CBとしてチャンスを掴みたい川崎FのDF谷口彰悟「チャンスであることは間違い無い」

2022.01.20 21:01 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
日本代表候補トレーニングキャンプも4日目を迎えた中、川崎フロンターレのDF谷口彰悟がメディアのオンライン取材に応じた。

21日にはトレーニングマッチが控えている日本代表候補。すでに3日のトレーニングを終えた中、ゲーム形式のトレーニングが続いている。

強度の高いトレーニングが続く中で、各選手の連携や動きなどをチェック。カタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選に生き残るためのアピールが続いている。

ここまでの合宿について振り返った谷口は「僕の場合はチームの始動と同時に合宿が始まったので、ここが始動という感じでした。最初から上げていくことはわかっていたので、体作りや心構えは準備していましたし、トレーニングしてみても体のコンディションは良い感じに上がってきていると感じています」と一定の手応えを感じている様子。一方で、「トレーニングしながら頭の部分はもっとあげられると思いますし、体の部分もあげられると思います。良いトレーニングをしています」と振り返った。

今回はDF吉田麻也(サンプドリア)やDF冨安健洋(アーセナル)ら、CBに負傷者が出ており、招集されないと見られている。

CBの選手としてはレギュラー組がいないだけにチャンスではあるが、谷口は「チャンスであることは間違い無いです。そこの座を狙っていますし、1回1回の練習、ワンプレーワンプレーが勝負になってきて、その気持ちで臨んでいます。自分も戦える、できるというのを見せないとピッチには立てないです」とコメントした。

アピールしたいポイントについては「守備の部分では周りを動かすところとか、バランス、誰がどういう感じかは整理できているので周りに伝える、個々のバトルもこだわって見せていきたいです」とコメント。また攻撃面にも触れ「ビルドアップのところでは早く攻めるのか、ゆっくり持ちながら攻めるのかは、現代サッカーではCBがやらなければいけないので、そこは率先してやりたいですし、自信もありますので、率先してやっていきたいです」と語り、「ビルドアップの際に縦につけるパスなど隙を逃さないということは持ち味でもあるので、そこは発揮していきたいと思います」と意気込んだ。

その谷口だが、今回のW杯最終予選への意気込みはかなり強いようだ。

「今回1つチャンスでもあるなというのはもちろん感じています。結局、結果としてチームが勝たないといけないですし、後ろとしてもパフォーマンスを出さないといけないということはわかっています」

「チャンスを生かさないといけないですし、アピールしたいですし、結果を出さないといけない。中国戦、サウジアラビア戦で代表として連勝することしか考えていないですし、自分がチャンスを掴めたら全てを出していきたいと思います」

「ワールドカップに立つということを考えると、先ばかり見るのではなく目の前の試合をしっかりと戦う。準備をしっかりやることが大事になります」

今回は同じ熊本出身のMF荒木遼太郎(鹿島アントラーズ)、MF松岡大起(清水エスパルス)が合宿に参加。そして、同じ大津高校の後輩でもあるDF植田直通(ニーム)も招集される可能性が高い。

植田については「直通の場合は高校生の時から身体能力を含め、パワーを含めて素晴らしいものを持っていましたし、それを武器にしているなと改めて感じました」とコメント。「ヘディングでは絶対負けない、競り合いでは負けない、バトルでは負けないというのは隣ですごく感じて、頼もしく思いました」と代表で共演したときにも感じたという。

その点について「僕も刺激になりましたし、そこでは負けたくないですし、それ以外のところでも後輩ですが負けたくない気持ちがあります。その気持ちが大事で、それが成長につながると思います」と、後輩からも刺激を受けているという。

また「負けたくない部分は全てになりますが、とにかく良いプレーをしてということを常に考えています。ここは絶対負けたくないというのはあまり考えないですし、ライバルでありチームメイトなので、お互いの良さを引き出しつつ、それぞれがバトルはやっていかなければいけないです」とコメント。「今はライバル心をメラメラ燃やしている段階ではないですし、とにかくゲームを勝つということにフォーカスしているつもりなので、チャンスをもらった選手が持っているものを100%出すことが勝利に近づくと思っているので、みんなでやれればと思います」と、それぞれの良さを出してチームとして結果を出せればと語った。


関連ニュース
thumb

【2022年カタールへ期待の選手vol.104】「EL王者」の称号引っ提げ、カタールW杯メンバー滑り込みへ/鎌田大地(フランクフルト/MF)

「鎌田(大地=フランクフルト)と堂安(律=PSV)は所属チームで自分の存在をつねに見せ続け、いいプレーをしていた。タイトルを獲ったという自信は間違いなく彼らの力に上乗せされていく。貪欲に向上心を見せてくれるように期待しています」 6月の日本代表4連戦に向け、5月20日に行われたメンバー発表会見。森保一監督は2022年カタール・ワールドカップ(W杯)最終予選途中に外した2人を呼び戻すに至った理由を改めてこう語った。 とりわけ、昨年1月〜3月の重要な終盤4試合で選外にした鎌田大地を復帰させたのは、大きな出来事と言っていい。[4-3-3]への布陣変更でトップ下のポジションがなくなったことは彼にとって不運ではあったが、2021年の6試合では本来のよさを出しきれていなかったのも事実。今季からオリヴァー・グラスナー監督体制に移行したフランクフルトで、序盤は鎌田自身、出たり出なかったりの状況が続いたことも、代表での不振につながったのかもしれない。 しかしながら、代表から離れてクラブに集中したことが奏功したのも確かだろう。2022年になってからフランクフルトはドイツ・ブンデスリーガとUEFAヨーロッパリーグ(EL)の重要マッチが続いたが、そこで日本との二往復を強いられていたら、EL制覇という偉業達成の原動力にはなれなかったかもしれない。3月9日のレアル・ベティスとのEL決勝トーナメント2回戦で値千金の決勝弾を叩き出し、4月のバルセロナとの準々決勝2連戦にフル稼働できたのも、心身ともにフランクフルトの方に集中したことが大きい。 過去にも、大迫勇也(ヴィッセル神戸)が2015年6月〜2016年11月まで代表を外れている間に、当時所属のケルンでの戦いにフォーカスし、屈強で大柄なDF陣と渡り合う術を身に着けたことがあった。代表復帰した時の彼は自信満々でプレーし、前線のターゲットマンとして圧倒的存在感を示した。そこから彼が絶対的1トップに君臨し、現在まで至っているのだから、鎌田も同じような足跡を辿らないとも限らない。そんな期待が高まる一方なのだ。 森保監督も鎌田の目覚ましい成長を実感した様子だった。 「もともと持っていた攻撃能力を今はインテンシティの高い中でも発揮できている。上下動しながら技術を出すことをフランクフルトのグラスナー監督も要求していますが、本人はそれに適応し、レベルも格段に上がった。その結果、今季開幕当初よりも出場時間が増えて、絶対に外せないパフォーマンスを見せている。狭い局面だったり、相手とコンタクトした状況でもボールを失わず、彼の持ってる能力をハイレベルの中で出せるというのは大きい。ELのようにプレッシャーのかかる中でのプレーを日本代表でも出してほしいと思っています」 実際に現地視察した後、こう語ったように、指揮官の中での鎌田の位置づけがグーンとアップしたのは間違いない。となれば、どこでどのように起用するかが気になるところ。仮に最終予選からの[4-3-3]を継続するのであれば、インサイドハーフが主戦場となる。そこにはボランチタイプの田中碧(デュッセルドルフ)と守田英正(サンタ・クララ)がいて、強固な関係性の中に割って入るのは容易ではなさそうだ。 「状況や練習を見て最終的には決めたいと思っていますが、彼はインサイドハーフでもプレーできる選手だと思っています」と森保監督は彼の持つ非凡な攻撃センスを中盤に加えたいという意向を持っているようだ。 ただ、「形は1つではなく、チームのコンセプトの中でシステムを変えながらよさを発揮してもらうことにもトライしたい」とも話していたから、[4-2-3-1]に戻したり、フランクフルトのような3バック導入もあるのかもしれない。 [4-2-3-1]ならトップ下での再チャレンジが有力視されるし、3バックならフランクフルトと同じシャドウのポジションで勝負できる。その方が鎌田にとってはやりやすいはず。いずれにしても、EL王者の彼をうまく組み込むことが、代表のパワーアップの重要ポイントになるのは間違いなさそうだ。 半年を切ったカタール本大会の初戦の相手がドイツというのを視野に入れても、フランクフルトで傑出した実績を残した彼を使わない手はない。これまで守備や強度の部分に難があると言われてきた鎌田はその弱点を克服し、世界最高峰プレーヤーの仲間入りを果たした。EL決勝で冷静にPKを決めるほどの度胸も身に着けたのだから、不安なく世界との戦いに送り出せるはず。むしろ、彼がキーマンとなって日本を力強くけん引していってくれる可能性は大いにある。それだけの自覚を持って、鎌田には久しぶりの代表に合流してもらいたい。 W杯で成功を収めようと思うなら、2002年日韓大会の稲本潤一(南葛SC)、2010年南アフリカ大会の本田圭佑のように、ここ一番で大仕事をしてくれるW杯男の出現が必要不可欠だ。鎌田がその系譜を継ぐ存在になるか否か。まずは6月シリーズをしっかりと見てみたい。 <hr>【文・元川悦子】<br/><div id="cws_ad">長野県松本市生まれ。千葉大学卒業後、夕刊紙記者などを経て、94年からフリーのサッカーライターとなる。Jリーグ、日本代表、海外まで幅広くフォローし、日本代表は特に精力的な取材を行い、アウェイでもほぼ毎試合足を運んでいる。積極的な選手とのコミュニケーションを活かして、選手の生の声を伝える。</div> 2022.05.26 12:50 Thu
twitterfacebook
thumb

日本代表と対戦するパラグアイ代表メンバーが発表《国際親善試合》

パラグアイサッカー協会(APF)は25日、6月の親善試合に向けた代表メンバーを発表した。 今回発表されたメンバーは国外でプレーする選手のみとなっており、国内選手は週末のコパ・リベルタドーレスとコパ・スダメリカーナを終えたあとに発表されるとのこと。 注目はニューカッスルに所属するMFミゲル・アルミロンや、2022年シーズンからアルゼンチンの名門ボカ・ジュニアーズに活躍の場を移したMFオスカル・ロメロ。ミラン在籍歴もあるキャプテンのDFグスタボ・ゴメスも実力のある選手だ。 パラグアイ代表は、6月2日に日本代表と、同10日に韓国代表と親善試合を行う。日本代表とは2019年9月以来の対戦で、舞台は札幌ドームとなる。 ◆パラグアイ代表メンバー20名 GK アントニー・シルバ(ブエブラ/メキシコ) ファン・エスピノラ(ゴドイ・クルス/アルゼンチン) DF グスタボ・ゴメス(パルメイラス/アルゼンチン) フニオール・アロン(アトレチコ・ミネイロ/ブラジル) ダビド・マルティネス(リーベルプレート/アルゼンチン) ファビアン・バルブエナ(ディナモ・モスクワ/ロシア) ブラス・リベロス(ブレンビー/デンマーク) サンティアゴ・アルサメンディア(カディス/スペイン) オマール・アルデレテ(バレンシア/スペイン) MF アンドレス・クバス(バンクーバー・ホワイトキャップス/カナダ) マティアス・ガラルサ(コリチーバ/ブラジル) マティアス・ビジャサンティ(グレミオ/ブラジル) ホルヘ・モレル(エストゥディアンテス/アルゼンチン) オスカル・ロメロ(ボカ・ジュニアーズ/アルゼンチン) リカルド・サンチェス(クラブ・アメリカ/メキシコ) ヘスス・メディーナ(CSKAモスクワ/ロシア) ミゲル・アルミロン(ニューカッスル/イングランド) FW アンヘル・ロメロ(クルス・アスル/メキシコ) ガブリエル・アバロス(アルヘンティノス・ジュニアーズ/アルゼンチン) セバスティアン・フェレイラ(ヒューストン・ダイナモ/アメリカ) 2022.05.25 18:45 Wed
twitterfacebook
thumb

ドイツのJFAハウスの重要性/六川亨の日本サッカーの歩み

週明けの23日はJリーグとNPB(日本野球機構)の新型コロナウイルス対策連絡会議に始まり、フランスの国際大会に出場するU-19日本代表のメンバー発表、そして反町技術委員長の会見とZOOMでの取材が相次いだ。 そして24日はウズベキスタンで開催されるAFC U-23アジアカップに参加するU-21日本代表のメンバー発表に始まり森保一監督の定例会見と、夕方からはJFA(日本サッカー協会)ハウスでのFリーグキックオフカンファレンスを取材した。 まだ新型コロナウイルスが終息を迎えたわけではないが、Jリーグが声出し応援の実験に乗り出したように、「ウィズ・コロナ」として各年代で代表強化の試みが再スタートを切ったのは明るい話題と言っていいのではないだろうか。 その中で興味深いのが、U-19日本代表に選ばれたDF前田ハドー慈英(ジェイ/ブラックバーン・ローヴァーズFC)とDF高橋センダゴルタ仁胡(ニコ/FCバルセロナ)の2人だ。 彼らについて反町技術委員長は「JFAはヨーロッパに拠点がある。それはSAMURAI BLUEだけでなく、アンダーカテゴリーの発掘作業もしている。まず見に行き、映像をもらい、我々も見ている。今回は2名だが、候補は他にもいる。それは呼んでみないとわからないが、本人と会って、代表でやりたい意図はある。ニコは日本に住んだことはないが、関西弁をしゃべれる。ヨーロッパにJFAハウスができた理由でもある」と、JFAはグローバルな活動をしていることを紹介した。 このヨーロッパでの拠点は、80年代から日本の商社などが進出して日本人が多く暮らすドイツ(当時は西ドイツ)のデュッセルドルフに、20年10月に開設された。「海外組が代表の半分を占めるようになった」のがその理由で、仕事としてはヨーロッパに拠点をおく日本代表選手たちのサポートと、日本代表への招集に関して所属クラブやリーグとの調整だ。 今年の3月24日、アウェーのオーストラリア戦ではヨーロッパ各地から選手は飛行機を乗り継いでオーストラリア入りした。週末の各国リーグ終了後、ヨーロッパ各地にいる選手を、どのフライトで、どこをトランジットしてオーストラリアに行くか。考えただけでも膨大な労力が必要だろう。 それを現地では元札幌のマネジャーで、07年にJFAへ転籍した津村尚樹氏(現強化育成部/JFAヨーロッパオフィスダイレクター)が1人でこなしている。森保監督が4月にデュッセルドルフをベースに自動車でヨーロッパの選手を効率よく視察できたのも、津村氏がいたからに他ならないだろう。そして今回のU-19日本代表では選手発掘の役割も担ったようだ。 彼らが代表に定着するかどうかはこれからの活躍次第だが、大岩剛U-21代表監督が今後も海外組が増えるだろうという予想からすると、デュッセルドルフのスタッフは津村氏1人ではいつか限界が来るだろう。このためさらなるスタッフの拡充を、JFAはいまから考えておくべきだ。 日本人らしい発想のヨーロッパのJFAハウス。その効果に今後も期待したい。 <hr>【文・六川亨】<br/><div id="cws_ad">1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた</div> 2022.05.25 18:30 Wed
twitterfacebook
thumb

リバプールで公式戦10得点、南野拓実は日本人初のCL決勝出場なるか「日本最高のセカンドストライカー」

限られた時間で結果を残すリバプールの日本代表FW南野拓実に、国内から大きな期待が寄せられている。 今季のプレミアリーグではスタメン出場が1試合だった南野。セネガル代表FWサディオ・マネやエジプト代表FWモハメド・サラーなど、強力なタレントの後塵を拝したものの、計11試合に出場して3ゴールを記録。FAカップやEFLカップ(カラバオカップ)を含めれば、公式戦10得点という成果を残している。 チームはプレミアこそマンチェスター・シティに次ぐ2位に終わったものの、FAカップとカラバオカップではチェルシーを下し、トロフィーを掲げている。『DAZN Japan』は限られた出場時間の中でも結果を残したアタッカーのゴール集を作成。リーグ戦とFAカップで奪った6得点をまとめた。 ファンは「カラバオ杯は南野無しには優勝できなかった」、「限られた時間でしっかり結果を残していることは、本当に凄い」、「日本最高のセカンドストライカー」、「ホントにすごい夢を見させてもらった」と、南野の活躍を噛みしめている。 リバプール残留か移籍か、去就に注目が集まる南野だが、28日にはレアル・マドリーとのチャンピオンズリーグ(CL)決勝という大舞台が控えている。 CL決勝では2011-12シーズンに当時バイエルンの宇佐美貴史(現:ガンバ大阪)がベンチ入りしたが、出場はなく、試合もPK戦の末に敗れている。もし南野が出場すれば、男子のCL決勝で初めてピッチに立つ日本人選手となり、タイトル獲得ともなればとてつもない偉業を達成することとなる。 今季は随所で輝きを放った日本のエース。ラストマッチでも何かを期待せずにはいられない。 <span class="paragraph-title">【動画】南野拓実、今季リーグ&FAカップ全ゴール集</span> <span data-other-div="movie"></span> <iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/sI92G82RyO8" title="YouTube video player" frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; clipboard-write; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture" allowfullscreen></iframe> 2022.05.24 22:05 Tue
twitterfacebook
thumb

日本人カルテット擁するセルティック、来季ホームユニはスリーストライプを銀にマイナーチェンジか

セルティックの来季ホームユニフォームがリークされたようだ。『Footy Headlines』が伝えている。 横浜F・マリノスでも指揮を執ったアンジェ・ポステコグルー監督率いるセルティックは、スコティッシュ・プレミアシップで2季ぶり52度目の優勝を達成。リーグカップ制覇と併せて2冠を成し遂げた。 日本代表FW古橋亨梧を筆頭に、前田大然、旗手怜央、井手口陽介といったJリーグから海を渡った選手たちも軒並み結果を残し、国内外から大きな注目を集めた。 来季のチャンピオンズリーグ(CL)へもストレートインが決まったセルティック。どうやら2022-23シーズンのユニフォームデザインがリークされたようだ。 クラブの象徴とも言える緑と白のボーダーはそのままに、襟はVネックとなる模様。ボーダーの幅がやや太くなり、エンブレムとアディダスのロゴが緑のラインに乗るため、白地となる。肩のスリーストライプはシルバーでアクセントが付けられた。 また、目を凝らすと、緑のボーダー内に微細なパターンを見て取ることができる。 新たな日本人選手の獲得も噂されているセルティック。来季はどのような旋風を巻き起こすだろうか。 <span class="paragraph-title">【写真】リークされたセルティックの来季ホームユニフォーム</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Apparently the new Celtic home shirt (thanks to <a href="https://twitter.com/KitConnorsseur?ref_src=twsrc%5Etfw">@KitConnorsseur</a> for the heads up, don&#39;t know the original source of the photo) <a href="https://t.co/Kt3Uk7ywmj">pic.twitter.com/Kt3Uk7ywmj</a></p>&mdash; Jack Henderson (@hendocfc) <a href="https://twitter.com/hendocfc/status/1528108133444378626?ref_src=twsrc%5Etfw">May 21, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.05.24 21:06 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly