「彼は戻ってこないよ」ユーベ復帰説が出ているポグバの“秘密”をアッレグリ監督が暴露「彼は二度も私に負けたから(笑)」

2022.05.27 12:20 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ユベントスのマッシミリアーノ・アッレグリ監督が、復帰が噂されるフランス代表MFポール・ポグバについて秘密を明かした。マンチェスター・ユナイテッドの下部組織で育ったポグバはフリーで2012年8月にユベントスへと完全移籍。セリエAで自身の才能を遺憾無く発揮し、世界的な選手へと成長すると、2016年8月に当時の世界最高額となる8930万ポンド(約133億円)でユナイテッドに戻っていた。

それから6年が経った今、ユナイテッドとの契約が満了となるポグバにはユベントスへの復帰がしきりに報じられている。

その中、前回在籍時にはポグバを指揮していたアッレグリ監督が、『DAZN Italia』でクラブOBの元イタリア代表DFアンドレア・バルザーリ氏とのインタビューに応じ、冗談交じりに復帰を否定した。

「彼はもう戻ってこないよ、私に挑戦するのが怖いんだ。ポグバは足でも手でも負けたんだ。だから彼は去った。それが彼が退団した本当の理由だよ」

2人は練習場にあるバスケットゴールを使ってフリースローチャレンジで対戦。アッレグリ監督が勝利を収めると、本業であるサッカーのシュートチャレンジでも指揮官が勝利し、その映像はSNSでも話題を呼んでいた。

微笑ましいエピソードで上手くはぐらかしたアッレグリ監督。これだけ仲が良い監督のもとであれば伸び伸びとプレーできそうなものだが、ポグバはどのような決断を下すだろうか。


1 2

関連ニュース
thumb

マルセイユ、ポーランド代表FWミリク放出を検討? ユーベなどが関心

マルセイユがポーランド代表FWアルカディウシュ・ミリク(28)の放出を検討しているようだ。 ミリクはレバークーゼンやアヤックス、ナポリなどを経て、2021年1月からマルセイユに在籍。これまでプレーした各クラブで高い決定力を見せつけてきた孤高のストライカーは、フランスの名門でも通算55試合30得点とゴールを量産している。 だが、ここに来て退団の可能性が浮上。先月上旬にナポリからの完全移籍に切り替わったばかりだが、フランス『レキップ』によると、マルセイユの首脳陣らは欧州各国のクラブに対してミリクの逆オファーをかけているという。 その結果、関心を示したクラブの1つがユベントス。完全移籍、もしくは買い取り義務付きのレンタルを検討しているという。対するマルセイユの要求額は2000万ユーロ(約27億5000万円)。しかし、実現度は低く、ユベントスが優先するターゲットはバルセロナのオランダ代表FWメンフィス・デパイ(28)とみられている。 また、ドルトムントやバレンシアもミリクに関心を寄せていたものの、ドルトムントは経済的な観点から手を引き、資金難のバレンシア行きも難しいと考えられている。 2022.08.18 16:15 Thu
twitterfacebook
thumb

ラビオ獲得失敗のユナイテッド、ユベントスから逆オファーのマッケニーには関心なし

マンチェスター・ユナイテッドはユベントスのアメリカ代表MFウェストン・マッケニー(23)に関心を示さなかったようだ。イギリス『テレグラフ』が伝えている。 昨季のプレミアリーグを6位と不本意な成績で終えたユナイテッドは、新たにエリク・テン・ハグ監督を迎えチームの刷新に着手。ここまでDFタイレル・マラシアやDFリサンドロ・マルティネス、MFクリスティアン・エリクセンを獲得しているが、トップターゲットとして早くから交渉を重ねてきたバルセロナのオランダ代表MFフレンキー・デ・ヨング獲得は暗礁に乗り上げるなど、思うような強化は果たせていない。 プレミアリーグ開幕から2連敗と、早くも危機に立たされるチームは中盤の補強を模索し続けており、ユベントスのフランス代表MFアドリアン・ラビオ(27)獲得に向けて移籍金1700万ユーロ(約23億2000万円)でクラブ間合意に至っていた。しかし、選手側が高額な年俸を要求したことで交渉はストップしており、現在は他の選択肢を検討している。 『テレグラフ』によると、ユベントスはラビオの代わりにマッケニーを提案したものの、ユナイテッド側は関心を示さなかったとのことだ。現在クラブはレアル・マドリーのブラジル代表MFカゼミロに熱心であり、マッケニー獲得はプランにないと伝えられている。 マッケニーは2021年1月にユベントスへ加入すると、昨季は負傷がありながらも公式戦29試合に出場して4ゴールを記録。チームでは主力の1人としてプレーしているが、クラブはパリ・サンジェルマン(PSG)からアルゼンチン代表MFレアンドロ・パレデス獲得に動いており、中盤の枠を空ける必要に迫られている。 2022.08.18 10:57 Thu
twitterfacebook
thumb

ディ・マリア離脱のユベントス、デパイ獲得へ加速

ユベントスがバルセロナのオランダ代表FWメンフィス・デバイ(28)の獲得へ加速しているようだ。イタリア『カルチョメルカート』が報じている。 ユベントスでは前日、アルゼンチン代表MFアンヘル・ディ・マリアが左足内転筋を痛めて少なくとも10日ほど離脱することを発表。『カルチョメルカート』によれば離脱期間は20日から25日になる可能性を報じており、攻撃のオプションを増やすためにもデパイの獲得が急務になったと主張している。 既にデパイとは契約合意に達しているとの報道もあるユベントスだが、残す障壁はデパイがバルセロナと契約解除ができるかどうか。 仮にユベントス加入となった場合、デパイは年俸600万ユーロ(約8億2000万円)の2年契約を準備されているとのことだ。 2022.08.17 23:20 Wed
twitterfacebook
thumb

ユナイテッドのラビオ獲り、選手側の高額な年俸要求でブレーキ

マンチェスター・ユナイテッドがユベントスからフランス代表MFアドリアン・ラビオ(27)を獲得しようとする動きにブレーキをかけたようだ。 エリク・テン・ハグ新体制の下、いよいよ始まったプレミアリーグだが、開幕2連敗と最悪のスタートを切ったユナイテッド。補強の必要性が改めて浮き彫りとなるなか、バルセロナのオランダ代表MFフレンキー・デ・ヨングを取り逃がす公算が高まる中盤もそのポイントと叫ばれ、新たなターゲットにラビオが急浮上している。 ラビオの売却を視野のユベントスとは早々に移籍金1700万ユーロ(約23億2000万円)で合意に至ったとされ、実母で代理人のヴェロニク氏との交渉が今後の焦点に。移籍市場に精通するファブリツィオ・ロマーノ記者の既報によれば、トリノでの交渉はポジティブな雰囲気で終わったといわれ、今後も続く話し合いの行く末が注目される。 しかし、ロマーノ記者の続報によると、ユナイテッドはラビオ側から求められる年俸額を「クレイジー」だとみなして、話し合いが完全に棚上げ状態に。クラブの幹部はすでにほかの選択肢を探り始めており、取引は選手側次第という状況となっている模様だ。 また、イタリア『カルチョメルカート』によれば、ラビオ側が求める年俸は推定で900万〜1000万ユーロ(約12億2000万〜約13億6000万円)。ユナイテッドの提示年俸は固定650万ユーロにボーナスをプラスした最大800万ユーロ(10億9000万円)だという。 2022.08.17 09:45 Wed
twitterfacebook
thumb

ユベントスデビュー戦で負傷のディ・マリア、少なくとも10日ほど離脱

ユベントスは16日、アルゼンチン代表MFアンヘル・ディ・マリアが少なくとも10日ほど離脱することを発表した。ユベントスによればディ・マリアは左足内転筋に軽度の損傷を負っているとのことだ。 ディ・マリアは15日に行われたセリエA開幕節サッスオーロ戦でユベントス公式戦デビュー。先発し、先制ゴールをマークする活躍を見せるも、66分に交代していた。 ユベントスは10日後に再検査するとしている。 サッスオーロに3-0と勝利して白星スタートとしたユベントスは今後、22日にセリエA第2節でサンプドリアと対戦。27日には第3節でローマとのビッグマッチを控える。 2022.08.16 22:30 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly