ダニエウ・アウベス、スペツィアヘ逆オファーも失敗に終わる

2022.06.30 07:00 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
スペツィアがブラジル代表DFダニエウ・アウベス(39)からの逆オファーを見送る姿勢だという。イタリア『Il Secolo XIX』の情報を『カルチョメルカート』が報じている。

昨年9月にサンパウロを退団し、同年11月に約5年半ぶりのカンプ・ノウ帰還を果たしたダニエウ・アウベス。

加入後は公式戦16試合に出場し、1ゴール4アシストを記録。プレー面での貢献もさることながら、クラブの最年長選手として、若手主体のチャビ・エルナンデス体制における精神的支柱を担ったが、クラブから延長オファーは掲示されず、今季限りでの退団が決定していた。

そんな中、報道によればダニエウ・アウベスは、昨季16位でセリエA残留を決めたスペツィアの取締役に今夏の大物選手として自身の獲得を提言するメールを送っていたが、同クラブは39歳という年齢と高年俸を理由に断ったとのことだ。

なお、ダニエウ・アウベスの逆オファーを拒否したスペツィアは、28日にチアゴ・モッタ監督(39)との契約解除を発表。後任にはウディネーゼを率いていたルカ・ゴッティ氏(54)を招へいする予定だという。


関連ニュース
thumb

ナポリの伊代表GKメレト、スペツィアへのレンタル移籍が目前に

ナポリのイタリア代表GKアレックス・メレト(25)が、スペツィアへのレンタル移籍まであと一歩となっているようだ。 2018年夏にウディネーゼからナポリへ加入したメレト。コロンビア代表GKダビド・オスピナとポジション争いを繰り広げ、イタリア代表に定着するまでに成長を遂げた。しかし、昨季はオスピナに定位置を譲り、自身はナポリで自己最低となるセリエA7試合の出場にとどまった。 今夏はオスピナが契約満了で退団。メレトが1番手に昇格ではとも目されたが、その一方で、ナポリはチェルシーからスペイン代表GKケパ・アリサバラガ(27)のレンタル獲得が近づいていると報じられている。 そんななか、イタリア『TuttoMercatoWeb』によると、ナポリとスペツィアはここ数日の間に交渉を加速。ナポリは、メレトとの契約を2024年まで1年延長した上で、スペツィアへの1年レンタルを許可したとみられている。 一方のスペツィアは、昨季のセリエA31試合でゴールマウスを守った元U-21イタリア代表GKイバン・プロベデル(28)が、ラツィオへの移籍に接近。新たな守護神としてメレトを迎え入れるようだ。 なお、ナポリはセリエBに降格したジェノアからイタリア代表GKサルバトーレ・シリグ(35)の獲得を目指していたが、同選手はフェネルバフチェへの移籍に近づいているとのことだ。 2022.08.04 14:33 Thu
twitterfacebook
thumb

スペツィア、昨季も所属したアタランタのウクライナ代表MFコバレンコを買取義務付きのレンタルで獲得

スペツィアは3日、アタランタからウクライナ代表MFビクトル・コバレンコ(26) を買い取り義務付きのレンタル移籍で獲得した。 レンタル期間は2023年6月30日までの1年間となり、スペツィアが2022-23シーズンのセリエAで残留した場合は完全移籍に移行する。 シャフタール・ドネツクの下部組織出身であるコバレンコは、2015年2月にファーストチームデビューを飾ると、以降は期待の若手として公式戦通算199試合に出場して、32ゴール12アシストを記録した。 2021年1月にアタランタへ移籍したが、出場機会は得られずセリエAで1試合の出場にとどまることに。昨シーズンは出場機会を求めてスペツィアにレンタル移籍するとポジションを掴み、公式戦27試合に出場して1ゴール4アシストの成績を残した。 2022.08.03 12:03 Wed
twitterfacebook
thumb

D・マルディーニが武者修行、スペツィアへレンタル

スペツィアは29日、ミランのU-20イタリア代表FWダニエル・マルディーニ(20)を1年間のレンタルで獲得したことを発表した。 ミランのレジェンドであるパオロ・マルディーニ氏を父に持つダニエルは、2020年2月に18歳でファーストチームデビュー。昨季はセリエA8試合に出場して1ゴールをマーク。第6節スペツィア戦でキャリア初ゴールを記録していた。 ミランではまだまだ出場機会に恵まれない状況の中、偉大な父に少しでも追いつくべくスペツィアで武者修行を積むことになった。 2022.07.30 07:00 Sat
twitterfacebook
thumb

ミランの20歳マルディーニ、スペツィアに武者修行へ

ミランのU-20イタリア代表FWダニエル・マルディーニ(20)は、スペツィアへのレンタル移籍が目前となっているようだ。 ダニエル・マルディーニの父は言わずと知れたミランのバンディエラであり、現在は同クラブのスポーツ・ディレクター(SD)を務めるパオロ・マルディーニ氏。祖父の故チェーザレ・マルディーニ氏も、ミランの選手として欧州王者に輝き、引退後には監督を務めたという、まさにクラブの歴史を象徴する一家だ。 誉れ高きマルディーニ一族に生を受けたダニエルは、父同様にミランの下部組織を経て、2020年2月に18歳でファーストチームデビュー。まだまだ主力選手ではないものの、2021-22シーズンの第6節スペツィア戦でキャリア初ゴールを記録するなど、着実に階段を上がっている。 そして、新シーズンはそのスペツィアに武者修行へ出る模様だ。イタリア『カルチョメルカート』によると、ミランとスペツィアの両者はすでに合意済み。スペツィアのルカ・ゴッティ監督から承諾を得たのち、ここ数日で交渉の細部を詰め、1年レンタルで合意したとみられている。選手は26日にスペツィアのメディカルチェックを受診するとのことだ。 2022.07.26 16:59 Tue
twitterfacebook
thumb

ミランの元伊代表カルダーラ、次はスペツィアにシーズンローン

スペツィアは17日、元イタリア代表DFマッティア・カルダーラ(28)のレンタルを発表した。加入期間は2022-23シーズンまでの1年。買取オプションも付帯している。 カルダーラはアタランタでプロデビューしてから、ユベントスなどの母国複数クラブを渡り歩き、2018年8月にミラン移籍。同時期にユベントスに出戻ったイタリア代表DFレオナルド・ボヌッチとの実質的なトレードでのミラン入りだった。 しかしながら、ミランでは度重なる大ケガに泣かされ、1年半後に古巣アタランタで再起を期してローン移籍。昨季からヴェネツィアにレンタルプレーヤーとして加わり、公式戦33試合に出場したが、チームは1年でのセリエB降格が決定した。 2018年6月のイタリア代表デビューを果たすなど、将来が期待される存在と目されながら、ミランでの大ケガもあって、キャリアに停滞感が漂うカルダーラ。来季は昨季のセリエAで16位フィニッシュのスペツィアでプレーすることになった。 2022.07.18 08:45 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly