厳しい試合を制して首位シティ追走のリバプール、クロップ監督は選手を称賛「信じられないようなメンタリティ」

2022.05.11 10:38 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
リバプールのユルゲン・クロップ監督が、厳しい戦いを制したチームを称えた。クラブ公式サイトが伝えている。

先週末のプレミアリーグでトッテナムと引き分けに終わったリバプールは、10日に行われた第33節延期分でアストン・ビラと対戦した。

首位マンチェスター・シティを追走するため勝利が必須な状況の一戦は、開始早々に失点を許す苦しい展開に。それでもセットプレーからDFジョエル・マティプのゴールですぐさま同点とすると、その後はなかなか好機を作れない時間が続いたが、65分にFWルイス・ディアスのクロスをFWサディオ・マネが頭で合わせて逆転に成功。終盤はビラの圧力を受けピンチのシーンもあったが凌ぎ切り、2-1で勝利した。

この結果、リバプールは1試合消化試合の少ないシティと勝ち点で並んだものの、得失点差が「3」あることによって2位となっている。

試合後のインタビューに応じたクロップ監督は、厳しい日程のなかで結果を出す選手たちを称賛。自分たちが現在の位置にいられるのは、選手たちのクオリティや頑張りがあってこそだと強調した。

「信じられないようなメンタリティだった。5人を入れ替えここにやって来て、明らかにうまく整備されたチームとの対戦になった。試合展開に慣れるまで時間が必要だったが、相手は最初からアグレッシブに何度もチャレンジしてきたんだ。我々は間違った場所でボールを失い、リズムをつかむのが難しく、0-1とされてしまった。ただ、そこからすぐ修正できたことが重要だったと思う」

「前半の終盤からゲームをコントロールし始め、我々のやり方ができるようになった。2点目はトップクラスの素晴らしいゴールだった。ボールを奪い返し、パスをして、ルイスがセンセーショナルに、少し揺さぶってからクロスを入れた。そしてサディオが驚くような働きで世界を作ってくれた。その後は守る必要があり、アリ(アリソン・ベッカー)がワールドクラスの働きをしてくれた」

「もし、私の選手たちがこれほど優秀でなかったら、今あなたとはまったく違う話をしていただろう。彼らのクオリティ、メンタリティ、キャラクターがあるからこそ、今の我々があるのだ。このようなことに驚きはないが、それを当然だとも思っていない」

また、クロップ監督はこの試合で数人の選手を入れ替えたことに言及。スタメンの選考は難しい仕事だとしつつ、それが指揮官の役割だと語った。

「彼らに聞けば、皆が『プレーできる』と言うだろう。だから聞かないようにして、私が決断しなければならない。コスタス(・ツィミカス)やカーティス(ジョーンズ)のように、試合感のない選手が出場するのは簡単なことではないが、コスタスは本当によく頑張った。カーティスもとても積極的で、良い瞬間を過ごしていたと思うよ。私はとても好きだった」

「そして、今こそチアゴ(・アルカンタラ)の出番だと思い、彼を後半起用した。そしてチアゴは本当に良いエリアでボールを奪い返して、ゴールに大きく貢献してくれたね。私の仕事は意思決定だ。今の私に今日の先発をどうするか尋ねれば、(負傷交代した)ファビーニョは外すと言うだろう。でも、もう覆すことはできない。彼は試合前に問題はなかったから」

関連ニュース
thumb

南野拓実のモナコ移籍、指揮官からも獲得認める発言 「リストの上位にいた」

モナコのフィリップ・クレメント監督がリバプールから獲得秒読みとされる日本代表FW南野拓実(27)に言及した。 2021-22シーズンも限定的な出番が続いたが、カップ戦を中心に公式戦10ゴールと奮闘した南野。今年11月にカタール・ワールドカップが迫り、より出番を求めての移籍話で注目を集め、モナコ移籍が濃厚視されている。 そのモナコ行きに関する報道も日を追うごとに具体化。基本移籍金1500万ユーロ+アドオン300万ユーロの総額1800万ユーロ(約25億6000万円)という取引額でクラブ間合意に至り、南野も5年契約を結ぶ見通しとされる。 まだ正式発表に至っていないものの、交渉完了済みといわれるなか、クレメント監督は25日にクラブ・ブルージュとのプレシーズンマッチ後、フランス『RMC Sport』で南野の加入を認める形で口を開いている。 「非常に嬉しいよ。彼のことは長い間、知っている。我々のリストで非常に上位にいた。彼にはチームに何かしらをもたらす資質があるとここの誰もが確信している」 ベルギー人指揮官はまた、「彼には経験があって、我々と似たスタイルのザルツブルクでも、競争の激しいリバプールのようなクラブでも、多くのことを成し遂げた。それが(モナコ入りの)機会を得た理由さ」と語った。 モナコ指揮官のコメントから推察するに、監督からも望まれての移籍となりそうな南野。フランスの地で定期的な出番を掴めるか。 2022.06.26 09:30 Sun
twitterfacebook
thumb

142億円の男、ダルウィン・ヌニェスが23歳のバースデー!年上のパートナーと質素に祝福

ベンフィカからリバプールへ加入したウルグアイ代表FWダルウィン・ヌニェスが、23歳の誕生日を迎えた。 ベンフィカでは今季プリメイラ・リーガで28試合26得点を記録し、リーグ得点王に輝いたヌニェス。14日にリバプールへの加入が正式発表され、取引額は移籍金7500万ユーロ(約106億円)+ボーナス2500万ユーロ(約36億円)の最大1億ユーロ(約142億円)のクラブレコードとなった。 24日に23歳の誕生日を迎えたヌニェスは翌日、自身のインスタグラムを更新。パートナーのロレナ・マニャス(31)さんとバースデーを祝う姿を投稿した。 「ママ、誕生日のサプライズをありがとう。他の人とは違う信じられない、忘れられない誕生日になりました」 「ロレナ。僕ら家族のために君がしてくれたこと、言葉で言い表せないくらい感謝しています。中でも最高の贈り物は僕たちの息子です!あなたは高貴で大きな心を持った素晴らしい女性です。これが一緒に迎える3回目の誕生日、僕の王女様がこれからもずっとそばにいてくれることを願っています」 なお、マニャスさんはかつてバルセロナでプレーしたアレイシ・ビダル(エスパニョール)の元パートナーで、スペイン『アス』によれば、ヌニェスはアルメリア時代にマニャスさんと出会ったとのことだ。 <span class="paragraph-title">【写真】年上のパートナーと誕生日を祝うヌニェス</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CfN1DQmBqky/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CfN1DQmBqky/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CfN1DQmBqky/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Darwin Nuñez Ribeiro(@darwin_n9)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.06.25 22:30 Sat
twitterfacebook
thumb

今夏にリバプール退任の敏腕SD、フロント再編中のユナイテッドとチェルシーが招へい検討か

リバプールのスポーツ・ディレクター(SD)を今季限りで退任するマイケル・エドワーズ氏に対して、複数クラブが関心を示しているようだ。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 2011年にアナリティクス部門の責任者としてリバプールに加入したエドワーズ氏は、その後テクニカル・パフォーマンス・ディレクター、テクニカル・ディレクターを経て、2016年からSDに就任。FWサディオ・マネ、FWモハメド・サラー、DFアンドリュー・ロバートソン、DFヴィルヒル・ファン・ダイク、GKアリソン・ベッカー、MFファビーニョら後に不動の主軸となる選手たちの獲得を主導しており、ユルゲン・クロップ監督のチームを陰から支え続けた。 リバプールとの契約は今夏までとなっていたことから、クラブ側は残留を希望したものの、エドワーズ氏本人が新たな挑戦を求めたことから退任が決定。すでにジュリアン・ウォード氏が内部昇格という形で、選手獲得などを進めている。 そんなエドワーズ氏の招へいに関心を示しているのが、リバプールのライバルでもあるマンチェスター・ユナイテッドとチェルシーだ。 ユナイテッドは最高経営責任者(CEO)と副社長を務めてきたエド・ウッドワード氏が今冬に退任。スカウト部門の責任者も去るなど新体制を構築中だが、2021年11月に同クラブの指揮官に就任し、今夏からコンサルタントとして携わる予定だったラルフ・ラングニック監督が一転して退任。新CEOであるリチャード・アーノルド氏は、優れたディレクターの招へいを模索している。 同様に、オーナーのロマン・アブラモビッチ氏がクラブを売却したチェルシーもフロントの再編成が行われており、これまで数多くの選手補強に携わってきたディレクターのマリナ・グラノフスカイア氏が退陣。新たにオーナーとなったトッド・ベーリー氏は優れたSDを据えたいと考えており、エドワーズ氏は複数いる候補の一人のようだ。 そのほか、エドワーズ氏にはアヤックスも関心を示しているとされており、リバプール復活に大きく寄与した敏腕SDの去就が注目されている。 2022.06.23 17:55 Thu
twitterfacebook
thumb

モナコが南野拓実の獲得に動けた理由は? 野心的なSDによる計算された補強に

リバプールの日本代表MF南野拓実(27)の獲得に関してクラブ間合意に至ったとされるモナコ。スポーツ・ディレクター(SD)のポール・ミッチェル氏の戦略勝ちだったようだ。フランス『レキップ』が伝えた。 2020年1月にザルツブルクからリバプールへと加入した南野。2年半在籍し、チームはプレミアリーグやFAカップ、EFLカップ(カラバオカップ)で優勝。今シーズンはチャンピオンズリーグ(CL)で決勝まで駒を進めるなど、結果を残していた一方で、公式戦通算53試合で14ゴール3アシストに終わっていた。 特に今シーズンは優勝を果たした2つのカップ戦で目覚ましい活躍を見せたものの、決勝の舞台にはどちらも立てず。タイトルが懸かった試合で必要とされていないことで、チーム内での立場が浮き彫りとなっていた。 本人も「僕が出る試合は誰も興味のない試合が多かったので、結果を残しても反響があるわけではない」とコメント。重要な試合での出番がないことに触れ「悔しさをモチベーションというか、怒りのモチベーションというか、常にそういう気持ちでした」と、置かれた立場に苛立ちもあったことを口にしていた。 その南野にはミッチェル氏が目をつけており、来シーズンはチャンピオンズリーグ(CL)を戦うチームにおいて経験者を手にしたい状況。「攻撃的でありたい、しかし戦略的に」と補強の方針を口にしていたが、その中でザルツブルク時代から気にかけていた南野の獲得に手を挙げたようだ。 リバプールとは基本移籍金1500万ユーロ(約21億5000万円)で合意に至ったとされ、5回の分割払いで支払われるとのこと。ミッチェル氏は「非常に興味深いプロフィールを持つ選手を採用するには、才能に見合ったとても大きなオファーが必要だ」と語っており、南野への期待も高いことが窺える。 モナコは、今夏レアル・マドリーへ移籍したフランス代表MFオーレリアン・チュアメニのおかげで8000万ユーロ(約114億8500万円)、またパリ・サンジェルマン(PSG)とフランス代表FWキリアン・ムバッペが契約を延長したことで3500万ユーロ(約50億2500万円)を手にすることとなり、資金面は全く問題ない状況。SDが自信を見せ、南野の移籍金を支払える理由もここにあったようだ。 2022.06.23 11:10 Thu
twitterfacebook
thumb

移籍のマネにクロップ「今日に最もふさわしい3単語は最も言いづらい言葉。Will miss youだ」

リバプールのユルゲン・クロップ監督がセネガル代表FWサディオ・マネのバイエルン移籍にリアクションした。 2016年夏にサウサンプトンから加入したマネ。公式戦通算269試合で120得点48アシストの数字を誇り、チャンピオンズリーグにプレミアリーグと数々のタイトルにも寄与した。 2018-19シーズンから背負う10番の姿もサポーターの間で完全に定着したが、契約を来季まで残すなか、今夏の退団願望が明るみとなり、22日にバイエルン移籍が決定した。 リバプール指揮官として2年目の2016-17シーズンからタッグを組み、苦楽をともにしたクロップ監督はクラブの公式サイトで心境を明かすとともに、最大級の賛辞を送った。 「大きな瞬間だ。そうでないふりをしようとしても無駄だよ。リバプール史上で最も偉大な選手の1人が去っていく。それがどれだけ大きなことか認識しないといけない」 「彼は我々の感謝と愛とともに旅立つ。偉大な選手のなかでも自分の地位が保証されながら去っていく。そして、世界最高の選手の1人であるこの瞬間に去っていくんだ」 「でも、我々は失ったものに固執するんじゃなく、栄誉を祝福しよう。彼のゴール、獲得トロフィー、明らかにレジェンドだが、今日のリバプールにおけるアイコンだ」 ドイツ人指揮官はまた、「彼の決断を完全に尊重する。サポーターもそう思っているはず」とマネの移籍に理解を示しながら、ドイツ王者での日々にもエールを送っている。 「LFCを愛しているのなら、サディオを愛さないとね。そこは譲れない。我々の損失がバイエルンの利益となるのを受け入れつつ、それを実行するのは可能だ」 「我々は彼に出場する全試合で活躍できるよう祈っている。もちろん、我々との試合以外でね。彼はこれからもどんどん上がっていくはず。疑いの余地なしだ」 そして、「以前のインタビューか、Q&Aでサディオを3つの言葉で表現するよう求められた記憶がある」と切り出し、人情深いクロップ監督らしく別れの言葉を口にしている。 「あのときは無理だと言ったが、やってみるとしたら、何度もトライする必要がある。彼を表現する3つの言葉がたくさんあるからだ」 「ワールドクラスのプレーヤー! クラブの真のレジェンド! 理想的なロールモデル! 完璧なチームメイト! 思いやりのある人間!とかね」 「でも、今日に最もふさわしいと感じる3単語は最も言いづらい言葉でもある。Will miss you(寂しくなるね)!だ」 2022.06.23 09:45 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly