元スイス代表FWメーメディ、ヌリ・シャヒン率いるアンタルヤスポルに移籍

2022.01.15 19:15 Sat
Getty Images
トルコのアンタルヤスポルは14日、ヴォルフスブルクから元スイス代表FWアドミール・メーメディ(30)を獲得したことを発表した。契約は2024年までとなる。
PR
母国の名門チューリッヒでプロキャリアをスタートさせたメーメディは、ディナモ・キエフやフライブルク、レバークーゼンを渡り歩いて、2018年1月にヴォルフスブルクに加入した。加入後まもなくケガに見舞われてしまったものの、本格始動となった2018-19シーズンはブンデスリーガ26試合で6ゴール7アシストの成績を残した。
しかし、翌シーズン以降は目に見える結果が出せなくなり、昨季はチームの躍進とは裏腹に、個人としてはリーグ戦18試合2アシストにとどまった。そして今季はほとんど構想外となり、ブンデスリーガ開幕節のボーフム戦の3分間の出場を最後にピッチに立つことはなかった。

ユーロ2020を最後に76キャップを数えたスイス代表からも引退した30歳は、新天地としてアンタルヤスポルを選択。同クラブでは昨年10月から元トルコ代表のヌリ・シャヒンが監督を務めており、ブンデスリーガでしのぎを削った相手と共闘することになる。

なお、チームは現在スュペル・リグで15位と苦戦。降格圏と17位とは4ポイント差となっている。

PR
関連ニュース

ギラシーがドッペルパックで大台の20G、伊藤フル出場のシュツットガルトがヴォルフスブルクに逃げ切り勝利【ブンデスリーガ】

シュツットガルトは2日、ブンデスリーガ第24節でヴォルフスブルクとのアウェイ戦に臨み、3-2で競り勝った。シュツットガルトのDF伊藤洋輝はフル出場、DFチェイス・アンリはベンチ入りも出場せず、MF原口元気はベンチ入りしなかった 前節ケルン戦を引き分けた3位シュツットガルト(勝ち点47)は、伊藤が[3-4-2-1]の左センターバックでスタメンとなった。 13位ヴォルフスブルク(勝ち点25)に対し、ポゼッションする入りとなったシュツットガルトは11分、左クロスに合わせたヴァグノマンのボレーでゴールに迫ると、14分に押し切る。ミッテルシュタットの左クロスをギラシーがヘッドで合わせた。 先制後もボールを持って試合をコントロールするシュツットガルトは37分、ヒューリッヒが中央から際どいミドルシュートを浴びせて牽制。1点のリードで前半を終えた。 迎えた後半、前がかってきたヴォルフスブルクに対し、シュツットガルトは開始5分に追いつかれる。メーレにボックス左への侵入を許し、シュートを決められた。 それでも直後、ミロがドリブル突破を図り、ボックス右へ侵入したところでメーレに倒されPKを獲得。これをギラシーが決めて勝ち越した。 ギラシーの今季20ゴール目が決まったシュツットガルトは56分、ディフェンスライン裏に抜け出したヴァグノマンがネットを揺らすも、VARでオフサイドと判定され3点目を奪うには至らない。 それでもウンダブを投入したシュツットガルトは77分に勝負を決める。ルウェリングのパスをボックス右で受けたヴァグノマンがカットインから左足シュートを蹴り込んだ。 5分後、FKの流れからエンメチャにゴールを許したシュツットガルトだったが、3-2で逃げ切り。勝利を取り戻し3位の座を堅守している。 2024.03.03 04:29 Sun

長谷部欠場のフランクフルトが後半AT弾で低調ヴォルフスブルクとドロー【ブンデスリーガ】

長谷部誠の所属するフランクフルトは25日、ブンデスリーガ第23節でヴォルフスブルクと対戦し2-2の引き分けに終わった。長谷部はベンチ入りも出場機会はなかった。 公式戦5試合勝利のない6位フランクフルト(勝ち点33)が、リーグ戦7試合勝利のない14位ヴォルフスブルク(勝ち点24)をホームに迎えた一戦。前節今季リーグ初先発となった長谷部はベンチスタートとなった。 フランクフルトは開始早々に失点を許す。2分、右CKのクリアボールをペナルティアーク手前のアルノルトが右足ボレーシュート。これは右ポストに弾かれたが、こぼれ球を拾ったヴィンドの左クロスをファーサイドのラクロワにヘディングでゴールに押し込まれた。 先制を許したフランクフルトは14分、中盤でのボール奪取からカウンターを仕掛けると、ドリブルで持ち上がった11のラストパスをボックス左で受けた31がダイレクトシュートをニアサイドに流し込んだ。 追いついたフランクフルトだったが、36分にセットプレーから勝ち越しを許す。中盤で獲得したFKから素早くリスタートすると、これに反応したヴィンドがボックス左に落としたボールをメーレが右足アウトサイドでクロス。最後はゴール前のベーレンスがヘディングでゴールに流し込んだ。 迎えた後半、フランクフルトは67分にマックスファン・デ・ベークを下げてチャイビとエンクンクを投入。すると69分、エンクンクがゴール前へ絶妙なロングスルーパスを供給すると、走り込んだクナウフがボックス中央右からダイレクトシュートを放ったが、これはわずかにゴール左に外れた。 その後も互いに選手を入れ替えながらゴールを目指したが、拮抗した展開が続く。このまま試合終了かと思われたが、後半アディショナルタイムにフランクフルトが試合を振り出しに戻す。 92分、相手のクリアボール中盤のコッホが頭で弾き返すと、ボックス手前のチャンドラーが頭で繋いだボールをゴール前に抜け出したマーモウシュが冷静にゴールに流し込んだ。 結局、試合はそのまま2-2でタイムアップ。2度のビハインドを背負うも土壇場で追いついたフランクフルトが勝ち点1を拾った。 2024.02.26 01:45 Mon

コベルが好守連発もドルトムント、ヴォルフスブルクに追いつかれドロー【ブンデスリーガ】

ドルトムントは17日、ブンデスリーガ第22節でヴォルフスブルクとのアウェイ戦に臨み、1-1で引き分けた。 前節フライブルクに快勝した4位ドルトムント(勝ち点40)は、3日後にチャンピオンズリーグのPSV戦を控える中、マレンをベンチスタートとし、サンチョが3試合ぶりに先発に戻った。 12位ヴォルフスブルク(勝ち点23)に対し、フュルクルクを最前線に、2列目に右からブラント、ロイス、サンチョと並べたドルトムントは4分にベーレンスのミドルシュートでゴールに迫られたが、GKコベルが好守で阻止する。 すると8分、最初のチャンスで先制した。ザビッツァーのロングフィードをボックス内で受けたロイスがシュート。GKが弾いたルーズボールをフュルクルクが押し込んだ。 その後は小康状態が続いていた中、27分にパレデスのヘディングシュートでゴールを脅かされたドルトムントは、ハーフタイムにかけても膠着状態が続いていた中、追加タイム8分に大ピンチ。 しかしボックス右に侵入したベーレンスに決定的なシュートを許すもGKコベルがここもファインセーブで凌ぎ、1点のリードで前半を終えた。 迎えた後半、開始3分にザビッツァーのミドルシュートで追加点に迫ったドルトムントが押し込む流れとしていた中、62分にピンチ。バクのミドルシュートがディフレクトしてゴールに向かったが、GKコベルが好守で凌いだ。 しかし直後のCKからゲルハルトにヘディングシュートをねじ込まれ、ついに同点とされてしまう。 終盤、バイノー=ギテンスやムココを投入して勝ち越しゴールを目指したドルトムントは89分、ボックス左に侵入したバイノー=ギテンスのラストパスをザビッツァーがダイレクトで狙うも枠の上に外れてしまう。 そしてラストプレーのブラントの直接FKがわずかに枠を外れて1-1でタイムアップ。勝ちきれずPSV戦に向かうことになった。 2024.02.18 02:25 Sun

チェルシーも狙ったドイツ女子代表、レナ・オーバードルフがバイエルン移籍

バイエルンは15日、ヴォルフスブルクからMFレナ・オーバードルフ(22)の獲得を発表した。契約は2028年6月30日までとなる。 オーバードルフは守備的MFで、2020-21シーズンからヴォルフスブルクでプレーし、ブンデスリーガ通算99試合に出場。ドイツ女子代表では44キャップを積み上げ、2022年の欧州選手権では大会最優秀若手選手に輝いた。 イギリス『スカイ・スポーツ』によると、ヴォルフスブルクとの契約満了が迫るなかのフリー移籍で、契約金は40万ユーロ(約6400万円)ほど。チェルシーも獲得を狙ったというが、ドイツ内移籍で去就決着となった。 バイエルンの女子チームマネージャーを務めるビアンカ・レヒ氏は「ドイツで最も才能のある選手の1人であり、将来有望な選手」と喜んだ。 「レナにバイエルン入団を説得できてとても嬉しく思う。彼女は私たちがこれからも成功を収め続けるのに不可欠な価値観を体現してくれると確信しているし、夏から私たちのためにプレーするのを楽しみにしている」 また、オーバードルフは「監督や強化部長と良い話ができたし、クラブがこれからの数年で達成したいビジョンをとても気に入った」と話した。 「彼女らは私にどれだけ可能性があるのか、何を引き出せるのかを説明してもくれた。私はまだ完成された選手だと思わない。夏まではヴォルフスブルクで全力を尽くし、それからの新たな挑戦を楽しみにしている」 2024.02.16 10:55 Fri

フィリップがフライブルクに完全移籍、買取義務が発動

ヴォルフスブルクよりレンタルでフライブルクに加入していたドイツ人MFマクシミリアン・フィリップ(29)の買い取り義務が発動したようだ。ドイツ『キッカー』が報じている。 攻撃的MFのフィリップは昨年夏、ヴォルフスブルクからレンタルでフライブルクに加入。今季はケガで10月下旬から12月下旬まで戦列を離れた中、ブンデスリーガ10試合1ゴール、ヨーロッパリーグ3試合1ゴールを記録していた。 MF堂安律やMFヴィチェンツォ・グリフォらのバックアッパーといった立ち位置だが、来季以降もフライブルクでプレーすることが決まったようだ。 2024.02.13 23:10 Tue
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly