チェルシーがサウールの買取見送りへ…ひとまずアトレティコ復帰か

2022.06.08 23:36 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
チェルシーはアトレティコ・マドリーからレンタル中のスペイン代表MFサウール・ニゲス(27)に関して、買い取りオプションの行使を見送るようだ。移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏が報じている。

昨夏、アトレティコから買い取りオプション付きの1年間のレンタル移籍で加入したサウール。しかし、トーマス・トゥヘル監督の戦術、プレミアリーグへの適応に苦戦。一時は左ウイングバックのポジションで新境地を開くかに思われたが、最後まで全盛期のパフォーマンスを披露することは叶わず。公式戦23試合出場もプレータイムは1200分程度に限られ、1ゴールの数字に留まった。

一部では少なくとも来シーズンはチャンスを与えられる可能性もあると見られていたが、チェルシーは3500万ユーロ(約50億3000万円)の買い取りオプションの行使を見送ることを決断した模様だ。

これにより、サウールは2026年まで契約を残すアトレティコに一度復帰する形となるが、古巣で再びポジション争いに挑むのか、新たな移籍先を模索するのか、現時点で去就は不透明な状況だという。

関連ニュース
thumb

元ブラジル代表MFラミレスが現役引退を発表

元ブラジル代表MFラミレス(35)が現役引退を表明した。 当時セリエC(ブラジル3部)に所属するジョインヴィレの下部組織で育ったラミレスは、クルゼイロやベンフィカでのプレーを経て、2010年にチェルシーへ完全移籍。 チェルシーでは、在籍6シーズンで公式戦251試合に出場し、34ゴールを記録。プレミアリーグ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグ、FAカップ、キャピタルワンカップをそれぞれ1度ずつ獲得した。 その後、2016年1月に移籍金2800万ユーロ(現レートで約34億3000万円)で江蘇足球倶楽部(江蘇蘇寧)に加入すると、持ち味の攻守にわたるハードワークを武器にアジアの舞台でも活躍。しかし、徐々に出場機会を失うと、2019年5月に契約を解除。 同年6月にフリーで加入したパウメイラスでは公式戦42試合で1ゴールを記録。今シーズンもカンピオナート・ブラジレイロ・セリエAで16試合に出場していたが、新型コロナウイルス(COVID-19)が大流行する中、マスクもせずにナイトクラブで遊んでいたことが発覚。自身は謝罪したものの、ファンなど周囲から大きな非難を浴びるとともに、罰金を科されていた。 2023年まで契約を結んでいたラミレスだが退団を要求し、11月27日に退団。その後、いくつか移籍の噂が浮上したが現在までフリーの状態が続いていた。 また、2009年5月にデビューしたブラジル代表では51試合に出場し4ゴールを記録していた。 現役引退を表明したラミレスは、28日に自身のインスタグラムを更新し以下のようなコメントを残している。 「この度、悩んだ末にプロ選手としての活動に幕を閉じることを決めた。今この瞬間、僕はただ、最高レベルのスポーツが提供できる環境へと僕を導いてくださった神様に感謝するのみだよ。ジョインヴィレ、クルゼイロ、ベンフィカ、チェルシー、江蘇足球倶楽部、パウメイラス、僕が通ったすべてのクラブにも感謝している」 「また、2度のワールドカップでプレーする喜びを与えてくれたブラジル代表チームにも感謝したい、夢を実現することができました。そして、また、一緒に仕事をすることができたチームメイト、スタッフ、コーチ、マネージャーたちにも感謝しています」 「僕の家族、母、子供たち、兄弟、そして親友たち。この数年間、無条件に僕のそばにいてくれてありがとう。僕の功績を自分のことのように喜んでくれて、それがいつも僕の最大の強みであり原動力となっていたんだ」 「これから別の道に進みますが、リオデジャネイロの田舎町から世界を目指した少年時代ときと同じように喜びと勇気を抱いて、この道を進んでいこうと思っているよ」 「フットボール、今まで本当にありがとう!」 2022.09.29 06:00 Thu
twitterfacebook
thumb

4年ぶりに再発もチェルシーのドイツ女子代表GKが2度目のガン克服! 代表チームにも復帰

病にも負けず、ピッチに立っている選手がいることをご存知だろうか。 チェルシーに所属するドイツ女子代表GKアン=カトリン・ベルガー(31)は、ガンから再び復活を果たしている。ドイツ『Spiegel』が伝えた。 4歳からサッカーを始めたベルガー。これまで女子の名門であるポツダムやパリ・サンジェルマン(PSG)などでもプレー経験があり、2019年からチェルシーでプレーしている。 しかし、2017年11月、バーミンガム・シティに所属している際に甲状腺ガンであると診断。闘病をしながらも、サッカーをし続けたいと回復に努め、2018年2月に復帰した。 チェルシー移籍後はタイトル獲得にも貢献。FA女子スーパーリーグ(FAWSL)では3連覇に貢献すると、FA女子リーグカップで2度、女子FAカップでも2度優勝を経験している。 復活後の2018年11月にドイツ女子代表にも初招集を受けていた中、今回久々にガンが最初。およそ5週間の治療を経て、25日にピッチに戻ってきた。 2度目のカムバックを果たしたベルガーは、ドイツ女子代表にも復帰。10月7日に予定されているフランス女子代表との試合でピッチに立つ可能性があるようだ。 2度のガン克服を果たしたベルガー。自身のインスタグラムでも「ファンのみんなと一緒にキングスメドウ(スタジアム)に戻って来れて嬉しい。ずっと素晴らしい応援をありがとう。残りのシーズンも頑張ります」とファンに感謝していた。 <span class="paragraph-title">【写真】マンチェスター・シティ戦で躍動するベルガー</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/Ci8mGxVjhlU/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/Ci8mGxVjhlU/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/Ci8mGxVjhlU/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Ann-Katrin Berger(@annkatrin.berger)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.09.28 08:20 Wed
twitterfacebook
thumb

35歳のミケルが現役引退…チェルシーやナイジェリア代表で活躍

元ナイジェリア代表MFジョン・オビ・ミケル(35)が、現役引退を発表した。 昨年11月にクウェートSCを退団して以降、フリーの状態が続いていたベテランMFは27日に自身の公式インスタグラムを通じて、スパイクを脱ぐ決断を下した。 「『すべての良いことには終わりが来る』という言葉があるけど、僕のプロフットボール人生にとって、その日は今日だ」 「過去20年間のキャリアを振り返ってみると、達成できたすべてのことに非常に満足していると言わざるを得ない」 「家族、監督、クラブ、コーチ、チームメイト、そして何よりも献身的なファンの揺るぎないサポートがなければ、これらすべてを成し遂げるのは不可能だった。あなた方は僕が期待に応えられなかった日でさえ、自分の浮き沈みに寄り添うように支えてくれた。だからこそ、大きな感謝を伝えます」 「また、自分のキャリアの過程で何らかの形でインスピレーションを与えた可能性のあるすべての人に、決して夢をあきらめないように勧めたいと思う」 「これはサヨナラではなく、別の旅の始まり、僕の人生における新たなの章がスタートする。だから、未来がどうなるか楽しみだよ。皆さんが今後も僕と一緒に歩んでくれることを願っています。ありがとうございました」 ミケルは母国のプラトー・ユナイテッドのアカデミー出身で、ノルウェーのFKリンでプロキャリアをスタート。マンチェスター・ユナイテッドとの争奪戦の末、2006年に加入したチェルシーでは2017年に中国の天津泰達(現天津津門)に移籍するまで、公式戦372試合に出場。長らく守備的MFの主軸としてプレーし、2011-12シーズンのクラブ史上初のチャンピオンズリーグ(CL)制覇や2度のプレミアリーグ優勝など、9つのトロフィー獲得に尽力した。 その後は、ミドルズブラ、ストーク・シティというイングランドのクラブやトルコのトラブゾンズポル、直近は2021年7月から4カ月の在籍となったクウェートSCでプレーした。 2005年にデビューを飾ったナイジェリア代表では通算89試合に出場し、6ゴールを記録。2014年のブラジル大会から2大会連続でワールドカップに出場した。また、2013年のアフリカ・ネーションズカップ優勝に加え、2016年のリオ五輪ではオーバーエイジとして参戦し、銅メダル獲得に貢献していた。 2022.09.28 01:23 Wed
twitterfacebook
thumb

カンテの復帰が近づく! クラブが練習復帰明かす

チェルシーのフランス代表MFエンゴロ・カンテの復帰が近づいているようだ。 カンテは先月14日に行われたプレミアリーグ第2節のトッテナム戦でハムストリングを負傷。以降は公式戦6試合に加え、今回のインターナショナルマッチウィークではフランス代表からの招集を辞退していた。 しかし、チェルシーは27日、ベテランMFが同日のトレーニングセッションに部分合流したことを明かした。 現時点でカンテの正確な復帰時期は不明だが、10月に公式戦9試合を戦うことになるグレアム・ポッター率いるチームにとって朗報だ。 2022.09.27 23:39 Tue
twitterfacebook
thumb

チェルシーで不振のプリシッチ、ユベントスが関心か

ユベントスが、チェルシーのアメリカ代表FWクリスチャン・プリシッチ(24)獲得の動きを見せているようだ。イタリア『カルチョメルカート』が報じている。 2019年に多くのクラブが関心を寄せるなか、推定5800万ポンドでチェルシー移籍を果たしたプリシッチ。初年度こそ、リーグ終盤の8試合で4ゴール4アシストを記録し輝く時期もあったが、徐々に尻すぼみし、現在では精彩を欠いたプレーが散見されてしまうようになった。 今季は先発出場がまだ1試合のみと完全に序列を落としてしまっており、解任されたトーマス・トゥヘル監督について先日、命令を無視してプレーしたことがあったと、必要のない告白までするなど、ピッチ内外で落ち着かない様子を見せている。 そんなプリシッチにユベントスが興味を示している模様。『カルチョメルカート』によれば、すでに代理人と接触しており、意思を明確にしているとのこと。現状でチェルシーが求める移籍金は3500万ユーロと言われているが、起用状況と残り2年となった契約年数を考えると、値下げの余地はありそうだ。 2022.09.26 21:25 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly