元イングランド代表FWキャロル、検査不合格でクラブ・ブルージュ移籍がとん挫

2022.06.26 12:35 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
元イングランド代表FWアンディ・キャロル(33)のクラブ・ブルージュ移籍がとん挫してしまったようだ。

かつてリバプールにも在籍したキャロル。2020-21シーズン限りで古巣ニューカッスル・ユナイテッドを退団した後、しばらくフリーの状況が続いたなか、昨年11月に今年1月までの超短期契約でレディング入りした後、今季いっぱいの契約でWBAに加入した。

ベルギー『HLN』によると、身長193cmの元代表ストライカーは次の新天地としてキャリア初の国外移籍を目指し、ジュピラー・プロ・リーグのクラブ・ブルージュ行きに迫った模様。ただ、入団に際した検査で不十分な結果が導き出されて、破談したという。
キャロルは2011年冬に加入したリバプール時代から故障癖があるが、レディングとWBAで過ごした2021-22シーズンはチャンピオンシップで23試合に出場(5ゴール)。リーグ戦で20試合以上に出場したのはウェストハム時代の2015-16シーズン以来だった。

なお、イギリス『デイリー・メール』によると、キャロルは今月初旬にビリー・マックロウさんと結婚。ハネムーンでメキシコに出かけた後にクラブ・ブルージュ移籍に際してのメディカルチェックを受け、獲得が見送られてしまったとのことだ。

関連ニュース
thumb

圧巻のテクニックとシュートセンスにGKも呆然…本間至恩がベルギー2部で今季3ゴール目!

クラブ・ブルージュのリザーブチームであるClub NXTのMF本間至恩が今季3ゴール目を記録した。 アルビレックス新潟から今季完全移籍でベルギーへと渡った本間。リザーブチームでは開幕からチャレンジャー・プロ・リーグ(ベルギー2部)に出場を続けている。 11日には第13節のアンデルレヒトの下部組織であるRSCAフューチャーズと対戦した。 左ウイングでこの試合に先発した本間。すると25分にゴールを記録する。 ボックス内左で待ち構えた本間は、カイリアニ・サブからのパスを受けると、縦に行くと見せかけて切り返し、素早く右足を振り抜く。 このシュートにはGKも反応できず、右ポストを叩いてネットを揺らした。 圧巻の切れ味とシュートセンスを見せた本間。これで2試合ぶりの3ゴール目。ここまで13試合で3ゴール2アシストと着実に結果を残している。 <span class="paragraph-title">【動画】本間至恩が見せた圧巻のシュートセンスと技術で3ゴール目!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="RH-nrpqL-JQ";var video_start = 57;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.11.13 21:53 Sun
twitterfacebook
thumb

【CLグループB総括】本命アトレティコがまさかの敗退、ブルージュがサプライズ

グループBでは本命と見られたアトレティコ・マドリーがまさかの敗退。最弱と思われたクラブ・ブルージュが早々に決勝トーナメント進出を決めるサプライズを起こした。 ■順位表■ [勝ち点/勝/引/負/得失点] 1.ポルト[12/4/0/2/5] 2.クラブ・ブルージュ[11/3/2/1/3] 3.レバークーゼン[5/1/2/3/-4] 4.アトレティコ・マドリー[5/1/2/3/-4] ◆戦術浸透で5季ぶり突破~ポルト~ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2022/get20221102_6_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 2017年から指揮を執るセルジオ・コンセイソン監督の戦術が浸透しきっているポルトはやはり大崩れはしなかった。2連敗スタートと厳しい入りとなったが、レバークーゼンとの連戦を連勝し、そこから怒涛の4連勝。終わってみれば首位での通過を決めた。堅守速攻スタイルからFWタレミが攻撃陣を牽引して5ゴールをマーク。5季ぶりの決勝トーナメント進出を果たした。 ◆クラブ史上初の突破~クラブ・ブルージュ~ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2022/get20221102_6_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 4季連続グループステージ敗退とラウンド16への高い壁を越えられずにいたブルージュがついに乗り越えた。至宝MFデ・ケテラエルを失ったブルージュだったが、ホームではアグレッシブに戦い、アウェイでは守護神ミニョレを軸に耐え忍ぶ老獪な戦い分けを見せ、チームとしての成熟さを示した。4試合を終えた段階で3勝1分けとし早々にグループステージ突破を決めるサプライズを起こした。 ◆シャビ・アロンソ就任も巻き返しならず~レバークーゼン~ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2022/get20221102_6_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> セオアネ体制で4季ぶりのCL出場となったレバークーゼンだったが、思わぬ不振に陥った。主力の流出はなかったものの、若き至宝MFヴィルツの負傷が痛く低迷した。第3節でポルトに敗戦後、セオアネ前監督が解任に。しかし監督初挑戦のシャビ・アロンソが指揮官に就任後も低迷が続き、1勝を挙げるに留まった。攻撃スタイルで挑んだが、FWシックは不発に終わってノーゴール。まだまだ経験不足が否めないチームだった。 ◆まさかの最下位で敗退~アトレティコ・マドリー~ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2022/get20221102_6_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> この組み合わせでアトレティコが敗退に追い込まれると予想できた人は少なかったのではないか。ノックアウトラウンド常連の成熟しきったチームが意外な躓きを見せた。序盤は新戦力のMFヴィツェルを3バックの中央に据える新スタイルで臨み、初戦のポルト戦を勝利。しかし続くレバークーゼン戦で躓くと、ブルージュとの連戦で1分け1敗と負け越してしまった。主体的に相手を崩す術をさほど持ち合わせていないことを露呈し、5季ぶりのグループステージ敗退となった。 2022.11.04 17:01 Fri
twitterfacebook
thumb

ブルージュ2位通過、レバークーゼンがELへ《CL》

チャンピオンズリーグ(CL)グループB最終節、レバークーゼンvsクラブ・ブルージュが1日に行われ、0-0で引き分けた。 ヨーロッパリーグに回れる3位浮上を狙う最下位レバークーゼン(勝ち点4)と、首位通過を目指すブルージュ(勝ち点10)の一戦。 共に[3-4-3]で臨んだ中、レバークーゼンがアグレッシブな入りを見せたが、自陣に引くブルージュ相手に好機を生み出すには至らない。 膠着状態が続く中、33分にレバークーゼンはボックス右に抜け出したディアビがGK強襲のシュートで牽制した。 すると39分、ブルージュにもチャンス。敵陣でボールを奪ったソワーがそのままシュートに持ち込んだが、GKフラデツキーの好守に阻まれた。 ゴールレスで迎えた後半、開始1分にブキャナンのシュートがバーに直撃したブルージュに対し、レバークーゼンは54分、CKからシックのヘディングシュートが枠を捉えたが、GKミニョレのビッグセーブに阻まれた。 その後はレバークーゼンが前半同様に押し込む展開とするも、崩しきれない状況が続く。結局、スコアは動かずゴールレスでタイムアップ。勝ち点1を積み上げたレバークーゼンが3位でフィニッシュし、ELに回ることになった。 一方、ブルージュはポルトにかわされ2位での突破となっている。 2022.11.02 04:38 Wed
twitterfacebook
thumb

ミラン、来冬に「2列目右」を拡充へ… PSVのオランダ代表ガクポが本命か

ミランがPSVのオランダ代表FWコーディ・ガクポ(23)などをリストアップしているようだ。イタリア『カルチョメルカート』が報じている。 ミランは今季のセリエA11試合で総得点が「24」。そのうち左サイドアタッカーのFWラファエル・レオンが5得点、2列目中央のMFブラヒム・ディアスと1トップのFWオリヴィエ・ジルーがそれぞれ4得点と、この主力3選手で総得点の半分以上を占めている。 一方、右サイドアタッカーに目を向けると負傷離脱中のMFアレクシス・サーレマーカースは今季リーグ戦無得点で、MFジュニオール・メシアスもわずか1得点と物足りなさが。そのため、首脳陣らは来冬の移籍市場でこのポジションに実力者を確保したい考えだという。 トップターゲットは今夏にマンチェスター・ユナイテッド行きも噂されていたガクポで、今季の公式戦21試合で13得点14アシストと大車輪の活躍を披露。PSVでは左サイドが主戦場だが、右でも遜色ないプレーが可能とのことだ。 また、今夏に続いてチェルシーのモロッコ代表MFハキム・ツィエク(29)やアメリカ代表FWクリスチャン・プリシッチ(24)、レアル・マドリーのスペイン代表FWマルコ・アセンシオ(26)もリストアップ。しかし、いずれも実現度は低いと考えられている。 その他にはクラブ・ブルージュのオランダ代表MFノア・ラング(23)とミッティランのU-21デンマーク代表FWグスタフ・イサクセン(21)も候補に挙げられている。 2022.10.30 20:00 Sun
twitterfacebook
thumb

タレミの2発などブルージュに4発圧勝のポルトが2位を死守《CL》

チャンピオンズリーグ(CL)グループB第5節、クラブ・ブルージュvsポルトが26日に行われ、0-4でポルトが圧勝した。 前節アトレティコ・マドリーに引き分けてクラブ史上初の決勝トーナメント進出を決めたブルージュ(勝ち点10)と、2位ポルト(勝ち点6)の一戦。 立ち上がりからポルトが圧力をかけていくと7分、オタビオの浮き球パスからボックス内のエウスタキオが際どいシュートを放った。 さらに15分、CKの流れからエヴァニウソンが決定的なボレーシュートを放つと、1分後にもタレミがGKと一対一の局面を迎えるが、いずれのシュートも枠を捉えきれない。 その後も攻勢を続けたポルトは25分、タレミの落としからボックス内のガレーノがボレーシュート。しかし、ゴール前の味方に当たってしまう。 再三のチャンスを決めきれずにいたポルトだったが、33分に押し切る。相手のミスパスをカットした流れからオタビオのスルーパスを受けたタレミがGKとの一対一を制した。 ポルトが1点をリードして迎えた後半開始2分、CKの流れでカルモが倒れ込んだ際にメシェレを蹴るとVARの末にPK判定に。しかし、GKジオゴ・コスタが蹴り直しのPKを含めて2度、シュートを止めるビッグプレーを見せて失点を逃れた。 すると57分、敵陣でボールを奪った流れからボックス内のエヴァニウソンがルーズボールを蹴り込んでポルトがリードを広げる。 さらに60分には3点目。サイド攻撃からタレミのラストパスを受けたエウスタキオがシュートを決めきった。 70分にはタレミがこの試合2点目を決めたポルトが4-0で圧勝し、2位を死守。このあと行われる試合でレバークーゼンがアトレティコ・マドリーに勝利か引き分けると決勝トーナメント進出が決まる状況となった。 2022.10.27 03:41 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly