「これぐらい」を「これしかない」に…「愛されるクラブ」を目指す相馬直樹監督は大宮を変えられるか?

2022.05.30 22:06 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
30日、大宮アルディージャの相馬直樹監督が記者会見を行った。

大宮は26日、霜田監督を成績不振で解任。相馬監督の就任を発表していた。

昨シーズンは最後まで残留を争う苦しいシーズンとなった中、なんとか残留を掴み取り、今シーズンは昇格を目指したシーズンに。霜田監督がシーズン頭から指揮したものの、開幕9試合勝利なし。最下位に沈んでいた中、原博実氏が4月12日にフットボール本部長に就任した。
その後、連勝を果たすなど復調を見せた一方で、ホームで連敗を喫するなどし、FC琉球戦で勝利した翌日に監督交代が発表されていた。

過密日程の中で監督を引き受けた相馬監督は、すでに初陣を終えており、東京ヴェルディと1-1の引き分けに終わっていた。

実際に試合に向けて短い中で取り組んだことについては「守備のところ、失点も実際に多かったです。この前のゲームで31、そこまで30だったと思います」とまずは失点の多さに着手したとした。

「失点のところは徐々に改善されてきていた部分もありましたが、なかなかマイボールの時間が短く、ボールを奪うことができずに攻撃がうまく行っていなかった印象です。琉球にも最後に勝ちましたが、失点してもおかしくないと思っていました」

「そういう部分を含めて、まずチーム全体に対して私が代わって来たことに期待を持ってもらうためにも、アグレッシブな姿勢を見せたい。無闇に取りにいくのではなく、しっかりと奪いに行くこと。カバーがあるからしっかり取りにいきたいということです」

「言うは簡単ですが、ピッチでやるのは難しく、そんなに簡単ではないですが、2回のトレーニングとミーティングでそういう部分に力をさきました」

相馬監督が短い期間で着手したポイントについては、実際に東京V戦でも見えていた部分。チームとしてプレスの掛け方が整理され、無駄に終わるプレスの回数は大きく減っていた。

その東京V戦では、これまでサイドバックやウイングバックで起用されてきた山田将之をセンターバックで起用。また、奥抜侃志を2トップの一角に起用するなどした。

「短い期間だったので、全部の選手を知っているわけでもないですし、中でどういうということは元々いたスタッフに聞きました。コミュニケーションをとって、準備をして、最後は私が決めました。チャンスがなかった選手でもエネルギーを出した選手は使いたいと思います」

その相馬監督が考える大宮というクラブの行く末は、「愛される」クラブにしたいという。

「どのクラブであっても、僕自身が思っていることとしては、Jリーグの理念ということとなりますが、地域に根ざしたという部分があります」

「僕自身は選手の時に最初に鹿島に入ったのが1994年で、どの試合も満員でした。そういう試合を毎試合やらせてもらっていましたが。今の選手たちが満員の中でプレーすることができない。ぜひプレーさせたいというのが引退した時から思っていることです」

「僕たちは享受できましたが、今後もそういう試合を1試合でも作る。熱量が溢れるピッチで、試合が終わったら何が起きていたかわからないようなという状況を作りたいと思っています」

「そのためにはピッチの内容や勝ち負けは大事ですが、やはり地域の人と繋がることが大事。コロナでゲームがなくなって、2011年にも震災でゲームがなくなったということはありますが、人間が生きていく上でなくてはならないものではない。でも必要だと思ってもらえる存在にならなくてはいけない」

「どのクラブでも、そのことの一端を担えることができればと思いますし、現場の長としてそれができるように、勝つことも大事ですが、地域の方々に愛されるようなクラブになりたい」

「大宮は浦和というクラブがって、今はJ1で戦えないですが、その中でも誇りを持って我々を応援してもらえるように、その一端になれればという思いが強いです」

2シーズン続けてのシーズン途中に監督に就任した相馬監督だが「簡単ではないと思っています」とコメント。特に、何も知らないクラブに来て、いきなり試合をしたという難しさはあるとした。

「今、選手たちが一緒に変わっていこうというエネルギーを持って、僕が示した方向に進めていく。短い時間でこの方向に行けば良いという自信に変えていければと思います」

「前回は同じクラブ内だったので、スタッフも知っていて、選手も知っていますが、今回は正直、名前を覚えるのも大変ですが、すごく僕の方を向いてスタッフもやってくれています」

「ものすごく感謝していますし、一緒に変えようと思ってくれている。エネルギーの腰が折れることのないように、しっかりとやっていければと思います」

その相馬監督が感じたクラブの可能性については「会社もみんな一緒という状況ですが、洗濯している方、グラウンドキーパーの方々も含めてになりますが、ワンチームというか、この短い期間で一緒にやっていきましょうという雰囲気を投げかけてもらっています」とコメント。ただ、「温かさが甘さに変わることもあるのかもしれません」と、甘えに繋がる可能性も指摘した。

それでも「一緒になっていって戦えるグループだと思っています」とし、「サポーターの方も含めてですが、大宮アルディージャに関わる人に笑顔を届けられるように。同じ方向で進めればと思います」と、みんなで同じ方向を向いていきたいとした。

その中で、霜田前監督は勝っても負けてもサポーターの前に行っていた。その点は「僕自身は今までもやってきていないので、サポーターの所に行くことはないと思います」とコメント。ただ、愛されるクラブになるための策としては、「コロナ禍で難しいですが、可能な限り練習を公開にしたいと思います」と、トレーニングを公開にする数を増やしたいとした。

また、「地域のクラブハウスであるべきで、ここが集う場でなければいけないと思います。可能な限り、クローズではなくと思っています。コロナのなかで、全て一度にはいかないとは思いますが、フロントの方とも話しています」とコメント。チームをしっかりと見てもらうことが大事だと見解を述べた。

さらに、試合を観に来た人についても言及。「シーズンの中で厳しいゲームは必ずあると思いますが、プロである以上、ある1試合に来たお客さんに何かを残したいと思っています」と語り、「それが勝ちということだけではなく、初めて友達にチケットあるからと誘われたサッカーを知らない人が観に来て、もう2度と観に来ないと思われたくないし、そのゲームが負けたとしても、なんか次また行きたい。この人たち応援したい。また次も応援したいと思ってもらいたいと思っています」とコメント。「どういうことで思ってもらえるかは色々な人がいて、価値観が違いますが、持っているものを出し切るゲームをして、その中で来てくれた人の気持ちを動かせるようにしたいと思います。そういうことでサッカーの価値、大宮の価値を上げられればと思います」と、ピッチ上でしっかりと戦う姿勢を見せて、胸に残るものを与えたいとした。

そんな中では、大宮は大きな変化をしなければいけない状況。相馬監督が求める変化としては、「まず求めるところの基準を、今までであれば許されていたものを、ここまであげたいと思うし、それができる選手だと思いますし、応えようと努力してくれる選手たちだと思っています」とコメント。「チームの仲間がここまでやらないのはどういうこと?と言えるようになることが大事。そうなれば、結果も出てくると思う。これぐらいでいいだろうではなく、これしかないというものを出せるように、日々やっていけるようにと思います」と、チーム内での基準を上げ、それをしっかりと追求していくことをしたいとした。

その相馬監督だが、不思議な縁もある。「初めて日の丸をつけた日本のスタジアムは大宮サッカー場。オリンピック代表でチャイニーズ・タイペイだったと思います」とコメント。Jリーグ創設前の1991年6月29日にオリンピック予選でチャイニーズ・タイペイと対戦。早稲田大学時代の相馬監督は先発でピッチに立っていた。

さらに「選手権で負けたのもあそこで、武南にやられたんです。上野良治に」とコメント。1990年に行われた第68回全国高等学校サッカー選手権大会の3回戦で清水東高校は1-0で敗れていた。

大宮とも過去に縁があった相馬監督。この先の戦いについては、プレーオフを目指すということで変わりはない。

その中で選手たちには「今と同じことをやっていたら無理」と語り、「これぐらいだったものをこれしかないにしていければと思うと話しました」とコメント。「この前は(勝ち点)1しか取れなかったけど、良い戦いを見せてくれたけど、これを「1」ではなく「3」にしていかないと(1試合)「2」に近づかない」と語り、以下に勝ち点3を積み上げていくかが大事だと語り、目の前の試合に1つずつ向き合うとした。

関連ニュース
thumb

大宮がFW中野誠也、FW矢島輝一、DF茂木力也と契約更新

大宮アルディージャは2日、FW中野誠也(27)、FW矢島輝一(27)、DF茂木力也(26)との契約更新を発表した。 中野はジュビロ磐田、ファジアーノ岡山でプレーし、2021年に大宮に加入。昨シーズンは30試合で6得点を記録すると、今シーズンは22試合で6得点を記録。シーズン終盤にゴールを重ね、チームの残留に貢献した。 矢島はFC東京から2021年に加入。1年目は10試合で1得点、今シーズンは7試合で無得点に。ケガに悩まされて復帰したものの、10月5日の明治安田生命J2リーグ第33節、モンテディオ山形戦で左肩関節を脱臼。10月下旬に手術を行い、全治は4カ月とのことだ。 茂木は地元の埼玉県出身で、浦和レッズの下部組織からトップチームに昇格。愛媛FC、モンテディオ山形でプレーし、今シーズンから大宮に加入した。リーグ戦では33試合に出場し1得点を記録していた。 3選手はクラブを通じてコメントしている。 ◆FW中野誠也 「2023シーズンも大宮アルディージャでプレーします。NACK5スタジアム大宮で最高の応援のもと、プレーできることを誇りに思います。ここまで2シーズンを過ごしてきてアルディージャへの想いが益々強くなっています。結果で証明するシーズンにするために全力を尽くします。『寝ても大宮』をたくさん歌えるシーズンにしましょう!」 ◆FW矢島輝一 「2023シーズンも大宮アルディージャでプレーさせていただくことになりました。すべてを受け入れて、大宮の力になれるように頑張ります。よろしくお願いします」 ◆DF茂木力也 「2023シーズンも大宮アルディージャでプレーします! 今年のような思いをしないためにもっと成長して、勝つために戦います! スタジアムで22番のユニホームをたくさん着てもらえるように全力で努力します! 来年も応援よろしくお願いします!」 2022.12.02 17:28 Fri
twitterfacebook
thumb

再起誓う大宮、HCに今季仙台を指揮した原崎政人氏、GKコーチに磐田でGKコーチを務めた山岸範之氏が就任

大宮アルディージャは30日、ヘッドコーチに原崎政人氏(48)、 GKコーチに山岸範之氏(50)が就任することを発表した。 相馬直樹監督の下、今シーズンはJ2残留を果たした大宮。相馬監督の続投が発表された中、スタッフ陣も発表された。 ヘッドコーチに就任する原崎氏は、現役時代はベルマーレ平塚や大宮、ベガルタ仙台でプレー。引退後、大宮の下部組織でコーチを務めた他、仙台でも下部組織のコーチと監督を歴任。2018年からは大宮のトップチームでヘッドコーチを務め、その後はV・ファーレン長崎のヘッドコーチ、仙台のヘッドコーチを務め、2021年11月からはトップチームの監督を務めていた。 山岸氏は大宮の前身である NTT関東サッカー部でプレー。引退後は、ザスパ草津(現:ザスパクサツ群馬)やFC東京、アビスパ福岡、ヴァンフォーレ甲府でGKコーチを歴任。今シーズンはジュビロ磐田でGKコーチを務めていた。 古巣に帰還した両コーチはクラブを通じてコメントしている。 ◆原崎政人 ヘッドコーチ 「2023シーズン、ヘッドコーチを務める原崎政人です。私のサッカー人生で選手・指導者を含め、一番長くお世話になったクラブでまたサッカーができることに感謝いたします」 「チーム愛と誇りを胸に一つ一つの試合を大切にして、勝点を多く積み上げ、大宮アルディージャファミリーの皆さまと共にたくさんの喜びを分かち合えるよう、私が持てる全ての力をもって相馬監督をしっかりサポートしながら、クラブの上昇のために全力で貢献いたします」 「チームが強くなるには、ファン・サポーター・パートナー企業の皆さまからの後押し、応援が本当に力になります。良いときも大変なときも一緒に戦ってください。熱い応援をよろしくお願いいたします」 ◆山岸範之 GKコーチ 「皆さん、ただいま! 1998年以来、25年ぶりに大宮に帰ってきました。大宮アルディージャは私にとって実家のようなクラブです。実家を出てから積み上げてきたたくさんの経験をここで還元できるよう、相馬監督のもと、一生懸命に尽力させていただきます!よろしくお願いいたします!!」 2022.11.30 14:50 Wed
twitterfacebook
thumb

大宮、3年間コーチを務めた北嶋秀朗HCが退任「J1へ復帰できることを心から祈っています」

大宮アルディージャは28日、北嶋秀朗ヘッドコーチ(44)の退任を発表した。 北嶋氏は現役時代には柏レイソルや清水エスパルス、ロアッソ熊本でプレー。引退後は、熊本で指導者となると、アルビレックス新潟でも指導。2020年から大宮のコーチに就任した。 2021年6月からはヘッドコーチに役職が変わっていたが、在籍した3シーズンではチームが低迷。3人の監督の下で指導をし、この2シーズンはJ2で残留争いをする苦しい展開となっていた。 北嶋ヘッドコーチはクラブを通じてコメントしている。 「大宮を離れる決断をしました。 3年間お世話になったすべての皆さまに感謝の気持ちでいっぱいです。この3年間プロフェッショナルな人たちに囲まれ仕事をこなすことができたことは刺激的でした」 「主務の袴田さんは多くのことにいち早く気づき、先回りをして僕らを助けてくれました。すべての出来事が滞りなく進むように工夫をしてくれたおかげで、様々な問題をクリアしてくれました」 「フィジオセラピストの宮間さんは選手の現状をわかりやすく説明してくれ、いま必要なことと、これから必要になり得ることを明確に伝えてくれることで多くの怪我を未然に防ぐことができ、また怪我をしても早く復帰ができるプランニングを明確に示してくれました。気の良い選手たちにも助けられました。困難なことが多かったなかでも常にトライをし続け、一緒に闘ってくれた選手たちには感謝しかありません」 「心残りがあるとすれば、結果を残すことができなかったことです。サポーターの皆さんには本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。しかし、チームが苦しいときのサポーターの皆さんの振る舞いはいつも正しく、とても勇気づけられ、僕らにとって誇らしいものでした」 「今後もクラブと選手を支えていただけたらありがたいです。自分は大宮を去りますが、今後も大宮を応援しています。J1へ復帰できることを心から祈っています。3年間本当にありがとうございました」 なお、北嶋氏はJFLのクリアソン新宿のヘッドコーチに就任することが発表されている。 2022.11.28 11:25 Mon
twitterfacebook
thumb

2年連続低迷の大宮、チーム再建を託された相馬直樹監督の続投発表「前へ重心を乗せて熱量のあふれる戦いを」

大宮アルディージャは24日、相馬直樹監督(51)との契約更新を発表した。 2022シーズンはJ1昇格を目標にスタート。霜田正浩監督が率いての開幕となったが、9戦未勝利と低迷。第10節のジェフユナイテッド千葉戦で初勝利をあげた。 その後、第12節のザスパクサツ群馬戦ではホーム初勝利をあげ、続くツエーゲン金沢戦も連勝。大分トリニータ、V・ファーレン長崎と引き分けが続いたが、いわてグルージャ盛岡、ベガルタ仙台とホームで連敗し、その後のFC琉球戦で勝利していたものの、5月26日に解任。相馬直樹監督が後任に就任していた。 相馬監督就任後も大きく浮上することはできなかったが、徐々にチームとしての戦い方が洗練され始め、上位相手にも互角に戦えるようにまで改善。結果は伴わなかったが、19位と最低限のJ2残留は果たしていた。 相馬監督はクラブを通じてコメントしている。 「大宮アルディージャにかかわるすべての皆さま、今シーズンもたくさんのご支援、ご声援をいただきありがとうございました。皆さまが作り出す力強く素晴らしい雰囲気のNACK5スタジアム大宮で、来シーズンも一緒に戦えることを嬉しく思います」 「今シーズンの課題も積み上げも活かしながら、来シーズンはより前へ重心を乗せて熱量のあふれる戦いをしていきます。2023シーズンもよろしくお願いします」 2022.11.24 13:20 Thu
twitterfacebook
thumb

J3降格の危機もあった大宮が下部組織育ちのMF菊地俊介ら3選手と契約満了 「とても残念に思います」

大宮アルディージャは14日、MF菊地俊介(31)、DF山田将之(28)、GK上田智輝(26)との契約満了を発表した。 菊地は大宮の下部組織出身で、ジュニアユースから伊奈学園総合高校、日本体育大学を経て、2014年に湘南ベルマーレでプロ入り。2020年から大宮に加入していた。 3シーズンでJ2通算66試合5得点を記録。今シーズンはJ2で27試合4得点、天皇杯で2試合1得点を記録していた。 山田は青森山田高校から法政大学を経て、2016年にFC東京へ入団。FC町田ゼルビア、アビスパ福岡、ツエーゲン金沢への期限付き移籍を経て、2020年途中から大宮に期限付き移籍。その後完全移籍に切り替わっていた。 大宮では2シーズン半を過ごし、J2通算36試合1得点、天皇杯通算2試合出場。今シーズンはJ2で9試合、天皇杯で1試合に出場していた。 上田は京都サンガF.C.の下部組織出身で関西学院大学から奈良クラブを経て、2021年に大宮に加入。2シーズンでJ2通算13試合に出場。今年3月に右ヒザ膝蓋腱断裂の重傷を負い、ほとんどプレーできていなかった。 3選手はクラブを通じてコメントしている。 ◆MF菊地俊介 「今シーズンをもって、大宮アルディージャを離れることになりました。このような形でチームを離れなければいけないことをとても残念に思います。どんな時も応援し続けてくれたファン・サポーターの皆さん、ありがとうございました」 「僕が来てからの3年間、皆さんを喜ばせる結果を出すことができず、本当に申し訳ありません。ただ、自分が育ったこのクラブに戻ってきて、大宮のエンブレムをつけて戦えたことは僕の誇りです。これから先もずっと大宮アルディージャを応援しています」 「この悔しさを力に変え、またここから頑張りたいと思います。3年間本当にありがとうございました」 ◆DF山田将之 「2年間このチームでプレーしたことを誇りに思いますし、それを胸に次のステージでもまた頑張っていきたいです。短い期間でしたが応援ありがとうございました」 ◆GK上田智輝 「今シーズンで大宮アルディージャを離れることになりました。2022年シーズンも大宮アルディージャを応援してくださったファン・サポーターの皆さま、本当にありがとうございました。2年前、JFLから来た僕を温かく迎えてくれた皆さまには本当に感謝しています」 「この一年、自分自身は怪我に苦しみチームが残留争いで苦しいときに、ピッチに立ちプレーすることができず、歯痒さであったり不安な時期もありましたが、最高の仲間とスタッフ、たくさんの人に支えられて乗り越えることができました」 「思い入れの強いNACK5スタジアム大宮で大宮アルディージャのエンブレムを付けてプレーできたことを心から誇りに思います。この貴重な経験を今後のサッカー人生にも生かしていきます。これからも大宮アルディージャ、そして上田智輝をよろしくお願いします。2年間本当にありがとうございました」 2022.11.14 16:25 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly