マジョルカ、シュツットガルトからマフェオを完全移籍で買い取り

2022.05.25 06:00 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
マジョルカは24日、シュツットガルトのスペイン人DFパブロ・マフェオ(24)を完全移籍で買い取ったことを発表した。

2018年夏にマンチェスター・シティからシュツットガルトに加入した右サイドバックのマフェオは、2021年7月にマジョルカへ買い取りオプション付きのレンタルで加入。

今季はラ・リーガ35試合に出場して1ゴール5アシストを記録し、マジョルカの残留に貢献していた。契約条項により買い取り義務が発生し、ドイツ『キッカー』によれば300万ユーロ(約4億円)が支払われることになるようだ。

関連ニュース
thumb

プレミア降格圏18位ボーンマス、ローマからウルグアイ代表DFビーニャ獲得へ?

ボーンマスがローマからウルグアイ代表DFマティアス・ビーニャ(25)のレンタルを画策しているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 カタール・ワールドカップ(W杯)にも出場したビーニャは母国の名門ナシオナルでプロデビューし、パウメイラスを経て、2021年8月にローマへ。左サイドバックとウィングバックを本職とし、昨季は公式戦37試合に出場と欧州1年目で多くの出場機会を得た。 だが、今季は一転して減少し、セリエAで3試合、ヨーロッパリーグ(EL)で3試合、計297分間の出場にとどまっている。プレミアリーグで降格圏の18位に沈むボーンマスがレンタル獲得に乗り出しているようだ。 1年でのチャンピオンシップ(イングランド2部)逆戻りを避けたいボーンマスはビーニャ以外にも触手を伸ばす。イギリス『90min』によると、ビジャレアルからセネガル代表FWニコラス・ジャクソン(21)の獲得が濃厚になっているという。 なお、ビーニャに対してはマジョルカやフェネルバフチェも獲得に乗り出していると伝えられている。 2023.01.25 13:46 Wed
twitterfacebook
thumb

鈴木唯人が川島永嗣在籍のストラスブール移籍へ! 仏『レキップ』が買取OP付レンタルでの加入と報道

清水エスパルスのU-21日本代表MF鈴木唯人(21)が、リーグ・アンのストラスブールに移籍することが決定的となったようだ。フランス『レキップ』が報じている。 今冬の移籍市場で、J1の複数クラブやセルティック、クラブ・ブルージュなどからの関心が伝えられた鈴木。しかし、その新天地は日本代表GK川島永嗣が在籍するストラスブールとなるようだ。 『レキップ』は日本メディアの記事を引用すると共に、独自情報として、マジョルカも関心を示していた鈴木が、40万ユーロ(約5630万円)の買い取りオプション付きのレンタル移籍での加入になると主張している。 鈴木は市立船橋高校出身で、小学生の頃は横浜F・マリノスプライマリー追浜でもプレー。2020年に清水に入団し、3シーズンでJ1通算83試合5得点を記録していた。 なお、鈴木の加入が見込まれるストラスブールは、今季のリーグ・アンで2勝9分け8敗の16位に低迷。今月9日にジュリアン・ステファン監督が解任され、現在はマテュー・ル・スコルネ氏が暫定指揮官を務めている。 その新体制では[5-3-2]の布陣を採用しており、前線は元フランス代表FWケビン・ガメイロを軸に、センタフォワードタイプでチーム最多8ゴールを記録するセネガル代表FWハビブ・ディアロ、196cmの大型FWリュドヴィク・アジョルク、南アフリカ代表FWレボ・モチーバが2トップのポジション争いをしている。 また、ボスニア・ヘルツェゴビナ代表MFサニン・プルチッチが主力を担うトップ下は、フランス人MFアドリアン・トマソンが今冬にRCランスに移籍して手薄なポジションとなっており、鈴木の主戦場となる可能性が高い。 2023.01.22 07:00 Sun
twitterfacebook
thumb

「愛されてた証拠」久保建英 マジョルカ時代の同僚との再会にファンほっこり、イ・ガンインは最後までそばを離れず「本当に仲良しなんだな」

レアル・ソシエダの日本代表MF久保建英がかつてのチームメイトたちとの再会を楽しんだようだ。 17日、コパ・デル・レイのラウンド16でマジョルカと対戦したソシエダ。久保にとっては2019-20シーズンと昨シーズンの2年間、レンタルで加入していた古巣だ。 試合は中2日でメンバーを入れ替えたソシエダがマジョルカに苦戦しながらも、1-0で辛勝。久保は70分から途中出場していた。 試合前には、久保がマジョルカの選手たちと再会を喜ぶ場面もあった。ソシエダの日本語版ツイッターは「タケ・クボ、かつての仲間たちとの再会を果たす。.シーズン後半戦、お互い充実したものにしましょう!」として、そのシーンを公開している。 在籍当時から仲が良かったイ・ガンインと会話していた久保だが、続々とかつてのチームメイトに見つかると、パブロ・マフェオやジョゼップ・ガヤらと会話していた。 その様子にはファンも「愛されてた証拠だね」、「愛されてるね」、「イガンインと本当に仲良しなんだな」、「こういうの大好きだなー!!」、「なんかこれ、見てるだけで幸せだな」と反応していた。 <span class="paragraph-title">【動画】最後まで隣を離れないイ・ガンインに注目、久保建英と元チームメイトとの再会シーン</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr"> タケ・クボ、かつての仲間たちとの再会を果たす。<a href="https://twitter.com/RCD_Mallorca_JP?ref_src=twsrc%5Etfw">@RCD_Mallorca_JP</a>.<br><br>シーズン後半戦、お互い充実したものにしましょう!<a href="https://twitter.com/hashtag/AurreraReala?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#AurreraReala</a> <a href="https://t.co/b8v09hxSAo">pic.twitter.com/b8v09hxSAo</a></p>&mdash; レアル・ソシエダ (@RealSociedad_JP) <a href="https://twitter.com/RealSociedad_JP/status/1615725700132048896?ref_src=twsrc%5Etfw">January 18, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.01.19 12:15 Thu
twitterfacebook
thumb

久保建英が途中出場のソシエダがマジョルカ撃破でベスト8進出!《コパ・デル・レイ》

コパ・デル・レイのラウンド16、レアル・ソシエダvsマジョルカが17日にアノエタで行われ、1-0で勝利したソシエダが準々決勝進出を決めた。なお、ソシエダのMF久保建英は70分から途中出場した。 ここまで下部カテゴリーの相手にいずれも完封勝利を飾ってベスト16進出を決めたソシエダ。8強進出を懸けたこの一戦では同じプリメーラ勢のマジョルカと対戦した。 先週末に行われたアスレティック・ビルバオとのバスク・ダービーを3-1の快勝で飾った公式戦7連勝中のラ・レアルは、中2日での一戦に向けて先発6人を変更。初のダービーで1ゴール、PK奪取&退場誘発の大活躍を見せた久保はダビド・シルバやスベルディアと共にベンチスタート。代わってオヤルサバルが復帰後初スタメンを飾った。 立ち上がりから押し込む入りとなったソシエダは開始早々にゴールをこじ開ける。5分、相手陣内右サイドでゴロサベル、スビメンディと繋いでボックス右に走り込むロベルト・ナバーロの足元へ絶妙な縦パスが入ると、スムーズな持ち出しでゴール前に抜け出したナバーロは冷静にゴール左下隅へ右足のシュートを流し込んだ。 幸先よく先手を奪ったソシエダは、以降もボールを保持しながらナバーロやブライス・メンデスの積極的な仕掛けからチャンスを作り出していく。一方、流れの中では攻め手がないマジョルカもセットプレーからフィニッシュまで持ち込む。 前半半ばから終盤にかけてはやや膠着状態に陥るが、ホームチームが主導権を渡さない。31分にはスビメンディからの浮き球パスに反応したオヤルサバルがゴール前に抜け出してヘディングシュートを流し込むが、これは微妙なオフサイドの判定でゴールは認められず。 ソシエダの1点リードで折り返した試合は後半も拮抗した展開に。ソシエダはハーフタイムにメリーノを下げてマリン、60分にはセルロート、ブライス・メンデス、ゴロサベルを下げてイジャラメンディ、カルロス・フェルナンデス、エルストンドを一気に投入。引き続きボールを握るものの、前半のようになかなかフィニッシュまで持ち込めない。 相手得意の終盤のパワープレーを考えれば、追加点を奪い切って試合を決めたいイマノル監督は、70分にナバーロを下げて切り札の久保を最後のカードとして切る。古巣対戦の日本代表MFはトップ下に入った。 この交代で流れを引き戻したいソシエダだが、リスクを冒して前に出るアウェイチームに苦戦。セットプレーの流れからグルニエに際どいミドルシュートを打たれるなど、相手の攻勢に晒される。 その後、試合終盤にかけては激しいデュエルが続き両チームの選手たちがヒートアップする場面が目立ったが、最後まで集中した守備で相手の攻撃を撥ね返し続けたホームチームが1-0のスコアで勝利。マジョルカとのプリメーラ勢対決を制し、公式戦8連勝と共にベスト8進出を決めた。 2023.01.18 05:00 Wed
twitterfacebook
thumb

マジョルカ、控えDFルッソのルドゴレツ移籍を発表

マジョルカは16日、アルゼンチン人DFフランコ・ルッソ(28)がブルガリアのルドゴレツへ完全移籍したことを発表した。 2018年の夏にセグンダ(スペイン2部)に昇格したマジョルカヘ加入したルッソは、同年9月のコパ・デル・レイ2回戦再試合のオビエド戦でデビューしたが、その後は出場機会に恵まれず、翌シーズンはセグンダのポンフェラディーナへレンタル移籍。 復帰した2020-21シーズン以降は、主に控えセンターバックの役割を担い、在籍3年半で公式戦54試合の出場に留まっていた。 マジョルカは公式サイトで「クラブスタッフ一同、彼の献身的なプレーに感謝するとともに、今後の活躍を祈っている」と声明を発表している。 2023.01.17 01:45 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly