W杯出場逃したニュージーランド指揮官、判定やFIFAへ苛立ち隠さず「重要な試合でミスを犯し我々を失望させた」

2022.06.15 22:30 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
カタール・ワールドカップ(W杯)出場を逃したニュージーランド代表のダニー・ヘイ監督が判定に苦言を呈した。オーストラリア『ABC』が伝えている。W杯の大陸間プレーオフ、コスタリカ代表vsニュージーランド代表が14日にカタールで行われ、ニュージーランドは0-1で敗れた。この結果、W杯ではコスタリカが日本代表と同じグループEに入る。

オセアニア予選を制し、2010年南アフリカ大会以来となる3度目の出場を狙ったオールホワイツ。だが、開始3分に先制点を献上し、早々に追い掛ける展開を余儀なくされた。
ニュージーランドは攻め込みながらも、コスタリカの守護神ケイロル・ナバス(パリ・サンジェルマン(PSG))の牙城を崩せずにいたが、39分には左クロスからクリス・ウッドがネットを揺らした。

だが、VARからの進言があり、オン・フィールド・レビュー(OFR)の結果、クロス直前の接触プレーでファウルがあったとしてノーゴールに。さらに、69分には途中出場のコスタ・バーバルーゼスのタックルが一度はイエローカードとされたものの、OFRにより、レッドカードへ変更となった。

2度のVARチェックによって不利益を被ったヘイ監督は、試合後もご立腹。審判団やFIFAへ苦言を呈した。主審はUAEのムハンマド・サレム・ユセフ・アブドゥラ・アラリ氏が務めていた。

「一部のオフィシャルは、時に絶対に凶悪だと思った。その手の人々は自分の考えに基づいて物事を決めることができる」

「昨夜オーストラリアとペルーの試合では質の高いヨーロッパのオフィシャルが(審判を)務めていたが、(この試合の担当割り当ての)アナウンスを見て、FIFAはこの重要な試合でミスを犯したと思った」

「彼らは、明らかにこの職務を担当するレベルに達していない者を配置することによって、我々を失望させた」

1 2

関連ニュース
thumb

初先発の18歳・藤野あおばが躍動、宮澤&植木のゴールでニュージーランドを下す《MS&ADカップ2022》

9日、なでしこジャパンがMS&ADカップ2022でニュージーランド女子代表と長野Uスタジアムで対戦し、2-0で日本が勝利した。 6日には神戸でナイジェリア女子代表と対戦し、田中美南(INAC神戸レオネッサ)の2ゴールで、2-0と勝利した日本。今回は、来年の女子ワールドカップ(W杯)の開催地であるニュージーランドとの対戦となった。 なでしこは、引き続き[3-4-3]のシステムを採用。ナイジェリア戦からはスタメンを6名を変更する。 GKは山下杏也加(INAC神戸レオネッサ)、最終ラインは右から高橋はな(三菱重工浦和レッズレディース)、熊谷紗希(バイエルン)、南萌華(ローマ)が並び、ダブルボランチに林穂之香(ウェストハム)と杉田妃和(ポートランド・ソーンズ)、右に清水梨紗(ウェストハム)、左に遠藤純(エンジェル・シティ)、3トップは右に藤野あおば(日テレ・東京ヴェルディベレーザ)、左に宮澤ひなた(マイナビ仙台レディース)、中央に植木理子(日テレ・東京ヴェルディベレーザ)が起用された。 海外組6名がピッチに立った日本。立ち上がりからアグレッシブにプレーすると、3分、日本はCKからサインプレー。藤野からショートコーナーで遠藤にパス。遠藤は林に戻すと林のスルーパスを受けた藤野がボックス内で折り返すが、ラインを割ってしまう。さらに4分には、ボックス内右から藤野が思い切ってシュート。これは、枠に飛ぶが、GKにセーブされてしまう。 ニュージーランドはスピードを生かし、スペースを突いてくるカウンターで日本に応戦。それでも日本は9分に再びCK。今度はノーマルにクロスを上げると、最後は熊谷が蹴り込むが、枠を外れていく。 15分には右サイドからパスを繋いで逆サイドに展開。最後はボックス内左で遠藤がグラウンダーのクロス。植木が合わせにいくが、クリアされる。 日本はテーマである「奪う」をしっかりと見せ、特に守備面ではしっかりと相手から奪い、そのまま積極的にゴールに迫るというプレーが続いていく。 39分には左サイドを仕掛け遠藤が抜け出しグラウンダーのクロス。これをボックス中央で藤野がダイレクトシュートも、枠を越えていく。 42分にはダイレクトパス交換で抜け出した藤野が右サイドからクロス。フリーで待っていた遠藤がボックス内からシュートも、GKがセーブする。 それでも押し込み続けていた日本が先制する。44分、ボックス手前でボールを持った宮澤が遠藤にパス。これを遠藤、植木とパスを繋ぎ、最後は遠藤の落としを宮澤がボックス内で蹴り込み、日本が先制する。 1点をリードして迎えた後半。日本は杉田を下げて、長野風花(ノースカロライナ・カレッジ)を投入する。 後半も積極的にプレーする日本。52分には高橋がミドルシュート。鋭いシュートがゴールに飛ぶが、わずかに枠を越えて行く。 すると61分、日本が追加点を奪う。ボックス内左でボールを持った長野が相手を見ながら右足クロス。これをボックス中央で植木がヘッドで合わせゴール。池田ジャパン最多の8ゴール目を記録した。 日本は69分に林を下げて、宝田沙織(リンシェーピング)を投入。熊谷がボランチに移り、宝田が最終ラインに入った。 日本は後半も攻撃を続けると、76分には藤野がドリブルで運び出し、そのままシュート。わずかにゴール左に外れたが、前半から引き続き積極的なプレーを見せている。 日本は82分に高橋と遠藤を下げ、乗松瑠華(大宮アルディージャVENTUS)とこの試合が代表デビューとなる小山史乃観(セレッソ大阪堺レディース)を投入。90分に宮澤を下げ、宮川麻都(日テレ・東京ヴェルディベレーザ)を起用した。 日本は92分にビッグチャンス。ルーズボールを藤野が追いかけて深い位置で奪うと、マイナスのクロスに対して長野がフリーでシュート。しかし、これはミートせずに大きく外してしまう。 結局試合は2-0のまま終了。大雨が降る中での一戦を日本が制し、2試合連続で2-0での勝利を収めた。 なでしこジャパン 2-0 ニュージーランド女子代表 【日本】 宮澤ひなた(前44) 植木理子(後16) ◆スターティングメンバー GK:山下杏也加 DF:高橋はな(→82 乗松瑠華)、熊谷紗希[C]、南萌華 MF:清水梨紗、林穂之香(→69 宝田沙織)、杉田妃和(→46 長野風花)、遠藤純(→82 小山史乃観) FW:藤野あおば、植木理子、宮澤ひなた(→90 宮川麻都) 2022.10.09 16:47 Sun
twitterfacebook
thumb

なでしこジャパンメンバーが発表! 海外組8名も、長谷川唯&岩渕真奈は招集外、U-20からも招集《国際親善試合》

日本サッカー協会(JFA)は28日、10月に行われる国際親善試合のナイジェリア女子代表戦、MS&ADカップ2022のニュージーランド女子代表戦に臨む、なでしこジャパンのメンバーを発表した。 7月に日本で行われたEAFF E-1サッカー選手権では見事に優勝を果たしたなでしこジャパン。来年に迫る女子ワールドカップに向けた強化を進めている。 今回はインターナショナル・マッチウィークということもあり、海外組も招集。DF熊谷紗希(バイエルン)、DF清水梨紗(ウェストハム)、DF南萌華(ローマ)、DF宝田沙織(リンシェーピング)、MF杉田妃和(ポートランド・ソーンズ)、MF長野風花(ノースカロライナ・カレッジ)、MF林穂之香(ウェストハム)、MF遠藤純(エンジェル・シティ)を招集。マンチェスター・シティのMF長谷川唯やアーセナルのFW岩渕真奈は招集外となった。 なお、杉田は10月3日の夜、熊谷、清水、南、林は10月4日の昼、宝田、遠藤は4日の夜に合流する。 また、U-20女子ワールドカップで準優勝に終わったU-20女子代表からは、MF藤野あおば(日テレ・東京ヴェルディベレーザ)、MF小山史乃観(セレッソ大阪堺レディース)が初招集。また、大会MVPに輝いたFW浜野まいか(INAC神戸レオネッサ)も招集を受けている。 日本はナイジェリア女子代表と6日にノエビアスタジアム神戸で、ニュージーランド女子代表と長野Uスタジアムで対戦する。 今回発表されたなでしこジャパンのメンバーは以下の通り。 ◆なでしこジャパンメンバー GK 1.山下杏也加(INAC神戸レオネッサ) 21.平尾知佳(アルビレックス新潟レディース) 18.田中桃子(日テレ・東京ヴェルディベレーザ) DF 4.熊谷紗希(バイエルン/ドイツ)※ 5.三宅史織(INAC神戸レオネッサ) 12.乗松瑠華(大宮アルディージャVENTUS) 2.清水梨紗(ウェストハム/イングランド)※ 22.清家貴子(三菱重工浦和レッズレディース) 6.宮川麻都(日テレ・東京ヴェルディベレーザ) 3.南萌華(ローマ/イタリア)※ 19.宝田沙織(リンシェーピング/スウェーデン)※ 17.高橋はな(三菱重工浦和レッズレディース) MF 8.猶本光(三菱重工浦和レッズレディース) 15.杉田妃和(ポートランド・ソーンズ/アメリカ)※ 16.林穂之香(ウェストハム/イングランド)※ 10.長野風花(ノースカロライナ・カレッジ/アメリカ) 20.北村菜々美(日テレ・東京ヴェルディベレーザ) 7.宮澤ひなた(マイナビ仙台レディース) 13.遠藤純(エンジェル・シティ/アメリカ)※ 23.藤野あおば(日テレ・東京ヴェルディベレーザ)★ 25.小山史乃観(セレッソ大阪堺レディース)★ FW 14.井上綾香(大宮アルディージャVENTUS) 11.田中美南(INAC神戸レオネッサ) 9.植木理子(日テレ・東京ヴェルディベレーザ) 24.浜野まいか(INAC神戸レオネッサ) ★初招集 ※遅れて合流 2022.09.28 14:25 Wed
twitterfacebook
thumb

コスタリカがニュージーランド撃破でW杯出場! GSでは日本代表と同組に《W杯大陸間PO》

カタール・ワールドカップ(W杯)の大陸間プレーオフ、コスタリカ代表vsニュージーランド代表が14日にカタールで行われ、1-0で勝利したコスタリカが本大会出場を決めた。 北中米カリブ海予選を4位でフィニッシュしたコスタリカは、3大会連続6度目の本大会出場を目指す。今回の大一番では守護神ケイロル・ナバス、ドゥアルテ、ボルヘス、ジョエル・キャンベルといった主力を起用した。 一方、オセアニア予選を制したニュージーランドは、2010年南アフリカ大会以来、3度目の出場を狙う。こちらもリード、カカーチェ、ウッドら主力を起用した。 カタールW杯本大会への最後の切符を賭けた大一番はいきなり動く。開始3分、コスタリカがハーフウェイライン付近の左サイドで得たスローインからベネットが深い位置に抜け出してグラウンダーのクロスを供給。これをファーサイドからゴール前に絞ってきたキャンベルがDFの死角から左足ワンタッチで合わせると、ゴール右下隅に決まった。 いきなりビハインドを背負うことになったニュージーランドはすぐさま反撃を開始。ボールを握って相手を押し込みつつ、制空権を握るウッドをシンプルに使った攻めで同点を目指す。10分過ぎにはいずれもボックス内で競り勝ったウッドの丁寧な頭での落としからグリーヴ、ガーベットに決定機が訪れるが、いずれもシュートを枠に飛ばせない。 前半半ばから終盤にかけては押し込むニュージーランド、堅守速攻で応戦するコスタリカという構図がより明確に。そういった中、幾度もフィニッシュのシーンを作り出したオセアニアの雄がゴールネットを揺らす。 39分、左サイドを崩してガーベットが右足インスウィングで入れたクロスがDFのクリアミスを誘い、ゴール至近距離でこぼれ球に反応したウッドが冷静にゴールへ蹴り込む。だが、突破の局面での接触プレーがオンフィールドレビューの対象となると、DFドゥアルテに対するガーベットへのファウルが取られ、ゴールは取り消しとなった。 前半終了間際にもニュージーランドがゴールに迫ったものの、コスタリカの1点リードで試合は折り返す。先制以降は守勢が続くコスタリカは、ハーフタイムに3枚替えを敢行し、ワストン、ブライアン・ルイスとベテランの投入でゲームを落ち着かせにかかる。 すると、コスタリカの采配が嵌り、後半序盤は引き続きニュージーランドがボールを握るものの、ほぼイーブンな展開に。逆に、カウンターから2点目に迫る場面も作り出す。 一方、ニュージーランドは60分にガーベット、グリーヴを下げてバーバルーゼス、ベン・ウェインを同時投入するが、結果的にこの交代が裏目に出てしまう。 67分、高い位置でカウンタープレスを試みたバーバルーゼスがカルボに後方からレイトタックルを敢行すると、一度はイエローカードの判定となったが、足裏がアキレス腱付近に当たっていたことでオンフィールドレビューの対象となると、カードの色が赤に変更。ビハインドに加え、数的不利を背負うことに。 この絶体絶命の状況を受け、ニュージーランドは1枚カードをもらっていたキャプテンのDFリードを下げてアタッカーのジャストを投入。リスクを冒して反撃に打って出る。76分にはクレイトン・ルイスがボックス手前右から渾身のミドルシュートを狙うが、GKケイロル・ナバスの好守に阻まれる。 その後、試合終盤にかけてもウッドを起点に決死のパワープレーを続けたニュージーランドだったが、守護神ナバスを中心とするコスタリカの堅守をこじ開けることはできず。W杯本大会行きを懸けた最後の一戦は、北中米カリブ海の雄に軍配が挙がった。 なお、勝者のコスタリカは11月に開催されるカタールW杯で日本代表、スペイン代表、ドイツ代表と同じグループEに入る。 2022.06.15 05:04 Wed
twitterfacebook
thumb

ニュージーランドvsコスタリカのカタールW杯予選大陸間POは6月14日開催! 勝者は本大会で日本と同組

カタール・ワールドカップ(W杯)予選の大陸間プレーオフ、ニュージーランド代表vsコスタリカ代表が6月14日にカタールのドーハで開催されることが決定した。 ニュージーランドサッカー協会が20日に発表した。 今回のプレーオフはオセアニア予選を制したニュージーランドと、北中米カリブ海予選で4位に入ったコスタリカが中立地ドーハでシングルマッチ形式で本戦出場を争う。 なお、このプレーオフ勝者はW杯本大会で日本代表、ドイツ代表、スペイン代表と同じグループEに組み込まれている。 2022.04.20 22:35 Wed
twitterfacebook
thumb

スペイン代表監督がW杯GS抽選結果に「簡単な試合なし」…一方で「世界を喰いにいく」と野望も

スペイン代表のルイス・エンリケ監督がカタール・ワールドカップ(W杯)のグループステージ抽選結果にコメントした。 1日にカタールのドーハでグループステージの組み分け抽選が催され、スペインはドイツ代表、日本代表、そして大陸間プレーオフのコスタリカ代表vsニュージーランド代表の勝者と同居するグループEに入った。 スペイン『マルカ』によると、スペインとドイツの2強にほかの国がどう割って入るかが焦点になりそうなグループだが、L・エンリケ監督は感想をこう述べている。 「一見難しそうな組み分けだ。簡単に見えてきたりもするかもしれないがね。その月に国々がどういう状態なのか誰にもわからない。サプライズは起こり得る。楽しまないといけないし、楽観的になるのも必要だ」 また、「どの国にも我々を倒す可能性があるが、我々もどんな国にでも勝てる力がある」と自国に自信をのぞかせたなか、グループ最大のライバルと目されるドイツをはじめ、他国についても言及している。 「ドイツは最も難しい相手だ。監督も代わって、良くなっているが、我々もFIFAランキング7位であり、世界を喰いにいくという大きな野望がある。それはこれからも変わらない」 「ポット1というのはこの2年間をうまくやったということで、それが大事。ドイツがいる組でトップになれば、それは実力によるもの。あとはよく知らない。これから分析していく」 「簡単な試合などない。特に、初戦はね。まだ対戦相手がどこなのかもわかっていない。日本も難しい相手になるだろうが、今はネーションズリーグの時期だし、(分析は)まだ早い」 2022.04.02 11:00 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly