「ウクライナはまだ生きている」ロシアからの攻撃を受け続ける中でのW杯予選POに臨むウクライナ、ジンチェンコが意気込み「ほんの数秒間でも笑顔を与えられるように」

2022.05.27 22:15 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
マンチェスター・シティのウクライナ代表DFオレクサンドル・ジンチェンコが、カタール・ワールドカップ(W杯)の欧州予選プレーオフに向けてコメントした。イギリス『BBC』が伝えた。

ロシアによるウクライナへの軍事侵攻が2月24日に開始。取り巻く環境が一変し、想像もしなかった紛争が3カ月を経過した今も続いている。

そんな中、ウクライナ代表の活動が再開。6月1日には中止となっていたカタールW杯欧州予選POのスコットランド代表戦がアウェイのカーディフで行われる。
まだまだ母国が苦しい状況にある中での活動再開。国を背負い、世界中が注目する一戦に向けて、ジンチェンコがコメントした。

「ウクライナはまだ生きている」

「ウクライナは最後まで戦うつもりだ。これが僕たちのスピリットだよ。決して諦めない」

「世界中の全てのサポートにとても感謝している。スコットランドはとても良いチームだ。彼らには信じられないほどのファンがいる」

「僕は全てのウクライナの人々に、僕たち全員が試合に勝ち、彼らが僕たちを誇りに思うために全てを捧げ、ほんの数秒間でも笑顔を与えられるようにすると約束する」

今シーズンは苦しい状況に置かれながらもシティで躍動。プレミアリーグで15試合に出場し4アシストを記録。チームのリーグ連覇にも一役買った。

紛争が起きてからはサッカーについて考えることも難しかったというジンチェンコ。ただ、この一戦に懸ける思いは強く、チーム一丸となって戦うことを約束した。

「当初はサッカーに集中することはとても難しかった」

「僕の頭の中は、全てのウクライナ、ウクライナの人々に関するものだった。全てのウクライナのサッカー選手にとって、全く同じだったと思う」

「この試合は僕の人生で最も重要な試合の1つだ。みんな準備ができているように見えるし、モチベーションについては話す必要はないだろう」

「試合がなければ、選手たちにとってコンディションを準備することは簡単ではない。ただ、言い訳はせず、僕たちはできる限り最善を尽くさなければいけない」

関連ニュース
thumb

SNS駆使してアピール! アーセナル行き熱望ムドリクがインスタのストーリーに…

シャフタールのウクライナ代表FWミハイロ・ムドリク(21)が、自身のSNSでアーセナル移籍の希望をアピールした。イギリス『ミラー』が伝える。 アーセナルにとって今冬最大のターゲットと言われるムドリク。8500万ポンド(約133億9000万円)を要求しているというシャフタールに対し、アーセナルが粘り強く交渉にあたっている段階だ。 一時はチェルシーの横槍も噂されたなか、ムドリク本人は一貫してアーセナル行きを熱望。12日にはインスタグラムのストーリーに可愛らしい飼い猫の姿を投稿しているが、猫ちゃんの視線の先には壁がけのテレビがあり、画面がとある瞬間を写していた。 それは、ムドリクがアーセナルのユニフォームを着ているかのように見える一幕。どうやら自身の去就に関するニュースのYouTube動画をバックに撮影したようで、アーセナル行きが待ちきれない心情を表すものと考えられている。 以前にはアーセナルについて「卓越したコーチ(ミケル・アルテタ監督)と卓越した選手たちがいるチーム。そのサッカーも大好きだ。僕1人で決められることではないけど、求められたらノーと言えない」とコメントしていた。 <span class="paragraph-title">【写真】〈ムドリクのストーリー投稿〉 猫ちゃんが見つめる先には...</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="und" dir="ltr"> Mykhaylo Mudryk’s Instagram story today. <br><br>( ig/mmudryk10) <a href="https://t.co/1nNQPwwTKe">pic.twitter.com/1nNQPwwTKe</a></p>&mdash; Transfer News Live (@DeadlineDayLive) <a href="https://twitter.com/DeadlineDayLive/status/1613603482069602306?ref_src=twsrc%5Etfw">January 12, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.01.13 14:41 Fri
twitterfacebook
thumb

「行動を起こす」アーセナル、アルテタ監督が1月補強を明言! 本命ムドリクも交渉中

アーセナルのミケル・アルテタ監督が来年1月の補強を明言している。イギリス『フットボール・ロンドン』が伝えた。 中断期間前のプレミアリーグを首位で折り返したアーセナル。26日に再開後初戦となる第17節のウェストハム戦を控え、19シーズンぶりのリーグ制覇に期待が膨らむが、いくつかのポジションの選手層は懸念材料と言われる。 来年1月に向けてはシャフタールのウクライナ代表FWミハイロ・ムドリク(21)を筆頭に、複数の選手を獲得したい思惑とされ、アルテタ監督もウェストハム戦前の記者会見で補強を認めるコメントを残している。 「強化を目指している。窓を閉じるという贅沢はありえない。移籍市場は重要で、行動を起こす必要がある。我々はチームに影響を与える、レベルを引き上げてくれる選手を獲得したいと考えている」 なお、ムドリクの獲得はクラブ間交渉中で、選手本人はアーセナル行きを強く希望。シャフタールのスポーツ・ディレクター(SD)を務めるダリヨ・スルナ氏の要求は8700万ポンド(約139億2000万円)だが、大幅な値引きも可能とみられている。 2022.12.24 20:35 Sat
twitterfacebook
thumb

トッテナムが1月に前線拡充へ? マリノフスキー&テュラムが候補か

トッテナムが、アタランタのウクライナ代表MFルスラン・マリノフスキー(29)ら2選手をリストアップしているようだ。 中断期間前のプレミアリーグを4位で折り返したトッテナム。悲願であるリーグ制覇に向け、アントニオ・コンテ監督が来年1月の戦力拡充を強く要望していると、これまで伝えられてきた。 イギリス『フットボール・ロンドン』によると、首脳陣らは複数のアタッカーをリストアップしており、前述のマリノフスキーやボルシアMGのフランス代表FWマルクス・テュラム(25)もターゲットという。 マリノフスキーは2019年夏のアタランタ加入以降、強烈な左足を武器にアンタッチャブルな存在として活躍も、今季は出場機会が減少。公式戦41試合で10得点7アシストをマークした昨季ほどの活躍を見せられていない。 テュラムはフランス代表としてカタール・ワールドカップ(W杯)を戦ったストライカー。コンテ監督の現役時代の同僚であるリリアン・テュラム氏の息子で、今季は中断期間までに17試合13得点と大ブレイクを果たし、トッテナム以外のビッグクラブも熱視線を送る注目株だ。 両選手とも2023年6月に契約満了を迎える予定。なお、マリノフスキーについては、トッテナムは移籍金として1300万ユーロ(約21億円)を打診する見込みだが、アタランタにとって十分な額ではないとも推測されている。 2022.12.20 16:43 Tue
twitterfacebook
thumb

アーセナルが1月に1億ポンドを投下? 本命はセリエAのセルビア代表2選手

アーセナルは、来年1月の移籍市場で多額の投資を行う用意があるようだ。イギリス『フットボール・ロンドン』が伝えている。 無敗優勝を成し遂げた2003-04シーズン以来、19年ぶりのプレミアリーグ制覇を目指すアーセナル。中断期間前は首位で折り返すも、カタール・ワールドカップ(W杯)をケガで途中リタイアしたFWガブリエウ・ジェズスの離脱など、後半戦へ向けて選手層に不安要素が少なくない。 そんななか、イタリア『カルチョメルカート』は、オーナーのスタン・クロエンケ氏が1月の移籍市場に1億500万ポンド(約174億3000万円)を投下する用意があると主張。ユベントスのセルビア代表FWドゥシャン・ヴラホビッチ(22)、ラツィオの同代表MFセルゲイ・ミリンコビッチ=サビッチ(27)が本命ターゲットだという。 一方、これまで獲得濃厚とされてきたシャフタールのウクライナ代表FWミハイロ・ムドリク(21)だが、ジェズスの離脱によってセンターFWを優先せざるを得ない状況となったため、ウインガーのムドリクは後回しされる可能性もあるようだ。 アーセナルが新戦力を加えたいと考えるポジションはジェズスが抜けたセンターFW、中盤、右ウイング。スポーツ・ディレクター(SD)を務めるエドゥ氏の手腕に注目が集まっている。 2022.12.17 21:27 Sat
twitterfacebook
thumb

ウクライナがFIFAにイラン代表のW杯追放を訴え…人権問題とロシアへの軍事関与が理由

ウクライナサッカー協会(UAF)が、イラン代表のカタール・ワールドカップ(W杯)追放を訴えることを決定した。 カタールW杯のヨーロッパ予選では、プレーオフまで進出していたウクライナ。しかし、その後にロシアによる軍事侵攻を受けたために中止に。戦禍において延期された試合が行われると、スコットランド代表に1-3で勝利。しかし、ウェールズ代表との決勝で1-0と敗れ、W杯出場を逃していた。 そのウクライナだが、「組織的な人権侵害」を理由に、国際サッカー連盟(FIFA)に対してイラン代表の参加停止を要請する予定とのことだ。 イランでは、警察留置場に拘束されたマフサ・アミニさん(22)が死亡したことをきっかけに抗議活動がスタート。逮捕された理由は、イランの厳しい女性の服装規定に違反した容疑だった。 この問題には、予てからイラン国外でも抗議を示す声が挙がっていたが、ウクライナは正式にFIFAに訴えることにした。 さらに、「ウクライナに対するロシアの軍事的攻撃にイランが関与している可能性がある」とし、その点についても訴えるようだ。 UAFの執行委員会は10月31日に会合を行い、カタールW杯からイラン代表を除外することを検討する旨をFIFAに伝えることで合意した。 イランはグループBに入っており、イングランド代表、アメリカ代表、ウェールズ代表と同居している。 2022.11.01 08:25 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly