リーグ戦13試合無敗のクラブ・ブルージュが3連覇を達成!《ジュピラー・プロ・リーグ》

2022.05.16 00:15 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ジュピラー・プロ・リーグのチャンピオンズ・プレーオフ第5節のアントワープvsクラブ・ブルージュが行われ、1-3でクラブ・ブルージュが勝利しリーグ3連覇を達成した。アントワープのMF三好康児はフル出場している。

レギュラーシーズンを2位で通過するも、プレーオフでロイヤル・ユニオン・サン=ジロワーズとの天王山で連勝を飾り、首位に浮上したクラブ・ブルージュ。

今節の結果次第で優勝が決まる中、クラブ・ブルージュは19分にミヒャエル・フライのゴールで先制を許したが、1点のビハインドで迎えた後半開始早々にヴァナケンがPK決めて、試合を振り出しに戻す。

勢いづいたクラブ・ブルージュは、64分にソボルの右CKからヘンドリーがヘディングシュートを流し込み、逆転に成功。さらに66分には左CKをニアで相手DFがクリアミスしたボールをゴール右手前に走りこんだアダムヤンが押し込み、3点目を奪った。

そのまま試合は1-3でタイムアップ。リーグ戦の無敗記録を「13」に伸ばしたクラブ・ブルージュが、3年連続18度目のリーグ制覇を達成。来季からアヤックスの指揮官に就任するアルフレッド・スロイデル監督にリーグタイトルをプレゼントした。

関連ニュース
thumb

元蘭代表FWバス・ドストがユトレヒト加入! 10年ぶりの母国帰還に

ユトレヒトは1日、クラブ・ブルージュから元オランダ代表FWバス・ドスト(33)をフリートランスファーで獲得したことを発表した。契約期間は2023年6月30日までの1年となる。 昨年1月、フランクフルトの経済的な問題もあってベルギーに新天地を求めたドストは、在籍1年半で公式戦57試合24ゴールと上々の数字を残した。 だが、2021-22シーズン限りで終了する契約を延長することなく、フリーになることを選択。その実績を考えれば、ヨーロッパを中心に多くのクラブからオファーが舞い込んだはずだが、ヘーレンフェーンに在籍していた2012年以来、10年ぶりの母国復帰を選択した。 ドストは2007年に母国クラブのエメンでプロデビュー。その後、ヘラクレス、ヘーレンフェーン、ヴォルフスブルク、スポルティングCP、フランクフルトを渡り歩いた。 オランダ代表としても18キャップを刻んだ196cmの屈強なストライカーは、ヘーレンフェーンとスポルティング時代にエールディビジ、プリメイラ・リーガで得点王に輝いた実績もあり、久々の母国での活躍が期待されるところだ。 2022.07.02 17:54 Sat
twitterfacebook
thumb

元イングランド代表FWキャロル、検査不合格でクラブ・ブルージュ移籍がとん挫

元イングランド代表FWアンディ・キャロル(33)のクラブ・ブルージュ移籍がとん挫してしまったようだ。 かつてリバプールにも在籍したキャロル。2020-21シーズン限りで古巣ニューカッスル・ユナイテッドを退団した後、しばらくフリーの状況が続いたなか、昨年11月に今年1月までの超短期契約でレディング入りした後、今季いっぱいの契約でWBAに加入した。 ベルギー『HLN』によると、身長193cmの元代表ストライカーは次の新天地としてキャリア初の国外移籍を目指し、ジュピラー・プロ・リーグのクラブ・ブルージュ行きに迫った模様。ただ、入団に際した検査で不十分な結果が導き出されて、破談したという。 キャロルは2011年冬に加入したリバプール時代から故障癖があるが、レディングとWBAで過ごした2021-22シーズンはチャンピオンシップで23試合に出場(5ゴール)。リーグ戦で20試合以上に出場したのはウェストハム時代の2015-16シーズン以来だった。 なお、イギリス『デイリー・メール』によると、キャロルは今月初旬にビリー・マックロウさんと結婚。ハネムーンでメキシコに出かけた後にクラブ・ブルージュ移籍に際してのメディカルチェックを受け、獲得が見送られてしまったとのことだ。 2022.06.26 12:35 Sun
twitterfacebook
thumb

モンペリエ、クラブ・ブルージュから元レンヌDFフェトゥ・マウアサをレンタル

モンペリエは21日、クラブ・ブルージュからフランス人DFフェトゥ・マウアサ(23)を1年間のレンタル移籍で獲得したことを発表した。背番号は「27」に決定している。 ナンシーでプロキャリアをスタートしたマウアサは、2017年にスタッド・レンヌに完全移籍で加入。2018年にレンタル加入したニームで台頭すると、レンタルバックした翌シーズンからレンヌの左サイドバックの主軸を担った。 そして、昨夏にはベルギー王者のクラブ・ブルージュへ完全移籍したが、加入1年目は公式戦9試合の出場に留まっていた。 とはいえ、170cmの左サイドバックは爆発的なスピードとパンチのある左足のキック、ウイングでもプレー可能な攻撃性能を武器に、レンヌ時代には国内屈指の若手サイドバックとの評価を得ていた実力者。 かつて在籍したフランス人DFジェローム・ルシヨン(現ヴォルフスブルク)を想起させる攻撃的サイドバックは、セルビア代表DFミハイロ・リスティッチがベンフィカへ旅立った穴を埋める存在となるはずだ。 なお、同じく左サイドバックの補強としてニームからフリートランスファーでの加入が決まったフランス人DFテオ・サン=ルセは元同僚となる。 ※写真はレンヌ時代 2022.06.21 18:40 Tue
twitterfacebook
thumb

ミランら複数クラブが注目のラング、今夏の移籍を希望か「自分が満足できるような選択をする」

多くのクラブが獲得に関心を示すクラブ・ブルージュのオランダ代表MFノア・ラング(22)が、移籍願望を明かした。 アヤックスの下部組織出身であるラングは、2020年10月にクラブ・ブルージュへ加入するとすぐさま主力に定着。ジュピラー・プロ・リーグ24試合で14ゴール8アシストの好成績を収めたことから、昨夏に完全移籍へと移行した。 今季もジュピラー・プロ・リーグ31試合で7ゴール12アシストの成績を記録し、プレーオフ1では全試合に出場してチームのリーグ3連覇に貢献したことから、ミランのほかリーズ・ユナイテッドやウェストハム、エバートンらも獲得に関心を寄せている。 ラングもオランダ『テレグラーフ』のインタビューに応じた際に自身の去就について触れ、今夏の移籍を希望。好みのリーグはなく、自身を成長させてくれるクラブでプレーすることが望ましいと語った。 「ワールドカップを目前とした時期になる今年の夏は、僕のキャリアにとって非常に重要なステップになるだろうね」 「自分が満足できるような選択をするつもりだよ。将来どうなるかはまだわからないし、もしクラブ・ブルージュに残るならば100%の力を発揮したい。ただ、僕はより高いレベルのなかで成長を継続すべき時期になったとは思っている」 「良い選手であれば、どのリーグであっても活躍できるはずだ。まずはクラブと話し合って、どんな感覚が得られるかを見てみたいね」 2022.06.16 13:24 Thu
twitterfacebook
thumb

クラブ・ブルージュ、今季バルサBで19GのFWフェラン・ジュグラを完全移籍で獲得

クラブ・ブルージュは8日、バルセロナBに所属するスペイン人FWフェラン・ジュグラ(23)を完全移籍で獲得した。契約期間は2026年6月30日までで、背番号は「9」を着用する。 エスパニョールやバレンシアなどの下部組織を渡り歩いたジュグラは、2018年7月にエスパニョールB加入すると、2年間のプレーを経て、2021年6月に同州のライバルであるバルセロナBへ完全移籍。 バルセロナBでは主戦場のセンターFWに加え、両ウィングでもプレーし、リーグ戦32試合に出場し19ゴールを6アシストを記録。また、昨年12月のラ・リーガ第17節のオサスナ戦でトップチームでデビューを飾ると、翌週に行われた第18節のエルチェ戦で初ゴールをマーク。トップチームでは公式戦6試合に出場し2ゴールを記録していた。 クラブ・ブルージュへの移籍が決まったジュグラは、自身のツイッター(@JutglaFerran)でバルセロナへの感謝を述べた。 「バルセロナファミリーへ:(今季は)僕の短いキャリアの中でも最高のシーズンでした。ここで僕は多くのことを学びましたが、何よりも、僕に起こったすべてのことに日々感謝することを学びました」 「この数年間、一緒に仕事をしてきた仲間たち、クラブのプロフェッショナルたち、そしてチームメイトに感謝しています。みんな素晴らしい方で、僕はあなた達から多くを学びました」 「ファンの皆様へ:みんなからいただいた愛情に驚いています。あなた達のおかげで、僕は一生忘れられない自分自身を発見することができました」 「皆がいなければ、僕に人生を与えてくれたこの素晴らしいクラブに辿り着くことはできなかったでしょう。ありがとう、ありがとう、ありがとう。バルサ万歳、カタルーニャ万歳!」 2022.06.09 01:46 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly