「ジャッジは非常に悪かった」、「水準に達していない」ビジャレアルCEOがリバプール戦の判定に不満爆発「とんでもないPK」

2022.05.04 11:01 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ビジャレアルの最高経営責任者(CEO)であるロイグ・ネゲロレス氏が、ジャッジに不満をぶちまけた。スペイン『アス』が伝えた。3日、チャンピオンズリーグ(CL)準決勝2ndレグのビジャレアルvsリバプールがエスタディオ・デ・ラ・セラミカで行われた。

1stレグはリバプールが2-0で勝利しており、ビジャレアルとしては3点差をつけての勝利が必要となった試合。すると3分にブライエ・ディア、41分にフランシス・コクランが追加点。2戦合計2-2に追いつく。

しかし、追いつかれた後半にリバプールが奮起。一気に3ゴールを奪い、2-3で逆転勝利。2戦合計2-5で敗れたビジャレアルは、初の決勝進出を逃していた。

ネゲロレス氏が問題視しているのは1-0で迎えた37分の場面。ジェラール・モレノスルーパスに反応したジオバニ・ロ・チェルソが完全に抜け出す。

ボックス内に侵入するも、飛び出したGKアリソン・ベッカーに阻まれシュートは打てず。しかし、このシーンでアリソンはボールにプレーせずにロ・チェルソに正面からぶつかっていた。

結局ビジャレアルにPKは与えられなかったが、このシーンを含め、ネゲロレス氏はジャッジに不満をあらわにした。

「多くの小さな行動において、レフェリーは彼らに有利に働いた。ジャッジは非常に悪かった」

「GKがロ・チェルソに正面から触っているので、私にはとんでもないPKに思えた。レフェリングは常に彼らに有利であり、シビアなものだった」

「言い訳にはしたくない。ただ、今日のレフェリングは、この種の試合のレフェリングに必要な水準に達していない」

「エリアの端では笛を吹かないファウルが3つあり、2つ目も同じだった。レフェリーが自分たちに有利になるような小さなアクション。とても悪いジャッジだった」


関連ニュース
thumb

ブライトンがククレジャの穴埋め! ビジャレアルからエクアドル代表SBエストゥピニャンを獲得

ブライトン&ホーヴ・アルビオンは16日、ビジャレアルからエクアドル代表DFペルビス・エストゥピニャン(24)の獲得を発表した。契約は2027年6月30日までの5年間となる。 エストゥピニャンは母国でプロデビュー後、2016年夏のワトフォード入りを機に欧州を舞台に。以後、グラナダやアルメリア、マジョルカ、オサスナを渡り歩き、2020年9月からビジャレアルに異例の7年契約で活躍の場を移した。 エクアドル代表デビュー通算26キャップを記録する左サイドバックはビジャレアルで通算74試合に出場。アスリート能力に優れ、チームがチャンピオンズリーグ(CL)ベスト4入りの昨季も主力を張り、公式戦41試合でプレーした。 チェルシー移籍のスペイン代表DFマルク・ククレジャの後釜として期待され、ワトフォード時代以来のイングランド上陸を果たすエストゥピニャンについて、ブライトンを率いるグレアム・ポッター監督は期待感を口している。 「ペルビスからもたらさられるであろうものに興奮している。彼は我々が選手層を厚くしたいと考えるポジションを埋めてくれる存在だ。国際経験にプラスして、ビジャレアルでCLやヨーロッパリーグ、ラ・リーガで多くの場数を踏んできた。彼がここイングランドに慣れるよう力を貸すが、彼と働き、プレミアリーグで活躍する姿が楽しみだ」 2022.08.17 08:45 Wed
twitterfacebook
thumb

ビジャレアルがロ・チェルソの再レンタルを発表! 買取OPなしのドライローンに

ビジャレアルは14日、トッテナムからアルゼンチン代表MFジオバニ・ロ・チェルソ(26)を1年間のレンタル移籍で獲得したことを発表した。 なお、移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏によると、今回の契約は買い取りオプションが含まれないドライローンという形になるようだ。 2019年夏にトッテナムに加入したロ・チェルソは、当初こそ主力としてプレーしたが、昨シーズンは負傷やアントニオ・コンテ監督の信頼を得られずに出場機会が減少。今年1月に出場機会を求めて、パリ・サンジェルマン時代に指導を受けたウナイ・エメリ監督率いるビジャレアルへ半年間のレンタルで加入した。 公式戦21試合1ゴール1アシストと数字上のインパクトは残せなかったものの、サイドやセカンドトップのポジションですぐさまフィットすると、チームのチャンピオンズリーグ(CL)ベスト4進出にも大きく貢献した。 その後、買い取りオプションが付随せず、ビジャレアルが完全移籍での獲得が困難という事情もあり、今夏には一時トッテナムに復帰。しかし、チーム内での序列は変わらず、構想外の状況が続いていた。 今夏の移籍市場では選手自身が望むビジャレアル復帰に加え、アトレティコ・マドリー、フィオレンティーナなどの関心も伝えられていたが、最終的に再レンタルという形でビジャレアル復帰が決定した。 2022.08.15 05:55 Mon
twitterfacebook
thumb

アーセナルが狙う19歳のスペイン代表WGピノ、移籍金は108億円か

アーセナルが今夏の移籍市場でもう1人チームに加える可能性があるようだ。 イギリス『フットボール・ロンドン』によれば、アーセナルが関心を抱いているのはビジャレアルのスペイン代表FWジェレミ・ピノ(19)とのことだ。 ピノは2020年8月にCチームからファーストチームに昇格。するとすぐに頭角を現し、1年目は公式戦37試合で7ゴール1アシスト、2年目の昨季は公式戦40試合で7ゴール4アシストを記録していた。 すでにビジャレアルで公式戦77試合に出場し14ゴール5アシストを記録しているピノは、スペイン代表としても2021年10月にデビュー。4ゴール1アシストを記録している。 スペイン期待の若手アタッカーで、ビジャレアルにとって欠かせない選手の1人となっているピノ。右利きのウインガーは、アーセナルが補強したいポジションだった。 今夏のアーセナルはリーズ・ユナイテッドのブラジル代表FWハフィーニャの獲得を目指していたが、バルセロナへの移籍を希望したこともあり諦めることに。右サイドではU-21ポルトガル代表MFファビオ・ヴィエイラを獲得したが、左サイドの補強を行いたい考えがあった。 ピノは右ウイングを主戦場とし、タイプとしてはタッチラインからのカットバックを得意とするため、左サイドよりは右サイドの方が適性がありそうなタイプ。スピードが飛び抜けているわけではないが、得点力は持ち合わせている。 ミケル・アルテタ監督は攻撃の選手に関しては利き足とは逆のサイドで選手を起用することが多く、アーセナルに加入するとなれば左サイドに入る可能性もある。そうなれば、ブラジル代表FWガブリエウ・マルティネッリ、イングランド代表MFエミール・スミス・ロウとポジションを争うことになるが、右サイドであればイングランド代表FWブカヨ・サカ、コートジボワール代表FWニコラ・ぺぺがライバルとなるだろう。 『フットボール・ロンドン』によれば、その価値は6700万ポンド(約108億5000万円)とも言われており、決して安い買い物ではない。ただ、サイドの層が厚くないアーセナルとしては、将来への投資も含めて獲得に動く可能性は十分にありそうだ。 2022.08.12 19:20 Fri
twitterfacebook
thumb

ビジャレアルの19歳FWピノ、リバプールとアーセナルが関心か

ビジャレアルのスペイン代表FWジェレミ・ピノ(19)に、リバプールとアーセナルが関心を寄せているようだ。 ピノは16歳でビジャレアルの下部組織に入団し、2020-21シーズンからファーストチームの一員に。昨季は右サイドを主戦場に公式戦40試合に出場し、7得点4アシストを記録。チャンピオンズリーグ(CL)ベスト4進出にも大きく貢献した。 昨年10月には18歳でA代表デビュー。今年3月のアルバニア代表戦で初ゴールもゲットし、通算4試合1得点。今秋のカタール・ワールドカップ(W杯)出場も期待される成長株だ。 スペイン『アス』によると、ビジャレアルはピノのリリース条項を8000万ユーロ(約110億円)に設定している。しかし、リバプールやアーセナルからのオファー次第では、この金額以下でも売却を容認する可能性があるという。 ビジャレアルは昨季の後半戦にトッテナムからの半年レンタルで在籍したアルゼンチン代表MFジオバニ・ロ・チェルソの再獲得に本腰。収支バランスを整えるために、選手の売却が必要となる可能性がある模様だ。だが、ピノはビジャレアルが育て上げた宝石の1人。首脳陣らにとって難しい決断となるようだ。 2022.08.08 21:50 Mon
twitterfacebook
thumb

ビジャレアル、ロ・チェルソ獲得に向けトッテナムと交渉中…昨季もレンタルで加入

ビジャレアルがトッテナムのアルゼンチン代表MFジオバニ・ロ・チェルソ(26)獲得に向けて交渉中のようだ。 2019年夏にトッテナムに加入したロ・チェルソは、当初こそ主力としてプレーしたが、昨シーズンは負傷もあって出場機会が減少。だが、1月に活躍の場を求めてビジャレアルへレンタル移籍すると、すぐさまチームにフィットしてチャンピオンズリーグ(CL)ベスト4進出にも大きく貢献した。 買い取りオプションが付随していなかったこともあり、今夏トッテナムに復帰したロ・チェルソだが、チームの中盤には新たにMFイヴ・ビスマが加わったこともあり、アントニオ・コンテ監督の構想には含まれず。先月の韓国ツアーにも帯同しなかったアルゼンチン代表MFは、新たな移籍先を探している。 ロ・チェルソにはナポリやユベントスも関心を寄せていたが、移籍市場に精通するジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏によると、現在はビジャレアルが獲得を目指して交渉を進めているとのことだ。 ウナイ・エメリ監督は昨シーズンのロ・チェルソの働きを高く評価しており、今回は完全移籍での獲得を狙っている様子。ただし、スペイン『マルカ』によれば、トッテナムがロ・チェルソの移籍金として3000万ユーロ(約41億3000万円)を求めている一方、ビジャレアルは1500万ユーロ(約20億6000万円)程度での獲得を望み、減額を要求しているようだ。 それでもロマーノ氏は、ビジャレアルが今後数日で決定的な動きを見せる可能性があると主張している。 2022.08.08 18:21 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly