「これが神のお仕事です」名古屋GKランゲラックの好セーブにファン脱帽「0から100までミッチが神」

2022.03.20 20:45 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
名古屋グランパスの元オーストラリア代表GKランゲラックの好守には、名古屋サポーターはもちろん、対戦相手のファンも脱帽のようだ。

名古屋グランパスは20日、明治安田生命J1リーグ第5節で柏レイソルをホーム、豊田スタジアムに迎えた。

3試合ぶりの勝利を目指した名古屋だったが、立ち上がりの6分、ドバイカップに臨むU-21日本代表メンバーにも選出された細谷真大にゴールを許してしまう。

18分にマテウス・カストロの得点で追い付き、以降も互いがビッグチャンスを作る白熱の展開に。同点で迎えた60分には柏が華麗なワンタッチのパスワークで決定機を迎えるが、ランゲラックが立ちはだかる。

細谷に通れば1点という川口尚紀のグラウンダーのクロスを先んじて触ると、こぼれ球に反応した大南拓磨のシュートも至近距離でブロック。さらに、小屋松知哉のシュートこそ股を抜かれたが、勢いを殺したことでゴールカバーに入ったチアゴが処理をした。

飛び出しの判断や次プレーへの移行、そして見事なセービングを披露したランゲラック。ファンからも「これは胸熱」、「まさに守護神」、「天下一の守護なり」、「これが神のお仕事です」、「0から100までミッチが神だし去年の守備が恋しくて無理」などのコメントが寄せられている。

また、このプレーは名古屋サポーターだけでなく「この崩しは完璧すぎた」という柏のファンも脱帽の様子。「これで決まらないのなら仕方がない」と、相手サポーターをもうならせた。

ランゲラックだけでなく、キム・スンギュの好セーブも光った一戦は、このままタイムアップを迎え、勝ち点1を分け合うこととなった。

1 2

関連ニュース
thumb

仲間の技あり弾で鹿島が先制も、マテウスのPKで名古屋が追い付きドローに【明治安田J1第18節】

26日、明治安田生命J1リーグ第18節の名古屋グランパスvs鹿島アントラーズが豊田スタジアムで行われ、1-1の引き分けに終わった。 前半戦を連敗で折り返すことになった名古屋だが、今節は頼れる守護神が復帰。第16節サンフレッチェ広島で9分に負傷交代したGKランゲラックが、2試合ぶりに戻ってきた。 前半戦を2位で折り返した鹿島にとっては、前日に首位の横浜F・マリノスが勝利したため必勝の一戦に。鈴木優磨が出場停止から戻り、古巣対戦となるキム・ミンテが第3節柏レイソル戦以来のスタメンとなった。 素早いトランジションから柿谷がゴールに迫るなどした序盤の名古屋は、森下が11分に個人技を見せる。深い切り返しで2人を外してのカットインからの左足は、右上の際どいコースを突いたが、GKクォン・スンテに阻まれた。 20分には鹿島が均衡を破ったかに思われた。GKのロングキックをカイキが頭でつなぎ、仲間が相手と競り合ったこぼれ球を再びカイキが拾って縦へ。ボックス内でパスを受けた上田は、中谷のチャージを受けながらもブレずに右足で流し込んだ。 だが、オンフィールドレビュー(OFR)の結果、上田が胸トラップ後に左腕を使ってボールをコントロールしたとしてハンドの判定に。鈴木や鹿島ベンチは猛抗議するもノーゴールのままで、直後のチャンス後にも鈴木は再び山本主審に言い寄った。 ただ、これで気持ちを切らさなかった鹿島は33分に正真正銘の先制点を奪取。三竿のフィードが柿谷当たって大きく浮き上がり、敵陣中央で上田が競り合ってディフェンスラインの背後へ落とすと、抜け出した仲間がケアにきたGKランゲラックより先に触る。滑り込みながらちょこんと浮かせる技ありのフィニッシュでネットを揺らし、試合を動かした。 J1ホーム通算250勝が懸かる名古屋は仙頭のシュートやマテウス・カストロの直接FKで反撃に出ると、折り返した後半は頭からラッシュ。稲垣のクロスがピトゥカのハンドを誘発してPKを獲得すると、マテウスの強烈な左足のキックは左のポストに当たってゴールに吸い込まれ、51分に同点とした。 3試合ぶりの得点がJ1ホーム通算800得点となった名古屋は、その後もマテウスやレオ・シルバが積極的に足を振る。58分には稲垣のフリックからフリーの柿谷がこれ以上ないというくらい狙いすませてのボレーを放つも、枠の上へ外れた。 追い付かれて劣勢が続く鹿島は59分に3枚替えを行い、一度試合を落ち着かせることに成功。押され気味の展開をフラットな状態へ戻し、その中で74分に投入された樋口のFKからカイキがヘディングを見せると、82分にも「14」番のキックからカイキが左ポスト直撃のシーンを作る。 後半のアディショナルタイムには名古屋もマテウスの突破からチャンスを迎え、右サイドをえぐってのマイナスの折り返しを稲垣がスルーしてボックス手前からレオ・シルバが右足で狙う。追加3分には相馬にもビッグチャンスが訪れたが、GKクォン・スンテの前に阻まれると、互いに次のゴールを奪えぬままタイムアップ。勝ち点「1」を分け合うこととなった。 名古屋グランパス 1-1 鹿島アントラーズ 【名古屋】 マテウス・カストロ(後7) 【鹿島】 仲間隼斗(前33) 2022.06.26 20:03 Sun
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第18節:名古屋vs鹿島】首位を追いかける鹿島、連敗中の名古屋ともに必勝の一戦

【明治安田生命J1リーグ第18節】 2022年6月26日(日) 18:00キックオフ 名古屋グランパス(10位/20pt) vs 鹿島アントラーズ(3位/33pt) [豊田スタジアム] ◆不安定な戦い、手痛い1敗から立ち直れるか【名古屋グランパス】 前半戦を終えてチームは10位と中位に位置。しかし、後半の戦い方次第では、上位にも下位にも行く可能性がある状況だ。 前半戦は安定しない戦いを見せた中、最後に連敗。シーズン初の連敗で折り返し、さらに低迷する浦和に3-0で完敗を喫するなど、チームとして不安な材料が並んでいる。 無得点どころかチャンスもほとんどなく、守備も崩壊。セットプレーから2失点だけでなく、完璧に崩されて流れの中からも失点した。 天皇杯ではJ2のツエーゲン金沢に1-0。スコア以上のチャンスを作ったことを考えると、満足行く結果とは到底言えず、結局のところ決定力不足という課題は一向に改善されない状況だ。 ここからの残りシーズンをどう戦うのか。不安定さを払拭しなければ、残留争いに巻き込まれる可能性も大だ。 ★予想スタメン[3-3-2-2] GK:武田洋平 DF:中谷進之介、藤井陽也、丸山祐市 MF:森下龍矢、レオ・シルバ、相馬勇紀 MF:稲垣祥、仙頭啓矢 FW:マテウス・カストロ、柿谷曜一朗 監督:長谷川健太 ◆優勝に向け白星発進を【鹿島アントラーズ】 前半戦を終えた段階で首位と勝ち点差1の2位。近年では最も良い成績でシーズンを折り返した。 ホームで京都サンガF.C.を打ち破った中、試合後には悲劇が。運営スタッフの2人が信号付きの横断歩道を渡りながらも交通事故で他界。残念すぎるニュースに、改めてチームを支えてくれる人々への気持ちが高まったはずだ。 ミッドウィークの天皇杯は主軸と控え組を合わせたメンバーで臨み、J2の大宮アルディージャを圧倒。全く寄せ付けることなく3-0で快勝し、鈴木優磨、上田綺世もゴールで共演した。 ここからの後半戦、首位の横浜F・マリノスは勝利したが、3位の川崎フロンターレは引き分けで勝ち点1止まり。首位についていくためにも必勝だ。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:クォン・スンテ DF:常本佳吾、関川郁万、三竿健斗、安西幸輝 MF:ディエゴ・ピトゥカ MF:和泉竜司、樋口雄太、アルトゥール・カイキ FW:上田綺世、鈴木優磨 監督:レネ・ヴァイラー 2022.06.26 15:14 Sun
twitterfacebook
thumb

揺れたジョーの移籍問題、名古屋への3億5000万円の支払いで決着「肯定的に受け入れます」

名古屋グランパスは24日、かつて所属した元ブラジル代表FWジョーの移籍に関する裁定を発表した。 2018年に名古屋グランパスへと加入したジョーは、加入1年目から活躍し、明治安田J1で24ゴールを挙げ、得点王とベストイレブンを受賞。しかし、2年目は思うような活躍ができず6ゴールにとどまっていた。 そのジョーは2020シーズンはケガの影響もあり出遅れると、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大による中断期間中にコリンチャンスへと移籍した。 しかし、名古屋は退団の際に契約問題についてFIFAの選手やチーム間係争などを取り扱う紛争解決室に委ねると、コリンチャンスとジョーが340万ドル(約4億5900万円)を支払うという裁定が出ていた。 しかし、この決定に対してジョーとコリンチャンスは支払う気がないことを主張。スポーツ仲裁裁判所(CAS)へと控訴していた。 この控訴の結果が6月15日に出ており、コリンチャンスとジョーは名古屋に補償金を支払うように命じられることに。金額は減額し、260万ドル(約3億5000万円)の支払いとなった。 名古屋は今回の裁定について声明を発表。肯定的に受け入れるとした。 「名古屋グランパスは、2022年6月15日にCAS(スポーツ仲裁裁判所/スイス・ローザンヌ)が、ジョー選手(ブラジル国籍)とコリンチャンス(ブラジル国)に対して下した裁定を肯定的に受け入れます」 「この決定は、ジョー選手の契約違反にあたって、クラブがジョー選手との雇用契約を解除する正当な理由があり、ジョー選手およびコリンチャンスが支払うべき契約解除金を認定したものです。今回の裁定により、クラブの公正さが立証され日本サッカー界の信望が守られたことを肯定的に受け止め、この裁定に関わった全ての関係機関・関係者の皆さまに感謝を申し上げます」 2022.06.24 10:19 Fri
twitterfacebook
thumb

名古屋FW酒井宣福が練習中に左ヒザ内側側副じん帯損傷…6~8週間の離脱

名古屋グランパスは23日、FW酒井宣福の戦線離脱を報告した。 15日のトレーニング中に受傷してMRI検査を受けたところ、左ヒザ内側側副じん帯損傷と診断。治療期間として6~8週間を要する見込みだ。 酒井はサガン鳥栖から今季より完全移籍加入。ここまで公式戦19試合に出場して2得点だった。 2022.06.23 17:35 Thu
twitterfacebook
thumb

29日にプライムステージ抽選会のルヴァンカップ、出席選手が決定!

Jリーグは23日、JリーグYBCルヴァンカップ・プライムステージ組み合わせ抽選会に出席する選手8名決定を発表した。 今季のルヴァンカップはプレーオフステージまでの戦いが終わり、サンフレッチェ広島、アビスパ福岡、セレッソ大阪、名古屋グランパスが勝ち残り。そこに川崎フロンターレ、横浜F・マリノス、ヴィッセル神戸、浦和レッズのAFCチャンピオンズリーグ組をプラスした計8チームでプライムステージの戦いが始まる。 プライムステージに向けては29日15時30分からオープンドローを予定。川崎FのMF橘田健人、横浜FMのFW宮市亮、神戸のFW小田裕太郎、浦和のGK鈴木彩艶がチームの代表選手として出席が決定済みだったが、残る4チームは未定だった。 そして、新たに広島のFW鮎川峻、福岡のFW金森健志、C大阪のDF山中亮輔、名古屋のMF甲田英將が参加決定。その模様はJリーグの公式Youtubeチャンネルでライブ配信される。 2022.06.23 16:15 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly