キエッリーニ、古巣移籍噂されるプリシッチに太鼓判 「ユーベにとって素晴らしい3人目のウインガー」

2022.07.09 16:17 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ロサンゼルスFCの元イタリア代表DFジョルジョ・キエッリーニが、古巣への移籍が取り沙汰されるアメリカ代表のエースについて言及した。

チェルシーは今夏の移籍市場で、センターバックの獲得候補として、ユベントスのオランダ代表DFマタイス・デ・リフトをリストアップ。

その獲得オペレーションにおいて、ブルーズは移籍金と共にアメリカ代表FWクリスチャン・プリシッチ、ドイツ代表FWティモ・ヴェルナーのいずれかの譲渡を交渉に盛り込んだと報じられていた。

現時点ではデ・リフトがユベントスを去る場合、バイエルン行きの可能性が高いと報じられていることもあり、プリシッチのユベントス行きの可能性は低いが、ビアンコネロのレジェンドDFはアメリカ代表のエースが古巣にフィットすると考えているようだ。

キエッリーニは、アメリカ『ESPN』のインタビューでプリシッチのユベントス行きの可能性について問われると、イタリア代表FWフェデリコ・キエーザ、アルゼンチン代表MFアンヘル・ディ・マリアと共にウイングの主力になれると主張している。

「正直なところ、その話を聞いたのは初めてだけど、ユベントスにはプリシッチのようなウインガーが必要だと思う」

「プリシッチはとても良いプレーヤーだ。彼がサイドからスタートし、内側に入ることができる。キエーザは負傷中で、彼は間違いなく戻ってくるが、それは9月までという早い段階ではない。だから、プリシッチは最初の数カ月で確実にすべての試合でプレーできるはずだ」

アンヘル・ディ・マリアの加入により、プリシッチはユベントスにとって素晴らしい3人目のウインガーになる可能性がある。彼は年々向上し、チェルシーで素晴らしいシーズンを過ごしている」

今回のキエッリーニのコメントに関しては、元同僚であるMFウェストン・マッケニーへの言及を含め、アメリカメディアへのリップサービス的な意味合いが強いが、今後プリシッチのユベントス行きは実現するのか…。

関連ニュース
thumb

度重なる負傷で「役立たずだと感じていた」シュチェスニーが離脱中の苦悩告白

ユベントスのポーランド代表GKヴォイチェフ・シュチェスニーが、チームの復調や自身の負傷に言及した。『フットボール・イタリア』が伝えている。 開幕から低調なスタートを切り、9月は公式戦未勝利で終えたユベントス。それでも先週末に行われたセリエA第8節のボローニャ戦では公式戦6試合ぶりの勝利を飾り、5日のチャンピオンズリーグ(CL)グループH第3節マッカビ・ハイファ戦を前に復調のきっかけを掴んだ。 マッカビ・ハイファ戦の前日会見に出席したシュチェスニーも、ボローニャ戦勝利の勢いを持ち込みたいとコメント。グループステージ連敗から立ち直るため、同じく連敗中の相手には必勝を期すと意気込んだ。 「僕たちはボローニャ戦と同じような姿勢を見せないといけない。冷静になって、CLの試合の難しさを認識する必要があると思う。決勝トーナメント進出のため、次の2試合では勝ち点6が必要だ」 「セリエAは非常にバランスがとれたリーグだが、今はCLに集中しなければならない。リーグ戦のことを今考えても、意味がないからね。僕たちはリーグで首位から7ポイント差のところにいるから、挽回の必要がある。そして、チームはそこに到達するだろう」 また、シュチェスニーはチームの不振の原因として、多くの負傷者がいたことに言及。自身も今季ケガで2度離脱している守護神は、チームの力になれず負い目を感じたと告白している。 「ケガで多くの選手が欠場していたことは、チームの助けにならなかったと思う。今、何人かの選手が戻ってきて、みんなチームを助ける準備ができている。困難な時期であっても、僕たちは改善していかなければならないんだ。重要な月が控えており、ポイントが必要だ」 「僕にとっても、この1カ月は大変だったよ。チームが苦しんでいたのに助けられず、役立たずだと感じていた。それでも今、僕は熱意を持って戻ってくることができた」 2022.10.05 16:48 Wed
twitterfacebook
thumb

不調ユーベ攻撃陣を牽引するミリク、マッカビ・ハイファ戦欠場か

ユベントスのポーランド代表FWアルカディウシュ・ミリクが4日午前のトレーニングに参加しなかったようだ。『フットボール・イタリア』が伝えている。 同メディアによればミリクは筋肉に疲労があったようでジムでの調整のみにとどめたとのことだ。ユベントスは5日にチャンピオンズリーグ・グループステージ第3節マッカビ・ハイファ戦を控えるが、ミリクが出場できるかは、この後行われるマッシミリアーノ・アッレグリ監督の前日会見で明かされる模様だ。 今夏、マルセイユからレンタルで加入したミリクは早くも4ゴールをマーク。不振のユベントスの中で印象的な活躍を見せており、2連敗スタートとなったCLでは欠かせない戦力となる。 2022.10.04 22:30 Tue
twitterfacebook
thumb

CLでイスラエル王者と対戦のユーベ、相手選手17人が試合直前まで断食

ユベントスがチャンピオンズリーグ(CL)で対戦するマッカビ・ハイファの複数の選手らは、試合直前まで断食を行う。イタリア『カルチョメルカート』が伝えている。 近年まれに見る不振に陥っているユベントス。直近の国内リーグ戦こそ勝利したものの、CLではここまで2連敗を喫しており、5日にホームで行われるグループH第3節のマッカビ・ハイファ戦では是が非でも白星を手に入れたいところだ。 そんなイスラエル王者、マッカビ・ハイファに所属する27人の選手のうち17人がユダヤ教を信仰する自国の選手で、10月4日の夕方から翌5日の夕方にかけて「ヨム・キプル」または「贖罪の日」と呼ばれる断食に入るという。 試合のキックオフは現地時間の5日夜であることから、イタリア遠征に参加するマッカビ・ハイファのイスラエル人選手たちは試合直前までの24時間、飲食を禁じられた状態でユベントス戦に臨むことになるようだ。 2022.10.04 21:42 Tue
twitterfacebook
thumb

イグアイン引退をナポリは完全に「無視」… ユーベ移籍の遺恨は未だ晴れず

現役引退を発表した元アルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアイン(34)に対する各クラブの反応が異なっている。 所属するメジャーリーグ・サッカー(MLS)のインテル・マイアミから今季限りでの引退が発表されたイグアイン。リーベル・プレートから19歳でレアル・マドリーへと移籍し、その後はナポリ、ユベントス、ミラン、チェルシーといったビッグクラブを渡り歩いた。 イグアインの突然の引退には、かつて在籍したユベントスが公式SNSで過去のゴールを振り返ったほか、マドリー時代に師事したジョゼ・モウリーニョ監督(現ローマ)が惜別のメッセージを送るなど、一時代を築いたストライカーに歴代のクラブや関係者から労いの言葉が贈られている。 そんななか、ナポリはこれらの動きを完全にスルー。イグアインは2013年夏に加入したナポリでセリエA得点王に輝いたほか、3年間で通算91得点を挙げるなど絶対的エースとして君臨したが、2016年夏のユベントス移籍に憤ったファンからは大きな反発を呼んでいた。 こういった事情もあってか、ナポリはイグアインの現役引退を「無視」。ライバルクラブへと去った元エースに対する遺恨は6年経っても消えていないようだ。 <span class="paragraph-title">【動画】インテル戦でゴールを決めたユベントス時代のイグアイン</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="it" dir="ltr">Grazie di tutto, Pipa <a href="https://t.co/rN6LpNgFnd">pic.twitter.com/rN6LpNgFnd</a></p>&mdash; JuventusFC (@juventusfc) <a href="https://twitter.com/juventusfc/status/1577008106889936913?ref_src=twsrc%5Etfw">October 3, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.10.04 20:26 Tue
twitterfacebook
thumb

ポグバ、予想以上のペースで回復進む! 1カ月以内で戦線復帰か

ユベントスのフランス代表MFポール・ポグバが着々と戦線復帰に近づいているようだ。イタリア『スカイ』が伝えている。 ポグバは今季開幕前に右ヒザ外側半月板を負傷し、戦線離脱を余儀なくされた。完治させるには手術を受けなければならなかったが、当初はカタール・ワールドカップの出場を見越して、早期復帰が見込める保存療法を選んだ。 だが、回復が思わしくなく、予定を変更して9月初旬に手術を実施。『スカイ』が8週間の離脱と予想する一方で、マッシミリアーノ・アッレグリ監督は「現実的に来年1月の復帰になるだろう」と、フランス代表MFがW杯行きを断念せざるを得ない状況であることを示唆した。 しかし、同メディアが伝えた最新の情報では、予想以上のペースで完治に向かっているようで、3日にはリハビリをスタートさせたとのこと。今後1カ月以内の戦線復帰が期待されているという。 2022.10.04 19:50 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly