レアルDFが結婚式! 相手はモデルで双子のウエディング・プランナー、チームメイトも参列し祝福

2022.06.26 21:30 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
レアル・マドリーのスペイン代表MFダニエル・カルバハル(30)が、モデルのダフネ・カニサレスさん(32)と結婚した。マドリーの育成組織出身の30歳は、2012-13シーズンにレバークーゼンでのプレーを経て、翌年以降はマドリーを支え続けてきた。今季は2シーズンぶり35回目のラ・リーガ制覇や14回目のチャンピオンズリーグ(CL)優勝にも貢献している。

クラブの歴史をまた1つ積み上げたカルバハルは、24日、モデルのダフネ・カニサレスさん(32)と結婚。招かれた約250人の前で愛を誓い合った。式にはチームメイトや関係者などが招かれ、ゲストの中にはベルギー代表GKティボー・クルトワ夫妻の姿もあった。

2人には1歳半になる息子のマルティンくんがいる。スペイン『HOLA』によれば、カニサレスさんは元客室乗務員のオランダ系のスペイン人モデルで、現在は結婚式や社交イベントの企画をする会社のオーナーだ。

また自身もウエディング・プランナーであり、2人の式は彼女が出かけたとのことだ。カニサレスさんには双子の姉妹メラニーさんがおり、アラベスでプレーするFWホセルと結婚している。


関連ニュース
thumb

「7-1で勝つべき試合だった」CL無傷の3連勝もクロースは満足せず

レアル・マドリーの元ドイツ代表MFトニ・クロースは、シャフタール・ドネツク戦の結果に満足していないようだ。スペイン『アス』が伝えている。 5日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のグループF第3節でシャフタールをホームに迎えたマドリー。13分にブラジル代表FWロドリゴが先制ゴールを奪うと、27分にもブラジル代表FWヴィニシウス・ジュニオールが追加点を決め、リードを広げる。 その後、1点を返され迎えた後半は多くの決定機を作りながらも追加点は奪えず。それでも最小失点に抑えたまま、前年王者はCL3連勝を収めた。 しかしながら、フル出場を果たしたクロースには満足のいく結果ではなかったようだ。それでも、次戦に向けては早くも気持ちを切り替えている。 「ゴールが入らなかったね。7-1で勝つべき試合だったよ。最終的には勝ち点3だし、当然の勝利だと思う。ただ、それだけだ」 「前半はとても良いプレーができた。ここまで多くの試合をこなし、大きなプレッシャーがあった中でも、とても上手くいったよ。失点もしなかったしね」 「できるだけ早くグループ突破を決めることが重要だ。僕らは3試合で9ポイントを取り、そのどれもがとても良い試合だった。ワルシャワでの次節も勝ちたいね。グループを突破したい、それが僕らの願いだよ」 「2-1で点差は1しかないのだから、これまでと同じようにプレーし続けなければならないと監督には言われたよ。最終的なスコアが2-1にしかならなかったのは信じがたいことだ。でも、そんな日もあるんだ。次の試合では必ずゴールが決まるだろう」 2022.10.06 18:25 Thu
twitterfacebook
thumb

マネがバロンドールにベンゼマを推す「間違いなくふさわしい」

バイエルンのセネガル代表FWサディオ・マネが、レアル・マドリーのフランス代表FWカリム・ベンゼマをバロンドールに推した。スペイン『Fichajes』が伝えている。 現地時間17日に発表を控える2022年のバロンドール。昨季も公式戦46試合で50得点という桁違いの得点力を見せつけたFWロベルト・レヴァンドフスキや、プレミアリーグを制覇したマンチェスター・シティで攻撃のタクトを振り続けるMFケビン・デ・ブライネなど、錚々たる顔ぶれが最終候補に選ばれた中、下馬評ではベンゼマが最有力と見られている。 昨季のベンゼマは公式戦46試合で44得点を挙げ、ラ・リーガとチャンピオンズリーグの2冠に貢献。とりわけ、CLでは決勝トーナメントのパリ・サンジェルマン戦やチェルシー戦でのハットトリックに加え、準々決勝のチェルシー戦や準決勝のシティ戦では土壇場のゴールで延長戦に持ち込み、逆転勝利に導くなど、印象的なゴールが多かった。 マネもセネガル代表をアフリカネーションズカップ初優勝へと導いた活躍が評価され、最終候補に選ばれた身だが、その経験を踏まえた上で、今年のバロンドールはベンゼマが相応しいと考えている。 「今年のバロンドールはベンゼマが受賞に値するはずだ。彼の活躍をとても嬉しく思うよ。昨季のマドリーでの活躍は素晴らしく、CLも制覇した」 「アフリカネーションズカップの優勝は、僕と国家全体にとって素晴らしい出来事だった。もちろんこの上なく誇らしいけど、ベンゼマの方がふさわしいさ。間違いなくね」 2022.10.06 14:02 Thu
twitterfacebook
thumb

王者マドリーがCL3連勝、アンチェロッティ監督「前線の3人は目を見張るような活躍をした」

レアル・マドリーのカルロ・アンチェロッティ監督が、シャフタール・ドネツク戦のパフォーマンスに満足感を示した。クラブ公式サイトが伝えている。 マドリーは5日、チャンピオンズリーグ(CL)のグループF第3節でシャフタールと対戦。13分にブラジル代表FWロドリゴのゴールで先制すると、27分にもブラジル代表FWヴィニシウス・ジュニオールが追加点を決め、2点をリードする。 39分には1点を返されるも、その後も試合のペースを握ることに。後半の多くのシュートチャンスを3点目につなげることはできなかったが、2-1のままタイムアップを迎え、前年王者がCL3連勝を飾った。 アンチェロッティ監督は試合後、決定力に課題があると語りつつも、3トップを形成したロドリゴ、ヴィニシウス、フランス代表FWカリム・ベンゼマをはじめとする選手たちのパフォーマンスを称えた。 「チームは良いプレーをしており、プレスや前線のコンビネーションといった点で非常に良かったから満足している。チャンスはたくさんあったが、多くのゴールを決めることはできなかった。大事なのはチャンスをものにすること。そのチャンス生み出すことはできていたがね」 「前線の3人は素晴らしいコンビネーションで目を見張るような活躍をした。また、(フェデリコ・)バルベルデはその激しさでチームに貢献しており、(トニ・)クロースと(オーレリアン・)チュアメニは上手くボールをさばいた」 「次節は勝ってグループリーグを突破し、リーグ戦に集中するチャンスだ。CLは当たり前のように多くのエネルギーを消耗する。結果が重要だ」 また、1点リードで迎えたハーフタイムにはチームの気合いを引き締め直す言葉をかけたことを明かした。 「チームはリラックスしており、緊張がほぐれていた。2点を取っていたし、試合はコントロール下にあった。強度は重要だが、いつもそれを高められるわけではない。ゲームはコントロールできる余裕があると考え、強度を下げていた」 「ハーフタイムには『まだ試合は終わっていない。目を覚ましてくれ』と伝えた。たしかに我々はとても良いプレーをしており、勝つのは当たり前のようにも見えていたが、こういう試合こそ危険なのだ。後半に相手に与えたチャンスは1回だけだった。心配はしていない」 2022.10.06 11:23 Thu
twitterfacebook
thumb

王者マドリーがグループリーグ3連勝! 決定力欠くもロドリゴ&ヴィニシウス弾でシャフタール撃破《CL》

チャンピオンズリーグ(CL)のグループF第3節、レアル・マドリーvsシャフタール・ドネツクが5日にサンティアゴ・ベルナベウで行われ、ホームのマドリーが2-1で勝利した。 ここまでグループリーグ2連勝で首位に立つ王者マドリー。しかし、ラ・リーガでは直近のオサスナ戦を1-1のドローで終え、開幕からの公式戦連勝が「9」でストップ。さらに、リーグ首位から陥落した。仕切り直しとなる中2日での一戦では、ここまでのグループリーグ1勝1分けの2位に位置するウクライナ王者と3シーズン連続で相まみえた。 アンチェロッティ監督はオサスナ戦から先発2人を変更。負傷のセバージョスに代えてバルベルデ、リュディガーに代えてミリトンを起用。3トップは右からロドリゴ、ベンゼマ、ヴィニシウスが並んだ。 直近2シーズンは好勝負を演じたこのカードだが、今回の対戦では思わぬワンサイドゲームとなる。立ち上がりからボールを握って相手を押し込むマドリーは、ボックス付近で細かいコンビネーションを使いながらバルベルデらがキックオフ直後から多くのシュートを浴びせかける。 そして、13分にはペナルティアーク付近でチュアメニから縦パスを受けたロドリゴが一度DFに引っかけられるが、その撥ね返りをすかさず奪い返して右足のミドルシュートを放つと、GKトルビンの手を弾いたボールがゴール右隅に決まった。 ロドリゴの今季CL初ゴールで先手を奪ったマドリーは、ここから畳みかける攻めでハーフコートゲームを展開。トリデンテを起点とした質の高い崩しに加え、ボールを失っても即時奪回で相手に攻撃機会を与えず。28分には中盤でのボール奪取からベンゼマ、バルベルデ、ロドリゴと流れるようなパス交換で中央を完璧に崩すと、最後はボックス右でロドリゴのラストパスに抜け出したヴィニシウスがゴール左隅へシュートを流し込み、2点目を奪った。 思い通りの試合運びを見せるホームチームは、以降もまるで攻撃練習のように後ろ重心の相手守備に対して、多彩な崩しを披露。絶好調のバルベルデの強烈なミドルシュートやベンゼマのボレーシュートで3点目に迫るが、最後のところで決め切れない。 一方、防戦一方で決定機はおろか自陣からなかなか出られない苦境が続くシャフタールだったが、今季ここまでの戦いで際立つ勝負強さをこの試合でも発揮する。39分、左サイド深くに侵攻したミハイリチェンコが正確なクロスを上げると、ゴール前でフリーのズブコフが見事な左足のジャンピングボレーシュートをゴール左下隅へ流し込んだ。 前半終盤の集中力の欠如によって今季グループリーグ初失点を喫し、相手に勢いを与える形で試合を折り返したマドリー。後半立ち上がりにも背後を完全に突かれてムドリクにボックス内への侵入を許すが、ここはDFの粘りとGKルニンのセーブで事なきを得る。 このピンチをキッカケに気を引き締め直したアンチェロッティのチームは、ここから前半同様に押し込む展開を作り出す。64分にはベンゼマとのパス交換でボックス左に抜け出したロドリゴがニア下を狙ったシュートを放つが、ここはGKトルビンのビッグセーブに阻まれる。 後半半ばから終盤にかけてもホームチームが再三のシュートを決め切れず、1点差の状況が続く。マドリーは75分を過ぎてチュアメニとロドリゴを下げてカマヴィンガ、アセンシオをピッチに送り出していく。 試合終盤にかけてはリスクを冒して攻めに出るシャフタールがボックス付近で良いチャンスを得るが、こちらも最後の精度を欠いてマドリーを脅かすまでには至らず。その後、試合終了間際にはベンゼマ、アセンシオに試合を決める3点目のチャンスが訪れるが、GKの好守と右ポストに阻まれた。 そして、シュート30本以上を放ちながらも2点にとどまり、やや消化不良となったマドリーだが、きっちり3連勝を達成してグループリーグ突破に王手をかけた。 2022.10.06 06:01 Thu
twitterfacebook
thumb

レバークーゼンが監督交代! セオアネ監督解任でシャビ・アロンソ氏を新監督に招へい!

レバークーゼンは5日、ジェラルド・セオアネ監督(43)の解任及び、シャビ・アロンソ氏(40)の新監督招へいを発表した。契約期間は2024年6月30日までとなる。 昨季レバークーゼンをブンデスリーガ3位に導いたセオアネ監督だが、今シーズンはブンデスリーガで低迷、8試合を終えて1勝2分け5敗。降格圏の17位に沈んでいた。 当初はセオアネ監督への信頼を強調していたクラブだが、4日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループB第3節のポルト戦で0-2と完敗を喫したことが解任の引き金となった。 後任監督に選ばれたシャビ・アロンソ氏は、公式サイトで以下のようにコメントしている。 「レバークーゼンは、ドイツにいた頃から素晴らしいクラブだと知っていました。ここには常に素晴らしい選手がいましたし、現在のチームにも多くのクオリティがあると思っている」 「クラブとの話し合いの中で、厳しい状況にもかかわらず、彼らは高い目標を目指し続けていることがすぐにわかったんだ。この仕事はとてもエキサイティングで、この要求に応えられると確信しているよ」 2017年7月の現役引退したシャビ・アロンソ氏は、翌年にレアル・マドリーのU-14の監督に就任。2018-19シーズンにリーグ無敗優勝を成し遂げ、早速指導者として才能の片鱗を見せた。 2019年夏には同クラブのフベニールA(U-18)への昇格も検討されていたが、選手としてプロキャリアをスタートさせたソシエダのBチームを新たな挑戦の場に選んだ。 すると、その2年目に3部リーグから昇格を果たし、昨シーズンからソシエダBとしては60年ぶりのセグンダ・ディビシオン(スペイン2部)を舞台に。昨夏にはボルシアMGからのオファーもあった中、契約を2022年6月30日まで延長。ただ、昨シーズンは下位に低迷し、現在19位のチームは最終節を残して3部降格が決定。そして、同シーズン限りでチームを離れていた。 2022.10.06 06:00 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly