ライプツィヒMFアダムスがリーズ移籍目前、マーシュ監督と再会へ

2022.07.05 20:51 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
RBライプツィヒのアメリカ代表MFタイラーアダムス(23)は、リーズ・ユナイテッドへの移籍が目前となっているようだ。

アダムスは、2019年1月に母国のニューヨーク・レッドブルズから系列クラブであるライプツィヒへと加入したセントラルハーフ。豊富な運動量を武器に相手の攻撃の芽を摘み取るダイナモで、ブンデスリーガ通算75試合に出場、昨シーズンはDFBポカール優勝にも貢献した。

リーズは今年2月から前ライプツィヒ指揮官のジェシー・マーシュ監督が指揮。2022-23シーズンを迎えるにあたって古巣からアダムスの獲得を目指しており、マンチェスター・シティに移籍したイングランド代表MFカルヴァン・フィリップスの後釜に据える思惑とみられる。

アメリカ『ESPN』によると、リーズは移籍金1700万ユーロ(約24億円)にアドオンを含めた2300万ユーロ(約32億2000万円)でライプツィヒと合意に至ったとのこと。アダムスは近日中にメディカルチェックを受診する見込みで、問題がなければ、その後正式契約を結ぶ流れのようだ。

関連ニュース
thumb

バイエルンSD、今夏のレヴァンドフスキら売却を振り返る「ビジャレアルに敗れて悟った」

バイエルンのスポーツ・ディレクター(SD)を務めるハサン・サリハミジッチ氏が、今夏の退団選手らについて言及した。イギリス『ミラー』が伝えている。 バイエルンは今夏、絶対的エースとして8年間チームを支えたポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキをバルセロナへ売却し、スペイン人MFマルク・ロカもリーズ・ユナイテッドに移籍した。 サリハミジッチSDはイギリス『タイムズ』のインタビューに応じ、レヴァンドフスキらの売却決定は昨季のチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝、ビジャレアル戦が1つのきっかけになったと振り返った。 「ビジャレアルを相手に敗退し、我々は多くのことを変えなければいけないと悟った。レヴァンドフスキが退団を望んでいたのはすでに明らかだったが、最高の代役が手に入らなければ、決して手放すことはなかっただろう」 「しかし、我々は多くのプレーヤーをリストアップしており、その1つが実現した。まさしくサディオ・マネのことだ。我々にとって彼は望外だったとも言えるね」 また、2020年10月に加入するも、2年間でわずか24試合の出場にとどまったロカにも言及。「本当に優れた選手だった」と称えながらも、リーズから魅力的なオファーが届いたと認め、アヤックスから20歳の逸材、MFライアン・グラッフェンベルフを獲得したこともあり、放出にゴーサインを出したようだ。 2022.09.13 21:48 Tue
twitterfacebook
thumb

「バルサのシャツを着るのが夢だった」 ハフィーニャがチェルシーとで揺れた今夏回想

今夏にバルセロナか、チェルシーかで去就揺れたブラジル代表FWハフィーニャだが、前者に勝る移籍先などなかったようだ。 リーズ・ユナイテッドでの過去2シーズンで評価を上げ、ビッグクラブから人気を博す存在となったハフィーニャ。チェルシーも獲得に本腰だったが、ボーナス込みで最大6700万ユーロ(約96億9000万円)といわれる移籍金額でバルセロナ入りが決まった。 自身の念願も叶ってのバルセロナ入りから早1カ月が過ぎ、主力として計算される25歳はスペイン『La Vanguardia』で改めて今夏を回想。「チェルシーからのオファーを断った? イエスだ。僕の夢はバルサのシャツを着ることだったから」と語っている。 また、ブラジル代表、そしてバルセロナでいち時代を築いたロナウジーニョ氏に対する憧れも口に。そんな自身のアイドルがプレーしたバルセロナからの話はどこよりも魅力的に映り、家族からの教えもこの移籍を決断する上で大きく影響したようだ。 「ロナウジーニョが加入して以来、僕は幼い頃からこのチームをフォローし、その一員になりたかった。その願望はどんなオファーよりも強かったんだ。金銭的にどれだけ魅力的なものでもね」 「ここに来ても、登録されるのに苦労するかもしれないというのは承知済みだったけど、クラブが頑張ってくれているのも知っていた。だから、経済的な状況を信じて受け入れると決心したんだ」 「僕はポルト・アレグレという貧困地域のラ・レスティンガで生まれ、貧しい子供時代を過ごした。でも、家族からは物質的なことよりも謙虚さや価値観の方がずっと大事だと教えられたんだ。それに何度も救われたよ」 2022.09.11 17:55 Sun
twitterfacebook
thumb

退場したリーズのマーシュ監督がFAから起訴…試合後に不適切な発言

リーズ・ユナイテッドのジェシー・マーシュ監督が、イングランドサッカー協会(FA)から処分を受けることとなるようだ。イギリス『BBC』が伝えた。 マーシュ監督は、3日に行われたブレントフォード戦でレッドカードを受け、退席処分となっていた。 ブレントフォードのアーロン・ヒッキーが、リーズのクリセンシオ・サマーフィルに対して激しいタックル。マーシュ監督はPKが与えられなかったことに激怒した。 マーシュ監督はロバート・ジョーンズ主審に対し、オンフィールド・レビューをしろとアピールした結果、退場処分を受けることとなった。 なお、リーズはブレンフォード相手に5-2で大敗を喫することとなった。 マーシュ監督は、試合後のインタビューで「最終的にVARの確認がなかったのは、敬意の欠如だ」とコメント。これが不適切な発言だとして、FAは起訴した。異議申し立ては9日まで行える。 2022.09.07 20:23 Wed
twitterfacebook
thumb

「恥ずかしい」イギリス新首相のトラス氏、応援するクラブ明かすもファン激怒「やめてくれ」「好きになるな」

イギリスの新首相になることが決定的なリズ・トラス氏だが、あるクラブのファンが激怒している。 イギリスの保守党は5日、ボリス・ジョンソン元首相の後任を選ぶ党首選挙を実施。リーズ・トラス外相(47)が新党首に選ばれた。 6日にエリザベス女王の任命を受けて正式に首相に就任することとなり、第78代首相になる。 イギリスにおいては3人目の女性首相の誕生となる中、サッカー界ではひと騒動起きている。 オックスフォード出身のトラス氏は、若い頃にリーズに在住。リーズ・ユナイテッドのファンだったという。 しかし、その後ノーフォークに移住。そこで、リーズからノリッジ・シティを応援するようになったようだ。 リズ氏は選挙活動中の中の演説で、「私はノリッジ・シティのサポーターになりました。彼らは素晴らしいファミリークラブです。何て言えばいいですか? (オーナーである )デリア(・スミス)は素晴らしい女性で、素晴らしい料理研究家です」とコメント。ノリッジのファンになったことを明かしていた。 しかし、リーズのファンからは応援するクラブを乗り換えたことでブーイングが。一方で、労働党との選挙に勝つ必要があり、リーズの英雄であるドン・レヴィ氏のメンタリティを受け継がなければならないとコメント。これにより、ノリッジファンの反感を買うこととなってしまった。 これにはファンも反応。「ノリッジが好きだというのはやめてくれ」、「これほど恥ずかしいと思ったことはない」、「好きになるのを禁じる」と、全く受け入れる気はないようだ。 イギリスの首相にとっては、サッカー界に対する制作など様々な面でスポーツとも関わることになるが、前途多難といったところだろうか。 2022.09.06 15:40 Tue
twitterfacebook
thumb

リーズがイタリア期待の18歳新星FWニョントを完全移籍で確保! 5年契約

リーズ・ユナイテッドは2日、スイスのチューリヒからイタリア代表FWウィルフレッド・ニョント(18)を完全移籍で獲得したことを発表した。 契約期間は2027年夏までの5年間。移籍金は非公開とされている。今夏9人目の補強となった。 ニョントはコートジボワールにルーツを持つイタリア人。インテルの下部組織で育ち、2020年7月にファーストチームに昇格することなくチューリヒへと完全移籍した。 そのチューリヒでは2シーズンで公式戦74試合に出場し12ゴール10アシスト。また、世代別のイタリア代表でも活躍を続けると、今年6月にはA代表に招集され、デビューを果たす。 イタリア代表としても4試合に出場しすでにゴールも記録。ドイツ代表とのUEFAネーションズリーグで初ゴールを記録し、イタリア代表での最年少ゴール記録保持者となった。 2大会連続でワールドカップ出場を逃したイタリアにとって、将来が期待されるストライカーの1人。リーズでの活躍が期待される。 2022.09.02 11:02 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly