ウニオンのウルトラス11人が逮捕、CLナポリ戦前に暴挙

2023.11.08 22:35 Wed
Getty Images
ウニオン・ベルリンのサポーター11人が7日夜、破壊及び暴力行為によって逮捕されたようだ。イタリア『ANSA』が報じている。
PR
8日にナポリとのチャンピオンズリーグを控えるウニオン。その前日にウニオン・サポーターが暴挙に出てしまったようだ。
『ANSA』によればウニオンのウルトラス約300人がナポリのガリバルディ広場に集結。駐車していた車や公共の備品などを破壊した。そして警察に対して投石、爆竹で攻撃した模様だ。

SNS上では白いパーカーを着たウニオンのウルトラスが暴れている様子が拡散されており、事態の大きさを伝えていた。

先日にはパリ・サンジェルマンのサポーターがミラニスタと衝突して足を刺される事件が発生しており、死語になりかけていたフーリガンの存在がサッカー界に回帰しているのかもしれない。

PR
関連ニュース

FC東京がMF遠藤渓太を完全移籍で獲得!「このチームの一員になれることを誇りに思います」、ウニオン・ベルリンから期限付き移籍中ながら攻撃支える

FC東京は11日、ウニオン・ベルリンから期限付き移籍中のMF遠藤渓太(26)の完全移籍加入を発表した。 遠藤は横浜F・マリノスの下部組織出身で、2016年にトップチームへ昇格。2018年にはYBCルヴァンカップでニューヒーロー賞に輝き、2019年には主力としてJリーグ制覇も味わった。 その後、2020年7月にウニオン・ベルリンへ期限付き移籍し欧州挑戦。2021年には完全移籍へ移行したが、満足な出場機会は得られず、2022年7月にブラウンシュヴァイクへレンタル移籍した。 レンタル先でも出番は多くなく、今冬ウニオン・ベルリンへ帰還。するとFC東京への期限付き移籍が決まり、3年半ぶりにJリーグに復帰することとなった。 J1開幕節こそメンバー外だった遠藤だが、その後は6試合全てでプレー。うち4試合で先発起用されている。 FC東京の選手となった遠藤は、クラブを通じてコメントしている。 「このチームの一員になれることを誇りに思います。目に見える結果を残し、クラブの優勝に向けて力になれるよう頑張ります。ファン・サポーターのみなさま引き続きよろしくお願いいたします」 2024.04.11 21:05 Thu

ブンデス初優勝目前も「その前にEL」 シャビ・アロンソ監督は気抜かず

レバークーゼンがブンデスリーガ初優勝に王手をかけた。 いよいよ終盤戦のブンデスで2位バイエルンに13ポイント差をつけ、首位独走のレバークーゼン。6日の第28節でもウニオン・ベルリンとのアウェイ戦を1-0で勝ち切り、今季の連続無敗数を41試合に伸ばした。 その裏ではバイエルンが敗れ、その差が残り6試合で16ポイント差に。レバークーゼンがあと1つでも勝てば、バイエルンの逆転が叶わなくなり、初優勝が決まる。 クラブの公式Xによると、次節にも歓喜の瞬間が迫るシャビ・アロンソ監督はこの状況を喜びつつ、来週ミッドウィークのヨーロッパリーグ(EL)も意識しながら、気を引き締めた。 「チームのことをとても誇りに思う。今季を象徴するような試合だった。良い準備をし、メンタリティを高め、試合に挑んだ。今の状況は我々からすると、とても良いもので、日曜日に祝えるかもしれない。だが、その前にELがあるし、そこにフォーカスしていく」 なお、14日に行われる次節はホームで11位のブレーメンが相手となる。 2024.04.07 11:40 Sun

ヴィルツPK弾で10人ウニオンに競り勝ったレバークーゼンが9連勝達成! 2位バイエルンと16pt差で初優勝秒読みに【ブンデスリーガ】

ブンデスリーガ第28節、ウニオン・ベルリンvsレバークーゼンが6日にアルテ・フェルステライで行われ、アウェイのレバークーゼンが0-1で勝利した。 前節、ホッフェンハイムとの接戦を後半終盤の2ゴールで鮮やかに2-1で逆転勝利した首位のレバークーゼン。さらに、ミッドウィーク開催のDFBポカールでは2部のデュッセルドルフを4-0で一蹴し、公式戦無敗を継続すると共に決勝進出を果たした。 週明けにヨーロッパリーグ(EL)のウェストハム戦を控える過密日程の中で臨んだ今節は12位のウニオンのホームに乗り込んだ。シャビ・アロンソ監督は、ポカールから先発5人を変更。ボルハ・イグレシアス、フロジェクらが前線に入った。 立ち上がりからボールを握って押し込むレバークーゼン。11分にはヴィルツの仕掛けで得たボックス手前右の好位置からの直接FKを、キッカーのグリマルドが枠の左隅へ飛ばすが、これはGKレノウの好守に阻まれる。さらに、15分にも右サイドで細かい切り返しを見せたテラからの正確なクロスを、ゴール前で待ち構えていたイグレシアスがドンピシャのヘディングシュート。しかし、これもレノウの見事な反射神経にはじき出された。 序盤にゴールを奪い切れなかったものの、相手にチャンスを与えることなく冷静にゲームをコントロールするレバークーゼン。前半半ばにはフロジェクの負傷でアドリのスクランブル投入を余儀なくされたが、テラとグリマルドの両ウイングバックを起点に幾度か惜しい場面も作り出す。 すると、前半終了間際にはテラの仕掛けをファウルで止めたゴセンスに2枚目のイエローカードが掲示され、数的優位を手にする。さらに、このプレーで得たFKの流れからゴール前で混戦を作ると、インカピエのシュートをボックス内のトリメルが意図的に肘を使ってブロックしたとの判定でPKを獲得。これをキッカーのヴィルツが冷静に左隅へ蹴り込み、前半アディショナルタイム8分の先制点とした。 先制点と共に数的優位を手にして試合を折り返したレバークーゼン。後半は早い時間帯に追加点を奪って勝負を決めたいところだったが、勝ち点奪取へ粘りの戦いを見せるウニオンの堅守に苦戦。なかなか決定機を作れない。 この停滞した流れを受け、シャビ・アロンソ監督はイグレシアスを下げてボニフェイスを投入。さらに、足を痛めたテラに代えてフリンポンをピッチに送り込む。そして、同点ゴールを目指して終盤にリスクを冒して前に出てきた相手を引っくり返す形で2点目を目指すが、後半はなかなか崩しの局面でうまくいかず。 結局、最少得点差のまま後半終盤を迎えた首位チームは、後半アディショナルタイムの決定機もアドリが仕留め切れない。その後、相手の決死のパワープレーに冷や汗をかく場面もあったが、何とか逃げ切ってリーグ9連勝を達成。 また、今節2位のバイエルンが敗れたことで勝ち点差は残り6試合で「16」に広がり、悲願のブンデスリーガ初優勝は秒読み段階に入った。 2024.04.07 00:38 Sun

ウニオン・ベルリンが控えGKヤコブ・ブスクの今季限りでの退団を発表…

ウニオン・ベルリンは22日、デンマーク人GKヤコブ・ブスク(30)が今季限りで退団することを発表した。 8年間在籍したクラブからの退団を決断したヤコブ・ブスクは、公式サイトで以下のようにコメントを残している。 「ウニオンに加入したとき、ベルリンが僕のホームになるとは想像もできなかった。僕自身、これまでいろいろと起伏に富んだスポーツ人生を送ってきたけど、このクラブですべてを経験できたことは本当に幸運だった。ブンデスリーガ昇格とチャンピオンズリーグ出場は信じられないことだった。ここで友人やもうひとつの家族も見つけた。チームメイト、スタッフ、ファンのおかげで、ウニオンでの時間は特別なものになった。ウニオンは僕を成長させてくれたし、僕はいつも誇りと喜びを持ってウニオンを振り返るだろう」 母国のコペンハーゲンでプロデビューしたヤコブ・ブスクは、2016年の冬にウニオン・ベルリンへ移籍。加入当初は出番があり、ここまで公式戦57試合に出場。 ウニオン・ベルリンの中で在籍歴が長い選手の1人だが、2018年の夏に加入したポーランド代表GKラファエウ・ギキェヴィチや、2021年の夏に加入したデンマーク代表GKフレデリック・レノウに守護神の座を奪われると、現在は第3GKという立場でほぼ試合に絡んでいない。 2024.03.23 07:15 Sat

アデイェミ&マートセン弾のドルトムントがウニオンにシャットアウト勝利【ブンデスリーガ】

ドルトムントは2日、ブンデスリーガ第24節でウニオン・ベルリンとのアウェイ戦に臨み、2-0で勝利した。 前節ホッフェンハイムに2-3で打ち負けた4位ドルトムント(勝ち点41)は、マレンが出場停止の中、フュルクルクを最前線に、2列目に右からサンチョ、ブラント、アデイェミと並べた。 14位ウニオン・ベルリン(勝ち点25)に対し開始6分、トゥザールに決定機を許したドルトムントがボールを持つ流れで推移。 なかなかシュートシーンを生み出せず苦戦していた中、ドルトムントは35分、CKからアデイェミのヘッドでの逸らしをファーサイドのシュロッターベックがダイレクトで合わせる決定機を迎えたが、GKレノウの好守に阻まれる。 さらに38分、マートセンの右足ミドルでゴールに迫るもここもGKレノウの好守に阻止された。それでも41分に押し切る。ボックス右からアデイェミが強烈なカットインシュートでゴール左上に突き刺した 迎えた後半、52分にフュルクルクがボックス内からGK強襲のシュートを浴びせたドルトムントは、56分に大ピンチ。しかしフォラントにゴール至近距離からシュートを許すもGKマイヤーがビッグセーブで阻止した。 その後はドルトムントが試合をコントロールしつつ時間を消化していく。終盤の84分にはアーロンソンにボックス内から際どいシュートを打たれるも、ジューレがブロック。 すると90分、敵陣でユラノビッチからボールを奪ったマートセンが独走。GKとの一対一を制して決定的な追加点を奪った。2-0で勝利したドルトムントがリーグ戦3試合ぶりの白星としている。 2024.03.03 01:41 Sun
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly