「当然の授与者」52度目の優勝に貢献した日本人4人を支えたセルティック通訳にも優勝メダル

2022.05.16 12:40 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
今シーズンのスコットランド王者に輝いたセルティック。日本人にとっても4選手が同時に所属し、よく知る監督が率いての優勝は無関係とは言えない。

かつては中村俊輔(横浜FC)がクラブのレジェンド的存在になり、チャンピオンズリーグ(CL)でマンチェスター・ユナイテッド相手に2試合連続でFKを叩き込んだシーンや、レンジャーズ戦での圧巻のゴールなど、セルティックファンにとってはしっかりと記憶に刻まれていることだろう。

セルティックのファンにとっては、その時以来とも言える日本との関わり。さらに、当時以上の深い関係となったわけだが、ファンもしっかりと受け入れ、それに選手たちも応えていた。

チーム内得点王にも輝いたFW古橋亨梧をはじめ、冬に加入してゴールを重ねたFW前田大然、レンジャーズとの“オールドファーム”で圧巻のパフォーマンスを見せて心を掴んだMF旗手怜央、出番こそ限られたが、期待されているMF井手口陽介と4人がそれぞれの役割を果たしていた。

しかし、イギリス『デイリー・レコード』はもう1人の日本人の働きを忘れることはなかった。それが、4人の通訳を務めた人物だ。

2シーズンぶり52回目の優勝を果たしたセルティック。6-0とマザーウェルに最終節で大勝した後にトロフィーリフトなどで喜びを爆発させたが、そこでの1コマに『デイリー・レコード』が触れた。

「当然のメダルだ。セルティックの日本人通訳にリーグ優勝メダルが授与された」

アンジェ・ポステコグルー監督のチームには日本人選手が4人いる。スタッフも身を粉にして働いてきた。当然の授与者だろう」

古橋は公式戦33試合で20ゴール5アシスト、前田は22試合8ゴール5アシスト、旗手は21試合4ゴール3アシスト、井手口は6試合の出場となり、リーグ優勝にも大きく貢献。その日本人を支えた裏方の通訳も称えられた。

旗手や前田は日本人4人ではなく、5人のショットをインスタグラムに投稿し優勝を喜んでおり、通訳の支えが大きなものになったと言えるだろう。

1 2

関連ニュース
thumb

シャルケ、セルティックCBジュリアン獲得を決定的に

シャルケが、セルティックからフランス人DFクリストファー・ジュリアン(29)を獲得することが決定的となった。ドイツ『WAZ』など複数メディアが報じている。 シャルケは日本代表DF板倉滉の買い取りオプション行使見送りに加え、ミランなど複数クラブが獲得を狙うU-21ドイツ代表DFマリック・チャウに流出の可能性があり、今夏のセンターバック補強が急務となっている。 そういった中、現在クラブはセルティックのジュリアン獲得に迫っている。報道によると、すでに個人間、クラブ間で交渉は完了しており、メディカルチェックを受診中の同選手は買い取りオプション付きの1年間のレンタル移籍となる模様だ。 オセールの下部組織出身のジュリアンは、2012年8月にトップチームデビューを飾ると、翌年にフライブルクへ完全移籍。しかし、フライブルクでは出場機会を確保できず、ディジョンへのレンタル移籍を経て、2016年6月にトゥールズへ完全移籍。 トゥールズでは、加入初年度から守備の要としてレギュラーを獲得すると、在籍3年間で公式戦108試合に出場し8ゴール4アシストをマーク。日本代表DF昌子源(ガンバ大阪)ともセンターバックでコンビを組んでいた。 2019年に加入したセルティックでは公式戦62試合に出場し、10ゴール4アシストを記録。ただ、2020年12月末にヒザに重傷を負った影響で、今シーズンはカップ戦1試合の出場に留まっていた。 2022.06.29 19:41 Wed
twitterfacebook
thumb

「パパのお顔」前田大然が子供たちとのオフショットを公開!「可愛いですね」

セルティックの日本代表FW前田大然が父の顔を見せた。 今年1月に横浜F・マリノスからセルティックに加入し、公式戦21試合で7ゴール5アシストという成績を残した前田。チームのスコティッシュ・プレミアシップ優勝にも貢献すると、日本代表にも招集。6月の親善試合では4試合のうち3試合に途中出場し、ガーナ代表戦では待望の代表初ゴールもマークした。 充実のシーズンを過ごした前田は、古巣である松本山雅FCの練習に参加するなど、オフシーズンもサッカー三昧の日々を送っていたようだが、しっかりと休養の時間も設けていたようだ。 28日にインスタグラムを更新すると、娘の爽世ちゃんと去年生まれたばかりの息子を抱えるオフショットを披露。富士山の絶景をバックに笑顔を覗かせた。 すっかり父親姿の前田には、ファンからも「可愛いですね」、「パパデレデレでステキ」、「2人とも可愛すぎだしパパやってる大然さんも素敵ですー!!」、「前田選手もパパのお顔で素敵」といった言葉が寄せられている。 前田と言えばゴールを決めた際のアンパンマンパフォーマンスが注目を集めているが、そのセレブレーションをリクエストしているのが爽世ちゃんだ。新シーズンでもゴールを量産し、子供たちを喜ばせられるだろうか。 <span class="paragraph-title">【写真】前田大然と子供たちの幸せそうな3ショット</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CfVyjm-Bs7S/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CfVyjm-Bs7S/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CfVyjm-Bs7S/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">前田大然/Daizen Maeda(@m_daizen0827)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.06.29 19:15 Wed
twitterfacebook
thumb

セルティック退団の豪代表ロギッチは欧州から声がかからず? オファーはインドネシアのみか

セルティックを退団するオーストラリア代表MFトム・ロギッチ(29)だが、新天地探しが進んでいないようだ。 2013年1月にセルティックの一員となったロギッチは、母国のメルボルン・ビクトリーへとレンタル移籍した期間を除き、9年間緑白のユニフォームに袖を通してきた。公式戦通算272試合46得点49アシストを記録し、7度のリーグ優勝を経験するなど、近年のクラブを支えた功労者だが、5月に退団が発表された。 オーストラリア代表でも主力選手として活躍するロギッチ。カタール・ワールドカップ(W杯)予選のペルー代表との大陸間プレーオフでは、自身は個人的な事情ということで招集外だったものの、チームメイトらがPK戦の末に5大会連続となる本大会への切符を掴んでいる。だが、今年11月に開幕する本大会を控え、現時点では新シーズンの所属先が見つかっていないようだ。 アメリカ『Fox Sports』によると、今夏ロギッチに対して正式オファーを提示したのは、インドネシア1部リーグ(リーガ1)のプルシジャ・ジャカルタのみであるとのこと。プルシジャはアジア地域を代表するMFの獲得に大金を積んだようだが、ロギッチはこのオファーを拒否した模様。その他には母国Aリーグの複数クラブが獲得を模索しているとみられるものの、欧州クラブからのコンタクトは未だ噂レベルにもなっていない。 なお、ロギッチは新シーズンもヨーロッパでキャリアを継続したいのか、母国帰還などを目的としたセルティック退団なのか、選手本人の明確な希望が明らかになっていない。ロギッチの去就はオーストラリア代表にとってみれば今秋のW杯メンバー選出も絡んでくる話題だけに、今後の動向は注目されている。 2022.06.28 19:54 Tue
twitterfacebook
thumb

前田大然がプロデビューした松本の練習に参加!セルティックと同じ“緑”のウェアには「びっくりするぐらい違和感ゼロ」

セルティックに所属する日本代表FW前田大然が古巣である松本山雅FCの練習に参加した。クラブの公式ツイッターが伝えている。 2016年に山梨学院高校から松本に加入した前田は、水戸ホーリーホック、ポルトガルのマリティモを経て、2020年夏から横浜F・マリノスでプレー。今年1月からセルティックにローン移籍すると、完全移籍に移行することがすでに発表されている。 松本は、「先日、オフで帰国していた 前田大然 選手が、かりがねサッカー場を訪れ、練習に参加しました」と報告、前田はクラブの練習着を身に纏っており、練習場を訪れるだけでなく、トレーニングにも参加したようだ。 これには松本のファンも歓喜。「嬉しすぎる」、「感動」、「松本の誇り!」といった言葉が並べられたほか、「緑が似合う」「びっくりするぐらい違和感ゼロ」とセルティックと同じ緑を基調とするトレーニングウェア姿にも注目が集まっている。 前田にとってはプロデビューのクラブである松本。前田は26日にサンプロアルウィンで行われた明治安田生命J3リーグ第14節のいわきFC戦も観戦に訪れており、今も強く気にかけているようだ。 <span class="paragraph-title">【写真】違和感がない!?前田が松本山雅のトレーニングウェアを着た姿</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">先日、オフで帰国していた <a href="https://twitter.com/hashtag/%E5%89%8D%E7%94%B0%E5%A4%A7%E7%84%B6?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#前田大然</a> 選手が、かりがねサッカー場を訪れ、練習に参加しました⚽️<a href="https://twitter.com/M_daizen_1020?ref_src=twsrc%5Etfw">@M_daizen_1020</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/yamaga?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#yamaga</a> <a href="https://t.co/OmmbPS13tM">pic.twitter.com/OmmbPS13tM</a></p>&mdash; 松本山雅FCオフィシャル (@yamagafc) <a href="https://twitter.com/yamagafc/status/1541344332783157248?ref_src=twsrc%5Etfw">June 27, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.06.28 17:45 Tue
twitterfacebook
thumb

アトレティコがセルティックから補強? 加入1年目で躍動のユラノビッチに興味

アトレティコ・マドリーがセルティックのクロアチア代表DFヨシプ・ユラノビッチ(26)の獲得に興味を持っているという。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 昨年夏にレギア・ワルシャワからセルティックへと加入したユラノビッチ。アンジェ・ポステコグルー監督の下で右サイドバックを任されると、スコティッシュ・プレミアシップで26試合に出場し3ゴール1アシストを記録していた。 加入1年目でレギュラーとして活躍した中、アトレティコが興味を含め、多くのクラブが関心を示しているとのこと。しかし、セルティックは今の所オファーを受けておらず、売却する意思もないようだ。 アトレティコは、クロアチア代表DFシメ・ヴルサリコ(30)との契約を解消し、デンマーク代表DFダニエル・ヴァスも33歳を迎えている状況。新たな右サイドバックを補強したいと考えているようだ。 イングランド代表DFキーラン・トリッピアーがチームにいたが、1月にニューカッスルへと完全移籍。ユラノビッチは250万ポンド(約4億1500万円)でセルティックに加入し5年契約を結んでいるが、アトレティコはどれだけのオファーを出せるだろうか。 2022.06.27 15:45 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly