原口元気のウニオン・ベルリンがレバークーゼンの若手GKをレンタルで獲得…正守護神が退団

2022.06.17 10:50 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ウニオン・ベルリンは16日、レバークーゼンのドイツ人GKレナート・グリル(23)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。

レンタル期間は1年間。買い取りオプションもついているとのことだ。

グリルはマインツの下部組織で育ち、ファーストチームに昇格することなくカイザースラウテルンに完全移籍。2020年7月にレバークーゼンへと移籍すると、ノルウェーのブランへのレンタル移籍を経験した。

レバークーゼンでは控えGKのポジションだったが、ブンデスリーガで5試合に出場。今シーズンも第21節のドルトムント戦に出場。チームの勝利に貢献していた。

ウニオン・ベルリンは今季のブンデスリーガを5位で終えており、来季はヨーロッパリーグ(EL)に出場。しかし、正守護神だったGKアンドレアス・ルセ(35)がカイザースラウテルンへと移籍を果たし、GKの補強に動いていた。

関連ニュース
thumb

フライブルク、シュトライヒ監督がコロナ陽性…ウニオン指揮官に続きEL不在の可能性

フライブルクは5日、クリスティアン・シュトライヒ監督が新型コロナウイルスの陽性判定となったことを明かした。 クラブの発表によると、シュトライヒ監督とアシスタントコーチのラース・フォスラー氏、フロリアン・ブランズ氏の3名が最新のPCR検査で陽性判定が出たという。そのため、シュトライヒ監督は6日に行われるヨーロッパリーグ(EL)のナント戦に向けた公式会見をオンラインで参加した。 ドイツ『キッカー』によると、試合当日の検査で陰性が確認された場合、シュトライヒ監督のベンチ入りは認められるというが、陽性の場合は指揮官を含め、コーチングスタッフ2名を欠く形で3連勝を目指すフランス古豪とのホームゲームに臨むことになる。 なお、ここ最近ドイツでは再び新型コロナウイルスの感染者が増えており、フライブルクと同様にELのマルメ戦を控えるウニオン・ベルリンでは、ウルス・フィッシャー監督とDFティモ・バウムガルトル、MFティム・マチイェフスキの3名に欠場の可能性がある。 2022.10.06 00:10 Thu
twitterfacebook
thumb

鎌田、長谷部のフランクフルトが首位ウニオンに完勝! 堂安のフライブルクは6戦負けなし【ブンデスリーガ日本人選手】

ブンデスリーガ第8節が週末にドイツ各所で行われた。 今シーズンのブンデスリーガにはフランクフルトのMF鎌田大地、DF長谷部誠、シュツットガルトのMF遠藤航、DF伊藤洋輝らに加え、ボルシアMG、フライブルク、シャルケに加入したMF板倉滉、MF堂安律、DF吉田麻也3選手が新たに参戦。 新シーズンも多くの選手が活躍する中、今回の第8節では鎌田、長谷部の所属するフランクフルトが、原口の所属する首位ウニオン・ベルリンと激突。また、堂安の所属する好調フライブルクがマインツと対戦した。 鎌田、長谷部が先発したフランクフルトは12分に先制する。コロ・ムアニが右サイドを突破してボックス右へ侵入。マイナスに折り返したクロスをゲッツェが確実に決めきった。 先制したフランクフルトが主導権を握ると、42分に敵陣でボールを奪ったリンドストロームがボックス左に侵入。カットインからシュートを流し込み、2点のリードで前半を終えた。 迎えた後半、立ち上がりの55分にピンチを迎えたフランクフルトだったが、守護神トラップが好セーブでこれを凌ぐなど、主導権を渡さずに時間を進めていく。 69分にはコロ・ムアニが2枚目のイエローカードを受けて退場となり、10人となったフランクフルトだったが、ウニオンの反撃を許さずに2-0のまま勝利した。なお、ウニオンの原口はベンチ入りも出場機会はなかった。 また、堂安所属のフライブルクはマインツとホームで対戦し2-1で勝利。フライブルクは開始早々の3分、右サイドでボールを受けたM・エッゲシュタインのパスを堂安がスルー。このボールに反応したグレゴリッチュがボックス右からシュートを放つと、これがゴールに突き刺さった。 先制点で勢いに乗るフライブルクは、37分にも右サイドの堂安がカットインから逆サイドに展開。これを受けたグリフォのクロスをグレゴリッチュがシュート。クロスバーに弾かれたボールを最後はチェレが押し込み追加点を奪った。 2点のリードで後半を迎えたフライブルクは、52分にブルカルトのクロスからアーロンに1点を返されたが、その後のマインツの攻撃を凌ぎ切り、2-1で勝利した。なお、堂安は69分までプレーした。 ★板倉滉[ボルシアMG] ▽10/1 ブレーメン 5-1 ボルシアMG ◆ケガのため欠場 ★鎌田大地[フランクフルト] ▽10/1 フランクフルト 2-0 ウニオン・ベルリン ◆フル出場 ★長谷部誠[フランクフルト] ▽10/1 フランクフルト 2-0 ウニオン・ベルリン ◆フル出場 <a href="https://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=427763">結果ニュース</a> ★堂安律[フライブルク] ▽10/1 フライブルク 2-1 マインツ ◆69分までプレー ★吉田麻也[シャルケ] ▽10/2 シャルケ 2-3 アウグスブルク ◆フル出場 <a href="https://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=427819">結果ニュース</a> ★原口元気[ウニオン・ベルリン] ▽10/1 フランクフルト 2-0 ウニオン・ベルリン ◆フル出場 <a href="https://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=427763">結果ニュース</a> ★伊藤洋輝[シュツットガルト] ▽9/17 ヴォルフスブルク 3-2 シュツットガルト ◆フル出場 ★遠藤航[シュツットガルト] ▽9/17 ヴォルフスブルク 3-2 シュツットガルト ◆68分に負傷交代 <a href="https://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=427765">結果ニュース</a> ★浅野拓磨[ボーフム] ▽10/1 ライプツィヒ 4-0 ボーフム ◆ケガのため欠場 2022.10.03 06:45 Mon
twitterfacebook
thumb

鎌田&長谷部フル出場のフランクフルト、10人になりながらも首位ウニオンに快勝《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ第8節、フランクフルトvsウニオン・ベルリンが1日に行われ、2-0でフランクフルトが快勝した。フランクフルトのMF鎌田大地とDF長谷部誠はフル出場、ウニオンのMF原口元気はベンチ入りも出場機会はなかった。 代表ウィーク前の前節、鎌田の直接FK弾始め、全3ゴールに絡む活躍でシュツットガルトに快勝とした7位フランクフルト(勝ち点11)は代表戦でもゴールを挙げた鎌田がボランチで先発。公式戦連勝に貢献した長谷部も3バックの中央でスタメンとなった。 一方、スタートダッシュに成功して首位に立つウニオン(勝ち点17)は原口が6試合ベンチスタートとなった。 立ち上がりのウニオンの圧力を受け止めたフランクフルトは12分に先制する。コロ・ムアニが右サイドを突破してボックス右へ侵入。マイナスに折り返したクロスをゲッツェが確実に決めきった。 先制したフランクフルトが流れを掴む中、ウニオンは28分にハベラーのミドルシュートでゴールに迫るもGKトラップのセーブに阻まれる。 すると42分、フランクフルトに追加点。敵陣でボールを奪ったリンドストロームがボックス左に侵入。カットインからシュートを決めきった。 迎えた後半、55分のピンチを守護神トラップの好守で凌いだフランクフルトが主導権を渡さずに時間を進めていく。 69分にコロ・ムアニが2枚目のイエローカードを受けて退場となり、10人となったフランクフルトだったが、ウニオンの反撃を許さずに2-0のまま勝利。代表ウィーク前の好調を持続し、公式戦3連勝とした。 2022.10.02 00:26 Sun
twitterfacebook
thumb

原口元気のウニオン・ベルリンがフィッシャー監督と契約延長

ウニオン・ベルリンは28日、今季限りの契約となっていたウルス・フィッシャー監督(56)との契約延長を発表した。契約期間は明かされていない。 新契約にサインしたフィッシャー監督は、公式サイトで以下のようにコメントしている。 「この数年間、ともに経験してきたことはまさに信じられないようなことで言葉などで決して表現できるものではない」 「これまで何度も言ってきたが、ウニオンはとても居心地がいい。」 「これまで幾度となく強調してきたように、私はウニオンで非常に居心地の良さを感じている。チームが一丸となって日々取り組む姿、クラブが提供してくれる環境、人々との交流、これら全てがこの4年間における成功の非常に重要な要素となっている」 「我々は共にまだ多くのことを達成できると思うし、クラブの継続的な発展の一翼を担えることを楽しみにしているよ」 現役時代に母国スイスのチューリヒやザンクト・ガレンで活躍したフィッシャー監督は、引退後もチューリヒの下部組織で指導者のキャリアをスタート。2010年4月にファーストチームの監督に就任すると、トゥンやバーゼルでも指揮を執っていた。 2018年7月にウニオン・ベルリンの監督に就任すると、就任1年目の2018-19シーズンはブンデスリーガ2部を戦い、チームを1部に昇格。2019-20シーズンは11位の成績を残して残留に導くと、2020-21シーズンは7位でUEFAカンファレンスリーグの出場権を獲得。 昨季は欧州カップ戦の参加による過密日程から低迷するのではと予想されたが、見事に予想を覆しヨーロッパリーグ(EL)出場圏の5位にチームを導くと、DFBポカールでもベスト4に導いた。 今シーズンもブンデスリーガ7試合を戦い、5勝2分け無敗と絶好調で首位で首位に立っており、今回の契約延長に至った。 2022.09.28 23:40 Wed
twitterfacebook
thumb

鎌田躍動のフランクフルトがシュツットガルトに快勝! 2季ぶりのレヴィア・ダービーはドルトムントに軍配【ブンデスリーガ日本人選手】

ブンデスリーガ第7節が週末にドイツ各所で行われた。 今シーズンのブンデスリーガにはフランクフルトのMF鎌田大地、DF長谷部誠、シュツットガルトのMF遠藤航、DF伊藤洋輝らに加え、ボルシアMG、フライブルク、シャルケに加入したMF板倉滉、MF堂安律、DF吉田麻也3選手が新たに参戦。 新シーズンも多くの選手が活躍する中、今回の第7節では遠藤、伊藤の所属するシュツットガルトが鎌田、長谷部の所属するフランクフルトと激突。また、吉田が所属するシャルケは、ドルトムントと2年ぶりの“レヴィア・ダービー”を行った。 日本人選手4人が先発したシュツットガルトvsフランクフルトは、開始早々の6分にフランクフルトが先制。鎌田が直接FKでゴールに迫るとGKが弾いたルーズボールをローデが頭で押し込んだ。 1点のリードで前半を終えたフランクフルトは、後半の立ち上がりに追加点を奪う。55分、ボックス手前左で得たFKを鎌田が直接狙うと、ディフレクトしたシュートがネットを揺らした。 その後、トマスのミドルシュートで1点を返されたフランクフルトだったが、88分に鎌田の左CKからヤキッチのヘディングシュートを突き刺し、試合を決定づける3点を奪取。 結局、試合はそのまま1-3でタイムアップ。日本人選手4人がフル出場した一戦は鎌田の活躍でフランクフルトに軍配が挙がった。 また、ドルトムントとの“レヴィア・ダービー”に臨んだ吉田のシャルケは、78分にヴォルフの左クロスからムココにヘディングシュートを決められ、ドルトムントに先制を許す。 何とか反撃に出たいシャルケだったが、ドルトムントの要所を締める守備に阻まれ、ゴールは奪えず。2年ぶりのダービーは1-0でドルトムントが勝利した。 ★板倉滉[ボルシアMG] ▽9/17 ボルシアMG 3-0 ライプツィヒ ◆ケガのため欠場 <a href="https://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=426910">結果ニュース</a> ★鎌田大地[フランクフルト] ▽9/17 シュツットガルト 1-3 フランクフルト ◆フル出場、55分にゴールを記録 ★長谷部誠[フランクフルト] ▽9/17 シュツットガルト 1-3 フランクフルト ◆フル出場 <a href="https://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=426903">結果ニュース</a> ★堂安律[フライブルク] ▽9/18 ホッフェンハイム 0-0 フライブルク ◆78分までプレー <a href="https://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=426967">結果ニュース</a> ★吉田麻也[シャルケ] ▽9/17 ドルトムント 1-0 シャルケ ◆フル出場 <a href="https://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=426905">結果ニュース</a> ★原口元気[ウニオン・ベルリン] ▽9/18 ウニオン・ベルリン 2-0 ヴォルフスブルク ◆ベンチ入りも出場せず ★伊藤洋輝[シュツットガルト] ▽9/17 シュツットガルト 1-3 フランクフルト ◆フル出場 ★遠藤航[シュツットガルト] ▽9/17 シュツットガルト 1-3 フランクフルト ◆フル出場 <a href="https://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=426903">結果ニュース</a> ★浅野拓磨[ボーフム] ▽9/18 ボーフム 1-1 ケルン ◆ケガのため欠場 2022.09.19 06:35 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly