「キャリアで最高のパフォーマンスを」W杯まであと1勝、ウクライナDFジンチェンコがウェールズ戦へ意気込み

2022.06.02 09:30 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ウクライナ代表のDFオレクサンドル・ジンチェンコが、スコットランド代表戦を振り返った。『UEFA.com』が伝えた。

1日、カタール・ワールドカップ(W杯)欧州予選プレーオフのスコットランドvsウクライナが行われた。

ロシアによる軍事侵攻の影響で、3月に行われるはずだったプレーオフが中止に。ウクライナはいまだに攻撃を受けている中、初の公式戦に臨んだ。

試合は33分に、アンドリー・ヤルモレンコがゴールを奪って先制すると、49分にはロマン・ヤレムチュクがゴールを奪い、リードを広げる。

79分にはカラム・マクレガーにゴールを許して、1-2とされるが、後半アディショナルタイムにアルテム・ドヴビクがダメ押しゴール。1-3で勝利を収め、ウェールズ代表が待つプレーオフ決勝へと駒を進めた。

難しい中で見事に勝利を収めたウクライナ。試合前に涙ながらに語っていたジンチェンコが『スカイ・スポーツ』のインタビューに応じ、試合を振り返った。

「僕たちにとっては、1戦1戦が最後の試合のようなものだ。チームとしてワールドカップを夢見てきたし、あと1試合勝たなければいけない」

「厳しい戦いになることは分かっていたけど、3つのゴールを決められた。もっと得点することもできたと思う」

「僕たちにとって(ウェールズ戦)は大きな意味を持つ試合になる。最終的なものでもあり、僕たち全員が自分たちのキャリアで最高のパフォーマンスを示さなければいけない。そして、何が起きるかを見てみよう」

また、『UEFA.com』にもコメント。試合が開催されたことに感謝し、しっかりとゴールを積み上げて勝利できたことを喜んだ。

「試合が行われたことに感謝する。僕たちは今日、最高のパフォーマンスを見せ、見守っているすべてのウクライナのファンに、素晴らしい感動と良い気持ちを届けようと努力した」

「先制ゴールを決めることはいつでも素晴らしいことだ。それは常に自信を与えてくれるし、後半の早い段階での2つ目のゴールは、試合を落ち着かせるためにも、僕たちにとってとても重要だった」

「スコットランドは難しいチームで、簡単なことではないことは分かっていた。残念ながら1つゴールを許したが、チームとして、グループとして、すべて一緒になり、うまくいくことができた」

あと1勝でW杯出場が決定するウクライナ。ウェールズとの決勝は、5日に行われる。

関連ニュース
thumb

「生涯をかけてパパと私はあなたを守る」ジンチェンコと妻ヴラダさんが娘の誕生日を祝福「とても愛している」

今夏マンチェスター・シティからアーセナルへと加入したウクライナ代表DFオレクサンドル・ジンチェンコが、娘の1歳の誕生日を祝った。 シティからアーセナルへ加入したジンチェンコは、すでにプレシーズンマッチでプレー。今季のアーセナルの左サイドバックを任される可能性が非常に高い状況だ。 そんな中、妻のヴラダ・シェグロワさんとともにジンチェンコは娘のバースデーを祝った。 2021年8月1日にジンチェンコの娘は誕生。ヴラダさんはマイアミの病院で出産し、ジンチェンコはFaceTimeを繋いで祝っていた。 そこから早1年。父であるジンチェンコは新天地で新たなスタートを切る中、シーズン開幕前に娘の誕生日を祝福。ヴラダさんがインスタグラムで海で過ごした家族ショットや、ジンチェンコが娘と戯れる写真とともに、娘へのメッセージを送った。 「『命を与える』あなたの名前がそのような意味を持っているということは、無意味ではありません。毎日、特に何か自分の思い通りにならないことがあったとき、私たちに本当に力を与えてくれます」 「今日が初めて会った日からちょうど1年だとは信じられません。今思い出せば、私はあなたを抱いて、次にどうして良いかわからなかったわ。でも、私は誰を欺こうとしているのだろうか。時々、あなたを見て、同じ質問を頭の中でするわ」 「あなたはまだ1歳だけど、すでに私やパパを成長させてくれて、新しいことを教えてくれたり、励ましてくれたりしている」 「愛する娘。私たちに思いやりと愛と真の幸福に満ちた、全く新しい人生を与えてくれてありがとう」 「今、あなたは人生の最初の一歩を踏み出しているの。1日に100回は転ぶは。そしてパパと私は、あなたを捕まえて手を握る。そして、それは常にそうであり、生涯をかけてパパと私はあなたを守るわ。だから、自信を持って踏み出して!」 「こんなに面白い赤ちゃんを授けてくれて神様に感謝します。イエブーシア、ハッピーバースデー。パパと私は、あなたをとても愛しています」 <span class="paragraph-title">【写真】ジンチェンコと妻、娘の海での水着ショット!1歳のバースデーを祝う</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CgtptngDKX0/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CgtptngDKX0/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CgtptngDKX0/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Vlada Zinchenko(@v.lada_sedan)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.08.02 21:48 Tue
twitterfacebook
thumb

「少年時代の夢が叶った」アーセナル加入のジンチェンコ、愛したクラブへの移籍決断はアルテタ監督の存在

マンチェスター・シティからアーセナルへ完全移籍したウクライナ代表DFオレクサンドル・ジンチェンコが、ファーストインタビューに応じた。クラブ公式サイトが伝えた。 今夏急浮上したジンチェンコの移籍。とんとん拍子で話が進むと、22日に正式発表。長期契約をクラブと結んだ。 シャフタール・ドネツクの下部組織出身で、2015年2月にロシアのウファに加入。2016年7月にシティへと完全移籍すると、PSVへとレンタル移籍を経験も、ここまで公式戦127試合で2ゴール12アシストを記録。シティでは4度のプレミアリーグ制覇を経験していた。 ウクライナの中心選手である一方で、シティではレギュラー定着には至らず。かつて指導も受けたミケル・アルテタ監督の下でプレーすることを決断した。 アメリカツアー中のチームに合流したジンチェンコ。クラブのインタビューに応じ、元々アーセナルファンだったことを明かし、興奮を隠さなかった。 「子供の頃に大ファンだった。少年時代の夢が叶ったね。ティエリ・アンリ、そして若い頃のセスク・ファブレガスがここでプレーしていたし、僕たちは試合や当時のアーセナルを見て楽しんでいた」 「そして僕はこのクラブを愛し始めていた。とても興奮しているし、チームに参加できることが待ちきれない」 憧れのクラブへ加入できたジンチェンコ。その雰囲気も素晴らしかったという。 「素晴らしい雰囲気だ。みんなとても親切だし、全てのスタッフが素晴らしい。マンチェスター・シティの人たちからも、メディカルスタッフ、キッチンスタッフ、選手やガブリエウ・ジェズスについてなど、良いことをたくさん聞いていた。凄い雰囲気だと聞いていたよ」 今回の移籍決断には2人が関与していると語るジンチェンコ。まずは、指揮官のアルテタ監督の存在だという。 「監督とは以前から知り合いだったし、マンチェスター・シティでも一緒に仕事をしていた。僕の決断に最も重要な役割を果たしたと言える」 「シティでの初日から、彼が素晴らしい監督になることはわかっていた。サッカー感、特に僕は昨シーズンのアーセナルの試合を見ていて、楽しんでいた。試合のスタイル、ビジョンがわかるので、プレーしてみたいと思う」 そして、今夏同じくシティから加入したブラジル代表FWガブリエウ・ジェズスの存在も大きかったという。 「僕たちは互いに近くにいて、僕は彼を愛している。親友だし、彼はこのクラブと雰囲気、みんなについてたくさん良いことを教えてくれた。本当に感動しているし、とても興奮している」 シティでプレシーズンを行っていたジンチェンコはコンディションに問題なし。アメリカでプレシーズンデビューする可能性もありそうだ。 <span class="paragraph-title">【写真】少年時代にアーセナルのユニフォームを着ていたジンチェンコ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CgVEYyHL9nR/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CgVEYyHL9nR/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">View this post on Instagram</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CgVEYyHL9nR/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">433(@433)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.07.23 10:10 Sat
twitterfacebook
thumb

シャフタールが新指揮官を発表、J1横浜FMでもプレーしたヨビチェビッチ氏が就任

シャフタールは14日、イゴール・ヨビチェビッチ氏(48)の指揮官就任を発表した。契約期間は2024年6月までの2年間となる。 クロアチア人のヨビチェビッチ氏は現役時代、レアル・マドリーのリザーブチームやNKザグレブなどでプレー。1999年にはJ1リーグの横浜F・マリノスにも在籍していたが、公式戦1試合の出場にとどまった。 現役晩年の2003年にウクライナ・プレミアリーグのFCカルパティ・リヴィウに在籍経験があり、引退後には同クラブを指揮。その他には母国の名門ディナモ・ザグレブなども指揮し、昨季までの2年間はドニプロ-1の監督を務めた。 ウクライナのサッカー界は、ロシアによるウクライナ軍事侵攻に伴って今年2月以降すべての公式戦が中断されており、各クラブの外国籍選手や監督が相次いで退団。シャフタールも先日11日にイタリア人指揮官ロベルト・デ・ゼルビ氏の契約解除を発表していた。 なお、11日にはウクライナのワジム・フトツァイト青年スポーツ相が自身のフェイスブックに、8月23日より2022-23シーズンの1部リーグを実施すると投稿。無観客開催となり、空襲などにより危険が迫った場合は即座に試合を中断して、すべての関係者が避難する措置をとるとしている。 2022.07.14 18:40 Thu
twitterfacebook
thumb

「ウェールズに幸あれ」W杯出場を逃したウクライナ指揮官が対戦相手にエール、ロシアの軍事侵攻については「支援を欲している」

ウクライナ代表のオレクサンドル・ペトラコフ監督が、ワールドカップ(W杯)出場を逃すも対戦相手へのエールを送った。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ロシアによる軍事侵攻を受け、3月に行われる予定だったカタールW杯の欧州予選プレーオフが延期となっていたウクライナだが、1日に行われたプレーオフ準決勝ではスコットランド代表に勝利。勢いに乗るチームは5日に行われたプレーオフ決勝で、16年ぶり2回目の本大会出場を懸けてウェールズ代表と対戦した。 試合は立ち上がりからアグレッシブな展開となると、DFオレクサンドル・ジンチェンコを中心とした攻撃で幾度となく相手ゴールに迫りながらもゴールを奪えず。34分にFWアンドリー・ヤルモレンコによる痛恨のオウンゴールで失点を許したチームは後半も攻勢を続けたものの、最後まで相手ネットを揺らすことはできないまま0-1で敗れた。 W杯出場にあと一歩届かなかったウクライナだが、試合後の記者会見に出席したペトラコフ監督は苦境に陥る母国への団結を示してくれたウェールズに感謝を示しつつ、選手たちを責めるつもりはまったくないと強調した。 「ウェールズに感謝の意を表したい。彼らがW杯で可能な限りの幸運を手にすることを祈っている。ウクライナはウェールズに対して、とても感謝している」 「我々はできる限りのことをしたが、得点できなかったのが残念だった。ただ、これがスポーツだと思う。一方のチームは運が良く、もう一方のチームは必要な運を手にできなかった」 「私はチームのどの選手に対しても、批判するつもりなどない。どの選手に対しても、何も触れる必要はないだろう。批判したければ、私を批判して欲しい。チームが負ければ、責めを負うのは監督だけだ」 また、ペトラコフ監督は2月から続くロシアのウクライナ侵攻についても言及。苦しい情勢を明かしつつ、世界の支援が必要だと訴えた。 「ウクライナで何が起こっているかは、ご存知の通りだろう。国中で戦争が起きている状態だ。子供や女性が毎日のように死に、インフラはロシアの蛮族によって破壊されている。ロシア人は我々を傷つけようとしており、ウクライナ人は自分たちの土地を守っている」 「我々はただ、皆の支援を欲している。そして、私の国で起きていることを理解して欲しいのだ」 2022.06.06 11:52 Mon
twitterfacebook
thumb

64年ぶりW杯出場のウェールズ、暫定指揮官も歓喜「自分たちならできると信じていた」

ウェールズ代表のロバート・ページ暫定監督が、64年ぶりのワールドカップ(W杯)出場に歓喜した。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ウェールズは5日に行われたカタールW杯の欧州予選プレーオフ決勝でウクライナ代表と対戦した。 ロシアのウクライナ侵攻により開催が延期となっていた一戦、ウクライナに度重なるチャンスを作られながらもGKウェイン・ヘネシーの好セーブでしのぎ続けると、34分にFWガレス・ベイルの蹴ったFKがオウンゴールにつながり先制に成功。その後もウクライナの猛攻を最後まで耐えきり、1-0で勝利した。 この結果、ウェールズは1958年のスウェーデン大会以来となるW杯出場が決定。64年ぶりの快挙に対して、試合後にページ暫定監督は選手たちを称えつつ、これまでチームを率いてきた歴代の指揮官たちにも感謝の意を示した。 「私はチームをとても誇りに思っている。選手たちにはW杯が欠けていたが、今日それを手にすることができた。そして、フットボール界最高のサポーターである彼らも、試合開始1分から我々を助けてくれたと思う」 「トレーニングの様子を見ていたから、チームを全面的に信頼していた。これは(2011年に他界した)ギャリー・スピードが12年か13年前に始めたことでもあり、勝利を彼に捧げたい。彼がこのチームのカルチャーを築き始めたんだ」 「そしてクリス・コールマンがチームをさらにレベルアップさせて、私がそれを受け継いだ。今の我々は自信を持って試合に臨んでいると思う。ユーロやW杯の出場権を獲得するため、ただ望みをかけるのではなく、自分たちならできると信じていたんだ」 2022.06.06 11:26 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly