怒りで胸ぐら掴んだDFが急転、とびきりの笑顔で厚い抱擁!ファンも称賛「最も愛すべき出来事」

2022.03.06 21:15 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ファウルを受けて倒されたにも関わらず、相手選手を抱擁したシーンが反響を呼んでいる。プレミアリーグで最下位に沈むノリッジは5日、15位・ブレントフォードをホームに迎えた。

ともに今季プレミア昇格を果たし、残留を争うライバルだけに、絶対に負けられない一戦だったが、32分に先制点を献上して追い掛ける展開となってしまう。
なおも40分には、ファウルを受けたDFブランドン・ウィリアムズが転倒。エキサイティングしたのか、相手の胸倉をつかみかかろうとしてしまう。だが、相手の顔を見た瞬間に一変。とびきりの笑みを浮かべて相手選手に抱き着いた。

ウィリアムズを倒したのはMFクリスティアン・エリクセン。昨夏のユーロ2020で心停止を起こし、心肺蘇生法で一命をとりとめたデンマーク代表だ。

当時インテルに所属していたエリクセンは、その後の手術で心臓に植え込み型除細動器(ICD)を装着したが、イタリアのスポーツ界ではICDを装着した状態でのプロスポーツ活動が認められないことから、双方合意の上でクラブとの契約を解消していた。

以降は古巣アヤックスなどで練習に励み、再起を図るなか、今年1月にブレントフォード入りを果たす。トレーニングマッチなどで感覚を養うなど復帰へのプロセスをこなし、2月26日第27節のニューカッスル・ユナイテッド戦で途中出場。約8カ月ぶりに公式戦の舞台に立った。

ノリッジ戦では復帰後初先発を飾ったエリクセン。そのような戦士に怒りをぶつけることなど誰ができようか。このシーンにはファンからも「美しい」、「最も愛すべき出来事」、「親友になれたかな」、「エリクセンが大好きです」などの声が届けられることとなった。

1 2

関連ニュース
thumb

「こういうの好き」「サポーターの鑑」ボールを拭くタオルの代わりに自分のシャツを差し出すサポが登場「これが12番目の選手」

サポーターも選手とともに戦う仲間であることを示した。 5日に行われたEFLチャンピオンシップ第20節、ロザラム・ユナイテッドvsノリッジで、ホームのロザラムがスローインを得た場面でそれは起きた。 スロワーのウェスリー・ハーディングは濡れたボールが気になるのか、ユニフォームで拭き続け、一向にフォームに入らない。 すると、見かねた1人のサポーターが突然シャツを脱ぎ始め、これを使えとハーディングへぶっきらぼうに投げ渡した。選手は驚きつつもこれを受け入れ、感謝しつつサポーターのシャツでボールの露を拭き倒した。 身を以て選手を助けたファンには、閲覧者から「もっと評価してあげて」、「素晴らしいね!こういうの好き」、「これが一丸」、「サポーターの鑑」、「一体感すげー」、「これが12番目の選手と呼ばれているもの」などの賛辞が寄せられている。 意外な支援を受けたロザラムだったが、試合は1-2で敗戦。ホームのサポーターに勝利を届けることはできなかった。 <span class="paragraph-title">【動画】ボールを拭くのにタオルでなく自分のシャツを差し出すサポーター</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Anything for the team!<a href="https://twitter.com/hashtag/EFL?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#EFL</a> | <a href="https://twitter.com/OfficialRUFC?ref_src=twsrc%5Etfw">@OfficialRUFC</a> <a href="https://t.co/RVTqPnTOpT">pic.twitter.com/RVTqPnTOpT</a></p>&mdash; Sky Bet Championship (@SkyBetChamp) <a href="https://twitter.com/SkyBetChamp/status/1589580561026543618?ref_src=twsrc%5Etfw">November 7, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.11.17 21:45 Thu
twitterfacebook
thumb

テン・ハグ監督が右SBの補強求めるユナイテッド、ノリッジの若手DF獲得を検討?

マンチェスター・ユナイテッドが、チャンピオンシップ(イングランド2部)に所属するノリッジ・シティのイングランド人DFマックス・アーロンズ(22)の獲得を検討しているようだ。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 今夏からエリク・テン・ハグ監督の新体制が発足し、FWアントニー、MFカゼミロ、MFクリスティアン・エリクセン、DFリサンドロ・マルティネスら即戦力を次々と獲得したユナイテッド。プレミアリーグ開幕直後こそ苦戦したものの、積極補強が功を奏し、リーグ戦12試合を消化して5位の好位置につけている。 ただし、右サイドバックに関しては、テン・ハグ監督は満足していないようだ。DFジエゴ・ダロトが成長をアピールする一方で、DFアーロン・ワン=ビサカは構想から外れつつあることから、層の強化を画策。指揮官の同胞でもあるレバークーゼンのU-21オランダ代表DFジェレミー・フリンポン(21)の動向を注視しつつ、アーロンズへの関心も強めているとのことだ。 ノリッジの下部組織出身であるアーロンズは、2018年にファーストチームデビューを果たすと10代ながら主軸に定着。今夏はビッグクラブの関心を受けながらもチャンピオンシップに降格したノリッジに残留し、ここまで公式戦17試合に出場して1ゴールを記録している。 2022.11.01 18:11 Tue
twitterfacebook
thumb

「恥ずかしい」イギリス新首相のトラス氏、応援するクラブ明かすもファン激怒「やめてくれ」「好きになるな」

イギリスの新首相になることが決定的なリズ・トラス氏だが、あるクラブのファンが激怒している。 イギリスの保守党は5日、ボリス・ジョンソン元首相の後任を選ぶ党首選挙を実施。リーズ・トラス外相(47)が新党首に選ばれた。 6日にエリザベス女王の任命を受けて正式に首相に就任することとなり、第78代首相になる。 イギリスにおいては3人目の女性首相の誕生となる中、サッカー界ではひと騒動起きている。 オックスフォード出身のトラス氏は、若い頃にリーズに在住。リーズ・ユナイテッドのファンだったという。 しかし、その後ノーフォークに移住。そこで、リーズからノリッジ・シティを応援するようになったようだ。 リズ氏は選挙活動中の中の演説で、「私はノリッジ・シティのサポーターになりました。彼らは素晴らしいファミリークラブです。何て言えばいいですか? (オーナーである )デリア(・スミス)は素晴らしい女性で、素晴らしい料理研究家です」とコメント。ノリッジのファンになったことを明かしていた。 しかし、リーズのファンからは応援するクラブを乗り換えたことでブーイングが。一方で、労働党との選挙に勝つ必要があり、リーズの英雄であるドン・レヴィ氏のメンタリティを受け継がなければならないとコメント。これにより、ノリッジファンの反感を買うこととなってしまった。 これにはファンも反応。「ノリッジが好きだというのはやめてくれ」、「これほど恥ずかしいと思ったことはない」、「好きになるのを禁じる」と、全く受け入れる気はないようだ。 イギリスの首相にとっては、サッカー界に対する制作など様々な面でスポーツとも関わることになるが、前途多難といったところだろうか。 2022.09.06 15:40 Tue
twitterfacebook
thumb

レッチェがロストフからノルウェー代表MFノルマンをレンタルで獲得…昨季はノリッジでプレミア23試合に出場

セリエA昇格組のレッチェは16日、FCロストフからノルウェー代表MFマティアス・ノルマン(25)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。1年間のレンタル移籍となる。 ノルマンはボデ/グリムトやブライトン&ホーヴ・アルビオン、モルデでプレー。2019年1月にブライトンからロストフへと完全移籍した。 2021年8月からはノリッジ・シティへとレンタル移籍。2021-22シーズンのプレミアリーグでは23試合に出場し1ゴール3アシストを記録していた。 ノルウェー代表としても12試合に出場し1ゴールを記録。ロストフでは橋本拳人の後方でアンカーを務めていた。 昇格組のレッチェにとっては、中盤を支える大きな補強になると見られている。 2022.08.17 11:45 Wed
twitterfacebook
thumb

ノリッジがMFラムジーをレンタル移籍で獲得、アストン・ビラのアカデミー育ちのU-21イングランド代表

ノリッジは6日、アストン・ビラのU-21イングランド代表MFアーロン・ラムジー(19)がレンタル移籍で加入することを発表した。 なお、アストン・ビラと契約を延長した上でのレンタル移籍に。背番号は「20」となる。 アストン・ビラのアカデミー育ちのラムジーは、チェルトナムへのレンタル移籍を経験。ファーストチームに昇格せずにノリッジへとレンタル移籍することとなった。 2021-22シーズンのEFLカップでファーストチームデビュー。今夏のプレシーズンツアーでもファーストチームに帯同していた。 また世代別のイングランド代表を経験。試合には出場していないが、U-21イングランド代表にも招集されていた。 2022.08.06 07:45 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly