスキがニアへのランニングでDFを引っ張った背後にドフリーで飛び込んだガビが難なく押し込み、アルバに続く今季リーグ戦初ゴールとした。 この2点目で勝利に大きく近づいたバルセロナだが、前回対戦同様に畳みかける攻めで3点目を奪い切った。79分、波状攻撃からフレンキー・デ・ヨングの絶妙な浮き球パスに反応したアルバがボックス左に侵入し、完璧なクロスを供給。これをゴール前に飛び込んだハフィーニャがワンタッチで流し込んだ。 これで試合を決めたホームチームは、殊勲のガビ、アルバ、ハフィーニャをベンチに下げてマルコス・アロンソや、フェラン・トーレスらを投入し、試合をクローズにかかる。 そして、セビージャの反撃をシュート2本に抑え込んだチャビのチームが、3-0のスコアで完勝。公式戦10連勝を達成すると共に、マジョルカ相手に敗戦した2位のレアル・マドリーとの勝ち点差を「8」に広げた。 2023.02.06 06:59 Mon
twitterfacebook
thumb

論争絶えぬ“2人”と共に戦ったS・ラモス「メッシが最高」

パリ・サンジェルマン(PSG)の元スペイン代表DFセルヒオ・ラモスが史上最高の選手について語った。スペイン『アス』が伝えている。 現代サッカーを牽引してきたPSGのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシと、アル・ナスルのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド。2008年にC・ロナウドがバロンドールを受賞して以降10年間にわたっては、2人で世界最高選手の座を独占するなど、長年トップを走り続けている。 メッシは昨年のカタール・ワールドカップ(W杯)で念願の初優勝。C・ロナウドは今年からヨーロッパの第一線を離れて中東でのプレーを始めており、現在では対照的なキャリアを歩んでいると言えるものの、どちらがフットボール史上最高の選手かという論争は決着が着かないままだ。 そうした中、レアル・マドリーでC・ロナウドと共に多くの栄光を掴み、現在はメッシとチームメイトであるS・ラモスがクラブメディア『PSGTV』のインタビューに応対。メッシこそが史上最高の選手だと断言した。 「僕は何年もメッシに苦しまされてきた。今は共にプレーすることを楽しんでいるよ。彼はこれまでのフットボールにおいて最高の選手だ」 バルセロナに所属していたメッシとはマドリー時代に幾度なくマッチアップしてきたS・ラモス。敵として感じる怖さという面で、長年共にプレーしてきたC・ロナウドをも上回ると考えているようだ。 2023.02.05 18:13 Sun
twitterfacebook
thumb

退団報じられるも…チャビ監督はブスケッツ残留を希望 「とても大切な選手」

バルセロナのチャビ・エルナンデス監督は元スペイン代表MFセルヒオ・ブスケッツ(34)の残留を望んだ。 バルセロナのカンテラーノとして2008-09シーズンにトップチームデビューして以降、クラブの黄金期を中盤の底から支えてきたブスケッツ。これまで公式戦通算698試合に出場し、30ものタイトル獲得に貢献してきた。 34歳の今や主将としてもチームを引っ張るが、クラブとの契約は今季まで。カタール・ワールドカップ(W杯)終了後にはスペイン代表としてのキャリアにピリオドを打った中で、バルセロナからも去ることを希望しているとの報道もある。 そうした中、チャビ監督は5日に行われるラ・リーガ第20節のセビージャ戦の前日会見でブスケッツの去就について言及。未来は本人の希望次第だと語りつつも、チームにおける同選手の重要性を強調した。 「クラブとして力を尽くすが、決めるのは彼だ。今は彼の決断を待っている」 「チームすべてにプラスを与えてくれるとても大切な選手だ。彼は自分の将来を決める権利を持っているが、もし残ってくれるなら嬉しい限りだ」 昨年11月のインタビューでは「2月ぐらいにはっきりさせて結論を出したい」と話したブスケッツ。有力な新天地はアメリカのインテル・マイアミであるとも伝えられているが、去就はいかに。 2023.02.05 16:23 Sun
twitterfacebook
thumb

【2022-23 ラ・リーガ前半戦ベストイレブン】首位バルセロナから最多4人を選出!

2022-23シーズンのラ・リーガは第19節を消化しました。そこで本稿では前半戦のベストイレブンを超ワールドサッカー編集部が独自に選定してみました。 ◆ラ・リーガ前半戦ベストイレブン GK:テア・シュテーゲン DF:クンデ、ミリトン、ジェライ MF:バルベルデ、スビメンディ、ペドリ、メリーノ FW:デンベレ、レヴァンドフスキ、ヴィニシウス GK マルク=アンドレ・テア・シュテーゲン(30歳/バルセロナ) 出場試合数:19(先発:19)/失点数:7 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/get20230202_101_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 前半戦のMVP。今季大幅にバックラインが入れ替わった中、圧倒的なゴールキーピングでパラドンを連発し、前半戦をわずか7失点で終えた。これにより、自身初のサモラ賞だけでなく、1993-94シーズンにデポルティボ・ラ・コルーニャのフランシスコ・リアーノが記録したラ・リーガ最年少失点記録(18失点)の更新も期待される。 DF ジュール・クンデ(24歳/バルセロナ) 出場試合数:12(先発:11)/得点数:0 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/get20230202_101_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 最少失点を記録したバルセロナのディフェンスラインを代表しての選出に。最少失点の立役者は守護神だが、今季新加入のフランス代表DFはアラウホ、バルデ、クリステンセンと共に好パフォーマンスを披露した一人。本職のセンターバックと右サイドバックで併用された中、攻撃面ではポジショニング、単純な技術、判断ミスは散見されるものの、圧倒的な身体能力を生かした対人、カウンター時の対応でチームの守備を大いに助けた。パフォーマンス自体はアラウホに分があったが、出場数と新加入という点を考慮した。 DF エデル・ミリトン(25歳/レアル・マドリー) 出場試合数:16(先発:13)/得点数:3 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/get20230202_101_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 負傷者続出のエル・ブランコのディフェンスラインを牽引。相棒アラバやカルバハルらの離脱によってなかなかベストメンバーを組めず、フィルター役を担ってきたカゼミロの退団によって安定感を欠く昨季王者。だが、センターバックと右サイドバックで孤軍奮闘の活躍を見せたブラジル代表の活躍は見事だった。持ち味のソリッドな守備に加え、チーム5位タイの3ゴールを記録。ビルドアップの部分でも着実な成長を示している。 DF ジェライ・アルバレス(28歳/アスレティック・ビルバオ) 出場試合数:16(先発:16)/得点数:0 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/get20230202_101_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 円熟味増す堅守で存在感。ソシエダのセンターバックコンビやアルビオルらの活躍も素晴らしかったが、オトラ・リーガで印象的なパフォーマンスを見せた。昨季はビビアンの台頭によってやや出場機会を減らしたが、今季はイニゴ・マルティネスの負傷離脱もあって主軸を担う。持ち味のインターセプトやボールリカバリー、クリア数といずれも好スタッツを叩き出しており、素晴らしい前半戦となった。 MF フェデリコ・バルベルデ(24歳/レアル・マドリー) 出場試合数:19(先発:16)/得点数:6 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/get20230202_101_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> ゴールスコアラーとしての才能を開花。2018-19シーズンから着実に成長を続けるウルグアイ代表は、より決定的な仕事を求めるイタリア人指揮官の下で、早くもキャリアハイの倍となる6ゴールを記録。豊富な運動量とフィジカル能力を武器に、ピッチを縦横無尽に駆け回りながら、正確且つパワフルなシュートでゴラッソを連発。再開後はややパフォーマンスを落としているが、中断前は間違いなくレアル・マドリーのベストプレーヤーだった。 MF マルティン・スビメンディ(25歳/レアル・ソシエダ) 出場試合数:18(先発:17)/得点数:1 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/get20230202_101_tw6.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> メガクラブ注目のピボーテ。一昨季の主力定着以降、安定したパフォーマンスを継続し、国内屈指のピボーテに成長した。バルセロナがブスケッツの後継者、クラブOBでもあるアルテタ率いるアーセナルも関心を示す逸材は、今季の前半戦も躍動。守備では強度の高い対人守備、カバー範囲の広さを生かしてフィルター役を完遂。攻撃では巧みなポジショニングと視野の広さを武器にボールの循環の基準点として機能した。 MF ペドリ(20歳/バルセロナ) 出場試合数:19(先発:16)/得点数:5 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/get20230202_101_tw7.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 巧さに加え、怖さを身に着ける。昨季は度重なる負傷に悩まされて期待外れの2年目となったが、この間に懸命なパーソナルトレーニングを敢行。鋼の肉体を手にした20歳のメガクラックは、開幕から圧巻のパフォーマンスを披露し続ける。より前目のポジションで決定的な仕事を求めるチャビ監督、世界屈指のポストワークを誇るレヴァンドフスキの加入によってボックス内で勝負する機会を増やすと、前半戦だけでキャリアハイの5ゴールを奪取。トップ下や左ウイングでフリーロールを担う機会も増えており、後半戦の更なる爆発が期待される。 MF ミケル・メリーノ(26歳/レアル・ソシエダ) 出場試合数:16(先発:15)/得点数:1 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/get20230202_101_tw8.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 前半戦のアシスト王。ブライス・メンデス、シルバ、久保建英と共に“ラ・レアル”の中盤に君臨するレフティの一人は、持ち味である球際の強さを生かした守備に加え、正確なボールの散らしによって中盤と前線のリンクマンとして機能。さらに、正確な左足のキックを武器に前半戦でリーグ最多の7アシストを記録した。 FW ウスマーヌ・デンベレ(25歳/バルセロナ) 出場試合数:18(先発:14)/得点数:5 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/get20230202_101_tw9.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> ブラウグラナ崩しの切り札。昨季終盤に完全覚醒し、バルセロナの2位フィニッシュに貢献したフランス代表は、退団の可能性も取り沙汰された中で残留を決断。今季はハフィーニャやフェラン・トーレス、アンス・ファティ、デパイとポジション争いが激化したものの、蓋を開けてみれば、チャビ監督の信頼を勝ち得て前線の主力に君臨。昨季後半戦に比べて依存度は減ったものの、5ゴール5アシストの数字以上の存在感で首位チームの攻撃を牽引している。 FW ロベルト・レヴァンドフスキ(34歳/バルセロナ) 出場試合数:16(先発:15)/得点数:14 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/get20230202_101_tw10.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 世界屈指のストライカーとしての存在感を発揮。昨夏、新生バルセロナの目玉補強として33歳にしてラ・リーガ初挑戦を選択したポーランド代表FW。その実績を考えれば、懐疑的な目は少なかったものの、これまで多くの超一流ストライカーが適応に苦しんだバルセロナだけに一抹の不安もあった。しかし、第2節のソシエダ戦でドブレーテを達成すると、そこからは6試合連続を含めゴールを量産。中断明け以降はパフォーマンスの低下、3試合の出場停止で小休止もあったが、得点ランキング首位でシーズンを折り返した。 FW ヴィニシウス・ジュニオール(22歳/レアル・マドリー) 出場試合数:19(先発:19)/得点数:7 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/get20230202_101_tw11.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 凄みを増すエル・ブランコの若きエース。昨季、ベンゼマとのダブルエースとして優勝の立役者となった22歳は、今季も開幕7試合で5ゴールと躍動。以降の12試合ではわずかに2ゴールと、ゴールペースは低下したが、ドリブル成功率や被ファウル、チャンスクリエイトといったスタッツは驚異的だ。前半戦では不遜な振る舞いが批判を招いたが、対戦相手にとって最も脅威を与える存在であることは間違いない。 2023.02.04 18:01 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly