カラスコのドブレーテで10人アトレティコが公式戦4試合ぶりの白星! 主審に翻弄されるも後半ラストプレー弾で劇的勝利《ラ・リーガ》

2022.04.18 01:50 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ラ・リーガ第32節、アトレティコ・マドリーvsエスパニョールが17日にワンダ・メトロポリターノで行われ、ホームのアトレティコが2-1で勝利した。

13日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)でマンチェスター・シティをあと一歩のところまで追い詰めながらも、2戦合計0-1で無念のベスト8敗退となったアトレティコ(勝ち点57)。リーグ前節のマジョルカ戦での0-1の敗戦を含め、公式戦3試合連続ノーゴール中のチームは4位死守に向け、11位のエスパニョール(勝ち点39)を相手にバウンスバックの白星奪取を目指した。

シメオネ監督は0-0のドローに終わったシティ戦から先発2人を変更。ヘイニウドとグリーズマンに代えてヴルサリコ、アンヘル・コレアを起用。可変式の[3-5-2]の布陣を継続した。

立ち上がりの7分にダルデルの左CKからカブレラのヘディングシュートでゴールを脅かされたアトレティコだが、以降は主導権を握って相手を押し込んでいく。エスパニョールが5バックで臨んだことでマッチアップが噛み合い、個的優位性をもたらすマルコス・ジョレンテの右サイドを起点に良い形の仕掛けを見せていく。

前半半ばを過ぎると、アトレティコが攻勢を仕掛ける場面が増えるが、最後の局面で連携や精度を欠き決定機には至らない。35分にはコンドグビアのフィードに反応したフェリックがDFを振り切ってボックス内に持ち込んでシュートを狙うが、これは枠の左に外れる。

前半終盤にかけてはエスパニョールも盛り返して一進一退の攻防となった中、エスパニョールはオスカル・ヒル、アトレティコはレマルがハムストリングを負傷するアクシデントに見舞われた。

ゴールレスで折り返した後半はエスパニョールがアレイシ・ビダル、アトレティコはレマルに代えてカラスコを投入した他、フェリックスとヴルサリコを下げてクーニャ、グリーズマンと攻撃的なカードを切り、並びをはっきりとした[4-4-2]の形に変更した。

すると、この交代策がホームチームに先制点をもたらす。52分、直前にダルデルの決定機をGKオブラクのビッグセーブで凌いだ流れからカウンターを発動。グリーズマンが鋭く縦に差し込んだボールをコレアが収めてクーニャに落とすと、クーニャからボックス左に走り込むカラスコへ絶妙なスルーパスが通る。ここでカットインを試みたカラスコがニア下を狙ったシュートがGKディエゴ・ロペスの手を弾いてゴールネットを揺らした。

攻撃的な采配が的中したシメオネ監督は57分、ロージを下げてヘイニウドを投入。この交代でマルコス・ジョレンテとカラスコが両ウイングバックに入る[3-4-2-1]に近い並びに変更。相手の反撃に先んじてよりバランスの取れた戦い方にシフトする。

以降はカウンターから幾度か惜しい場面を作り出すが、最後のところで粘るエスパニョールの守備に苦戦。逆に、69分にはダルデルの絶妙な浮き球のスルーパスに抜け出したデ・トーマスに決定機を許すが、この左足のダイレクトボレーはGKオブラクがビッグセーブ。

このピンチを凌いだアトレティコだが、直後にやや不可解な判定によって一気に窮地に立たされる。71分、ボックス手前でデ・トーマスが放ったシュートがDFフェリペにディフレクトして隣にいたコンドグビアの身体から離れていた手に直撃。すると、主審はコンドグビアのハンドによるFKを取ると共にイエローカードを掲示。ハンドの判定は妥当も厳しい判定によって2枚目のカードとなったコンドグビアは退場に。

さらに、このペナルティアーク付近でのFKではデ・トーマスの強烈なシュートに対して、名手オブラクがきっちりシュートコースに入っていたものの、勢いを抑え切れずに脇を抜けたボールがゴールネットに吸い込まれ、同点ゴールとなった。

これで厳しくなったアトレティコは攻撃的なカードを切って勝ち点3を目指すアウェイチームに対して、デ・パウルの投入で守備のバランスを整える中でカウンターからワンチャンスを窺う展開に。

相手の攻勢を何とか凌ぎつつカラスコやグリーズマンの個人技でゴールを目指すが、最後のところでうまくいかない。それでも、5分が加えられた後半アディショナルタイムには微妙な判定でホームサポーターの怒りを買ったホルヘ・フィゲロア・バスケス主審に挽回のチャンス。カラスコの左CKの場面でボックス内でクリアを試みたデ・トーマスの左腕付近にボールが当たると、難しい判定ながらもオンフィールドレビューでアトレティコにPKを与える。

これをキッカーのカラスコがきっちり決め切り、チームを劇的勝利に導くドブレーテとした。この直後に試合はタイムアップを迎え、バスケス主審に翻弄されながらも勝ち切ったアトレティコが公式戦4試合ぶりの白星を飾った。


関連ニュース
thumb

シュチェスニー、左太モモ内転筋負傷で開幕節欠場…

ユベントスは8日、ポーランド代表GKヴォイチェフ・シュチェスニーが左太モモの内転筋を負傷したことを発表した。 シュチェスニーは7日に行われたプレシーズンマッチのアトレティコ・マドリー戦(0-4の敗戦)に先発出場。前半終了時に違和感を訴えており、ハーフタイムで後退していた。 クラブの発表よれば、シュチェスニーは8日午前にJメディカルで検査を受診、その結果、左モモ内転筋に軽度の損傷が確認されたという。また、離脱期間については20日程度になると明かしており、今週末に開幕するセリエAの初戦を欠場することが決定的となった。 なお、ユベントスは15日に行われるセリエA開幕節でサッスオーロをホームに迎え撃つ。 2022.08.08 23:31 Mon
twitterfacebook
thumb

モラタが古巣から2発、アトレティコがユベントスを4発粉砕でラ・リーガ開幕へ弾み《PSM》

プレシーズンマッチのユベントスvsアトレティコ・マドリーが7日にユベントスの練習場で行われ、0-4でアトレティコが完勝した。 1週間後にセリエA開幕を控えるユベントスと、ラ・リーガ開幕を控えるアトレティコのプレシーズン最終戦。 ユベントスはヴラホビッチを最前線に、ディ・マリアとソウレがワイドを張った。 対するアトレティコはユベントスから出戻りのモラタが最前線に構えた他、フェリックスやM・ジョレンテが前線を形成した。 試合はアトレティコがカウンターを狙う展開とすると、10分に先制する。決めたのはモラタ。フェリックスのスルーパスに抜け出してシュートを決めきった。 さらに前半終盤の44分、スローインを受けたモラタがそのまま持ち上がってボックス右まで侵入。対応したDFを切り返しでかわして2点目を挙げ、2-1として前半を終えた。 迎えた後半、ラビオらを投入して前がかったユベントスだったが、62分にアトレティコが3点目を挙げる。 右サイド絞った位置からレマルが味方に合わせるボールを蹴り込むと、そのまま誰にも触らずゴールに吸い込まれた。 そして試合終了間際にクーニャにもゴールが生まれたアトレティコが快勝でラ・リーガ開幕へ弾みを付けている。 ユベントス 0-4 アトレティコ・マドリー 【アトレティコ】 モラタ(10分) モラタ(44分) レマル(62分) マテウス・クーニャ(90分+2) 2022.08.08 02:54 Mon
twitterfacebook
thumb

イスラエル情勢懸念でユーベとアトレティコのPSMが急遽トリノ開催に…

イスラエルで開催予定だったユベントスとアトレティコ・マドリーのプレシーズンマッチが、急遽トリノでの開催に変更となった。 来週末に新シーズン開幕を控えるユベントスとアトレティコは、プレシーズンの総仕上げとして、7日にイスラエルのテルアビブで対戦予定だった。 ただ、イスラエルでは今月5日にイスラエル軍がパレスチナ自治区ガザ地区で空爆を行い、イスラム過激派組織『イスラム聖戦』の幹部を含む15人以上が死亡。これを受け、『イスラム聖戦』はイスラエルへの報復としてロケット弾100発以上を発射したことを明らかにした。 そして、同地域での緊張が高まる中、両クラブは安全上の理由から同地での試合開催が困難として中止を決断した。 ただ、開幕に向けて調整が必要な両者は話し合いの末、トリノにあるユベントスのトレーニング施設JTCコンティナッサで代替開催することで合意に至った。 なお、ユベントスの発表によると、この試合は無観客開催となるが、テレビ中継は行われるとのことだ。 2022.08.07 06:30 Sun
twitterfacebook
thumb

アトレティコのユニフォーム売上が衝撃の40%ダウン…「床屋のぐるぐるみたい」な赤白ストライプが受け入れられず

アトレティコ・マドリーの新ユニフォームの売れ行きが良くないようだ。スペイン『Confidencial Digital』が伝えている。 アトレティコは6月、2022-23シーズンのユニフォーム3種を一挙に発表。1stユニフォームは伝統のシンプルな赤白のストライプを採用しつつ、かつての本拠地であるビセンテ・カルデロンの側を流れていたマンサナーレス川をオマージュし、ストライプを蛇行させて川を表現していた。 曲線仕様のストライプは史上初のことだったが、このデザインがファンに受け入れられず、クラブ関係者によると「昨年の数字と比較して、売上が40%減少している」とのことで、「SNSでのサポーターの反応を見れば、こうなることは予想できた」とも認めているようだ。 実際、ユニフォームについては「目がチカチカする」、「床屋のぐるぐるみたい」、「アウェイはカッコいいのに」、「泣けてくる」といった意見も多く上がっていた。 ただ、ユニフォームの売上が落ちている要因はそれだけではないようで、2017-18シーズンからクラブのエンブレムが変更されて以降、クラブのオフィシャルストアではユニフォームだけでなくアクセサリーやウェアの需要も落ちているという。 アトレティコがエンブレムを変更した当時は大きな反対が寄せられ、今でもエンブレムには触れるなといったメッセージの入ったバナーやポスターが出続けている状況だ。 さらに、数カ月前にアトレティコがクラブ創立75周年を記念したユニフォームを販売した際には、以前のエンブレムが描かれたデザインが好評を博し、多くのサイズで完売していた。 開幕前から出鼻をくじかれてしまったアトレティコだが、プレシーズンでは無敗を継続中。7日にユベントスとの最終調整を行い、15日にヘタフェとのラ・リーガ開幕戦を迎える。 <span class="paragraph-title">【写真】赤白ストライプが曲線になったアトレティコの1stユニフォーム</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CghmIE0MAU5/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CghmIE0MAU5/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CghmIE0MAU5/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Atlético de Madrid(@atleticodemadrid)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.08.04 05:45 Thu
twitterfacebook
thumb

アトレティコが若手FWカメージョと新契約締結! 新シーズンはラージョへ武者修行

アトレティコ・マドリーは3日、U-21スペイン代表FWセルヒオ・カメージョ(21)との契約を2026年6月30日まで延長したことを発表した。 また、今シーズン終了までラージョ・バジェカーノにレンタル移籍することが併せて伝えられている。 アトレティコのカンテラ出身のカメージョは177cmのストライカー。2019年5月のレバンテ戦でトップチームデビューを飾ると、そのデビュー戦で初ゴールを記録。以降はアトレティコ・マドリーBが主戦場となるも、ここまでトップチームで公式戦6試合に出場している。 また、昨夏に1年間のレンタル移籍で加入したミランデスでは、セグンダ・ディビシオン(スペイン2部)で36試合に出場し、15ゴール4アシスト。ストライカーらしい嗅覚、決定力に加え、個での打開力も備える若手アタッカーとしてブレイクを果たした。 2022.08.03 21:13 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly