「あなたを愛している!」レアルの35度目の優勝をピッチで喜ぶ中、選手の妻が美しき歓喜の涙

2022.05.02 18:40 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
2シーズンぶり35度目のラ・リーガを制したレアル・マドリー。選手たちも本拠地サンティアゴ・ベルナベウで優勝を果たし、大勢のファン・サポーターと喜び合えたことで幸せな時間を過ごしたはずだ。

そんな中、1人の選手の妻の姿が、マドリディスタの心を動かすと話題だ。

それは、ウルグアイ代表MFフェデリコ・バルベルデの妻であるミナ・ボニーノさんだ。

試合終了後、選手たちはピッチ上で35度目の優勝を祝う中、各選手の家族もピッチに。子供たちや奥様、パートナーも優勝を喜んだ。

そんな中、1つの動画が大きな話題に。それは、ミナ・ボニーノさんが優勝を喜び号泣しているものだった。

バルベルデにとっては2度目となるリーグ優勝。今シーズンもラ・リーガで27試合に出場し1アシストを記録。ボランチだけでなくサイドでもプレーするなど、チームを支えた。

ミナ・ボニーノさんの反応にファンは「あなたを愛している!」、「マドリディスモだ」、「素晴らしい母の日だ(スペインでは5月1日が母の日)」とコメントが集まった。

1 2

関連ニュース
thumb

坐骨神経痛発症のクルトワ、16日のクラシコは欠場か…完治の目処立たず

左坐骨神経痛を発症したレアル・マドリーのベルギー代表GKティボー・クルトワだが、バルセロナ戦に間に合わない可能性が高まっているようだ。 2日に行われたオサスナ戦を突如欠場し、同日に左坐骨神経痛と伝えられたクルトワ。正確な復帰時期は未定だが、当初は16日に予定されているバルセロナとのエル・クラシコには間に合うと見込まれていた。 ところが、『Managing Madrid』によると、クラブの情報筋にも復帰時期は分からず、現状でバルセロナ戦に出場の可能性は薄いとのこと。医師にも予測困難で「数日後かもしれないし、数週間後かもしれない」と、曖昧なコメントに留めているようだ。 マドリーにとって昨季のラ・リーガ最優秀GKの離脱の影響は大きく、今季初めて守護神が欠場したオサスナ戦は、チームとしても初めて勝ち点を落とした一戦だった。 2022.10.05 17:45 Wed
twitterfacebook
thumb

カルバハルがCL制覇揶揄のチャビに反論、「フットボールは結果がすべて」

レアル・マドリーのスペイン代表DFダニエル・カルバハルが、クラブのチャンピオンズリーグ(CL)制覇を“不公平”と揶揄したバルセロナ指揮官に反論した。スペイン『ESPN』が伝えている。 マドリーは昨シーズンのCL決勝トーナメントでパリ・サンジェルマン、チェルシー、マンチェスター・シティ相手にいずれも劇的な逆転突破を決め、リバプールとのファイナルでも試合内容では圧倒されたものの、ベルギー代表GKティボー・クルトワの圧巻のパフォーマンスによって虎の子の1点を守り切って4シーズンぶり最多14回目の優勝を成し遂げた。 そういった中、今月16日に今季初のエル・クラシコを控えるバルセロナのチャビ・エルナンデス監督は、4日に行われるインテル戦に向けた公式会見の場で、ラ・リーガとCLのどちらで優勝するのが難しいかとの質問を受けた際、CLは「より難しい」、「不公平」とライバルを揶揄するようなコメントを残していた。 「レオ(メッシ)は、最高のチームが常に勝つとは限らないと言っていたと思う。私も完全に同意する。ペナルティ、退場、そういったものがあった時点でアウトだ。38試合以上もあるリーグ戦はより公平だ」 敵将のこの発言を受け、翌日にシャフタール戦に向けた公式会見に出席したカルバハルは、「結局のところ、フットボールは結果がすべてだ」と、反論を行っている。 「過去9回のチャンピオンズリーグで5回優勝したけど、それは運ではないよ」 「結局のところ、フットボールは結果がすべてだ。より多くのゴ​​ールを決め、より少ない失点をした者が勝つ」 「昨年はリーグで素晴らしいシーズンを過ごし、チャンピオンズリーグでは浮き沈みもあったけど、重要な瞬間にチャンスをつかみ、カップを獲得した」 「『公平か不公平か』についてのこの議論は、レアル・マドリーがチャンピオンズリーグで優勝したときにのみ起こるもので、逆に面白いよ。他のチームが勝ったとき、それは実力主義だって言われるのだからね」 さらに、会見に同席し、個人として通算4度のビッグイヤー獲得を成し遂げているカルロ・アンチェロッティ監督も、カルバハルの意見に同意している。 「ディテールが重要だ。それは運や不運じゃない」 「運の話は自分の抱えている問題や相手のメリットを隠してしまう」 「チャンピオンズリーグでは、(ミラン時代の2005年決勝で)私に起こったように、6分間で3ゴールを許すこともある。または、準決勝で1分間に2ゴールを決めることができる。それらは些細なことだが、正しい姿勢でコントロールできる。レアル・マドリーは、そうしたディテールに最もよく気を配っているチームだと思う」 「何が一番いいのか? 誰もが自分の意見を持っている」 「良いプレーをするには、多くのことが必要だ。ボールを持っているだけではなく、守備も重要だ。ひとつのことだけをうまくやって、成功を収めることは難しい。だから、最高のチームがチャンピオンズリーグを制すると言うのは簡単だ」 2022.10.04 23:25 Tue
twitterfacebook
thumb

引退イグアインを恩師モウリーニョがらしく労う 「ゴールに飽きたか?」

現役引退を決めた元アルゼンチン代表FWゴンザロ・イグアインに恩師から労いのメッセージだ。 2020年9月からメジャーリーグ・サッカー(MLS)のインテル・マイアミに活躍の場を移したイグアイン。欧州のフットボール界ではすっかり名前を聞かなくなってしまったが、アメリカ挑戦から3年目の今季公式戦28試合で14ゴールと持ち前の決定力を発揮するなか、3日に現在のシーズンをもって現役から退くと発表した。 リーベル・プレートでのプロ入りから、欧州でもレアル・マドリー、ナポリ、ユベントス、ミラン、チェルシーを渡り歩いたとあって、各方面から惜しむ声。そして、レアル・マドリー時代に師弟関係だったジョゼ・モウリーニョ現ローマ監督もインスタグラムのストーリー機能を用いて、らしい言葉かけで労っている。 「ゴールを決めるのに飽きでもしたか? 残りの人生も楽しんで!」 イグアインとモウリーニョ氏は2010年5月〜2013年5月までレアル・マドリーでタッグ。その当時は若きフランス代表FWカリム・ベンゼマとの熾烈なポジション争いもあったが、ポルトガル人指導者の下で通算123試合に出場して57得点28アシストをマークした。 2022.10.04 19:20 Tue
twitterfacebook
thumb

引退発表のイグアインにレアル・マドリーから賛辞「いつまでもクラブの歴史の一部」

引退を発表した元アルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアイン(34)に、レアル・マドリーから賛辞の言葉が贈られている。 3日に所属先のインテル・マイアミから発表された突然の引退発表。現在34歳のイグアインは、リーベル・プレートで名を挙げ、レアル・マドリー、ナポリ、ユベントス、ミラン、チェルシーと各国のビッグクラブで活躍。インテル・マイアミには2020年9月に加入した。 その中で、2007年から2013年まで在籍したマドリーでは通算264試合に出場し121ゴール56アシストを記録。ラ・リーガを3度、コパ・デル・レイを1度、スペイン・スーパーカップを2度制覇した。 マドリーはそんなイグアインを数々の印象的なゴールシーンとともに称賛。およそ17年間の活躍を労った。 「ゴンサロ、あなたがレアル・マドリーとフットボールに与えてくれた全てに感謝します。いつまでもクラブの歴史の一部であり続けることでしょう。あなたの人生の新たなステージでの大きな成功を祈っています」 <span class="paragraph-title">【動画】マドリー厳選! イグアインのゴール集</span> <span data-other-div="movie"></span><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="es" dir="ltr"> <a href="https://twitter.com/G_Higuain?ref_src=twsrc%5Etfw">@G_Higuain</a> GOLAZOS <a href="https://t.co/HTLSAloWPM">pic.twitter.com/HTLSAloWPM</a></p>&mdash; Real Madrid C.F. (@realmadriden) <a href="https://twitter.com/realmadriden/status/1577040543447715853?ref_src=twsrc%5Etfw">October 3, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.10.04 17:30 Tue
twitterfacebook
thumb

アンチェロッティが将来を巡って再び発言 「今季も来季もレアル・マドリー。そして次も…」

レアル・マドリーのカルロ・アンチェロッティ監督(63)が将来を展望した。 昨季からレアル・マドリーで2度目の指揮を執るアンチェロッティ監督。第2政権下の初年度からラ・リーガとチャンピオンズリーグ(CL)を制し、3年契約の2年目となる今季も先のラ・リーガで引き分けるまで開幕から公式戦全勝と完璧なスタートを切った。 だが、イタリア人指揮官は以前からレアル・マドリーでの指揮を最後に監督業から身を引く意向を示唆。そして、スペイン『アス』によれば、このたびに受けたイタリア『Rai Sport』のインタビューにて、自身の将来を巡って発言がなされたようだ。 「私の将来で見えているもの? 今季も来季もレアル・マドリー。そして次もマドリーで、その後もマドリーだね。それから先は様子を見てみよう」 そんなアンチェロッティ監督は1995年に母国イタリアで監督キャリアを始め、昨季に指揮官として史上初の欧州5大リーグ制覇に歴代最多4度のCL優勝を達成。フットボール界の歴史にも名を刻む名監督の1人に数えられる存在だが、果たして。 2022.10.04 12:25 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly