PSGが7月に来日!アンバサダーのキングカズが一緒にプレーしたいのは「ネイマール」、レジェンド・エムボマ氏は「20kgも太りすぎた(笑)」

2022.05.26 22:40 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
26日、フランスの強豪パリ・サンジェルマン(PSG)が7月にジャパンツアーを行うことが発表された。

コロナ禍により海外クラブの来日がなくなった中、久々のビッグクラブの来日が決定。川崎フロンターレ、浦和レッズ、ガンバ大阪とJリーグの3クラブと対戦する。

26日には発表記者会見が行われ、PSGのアジア太平洋地域代表のセバスチャン・ヴァゼル氏、PSGのレジェンドであり、Jリーグでもプレーした元カメルーン代表FWパトリック・エムボマ氏が登場。また、ジャパンツアーのアンバサダーに就任した鈴鹿ポイントゲッターズの三浦知良氏がリモートで登場した。

記者会見ではトークセッションも行われた中、先日電撃的にクラブとの契約を延長したフランス代表FWキリアン・ムバッペの話題に。

契約を延長した理由についてヴァゼル氏は「PSGというクラブの色々なプロジェクトが世界でも一番素晴らしいということでムバッペが決めてくれたんだと思う」とコメント。「今や世界のベストプレーヤーとも言えるが、我々の志が彼が目指しているものと合致した。クラブに残ってくれることで、我々に長く夢を与えてくれる」と、更なる成功をクラブで収めてほしいと語った。

契約が満了を迎えることについては「全然心配していなかった」と語るヴァゼル氏。それでも、「我々は何て嬉しいんだと思った。彼の決定を待っていたので、大満足だった」と実際にクラブに留まることが決まったことは嬉しかったとした。

さらに「ムバッペはPSGにとっての子供だ。パリで生まれ、パリで育って、パリを象徴するのがムバッペだ」と語り、「世界でも最高峰の選手になったのに長期契約を結んでくれてよかった」と、パリを象徴する選手が残ってくれることを喜んだ。

また、エムボマ氏は今回のジャパンツアーでの注目選手については「ムバッペだ」とコメント。「PSGに残ると決めて、PSGで大きな挑戦を続けていくことを決めた。PSGでは彼を置いてはいないという素晴らしい選手になった」と語り、チームでもNo.1の選手だと語った。

一方で、三浦は「全員超人ですので1人は難しいですが、ネイマール、ムバッペ、メッシは注目したいです」とコメント。「個人的にはマルキーニョスも好きで、期待しています」と語り、豪華なメンバーが揃うチームの中ではなかなか1人に絞るのは難しいとした。

また、この豪華なメンバーを揃えるPSGについて三浦は「同じチームでプレーできたら楽しいでしょうね。想像もつかないです」とコメント。また、「対戦相手としてもやってみたいと思います」と、チームメイトとしても対戦相手としても試合をしたいと語った。

実際に対戦する3チームに対しては、「Jリーグの3チームが対戦するのは楽しみですし、選手としては羨ましいなと思います。良い試合をやってもらいたいと思います。Jリーグの3チームが偉大なクラブにどういう試合をするのかというのはみてみたいです」と、どのような試合になるのか期待を口にした。

また、三浦は30年前のJリーグ開幕を知理ながら現役でもプレー。海外のビッグクラブが来日して試合を行うことの意味についても言及した。

「Jリーグも今年30周年を迎えて新たなステージに入っていかなければいけない中で、コロナ禍もあってクラブの親善試合や海外のビッグクラブを呼ぶこことはなかなかできなかったですが、今回呼べました」

「3チームが世界のチームと戦う。次のJリーグのステージ、これからの30年のための1発目として、みんなに世界のレベルのクラブと日本のクラブが戦う意味が大きくなると思います」

「胸を借りるじゃないですが、チャレンジャーとしてやっていくことで、これを見る子供たちが夢を持てると思います」

「久しぶりにJリーグのチームがゴールデンタイムで、地上波でTBSでやることも意味があります。新たなJリーグのファン層を掴んで欲しいなと思います」

なお、気になる来日メンバーについてはヴァゼル氏は「今年はワールドカップがこの時期にないということ。ヨーロッパの大会、コパ・アメリカもないのでチーム全員が来る」とコメント。「東京、埼玉、大阪でファンの皆さんと良い時間を過ごしたいと思う。競争力がある試合を繰り広げたいと思う」と、ベストメンバーで来日することを明言した。

エムボマ氏は実際にPSGでもプレーしていたが、現在のメンバーで一緒にプレーしたい選手について聞かれると、「何が悔しいかって、20歳も年を取りすぎているし、20kgも太りすぎたと後悔している」と冗談を交えてコメント。「メッシやキリアン(・ムバッペ)、ネイマールとチームメイトとしてプレーできれば、プラスアルファでプレーできるかなと思う」と語り、「中盤、ディフェンスの全ての選手とプレーしたいと思う。ただ、歳を取りすぎたかな」と、若ければ良いプレーを一緒にできたと悔しがった。

同じ質問に三浦は「全員とやりたいですけど、1人選ぶとしたらネイマールとやりたいですね」とコメント。「ネイマールが育ったサントスで僕もやっていましたし、サントスでつけていた背番号も同じなので、ネイマールがデビューした時から彼のファンでもあるので、一緒にやってみたいと思います」と、自身がJリーグでプレーする前に所属したサントスの後輩を指名した。

また、「大きなスタジアムではなくても、サントスのビーチでやるサッカーでもいいので一緒にやりたいです。サントスの海岸でサッカーできれば、それで良いです」と語り、いつかネイマールとボールを一緒に蹴りたいとした。


関連ニュース
thumb

ネイマールが公式戦3戦連発! 2試合連続5得点のPSGが開幕2連勝《リーグ・アン》

パリ・サンジェルマン(PSG)は13日、リーグ・アン第2節でモンペリエと対戦し5-2で勝利した。 開幕節で昇格組のクレルモンに圧勝したPSGは、その試合の先発からサラビアに代えてケガで前節を欠場したムバッペを起用。2トップにムバッペとネイマールを据え、トップ下にメッシを配置した[3-4-1-2]の布陣で試合に臨んだ。 開幕連勝を狙うモンペリエに対し、立ち上がりから主導権を握るPSGは20分に決定機。ネイマールの左クロスのクリアボールがボックス内でメンデスと競り合ったフェリの右手に当たる。主審は一度プレーは流したが、オンフィールドレビューの結果、フェリのハンドを認めてPSGがPKを獲得。しかし、ムバッペのPKはGKオムリンの完璧なPKストップに防がれた。 膠着状態が続く中、PSGは39分に先制する。敵人でインターセプトしたハキミのラストパスをボックス右深くで受けたムバッペが高速クロスを供給。これがファライ・サコのオウンゴールを誘った。 先制したPSGは42分にも、ムバッペの横パスをボックス内で受けたメッシが浮かせたボールがF・サコに左手に当たると、主審はPKを宣告。これをネイマールが難なくゴール左に決めた。 迎えた後半もPSGが主導権を握ると51分、ムバッペのパスでボックス右に抜け出したハキミがクロスを供給。これをGKオムリンの前に走りこんだネイマールがダイビングヘッドでゴールに流し込んだ。 後半も幸先良く追加点を挙げたPSGだったが、58分に失点する。サヴァニエの左クロスをボックス内のハズリが胸で落とすと、ワイがダイレクトシュート。これはGKドンナルンマが弾いたが、こぼれ球をハズリが押し込んだ。 1点を返されたPSGはすぐに反撃に転じると69分、左CKをニアでヴィティーニャがフリックしたボールをゴール前に走りこんだムバッペが右足アウトで流し込んだ。 その後も攻撃の手を緩めないPSGは、85分にネイマールがネットを揺らしたが、これはVAR判定でオフサイドに。それでも88分、直前に投入されたレナト・サンチェスがメンデスの左クロスを流し込み、移籍後初ゴールをマーク。 試合終了間際にモンペリエに1点を返されたPSGだが、試合はそのまま5-2でタイムアップ。ネイマールの公式戦3戦連続弾などで5得点を奪ったPSGが開幕2連勝を飾った。 2022.08.14 06:00 Sun
twitterfacebook
thumb

ムバッペ、自身もノミネートのバロンドールに同胞を推す 「ベンゼマは34歳にして最高のシーズンを過ごした」

パリ・サンジェルマン(PSG)のフランス代表FWキリアン・ムバッペが代表でのチームメイトをバロンドールに推した。スペイン『アス』が伝えている。 フランスのフットボール専門誌『フランス・フットボール』は12日、2021-22シーズンにおけるバロンドールのノミネート者を発表。受賞最有力とされるレアル・マドリーのフランス代表FWカリム・ベンゼマに加え、ムバッペも候補入りした。 『フランス・フットボール』のインタビューに応えたムバッペは自身もノミネートされながら、今回は代表のチームメイトであるベンゼマが受賞するべきだと主張した。 「彼は34歳にして人生最高のシーズンを過ごした。それにチャンピオンズリーグ(CL)を制覇し、何度も決定的な結果を残しているしね」 「カリムが今回のバロンドールを受賞できなかったら、僕は永遠にこの賞のことを考えるのをやめるだろう」 また、昨季の自身は公式戦46試合の出場で39ゴール26アシストを記録。凄まじい結果を残したが、夢であるバロンドール受賞のためにはさらなる成長が必要だと分析した。 「バロンドールを受賞するためには完全でなければならない。数字で目立つだけではダメなんだ。1シーズン60ゴールを決めても、必ずしもベストとは言えない。チームメイトを助けることはできても、それでは不十分だよ」 「異なるシチュエーションで、様々なことができると示す必要があるね。一芸に秀でた選手もいるけど、僕にとってバロンドールを受賞する選手は、それ以上のものを持ってなきゃならない。きっと、様々な技術が必要だ。チームの調子が悪いときに、決定的なプレーをすること。特に自分一人で試合をひっくり返すことができる選手は、そう多くはないだろう。だから、僕らは高い給料をもらっているんだ。受賞者は完璧な選手の典型でなければならないと思う」 「自分の夢を制限してはいけない。僕はいつも非常に大きな夢を見ていたし、早い段階からバロンドールを獲得したいと思っていたんだ。たぶん僕を認めない人も多くいるだろうけど、僕は気にしてないよ」 2022.08.13 19:21 Sat
twitterfacebook
thumb

「絶対に失いたくない」…PSG移籍話浮上のラッシュフォードにテン・ハグが発言

マンチェスター・ユナイテッドのエリク・テン・ハグ監督はパリ・サンジェルマン(PSG)行きの噂が立つイングランド代表FWマーカス・ラッシュフォード(24)を「本当に重要な選手」と評した。イギリス『マンチェスター・イブニング・ニュース』が報じている。 昨季、キャリアワーストの公式戦5ゴールに終わり、暗い影を落としたラッシュフォード。ユナイテッドの背番号「10」を受け継ぐ者として再起を期す今季だが、ここ最近になり、以前にも囁かれたPSG移籍の可能性が再燃している。 PSGのクリストフ・ガルティエ監督からも先日に新たなストライカーの獲得を求む発言がなされているが、テン・ハグ監督はラッシュフォードに対する満足感を示すとともに、移籍の憶測を否定した。 「彼は本当に重要な選手。私は到着した初日から、彼に本当に満足していて、絶対に彼を失いたくない。彼は我々のプランに入っているし、マンチェスター・ユナイテッドに残る」 なお、報道ではラッシュフォードの代理人によるPSGとの会談が取り沙汰される一方で、選手本人はユナイテッド残留を優先ともいわれている。 2022.08.13 09:45 Sat
twitterfacebook
thumb

PSGで構想外のイカルディ…行き場を失いつつある29歳の元得点王はセリエA復帰か

パリ・サンジェルマン(PSG)の元アルゼンチン代表FWマウロ・イカルディ(29)は去就が見通せない状況が続きそうだ。 かつてインテルで2度のセリエA得点王に輝き、2019年夏からPSGでプレーするイカルディ。しかし、昨季までの3年間でリーグ・アン通算23得点にとどまるなど、イタリア時代の得点力を発揮しているとは言い難い。 また、最近は妻であるワンダ・ナラ氏との離婚報道が出た他、クリストフ・ガルティエ監督から「場所を変えれば、キャリアの軌道を戻せる」と移籍を勧めるコメントを発せられるなど、心穏やかでない日々が続いている。 イタリア『トゥットスポルト』によると、イカルディはすでにPSGで構想外となっており、チーム練習に参加できていないとのこと。今夏中に新天地を探したいところだが、最もイカルディに熱視線を浴びせていたと報じられたモンツァは、12日にナポリから元イタリア代表FWアンドレア・ペターニャの獲得を発表。念願の新たなストライカーを確保した。 それでもモンツァ行きの可能性は残されているようだが、イカルディのPSGでの年俸は1000万ユーロ(約13億7000万円)と目されており、同等の額を求めているとすれば新天地選びはこの先も困難を極めるかもしれない。 2022.08.12 21:29 Fri
twitterfacebook
thumb

これが強烈ヘディングの秘訣!?S・ラモスの“謎トレーニング”に注目「見た目がとってもシュール」

パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するスペイン代表DFセルヒオ・ラモスは、トレーニングに余念がない。 セルヒオ・ラモスと言えばサッカー界でも屈指の筋骨隆々な肉体を持つことでも知られ、自身のSNSでも度々筋トレ動画をアップ。日々フィジカルの強化に勤しんでいる。 7日に行われたリーグ・アン開幕節のクレルモン戦にも先発出場していたセルヒオ・ラモスは11日に自身のインスタグラムのストーリーズを更新。今回もトレーニング動画をアップしているが、その部位は意外なところだった。 セルヒオ・ラモスは高い位置のバーにトレーニングベルトのようなものを結びつけると、反対側を自身の頭に巻き、そこから地面に倒れ込むように前傾していくトレーニングを行った。 見た目ではセルヒオ・ラモスがただ脱力しているようにも見え、思わずファンからも「これは何のトレーニング?」、「見た目はとってもシュールなんだな」、「脳みそでも鍛えてるのか?」と驚きの声が上がった。 ただ、恐らくは首回りの筋肉を鍛えていると思われ、ヘディングのパワーアップや安定性に繋がりそうだ。 セルヒオ・ラモスは、レアル・マドリー時代の2013-14シーズンのチャンピオンズリーグ決勝アトレティコ・マドリー戦など、守備時だけでなく攻撃時のセットプレーでも幾度となく頭でゴールネットを揺らしているが、それもこうした地道な努力の賜物なのかもしれない。 <span class="paragraph-title">【動画】一見シュールだが…セルヒオ・ラモスのヘディング力を作り出す?トレーニング</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">What’s <a href="https://twitter.com/SergioRamos?ref_src=twsrc%5Etfw">@SergioRamos</a> training for here <a href="https://t.co/8s92crSCCW">pic.twitter.com/8s92crSCCW</a></p>&mdash; 433 (@433) <a href="https://twitter.com/433/status/1557674776067510272?ref_src=twsrc%5Etfw">August 11, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.08.12 21:05 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly