勝ったメキシコ&負けたアメリカがW杯出場権獲得! コスタリカは一歩及ばずNZとのPOへ《カタールW杯北中米カリブ海予選》

2022.03.31 12:10 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
現地時間30日、カタール・ワールドカップ(W杯)北中米カリブ海予選の最終節が行われた。3カ国がW杯の出場権を獲得し、1カ国がオセアニアとの大陸間プレーオフに臨むこととなる北中米カリブ海予選。すでにカナダが1986年のメキシコ大会以来36年ぶり2回目のW杯出場を決めている。

残り2つの出場枠を争うのは、2位のアメリカ代表(勝ち点25/+13)、3位のメキシコ代表(勝ち点25/+7)、4位のコスタリカ代表(勝ち点22/+3)の3チームに絞られた。
3位のメキシコは、6位のエル・サルバドルと対戦した。

引き分け以上でW杯出場が決まるメキシコ。すると17分にウリエル・アントゥナがゴールを決めて先制。43分にはPKを獲得すると、ラウール・ヒメネスが決めて2-0。そのまま逃げ切り勝利し、2位でW杯出場予選通過を決めた。

なお、メキシコは8大会連続17度目のW杯出場となった。

また3位以内を争う直接対決となったコスタリカvsアメリカ。コスタリカは5点差以上の勝利で3位以内を自力で確保できる状況だった。

試合はそのコスタリカが積極的に攻め込むことになるも、なかなかゴールを破れず。それでも51分にフアン・バルガスがゴールを決めて先制。さらに59分にはアントニー・コントレラスが追加点を奪い、連続ゴールで2点差とする。

勢いに乗って更なるゴールを目指しにいく一方で、アメリカもこれ以上の失点はゆるすまいと応戦。しかし、反撃することはできず、2-0で敗戦。この結果、アメリカは3位に転落も2大会ぶり11度目のW杯出場が決定。勝利したコスタリカは勝ち点で並ぶも、得失点差により4位が確定した。

なお、オセアニア予選は決勝でソロモン諸島代表に0-5で勝利したニュージーランド代表が勝ち上がり、コスタリカはニュージーランドと1枠を争って対戦する。

◆カタールW杯北中米カリブ海予選最終戦

コスタリカ 2-0 アメリカ
メキシコ 2-0 エル・サルバドル
ジャマイカ 2-1 ホンジュラス
パナマ 1-0 カナダ

◆順位表

1:カナダ 28pt/+16
2:メキシコ 28pt/+11
3:アメリカ 25pt/+11
ーーーーW杯出場
4:コスタリカ 25pt/+5
ーーーー大陸間プレーオフ
5:パナマ 21pt/-2
6:ジャマイカ 11pt/-10
7:エル・サルバドル 10pt/-10
8:ホンジュラス 4pt/-19

1 2

関連ニュース
thumb

アルゼンチン代表指揮官、R16欠場ディ・マリアの次戦起用を示唆「可能性がある」

アルゼンチン代表のリオネル・スカローニ監督が、選手らのケガの状態について言及している。スペイン『ムンド・デポルティボ』が伝えた。 グループCを首位通過したアルゼンチン代表は、3日に決勝トーナメント1回戦でオーストラリア代表と対戦。35分にFWリオネル・メッシ、57分にFWフリアン・アルバレスがゴールを決めた後は反撃を1点に抑え、2-1で勝利を収めた。 2大会ぶりのベスト8進出を掴み取った一方、前半途中にMFパプ・ゴメスが負傷し、ハーフタイムにDFリサンドロ・マルティネスとの交代に。スカローニ監督は試合後の記者会見で「足首に問題があり、交代させた」と説明している。 また、グループステージ最終節のポーランド代表戦で負傷交代し、この日は出番がなかったMFアンヘル・ディ・マリアについて問われると、準々決勝からの戦列復帰を示唆している。 「今日に関しては、個人的に彼(ディ・マリア)をベンチに入れたいという気持ちも非常に強かったが、彼をプレーさせたところで、彼自身もチームの役に立てないとわかっていただろう。だが、次は可能性がある」 アルゼンチン代表は9日に行われる準々決勝で、アメリカ代表を3-1で撃破したオランダ代表と対戦する。 2022.12.04 13:37 Sun
twitterfacebook
thumb

「日本に敗れたとはいえ…」オランダ代表やバルセロナを指揮したクーマン、スペイン代表を推す「未だに優勝候補の一角」

ロナルド・クーマン氏は、スペイン代表を優勝候補に推した。 カタール・ワールドカップ(W杯)はグループステージを終え、すでにラウンド16の戦いがスタート。日本代表や韓国代表などアップセットを成し遂げたチームが生き残っている一方で、ドイツ代表やウルグアイ代表といった優勝経験のある強豪国の敗退も起こっている。 かつてオランダ代表やバルセロナを指揮していたクーマン氏はスペイン『マルカ』のインタビューで、今後の決勝トーナメントではハイレベルな戦いが観戦できることを心待ちにしていると語った。 「ほとんどいつもそうだが、グループステージでは通常、面白い試合を見られることは少ない。これからのトーナメントでは、非常に良い勝負が見られると思う」 また、優勝候補として挙げたのはスペイン代表。1日のグループE第3節では日本に1-2で敗れたものの、ルイス・エンリケ監督率いるチームには高いクオリティがあると評価した。 「スペインはグループステージの最終戦まで最も良いプレーをしていたチームである。コスタリカ代表戦ではベストな状態ではなかったが、素晴らしい結果を残した。彼らから7ゴールを奪うこと、そして95分間、あれほど高いレベルでプレーすることは簡単なことではないだろう」 「ドイツ戦でも非常に良かった。強弱をつけたスペインのプレー、インテンシティ、プレスのかけ方などは、これまで見た中で一番良いものだと思いう。しかし、日本との試合では悪いパフォーマンスをすれば、簡単に敗退が決まるということが証明された」 「日本に敗れたとはいえ、未だに優勝候補の一角であることに変わりはない。フランス代表とブラジル代表も有力だと思う。あとはイングランド代表や、オランダ代表、アルゼンチン代表なども可能性があるチームだろう。しかし、私はスペインがこのW杯で好成績を残すと思っている」 「ルイス・エンリケは批判を受けながらも、若手選手へのこだわりを貫いた。彼は自分のスタイルでチームをマネジメントしており、これまで素晴らしい仕事をしてきた」 2022.12.04 13:36 Sun
twitterfacebook
thumb

本田圭佑の解説が話題の「ABEMA」で日本vsクロアチアが観られないことも? 入場制限の可能性を告知…地上波はフジテレビが放送

カタール・ワールドカップ(W杯)の全64試合を放送する「ABEMA」が、5日に迫った日本代表vsクロアチア代表について入場制限の可能性を発表した。 1日、日本はグループステージ最終節でスペイン代表と対戦。2-1と見事な逆転勝利を収め、グループ首位でラウンド16に進出した。 新しい景色としてベスト8以上の成績を目標としてきた中、その新しい景色を見られるかどうかが懸かった重要な一戦は、5日(月)の24時からスタートする。 遅い時間ではあるものの、比較的観戦が可能な時間のキックオフということもあり、これまで以上の人が応援することになるはず。そんな中、「ABEMA」が事前に通達を行った。 「連日多くのみなさまに「FIFA ワールドカップ カタール 2022」を楽しんでいただいており、日本史上初となるベスト8かけた一戦となる当日も、多くのアクセスが「ABEMA」に集中することが予想されます」 「そのため、快適な視聴環境を維持するために必要だと判断した際には、「ABEMA」への入場制限をさせていただく場合がございます」 サーバーへの負荷の影響も考えてのこと。ドイツ戦、スペイン戦も多くの視聴者がいた中、クロアチア戦は「ABEMA」で観られない人も出る可能性があるようだ。 また、ここまで3試合で解説を務めた本田圭佑も再び解説を務めることに。名物となりつつある本音の解説を聴きたい人も多いはずだ。 なお、地上波ではフジテレビが生中継。本田の解説は聴くことはできないが、ゲストに元日本代表監督の岡田武史氏、解説は清水秀彦氏、風間八宏氏、坪井慶介氏、小野伸二氏、田中マルクス闘莉王氏が務める予定となっている。 2022.12.04 13:28 Sun
twitterfacebook
thumb

世界中が驚いた日本代表の美女サポーター、ベスト8懸けて戦うクロアチア主将モドリッチとの激レア2ショット披露も「日本が勝たせて頂きます」

世界中を驚かせた日本代表の美女サポーターが驚きの2ショットを披露した。 カタール・ワールドカップ(W杯)で躍進を見せる日本代表。ドイツ代表、スペイン代表と世界屈指の強豪国を相手に連勝したことが世界中で話題となった。 一方で、日本代表のサポーターも大きな話題に。ゴミ拾いをする姿が称賛されたほか、休暇をくれたメッセージを紙に書いた男性、スペイン戦の逆転ゴールが決まった後に早々と泣いていた男性などが世界中で取り上げられた。 その中でも、最も世界を驚かせ、大きな反響を受けたのがドイツ戦前に国際サッカー連盟(FIFA)の国際映像に映り込んだ女性サポーター。東京発ガールズバンド「PARADOXX」のドラムを務めるSHONOさんだが、一気にSNSのフォロワーが爆増したことが話題となり、帰国後はワイドショーなどに数多く出演して反響の大きさを語っていた。 そのSHONOさんは、日本代表だけでなく、レアル・マドリー、そしてジュビロ磐田も好きとされ、日本の他にはクロアチア代表を応援していることを明かしており、中でもキャプテンのMFルカ・モドリッチが大のお気に入りだった。 そのクロアチアとは日本がベスト8を懸けてラウンド16で対戦。まさかの対戦となったが、インスタグラムではそのモドリッチとの2ショットを披露した。 SHONOさんはインスタグラムで「だいだいだいだいだーーーーーい好きなモドリッチにはごめんなさい。ここは日本が勝たせて頂きます」とラウンド16では勝たせてもらうことを宣言。それでも、2ショットともにモドリッチとのエピソードを明かした。 「先日クロアチアまで取材に行った時に撮った写真。大好きなモドリッチと」 「まだモドリッチが19番だったころのユニフォームに快くサインを書いてくれて、「マドリードダービー、ヴィニシウスに出したパスが最高でした!」って言ったら「よく見てるね」って言ってくれたの!!!ずーーーーーーーっと見てたよ!!!わら」 「まじ天使すぎる」 大好きな選手との対面を果たしていたことも驚きだが、モドリッチも世界が驚いた美女サポーターに笑顔が止まらない様子。SHONOさんは再び勝利の女神となれるだろうか。 <span class="paragraph-title">【写真】世界が驚いた日本代表の美女サポーター、大好きなモドリッチとの激レア2ショット</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/Clqn1mkJCJZ/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/Clqn1mkJCJZ/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/Clqn1mkJCJZ/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">(@shono.contact)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.12.04 13:03 Sun
twitterfacebook
thumb

連覇目指すフランス代表指揮官、ポーランド代表の守備力を警戒「リスペクトするべき」

フランス代表のディディエ・デシャン監督は、ポーランド代表への警戒を強めた。フランス『RMC Sports』が伝えている。 カタール・ワールドカップ(W杯)で大会連覇を目指すフランス。グループDで開幕から連勝を果たすと、第3節ではチュニジア代表に0-1で敗れたものの、首位通過を果たした。 3大会連続となるベスト8進出を懸け、4日に行われるラウンド16の対戦相手はポーランド。デシャン監督とDFバンジャマン・パヴァールの間で対立が報じられるなど、チーム内に不穏なムードも漂う中で決戦に挑む。 デシャン監督は前日会見で、ポーランドの特徴を分析。高い守備力を持っていると評しつつも、自らのチームのアタッカー陣がそれを打ち破ることを信じていると語った。 「相手のチームは、ここまでの3試合で守りに徹してきた。ディフェンスの場面が多かったし、そこでの技術も高い」 「一方で、そこだけにフォーカスしてはいけない。チームは国際経験豊富な選手が中心となっている。(ヴォイチェフ・)シュチェスニー、(カミル・)グリク、(ロベルト・)レヴァンドフスキ。若い選手もいる。相手のチームがここまでやってきたことはリスペクトするべきだ。シュチェスニーの活躍は決定的だっだ」 「しかし、我々の選手たちも、その活躍で期待に応えてくれる。相手に問題を起こすための攻撃的な主張を何度もしてくれるだろう」 また、対戦相手のレヴァンドフスキについては「こういったタイプの選手に対しては、その影響を制限する必要がある。体の使い方がとても上手く、わずかな隙を与えたら危険だ。フォーカスしすぎるのも良くないがね」とコメント。絶対的エースストライカーの完封に向けた対策を明かした。 2022.12.04 12:49 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly