コウチーニョのキープを狙うビラがバルサと交渉…提示額19.3億円も自信ありか

2022.05.10 13:45 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アストン・ビラがブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョ(29)の完全移籍に向けて動き出したようだ。

バルセロナでキャリアが落ち込むなか、今年1月に買取オプションが付帯した今季いっぱいのローンでビラ入りしたコウチーニョ。ここ数試合こそゴールやアシストから遠ざかるが、ここまで15試合出場で4得点3アシストを記録している。

買取オプションの行使に3300万ポンド(約53億3000万円)が必要といわれるが、リバプール時代のチームメイトであり、今や指揮官として起用を続けるスティーブン・ジェラード監督は先日、来季もチームにとどめたい思いを口にしている。

そして、イギリス『デイリー・メール』によると、ビラは買取オプション額の半分にも満たない移籍金1200万ポンド(約19億3000万円)の1stオファーを打診。まだ合意に至っていないが、交渉は継続中で、まとめ上げる自信もあるという。

なお、コウチーニョとバルセロナの契約は来季まで。1stオファーの提示額は来季に向けた補強を視野に入れるなかで、資金繰りに苦しみ、人件費の削減にも躍起なバルセロナの状況を見越してのものとされるが、成立なるか。


関連ニュース
thumb

ノリッジがMFラムジーをレンタル移籍で獲得、アストン・ビラのアカデミー育ちのU-21イングランド代表

ノリッジは6日、アストン・ビラのU-21イングランド代表MFアーロン・ラムジー(19)がレンタル移籍で加入することを発表した。 なお、アストン・ビラと契約を延長した上でのレンタル移籍に。背番号は「20」となる。 アストン・ビラのアカデミー育ちのラムジーは、チェルトナムへのレンタル移籍を経験。ファーストチームに昇格せずにノリッジへとレンタル移籍することとなった。 2021-22シーズンのEFLカップでファーストチームデビュー。今夏のプレシーズンツアーでもファーストチームに帯同していた。 また世代別のイングランド代表を経験。試合には出場していないが、U-21イングランド代表にも招集されていた。 2022.08.06 07:45 Sat
twitterfacebook
thumb

チェルシーが期待の若手MFチュクエメカを獲得!「ここ数日はチェルシーで頭がいっぱいだった」

チェルシーは4日、アストン・ビラからU-19イングランド代表MFカーニー・チュクエメカ(18)を獲得したことを発表した。契約は6年間となる。 すでにクラブ間合意が伝えられ、正式発表を残すのみとなっていたチュクエメカ。アストン・ビラとの契約が残り1年となっていた18歳を巡っては、バルセロナやドルトムント、ミランと競合していたが、この度チェルシーが移籍金1500万ポンドに最大500万ポンドのボーナスが付随した条件で合意に至った。 移籍が決まったチュクエメカは、慌ただしかったここ数日を無事に終えられたことに安堵のコメントを残している。 「かなり忙しかったけど、ここ数日はチェルシーのことが頭から離れなかったから、すべてが終わって嬉しいし、ホッとしているところだよ」 「すごく興奮している。ピッチに立って、選手みんなに会って、試合に勝って、トロフィーを獲得することが待ち遠しいよ」 チュクウェメカはアストン・ビラの下部組織出身で、昨年5月に行われたプレミアリーグのトッテナム戦でトップチームデビュー。本格的にトップチームに昇格した昨シーズンは、プレミアリーグ12試合、EFLカップ2試合に出場した。 セントラルMFを主戦場とする選手で、広い視野や軽やかな身のこなしを生かしたボールキープや推進力が魅力。ユースでは10番を背負い、一昨季のFAユースカップでは準々決勝のニューカッスル戦のハットトリックを含め7ゴールという高い得点力を示し、大会制覇に貢献した。 チェルシーのトッド・ベーリー会長は「カーニーはヨーロッパで最もエキサイティングな若手の一人だ。スタンフォード・ブリッジでプレーしている姿を見るのが楽しみだ」とコメントしており、新シーズンのチェルシー残留を示唆している。 2022.08.04 19:27 Thu
twitterfacebook
thumb

補強進まないチェルシーが移籍金32.5億円でU-19イングランド代表MFチュクウェメカ獲得か、アストン・ビラと合意報道

チェルシーがアストン・ビラに所属するU-19イングランド代表MFカーニー・チュクエメカ(18)の獲得で合意したようだ。イギリス『BBC』が伝えている。 今夏の移籍市場ではターゲットとしている選手がことごとく他クラブへと移籍。ここまでイングランド代表FWラヒーム・スターリング、セネガル代表DFカリドゥ・クリバリ、そしてアメリカ代表GKガブリエル・スロニアの獲得に終わっている。 そのチェルシーだが、若き才能であるチュクウェメカの獲得でアストン・ビラと合意に至ったとのこと。移籍金は2000万ポンド(約32億5000万円)と見られている。 チュクウェメカはアストン・ビラの下部組織出身で、2021年7月にファーストチームに昇格。昨シーズンはプレミアリーグで12試合に出場していた。 契約期間は残り1年となっていた中で、今夏のオーストラリアへのプレシーズンツアーには不参加。移籍の可能性が取り沙汰されていた。 チュクウェメカには、チェルシーの他、バルセロナ、ミラン、ドルトムントなども興味を示していたが、今回は無事に確保できたようだ。 なお、チュクウェメカとの条件についての交渉、そしてメディカルチェックを受けることは決定。あとは個人の条件で合意するのみとなった。 2022.08.03 11:48 Wed
twitterfacebook
thumb

「アストン・ビラにとって正しいこと」、主将はく奪のミングスが大人な対応

アストン・ビラのイングランド代表DFタイロン・ミングスが、キャプテン交代を受け、自身の見解を示した。 2019年1月にボーンマスから当時チャンピオンシップ(イングランド2部)にいたビラにレンタル加入したミングス。最終ラインの主力としてプレミアリーグ昇格に貢献すると、翌シーズンに完全移籍へ移行。直近3シーズンではリーグ戦30試合以上に出場するなど、ディフェンスリーダーとして活躍し、昨夏にはイングランド代表MFジャック・グリーリッシュのマンチェスター・シティ移籍に伴い、新キャプテンに任命されていた。 しかし、昨シーズン途中からビラの指揮官に就任したスティーブン・ジェラード監督は、自身初のフルシーズンに向け、新たなチーム人事を発表。 その発表ではスコットランド代表MFジョン・マッギンが新キャプテンに任命されたほか、アルゼンチン代表GKエミリアーノ・マルティネスが副キャプテン、元イングランド代表DFアシュリー・ヤングが第3キャプテンに指名され、ミングスはわずか1年でリーダーグループから完全に外される形となった。 ジェラード監督はこの人事発表に際して、「ジョン(・マッギン)はピッチ上でのパフォーマンスと、トレーニングでの姿勢や取り組み方を通じて、キャプテンを務める準備ができていることを証明してくれた。彼はドレッシングルームの人気者で、自分自身に高い基準と期待をかけている」、「エミ(マルティネス)はチームのシニアメンバーからリスペクトを示される存在であり、アシュリー・ヤングはその経験が物語るように、トップチームの完璧なアンバサダーだ」と、説明している。 一方で、キャプテンはく奪の形となったミングスに対しては、「当然、タイロン・ミングスとも話し合い、この決断を下した理由を説明した。そして何より、キャプテンとしての責任を持たないことで、タイロンが自分のプレーに集中でき、彼にとってもチームにとってもプラスになると信じている」とコメント。セビージャからブラジル人DFジエゴ・カルロスが加入したことで、暗にポジションが安泰ではないことを示唆している。 今回のキャプテン交代に関してはビラサポーターの間でも賛否両論があり、前キャプテンを信頼する一部サポーターからは指揮官の今回の決定を不服とする意見も挙がっている。 そういった中、当事者であるミングスは自身の公式ツイッターを通じて、「アストン・ビラにとって正しいこと」と、指揮官の決定を全面的に支持している。 「僕にとって、これはジョンや自分についてではなく、アストン・ビラにとって正しいことなんだ」 「僕自身、監督の決定に全く問題を感じていない。もちろん、このチームを(キャプテンとして)率いるのが大好きだった。それでも、ジョン・マッギンを知っている人なら誰でも、彼がどれほど影響力があるかを知っていると思うし、彼というキャプテンの下でプレーすることは名誉なことだよ」 昨シーズンは時おり不安定なパフォーマンスは見受けられたものの、イングランド代表にも定期的に招集され、本来であればチームの顔の一人といっても過言ではない立場にあるミングス。 今回の指揮官の決定は間違いなく受け入れがたい部分があると思われるが、チームや同僚を優先する献身的な姿勢を評価したい。 2022.07.28 15:23 Thu
twitterfacebook
thumb

ジェラード監督の細かすぎるルール一覧がリーク! 誕生日ケーキを忘れたら罰金50ポンド?

アストン・ビラのスティーブン・ジェラード監督の厳しく細かすぎるチーム内ルールが明らかとなった。イギリス『サン』が伝えている。 昨年11月にジェラード監督が就任し、2年目を迎えようとしているビラ。14位に終わった昨季からの挽回を期すべく、今夏の移籍市場ではDFジエゴ・カルロスをはじめ、MFブバカル・カマラ、DFルドヴィグ・アウグスティンソンなど実力者を迎えている。 そして新シーズンに向けた並々ならない意気込みが見て取れたのが、今回リークされた規則リスト。練習遅刻で罰金500ポンド、ミーティング遅刻1分毎に200ポンドなど、基本的なルールが並ぶ中でいくつかユニークなものも。<blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Aston Villa&#39;s alleged fines list has been leaked.<br><br>Steven Gerrard is brutal. <a href="https://twitter.com/hashtag/avfc?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#avfc</a> <a href="https://t.co/EQ921Oh69p">pic.twitter.com/EQ921Oh69p</a></p>&mdash; The Sun Football (@TheSunFootball) <a href="https://twitter.com/TheSunFootball/status/1552018919917080584?ref_src=twsrc%5Etfw">July 26, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 「チームメイトの誕生日にケーキを忘れた者は罰金50ポンド」、「シャワーを使用する際にサンダルを履かなければ100ポンド」などは、なかなか聞かない珍しいルールだ。 そのほか、ケガの報告が遅れた場合は罰金200ポンド、それに伴い、治療開始が遅れた場合も200ポンドの罰金が課されることも。 また、ウェアをトレーニング場に置きっぱなしにした者、駐車違反をした者にも罰金を課すなど、人としての身嗜みを正す意味合いを含むルールもあり、選手たちは身の引き締まる思いだろう。 なかなか厳しいルール設定のように思えるが、かつてフランク・ランパード監督が古巣チェルシーの指揮官に就任した際はさらにひどく、練習に遅刻した場合はなんと2万ポンドの罰金、ケガが病気の報告が遅れた場合は1万ポンドの罰金が課されるなど、文字通り桁違いのルールを設定していたようだ。 2022.07.27 15:56 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly