FAカップ4回戦の対戦カード決定! アーセナルを下したノッティンガムは前回王者レスターと対戦《FAカップ》

2022.01.10 07:30 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
FAカップ4回戦の組み合わせ抽選会が行われた。

プレミアリーグ勢が参戦した3回戦ではアーセナルやニューカッスル、バーンリーがジャイアントキリングを許した。

その3回戦を勝ち抜いた32チームによって争われる4回戦では、トッテナムvsブライトン&ホーヴ・アルビオン、エバートンvsブレントフォードのプレミアリーグ勢対決が実現。
前回王者のレスター・シティは、3回戦でアーセナルを下したノッティンガム・フォレストはと対戦。そのほか、プレミアリーグで首位を走るマンチェスター・シティはチャンピオンシップ(イングランド2部)のフルアムと、アストン・ビラとのプレミア対決を制したマンチェスター・ユナイテッドは、チャンピオンシップのミドルズブラと対戦する。

また、南野拓実の所属するリバプールはチャンピオンシップのカーディフと激突する。今回、決定した4回戦の抽選結果は以下の通り。

◆FAカップ4回戦
クリスタル・パレス vs ハートリプール(4)
ボーンマス(2) vs ボレアム・ウッド(5)
ハダースフィールド(2) vs バーンズリー(2)
ピーターバラ(2) vs QPR(2)
ケンブリッジ・ユナイテッド(3) vs ルートン・タウン(2)
サウサンプトン vs コヴェントリー(2)
チェルシー vs プリマス(3)
エバートン vs ブレントフォード
キダーミンスター・ハリアーズ(6) vs ウェストハム
マンチェスター・ユナイテッド vs ミドルズブラ(2)
トッテナム vs ブライトン&ホーヴ・アルビオン
リバプール vs カーディフ(2)
ストーク・シティー(2) vs ウィガン(3)
ノッティンガム・フォレスト(2) vs レスター・シティー
マンチェスター・シティー vs フルアム(2)
ウォルバーハンプトン vs チャールトン(3)
※数字は所属カテゴリー


関連ニュース
thumb

プレミアリーグがFA杯とEFL杯の新ルールを提案、後者はトップ6の不参加が可能に?

現在、プレミアリーグでFAカップとEFLカップの今後の方針変更が検討されているようだ。イギリス『タイムズ』が伝えている。 今回の議題の根幹にあるのは過密日程の緩和。21日に予定されているプレミアリーグの株主総会で、国内2つのカップ戦のレギュレーションについて新たな提案がなされるようだ。 注目すべき提案の1つは、FAカップの3回戦と4回戦における再試合制度の廃止。通常、90分で決着が着かなければもう一度フルタイムで試合を行うというレギュレーションだが、2016年に準々決勝の再試合が廃止されるなど、ここ数年の縮小化を鑑みると考慮すべき項目だ。 一方で2018年に5回戦の再試合制度が復活されたケースもあるが、2021-22シーズンに新型コロナウイルスの影響で既に3回戦と4回戦の同制度が撤廃された事例もあるため、実行は可能なはずだ。 そして、最も注目すべきはEFLカップについて。欧州大会に参加しているクラブに限り、トップチームではなくU-21チームでエントリーする、あるいは全くもって不参加とするかが提案されている模様。過去9回の優勝クラブがいわゆるトップ6であったことを考えると、これは劇的な変化になりそうだ。 これらの提案に関する決定が今回の会議でなされる可能性は低いとのことだが、仮に採用されたとすれば、24-25シーズン以前に変更されることが予想されている。 2022.09.20 22:40 Tue
twitterfacebook
thumb

南野拓実がFAカップのベストイレブンに選出! 4試合3ゴールでチームの決勝進出に貢献

リバプールの日本代表MF南野拓実が、2021-22シーズンのFAカップのベストイレブンに選出された。 なかなかレギュラーポジションを掴めずにいる南野。今シーズンもプレミアリーグでは11試合の出場に終わり、3ゴールを記録するにとどまっていた。 しかしながら、EFLカップ(カラバオカップ)では5試合に出場し4ゴール1アシスト、FAカップでは4試合で3ゴールを記録。チームの決勝進出に大きく貢献すると、どちらも出番はなかったが見事2冠を達成していた。 大事な試合には起用されないという苦しい立場にあることは変わらない一方で、ユルゲン・クロップ監督をはじめ、選手たちも南野の貢献には大きな賛辞を送っていた。 その南野だが、しっかりと評価されることに。ファン投票によるベストイレブンで、見事3トップの一角に入った。 システムは[4-3-3]。GKはケンブリッジ・ユナイテッド(イングランド3部)のディミタール・ミトフ。チームを4回戦まで導いていた。 最終ラインは、左からコンスタンティノス・ツィミカス(リバプール)、チアゴ・シウバ(チェルシー)、イブラヒマ・コナテ(リバプール)、トレント・アレクサンダー=アーノルド(リバプール)が並んだ。 また中盤はアンカーにファビーニョ(リバプール)、右にメイソン・マウント(チェルシー)、左にカラム・ラング(ウィガン)が入った。 そして3トップは右に南野が入り、左はルイス・ディアス(リバプール)、トップはアダム・ボイズ(マースク・ユナイテッド)が選出されていた。 <span class="paragraph-title">【写真】FAカップベストイレブンのフォーメーション</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Introducing your 2021-22 <a href="https://twitter.com/hashtag/EmiratesFACup?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#EmiratesFACup</a> Team of the Season, as voted for by you, the fans! <a href="https://t.co/ZcixdKW5O2">pic.twitter.com/ZcixdKW5O2</a></p>&mdash; Emirates FA Cup (@EmiratesFACup) <a href="https://twitter.com/EmiratesFACup/status/1528828114851069952?ref_src=twsrc%5Etfw">May 23, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.05.24 16:37 Tue
twitterfacebook
thumb

バルサ行き濃厚のチェルシーDFクリステンセン、FAカップ決勝当日朝に欠場を申し出の事実…

バルセロナへの移籍が大きく取り沙汰されているチェルシーのデンマーク代表DFアンドレアス・クリステンセンだが、FAカップ決勝でプレーすることを断っていたようだ。 チェルシーの下部組織出身で2014年10月にトップチームデビューを果たしたクリステンセン。ボルシアMGへの2シーズンのレンタルを経験して以降はファーストチョイスではないながらも堅実なバックアッパーとしての地位を確立し、公式戦161試合に出場している。 チェルシーとの契約が今シーズン限りで満了を迎えるクリステンセン。バルセロナへの移籍が濃厚となっており、メディカルチェックも完了しているとのことだ。 そのクリステンセンだが、14日に行われたリバプールとのFAカップ決勝ではメンバー外となっていた。 本来であれば、クリステンセンはこのリバプールとの決勝でプレーする予定だったが、イギリス『BBC』によると、試合当日の朝にトーマス・トゥヘル監督へ試合でプレーする準備ができていないと申し出て、出場を断っていたというのだ。 今夏の退団が濃厚であるため、来季の構想に入らない選手がシーズン終盤の試合で起用されないということはよくあるが、トゥヘル監督は移籍を認めながらも起用する方針だったとのこと。ただ、クリステンセン側から申し出たというのだ。同選手がピッチに立っていれば、タイトルが獲得できたかは分からないが、ケガなどではないという事実が混乱を表していることとなる。 2022.05.16 20:55 Mon
twitterfacebook
thumb

FAカップ決勝で敗れたチェルシー、女子が翌日に女子FAカップで優勝し2冠達成《女子FAカップ》

15日、女子FAカップ決勝のチェルシーvsマンチェスター・シティがウェンブリー・スタジアム行われ、3-2でチェルシーが勝利。2冠を達成した。 8日にFA女子スーパーリーグ(WSL)で3連覇を達成したチェルシー。リーグ3位のシティと対戦した。 男子のFAカップ決勝は14日に同じウェンブリー・スタジアムで行われた中、チェルシーはPK戦にもつれ込んだ末にリバプールに敗れており、女子はなんとかタイトルを勝ち取りたいところだった。 女子FAカップ史上最多となる4万9094人の観客が集まった中、試合はチェルシーが先制。エースのサム・カーが33分にゴールを奪うも、42分に同点に追いつかれる。 63分にはエリン・カスバートのゴールでチェルシーが勝ち越し。このまま勝利かと思われたが、89分にヘーリー・ラソがゴールを決めて土壇場でシティが同点に追いつき、試合は延長戦へ突入する。 粘るシティは何度となくチャンスを作るが、99分にカーがこの試合2点目を決めて勝負あり。3-2でチェルシーが勝利し、女子は見事にFAカップを獲得。2冠を達成した。 2022.05.16 11:25 Mon
twitterfacebook
thumb

リバプールに不安材料はなし? 途中交代のサラー&ファン・ダイクにクロップ監督が言及「大したことはない」

リバプールのユルゲン・クロップ監督が、途中交代した主軸2名について言及した。クラブ公式サイトが伝えた。 リバプールは14日、FAカップ決勝でチェルシーと対戦。カラバオカップ(EFLカップ)に続く決勝カードとなった中、同様にゴールが生まれずにPK戦までも連れ込む展開に。そのPK戦では、サドンデスまでもつれ込むも、リバプールが勝利を収め、今季2つ目のタイトルを獲得した。 しっかりとタイトルを手にしたリバプールだが、この試合では33分にエジプト代表FWモハメド・サラーがジオゴ・ジョタと途中交代。さらに、延長に入る際にオランダ代表DFヴィルヒル・ファン・ダイクがカメルーン代表DFジョエル・マティプと交代していた。 試合中に交代することがほとんどなく、同点の場面での交代は異例だったが、両者ともに違和感があったとクロップ監督はコメント。ただ、大事には至らないだろうとの見解を示した。 「我々は早くモー(モハメド・サラー)を交代させなければならなかったのは、カッコ良いことではなかった」 「私の決断であり、かなり慎重に下した。モーは『何かを感じるけど、プレーは続けられる』と言った。私は『ノー』と言った。フットボールの試合は完璧な理学療法士ではない。だから、試合中に良くなることは滅多にない」 「それからファン・ダイクは私と一緒にたち、『何かを感じるけど、僕は大丈夫だと思う』と言った」 「試合後にすぐ彼らに話しかけた。どちらも本当に大丈夫だ。我々が知っているのは、大したことはないということだけだ」 大事に至らないということだが、リバプールは残り3試合大事な試合が残っている。 シーズン4冠を目指す上では残り2試合のプレミアリーグは連勝しなければいけない中、17日にはサウサンプトン戦が控えている状況。その後、22日にウォルバーハンプトンと対戦し、28日にレアル・マドリーとのチャンピオンズリーグ(CL)決勝が控えている。 エースと守備の要が離脱となれば、大き過ぎる痛手だが、過密日程についてクロップ監督は言及。いずれ2人の状態がわかるだろうとした。 「しかし、次の試合は火曜日に来て、それは明らかに早過ぎる。どちらも大丈夫だと思うが、そうではなく…明日の朝トレーニングがあるので、そこで『全然大丈夫だ』と言われたビックリする。ただ、それを受け止めて、その先がある。だから、そのうちわかるだろう」 2022.05.15 11:15 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly