移籍視野が噂のC・ロナウド、2日連続で合流せず

2022.07.06 16:20 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(37)はまだマンチェスター・ユナイテッドに合流していないようだ。

ユナイテッドは先月末からエリク・テン・ハグ新監督の下でプレシーズンを開始。先月6月のインターナショナルマッチウィークで代表活動に参加した選手は4日から合流したが、C・ロナウドは欠席した。

今夏の移籍願望が浮かび上がった矢先の不参加とあって、憶測に拍車をかける状況だが、イギリス『The Athletic』によると、翌日の5日に行われた練習にも家族の事情を理由に合流しなかったという。

現時点でクラブの練習施設でトレーニングに励むユナイテッドは8日にタイとオーストラリアを回るアジアツアーに出発する見通しだが、C・ロナウドの合流時期は見当がつかない状況の模様だ。

C・ロナウドの契約は1年延長オプションを除くと来季まで。クラブ側は今夏に売らない姿勢だが、選手側は適切なオファーがあれば移籍を望み、チェルシーやバイエルン、ナポリの興味が浮上している。

なお、移籍市場に精通する著名記者のファブリツィオ・ロマーノ氏によると、ユナイテッドの姿勢は変わらずだが、選手代理人のジョルジュ・メンデス氏は一刻も早く正式オファーをと奔走中とのことだ。

関連ニュース
thumb

「メディアは嘘をついている」…移籍話でトピックになり続けるC・ロナウドが物申す

マンチェスター・ユナイテッドのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(37)が自身の去就を巡る報道を非難した。 12年ぶりのユナイテッド復帰を果たした昨季、チーム最多24得点とさすがの活躍をしたC・ロナウド。だが、今季のチームがエリク・テン・ハグ新体制で再出発を期すなか、チャンピオンズリーグ(CL)の出場権もないことから、移籍を懇願しているといわれる。 現状、プレミアリーグ開幕してもユナイテッドでプレーを続けているが、家族の事情によるプレシーズンの不参加をはじめ、チームがテストマッチ最中の帰宅でも悪目立ち。その後もネガティブなニュースが相次ぎ、いまだ移籍の話で話題を振りまいている。 最近では売る気なしの姿勢だったユナイテッドの上層部もチーム内でネガティブな存在となりつつあるC・ロナウドの現状から、一転して移籍容認の方針転換が噂に。そうしたなか、渦中のC・ロナウドにメディアを敵対視する動きがあったようだ。 イギリス『デイリー・メール』などの複数メディアによると、インスタグラム上にて、ファンアカウントの投稿に対する返信コメントでメディアの自身に関する報道を事実無根とした上、今後のインタビューで真実が明らかになると主張したという。 「彼らは数週間後のインタビューで真実を知ることになる。メディアは嘘をついている。僕のノートにはこの数カ月のうちに僕で100個のニュースが作られ、5個だけが正しかった。それがどういうことかイメージしてほしい。そのヒントにこだわるんだ」 チームも低調なスタートとあって、補強の動きをさらに強める報道がなされるなか、残るのか、出ていくのかが注目されるC・ロナウド。どういう結末で迎えるのだろうか。 2022.08.17 12:10 Wed
twitterfacebook
thumb

ユナイテッドのラビオ獲り、選手側の高額な年俸要求でブレーキ

マンチェスター・ユナイテッドがユベントスからフランス代表MFアドリアン・ラビオ(27)を獲得しようとする動きにブレーキをかけたようだ。 エリク・テン・ハグ新体制の下、いよいよ始まったプレミアリーグだが、開幕2連敗と最悪のスタートを切ったユナイテッド。補強の必要性が改めて浮き彫りとなるなか、バルセロナのオランダ代表MFフレンキー・デ・ヨングを取り逃がす公算が高まる中盤もそのポイントと叫ばれ、新たなターゲットにラビオが急浮上している。 ラビオの売却を視野のユベントスとは早々に移籍金1700万ユーロ(約23億2000万円)で合意に至ったとされ、実母で代理人のヴェロニク氏との交渉が今後の焦点に。移籍市場に精通するファブリツィオ・ロマーノ記者の既報によれば、トリノでの交渉はポジティブな雰囲気で終わったといわれ、今後も続く話し合いの行く末が注目される。 しかし、ロマーノ記者の続報によると、ユナイテッドはラビオ側から求められる年俸額を「クレイジー」だとみなして、話し合いが完全に棚上げ状態に。クラブの幹部はすでにほかの選択肢を探り始めており、取引は選手側次第という状況となっている模様だ。 また、イタリア『カルチョメルカート』によれば、ラビオ側が求める年俸は推定で900万〜1000万ユーロ(約12億2000万〜約13億6000万円)。ユナイテッドの提示年俸は固定650万ユーロにボーナスをプラスした最大800万ユーロ(10億9000万円)だという。 2022.08.17 09:45 Wed
twitterfacebook
thumb

CL連続出場を望むC・ロナウドの去就は監督次第…チームへの悪影響考慮で退団許可の可能性も

今夏クラブからの退団を希望したとされているマンチェスター・ユナイテッドのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(37)だが、本当にチームを離れる可能性が出てきた。 昨夏ユベントスを退団し、電撃的に古巣であるユナイテッドに復帰したC・ロナウド。チームはプレミアリーグで6位と振るわなかったが、C・ロナウドはプレミアリーグ30試合で18ゴール3アシスト、チャンピオンズリーグ(CL)でも7試合で6ゴールを記録するなど、力を見せつけた。 しかし、チームは今シーズンのCL出場権を得られず、C・ロナウドにとっては初めて出場したシーズンからの連続出場が途絶えることとなる。 さらに、移籍市場では他クラブの後塵を拝することが多く、競争力を持てないということから退団を希望するとの憶測が飛び交っている。 その噂を後押しするように、家族の問題を理由にプレシーズンに合流せず、最後にやっと合流。エリク・テン・ハグ監督が新たに就任したチームにおいて、出遅れた感は否めず、開幕から2試合で続けて出場したものの、チームは連敗と散々な状態になっている。 エースでもあるC・ロナウドの行動はチームに与える影響も少なくなく、チームの士気が落ちるという懸念もある中、ユナイテッドは今夏の移籍市場でC・ロナウドを売却する可能性があるという。 イギリス『BBC』や『スカイ・スポーツ』などが一斉に報じており、さらにC・ロナウドはクラブ内では1人で昼食を取り、コミュニケーションをとっていないなど、悪影響があるともしている。 あとはテン・ハグ監督がどう決断するかとも言われ、重要な戦力であると語っていた中、チームへの悪影響を考えて退団を許可すれば、一気に話が進むとも見られている。 移籍先としてはチェルシーやアトレティコ・マドリーが浮上しているが、どちらも獲得の可能性は現段階では低いと見られている。 『スカイ・スポーツ』によれば、C・ロナウドの望みはただ1つ。CLに出場すること。ユナイテッドでは不可能な条件だけに、その意思を汲んで、テン・ハグ監督が決断する可能性もありそうだ。 2022.08.16 23:10 Tue
twitterfacebook
thumb

「補強なしにロナウド退団なら11位以下で終わるかも」 G・ネビルが論じる

マンチェスター・ユナイテッドOBのギャリー・ネビル氏は古巣の現状的にポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドを手放すのは危険だと論じた。イギリス『デイリー・メール』が報じている。 ユナイテッドがエリク・テン・ハグ新監督の下で再起を期すなか、去就問題に揺れるC・ロナウド。プレミアリーグ第2節で初先発したが、去就はいまだはっきりしておらず、チームも開幕戦に続く黒星で連敗を喫した。 最近では試合中や練習中におけるC・ロナウドの不服そうな態度もクローズアップされ、残っても不満分子となりかねないが、G・ネビル氏はまともな補強なしに退団されたら、チームはさらに悪い結末になりうると論じた。 解説者を務めるイギリス『スカイ・スポーツ』で「彼を巡って重大な決断を下す必要がある。どうなろうと、悪い結果になるがね」と切り出した上で、昨季もチーム最多の公式戦24得点を決めた37歳の存在の重要性を説いた。 「あの2つの結果が出る前、私はクリスティアーノの移籍を促すのがベストだと言った。クラブだって彼に満足していないからだ。しかし、今のチームが直面する問題は彼がいなくなったら、ゴールを決めるという部分でクラブに何もないということなんだ」 「この先の数週間で補強できず、あるいはダメな選手を連れてきたりして、彼が出て行ったら、順位表のボトムハーフで終わりうると純粋に思う。彼らは11位以下のチーム。それは大きなステートメント。私が今季の終わりにバカを見るかもしれないがね」 「ユナイテッドは今後数カ月のどこかで波に乗って、今季を乗り切るとは思うが、(1974年に)降格して以来、最も不安定な時期を過ごすことになるだろう」 2022.08.16 17:30 Tue
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド、注目の若き中盤ガーナーを売却か…PL複数クラブが興味

マンチェスター・ユナイテッドのU-21イングランド代表MFジェームズ・ガーナー(21)に移籍の可能性が浮上している。 ガーナーはユナイテッドアカデミー出身の中盤。かつてユナイテッドやイングランド代表で活躍したマイケル・キャリック氏の後継者と謳われる注目株で、2021年1月からはノッティンガム・フォレストに貸し出され、通算68試合でプレーした。 昨季のフォレストでも公式戦48試合出場で4得点10アシストと活躍してチームのプレミアリーグ昇格に貢献。そして今夏からユナイテッドに戻り、参加したプレシーズンではボランチやアンカーでアピールを続けたが、開幕から出番なしが続く。 バルセロナのオランダ代表MFフレンキー・デ・ヨングを獲得しようとする動きがいまだ結実しない今の状況を鑑みると、ガーナーの起用も考えていきたいユナイテッドだが、イギリス『BBC』によると、完全移籍での売却も視野に入れているという。 関心を示すクラブに古巣のフォレストがあげられ、移籍市場に精通するイタリア人のファブリツィオ・ロマーノ記者が追随したところによると、プレミアリーグ全体でも3、4クラブが興味。ガーナーは今後数日間で移籍する可能性が高い模様だ。 なお、イギリス『スカイ・スポーツ』によると、ガーナーを巡ってはフォレストのほかにも、サウサンプトンが獲得に関心を示しているといわれる。 2022.08.16 12:35 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly