評価高めるリバプールのケレハー、代表OBから移籍のススメ 「レギュラーとしてプレーすべき年齢だ」

2022.01.10 18:14 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
かつてニューカッスルやマンチェスター・シティでプレーした元アイルランド代表GKのシェイ・ギブン氏がリバプールの同代表GKクィービーン・ケレハーに移籍を勧めた。イギリス『リバプール・エコー』が伝えている。

リバプールの下部組織出身であるケレハーは2019年9月に行われたEFLカップでファーストチームデビュー。昨シーズンは守護神を務めるGKアリソン・ベッカーの負傷によって出番が回ってくると、好パフォーマンスを示したことで2ndGKの地位を獲得した。

今シーズンも公式戦5試合に出場しており、2日に行われたプレミアリーグ第21節のチェルシー戦でも守護神としてプレー。クリーンシートこそ逃したものの、安定したパフォーマンスを発揮している。

着実に成長しているケレハーに対して、アイルランド『プレミア・スポーツ』に出演した同胞のギブン氏は、より試合に出る必要があると強調。リバプールにはブラジル代表GKアリソン・ベッカーという絶対的な存在がいる以上、レンタル移籍などで経験を積むべきだと主張した。

「ケレハーは苦しい立場にあると思う。彼はもう23歳であり、私がその年頃の時には何試合に出場したか分からない。一方で、彼はまだ10試合か11試合程度にしか出場していないはずだ」

「彼はもう子供ではないのだ。23歳であれば、トップチームでレギュラーとしてプレーすべき年齢だと思っている」

「彼が抱えている最大の問題は、アリソンがいることだ。アリソンはキャリアのピークにあり、今後5、6年はそうである可能性もある。だからといって、ケレハーはベンチに座り2番手として満足するだろうか。リバプールには既に、その役割ができるアドリアンもいる」

「私にとっては、試合に出ることがとても重要だと思っているよ。彼は数年間リバプールでトレーニングを積み、昨夏には新たに5年契約にサインした。クラブの長期的な未来の一部になっていると思う」

「リバプールからしても、彼を試合に出して経験を積ませるべきだと思う。それから彼をチームに戻して、アリソンに挑戦させる必要があるだろう」


関連ニュース
thumb

今季PL初先発の南野拓実が同点弾! 逆転のリバプールが1pt差で運命の最終節へ《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第37節、サウサンプトンvsリバプールが17日にセント・メリーズ・スタジアムで行われ、アウェイのリバプールが1-2で逆転勝利した。なお、リバプールのFW南野拓実は先発フル出場した。 先週末に行われたチェルシーとのFAカップ決勝をPK戦の末に勝ち切り、今シーズン2つ目のタイトルを手にしたリバプール。逆転での優勝を目指すプレミアリーグでは、今節先に試合を行った首位のマンチェスター・シティが引き分けに終わったことで、今節勝利できれば1ポイント差で最終節を迎えられることになった。 4戦未勝利で15位に位置するサウサンプトンのホームに乗り込んだ勝ち点3必須の一戦に向けては、GKアリソンとコナテを除く先発9人を変更。 クロップ監督は戦前に欠場を明言していたファン・ダイクとサラーの2選手に加え、アレクサンダー=アーノルド、マネをメンバー外に。3月20日のFAカップ準々決勝のノッティンガム・フォレスト戦以来となる南野やエリオットを、フィルミノやマティプ、ジョタといった主力選手と共に抜擢した。 ブロヤを最前線に残して[5-4-1]の布陣で臨んだセインツに対して、リバプールは南野、フィルミノ、ジョタを3トップに配した[4-3-3]の布陣でスタート。立ち上がりからボールを握ったアウェイチームが押し込む入りとなったが、先にチャンスを作ったのはホームチーム。 まずは開始10分に右サイドのスペースに抜け出したブロヤが、鋭い縦への仕掛けでDFを振り切ってボックス右ライン際からシュートを狙う。これはGKアリソンのビッグセーブに阻まれたが、直後に得た2度目のチャンスを先制点に結びつけた。 13分、自陣深くでDFリャンコが縦パスを受けようとしたジョタを潰してロングカウンターを発動。自陣中央のテラを経由したボールが左サイドのスペースを狙うレドモンドへスムーズに展開。レドモンドは鋭いカットインからペナルティアーク付近で右足を振ると、ミルナーの出した足にディフレクトしてコースが変わったシュートがゴール右上隅の完璧なコースに決まった。 敵地で先制点を奪われたリバプールは、すぐさま反撃を開始。19分にはツィミカスのFKをゴール前に抜け出したフィルミノが頭で合わせてゴールネットを揺らすが、これはオフサイドの判定。さらに、直後には南野がミドルレンジからのシュートで最初の枠内シュートを放った。 前半半ばを過ぎても決定機まであと一歩という状況が続くリバプールだったが、ここで今季リーグ戦初先発の日本代表FWが大きな仕事を果たす。 27分、右サイドで高い位置を取ったジョー・ゴメスが斜めに差し込んだボールをボックス中央に走り込んだジョタが収めてボックス右に走り込む南野へ丁寧に繋ぐ。ここで南野はすかさず右足を振り抜くと、このシュートがニア上を射抜いた。 南野の古巣恩返し弾となる4カ月ぶりのリーグ3点目で試合を振り出しに戻したアウェイチームは、ここから一気にギアを上げて相手をより深い位置に押し込めていく。そして、内と外を織り交ぜた多彩な仕掛けからミルナーのミドルシュートなどで逆転ゴールに迫っていく。 その後、前半終盤にかけてもハーフコートゲームを展開したリバプールだったが、今季上位相手に粘り強い戦いを見せるセインツの粘りの守備をこじ開けるまでには至らず。 迎えた後半、クロップ監督は前半終了間際に負傷したジョー・ゴメスを下げてヘンダーソンを投入。この交代でミルナーがアンカーから右サイドバックにポジションを移した。 後半もリバプールペースで試合が進む中、立ち上がりの48分にはいきなり決定機。左サイド深くで仕掛けたツィミカスが入れたグラウンダーのクロスを、ボックス中央で収めたジョタが左足に持ち替えてシュート。だが、このシュートは枠の右に外れる。 以降は自陣で堅固な守備ブロックを敷いて構えるセインツに対して、狭いスペースでのプレーでも精度を落とさないフィルミノのチャンスメークからエリオット、カーティス・ジョーンズと若手インサイドハーフのシュートでゴールに迫るが、決め切ることができない。 これを受け、クロップ監督は65分にエリオットを下げて切り札のオリジを投入し、[4-2-3-1]のより攻撃的な布陣にシフト。すると、この交代直後の67分にセットプレーから待望の逆転ゴールが生まれる。 左CKの場面でキッカーのツィミカスが左足アウトスウィングのボールを入れると、ニアでエルユヌシが頭で触ったボールがゴール前に向かう。このボールがDFウォーカー=ピータース、マティプと続けて頭に当たると、ゴール右上隅へ決まった。 前節のアストン・ビラ戦に続くマティプのゴールで逆転に成功したリバプールは、フレッシュな選手の投入で反撃に出るホームチームをうまくいなしながらゲームをコントロールしていく。 その後、フィルミノを下げてナビ・ケイタを投入し、スタートと同じ布陣で逃げ切り態勢に入ったアウェイチームは、このままのスコアで試合をクローズ。 会心の2試合連続逆転勝利で首位シティとの勝ち点差を1ポイントに縮めたリバプールは、ホーム最終戦でのウォルバーハンプトン戦勝利を目指すと共に、スティーブン・ジェラード率いるアストン・ビラのアシストによる、奇跡の逆転優勝というシナリオ準備した。 2022.05.18 05:39 Wed
twitterfacebook
thumb

37歳DFシュクルテルが今季限りで現役引退…リバプールやゼニトで活躍

かつてリバプールやゼニト、フェネルバフチェで活躍した元スロバキア代表DFマルティン・シュクルテル(37)が現役引退を発表した。 昨夏、イスタンブール・バシャクシェヒルを退団し、母国のスパルタク・トルナヴァに加入したシュクルテル。今シーズンは公式戦20試合に出場し1ゴールの数字を残していた。 しかし、長年腰痛に悩まされてきた37歳DFは21日に行われるFCドゥナイスカー・ストレダ戦が、自身にとってキャリア最後の一戦となることを公式インスタグラムを通じて明かした。 「20年のキャリアを経て、FC DACドゥナイスカー・ストレダ)との試合が僕にとっての最後の試合となり、自分のキャリアが終わることをお伝えせざるを得ない」 「長年の腰痛のため、これ以上プレーを続けることは不可能であり、そのためこのような決断を下さなければならなくなった」 「これまでプレーしたすべての国のすべてのフットボールクラブ、コーチ、チームメイト、そしてファンの皆さんに感謝したい」 「同時に、すべての友人、とりわけ家族に感謝するよ。妻、息子、両親、親戚、この数年間、僕のそばにいて支えてくれた人たちに感謝する。これまで本当にありがとうございました」 母国のトレンチーンでプロキャリアをスタートしたシュクルテルは、2004年にゼニトへ完全移籍。2007シーズンのロシア・プレミアリーグ制覇に貢献した後、2008年1月にリバプールへステップアップを果たした。 2010-11シーズンからレギュラーセンターバックに定着すると、2011-12のEFLカップ制覇などにも貢献。リバプールでは在籍8年半で公式戦320試合18ゴールの数字を残したが、在籍ラストシーズンに就任したユルゲン・クロップ監督の下で構想外となり、2016年夏にフェネルバフチェへ新天地を求めた。その後、プレー機会が一度もなかったアタランタを経て、前述のイスタンブール・バシャクシェヒル、スパルタク・トルナヴァを渡り歩いた。 また、2004年7月にデビューを飾ったスロバキア代表ではユーロ2016、2010年南アフリカ・ワールドカップに出場するなど、同国歴代4位の104試合に出場。長らく頼れるディフェンスリーダーに君臨していた。 2022.05.17 23:47 Tue
twitterfacebook
thumb

「タキもメダルを受け取るべきだ」リバプールファンが嘆いた“ルール”にクロップ監督も不満「メダルの数が制限されるなんて信じられない」

リバプールのユルゲン・クロップ監督がFA(イングランドサッカー協会)に要望を出した。イギリス『リバプール・エコー』が伝えている。 リバプールは14日、FAカップ決勝でチェルシーと対戦。PK戦の末に2005-06シーズン以来8度目のFAカップ優勝を達成した。 決勝を含む6試合で31人もの選手を起用したクロップ監督。日本代表FW南野拓実も4試合に出場し3ゴールと序盤の戦いで活躍を見せたが、決勝ではメンバー外になっていた。 結果的に、南野を含むメンバー外の選手は優勝の証となるメダルを受け取ることができず。試合後には「タキ(南野)もメダルを受け取るべきだ」といった意見もあがっていた。 クロップ監督もこの件について言及。EFLカップに続いての2冠を達成したのはチーム全体の功績であるとし、FAに全員分のメダルを送るようお願いしている。 「我々は2つの大会で優勝したが、その理由はただ1つ。この選手たちがいるからだ。それが理由だ。彼らは皆協調し、トレーニングで傑出していた」 「彼らがベンチに入っているときと入っていないとき、出場しているときとしていないとき。ありとあらゆる瞬間だ。このチームが作り上げた雰囲気は格別で、だからこそこの2つの大会に勝つことができたんだ」 「決勝までいつも同じ11人でプレーすることはできない。そんなことはありえない。全員がそれぞれの役割を担っている」 「今はFAにもっとメダルをとお願いしたい。メダルの数が制限されるなんて信じられない。なぜそんなことをするんだろうか」 「選手全員にメダルをあげたいとは思うが、そうするとコーチにメダルを渡せない。正直大変だ」 「FA様、もう少しメダルを送ってください。チームは大きくなっても人数は変わらないのでそうしてほしい」 FAのルールでは、優勝チームには40個のメダルが贈呈されることになっているが、コーチやスタッフの数も考慮すると足りなくなってしまうようだ。 果たして、クロップ監督の願いは届くだろうか。 <span class="paragraph-title">【写真】南野の首元にメダルは…(5枚目)</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CdkzU3BI66l/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CdkzU3BI66l/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CdkzU3BI66l/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Liverpool Football Club(@liverpoolfc)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.05.17 11:51 Tue
twitterfacebook
thumb

クロップ、近く去就発表のムバッペについて…「他のクラブが争っているに違いない。それで構わない」

リバプールのユルゲン・クロップ監督が注目を浴びるフランス代表FWキリアン・ムバッペ(23)の去就に関して、傍観者の姿勢を示した。イギリス『リバプール・エコー』が報じている。 今季のパリ・サンジェルマン(PSG)でも類稀な得点感覚を光らすムバッペだが、現行契約が今季限りで失効。最近になり、PSGと一転して延長合意が報じられているが、長らくレアル・マドリー移籍も取り沙汰され、今夏の去就が大いに注目を集めている。 今やPSG残留か、レアル・マドリー移籍かの2択とされるなか、ムバッペは先日に代表活動前の去就発表見通しを明らかに。以前に関心が噂されたクロップ監督は16日の会見で獲得レースの参戦有無を問われると、「ノー」と返して、こう続けている。 「もちろん、ムバッペについては興味があるし、目をつぶっているわけではないよ! だが、彼とリバプールの間について、喋ることが何もないんだ」 「我々はもちろんながら、彼のことが好きだ。彼のことが好きじゃないというなら、自分自身を疑わないとね。だが、あのような争いに参戦できない」 「他のクラブが争っているに違いない。それはそれで構わない。彼は素晴らしい選手だ」 2022.05.17 10:30 Tue
twitterfacebook
thumb

サラー&ファン・ダイクがサウサンプトン戦を欠場、CL決勝についてクロップ監督「疑いの余地はない」

リバプールのユルゲン・クロップ監督が、2選手の欠場を明かした。クラブ公式サイトが伝えた。 今シーズンは4冠を目指せる状況にあるリバプール。すでに、EFLカップ(カラバオカップ)、FAカップと国内のカップ戦2冠を達成している。 チャンピオンズリーグ(CL)でも決勝に駒を進めているリバプールは、プレミアリーグでは2位につけており、首位のマンチェスター・シティとは勝ち点差「4」。消化が1試合少ない中で、17日にはサウサンプトンと対戦する。 14日に行われたFAカップ決勝では、33分にエジプト代表FWモハメド・サラーがジオゴ・ジョタと途中交代。さらに、延長に入る際にオランダ代表DFヴィルヒル・ファン・ダイクがカメルーン代表DFジョエル・マティプと交代していた。 試合後、クロップ監督は「どちらも本当に大丈夫だ。我々が知っているのは、大したことはないということだけだ」とコメントしていたが、サウサンプトン戦を欠場することとなると明かした。 「ヴァージ(ファン・ダイク)は絶対に無理だと思っていた。それはチェルシー戦の前からかなりハッキリしていた」 「彼は本当にたくさんプレーしており、土曜日から火曜日にかけてまたプレーした」 「どちらも大丈夫だ。だから週末に再びプレーできるという目標がある。適切に関わり、ベンチで数分または、スタートからプレーするが、それがCL決勝に最適な答えなのかは分からない」 「しかし、そうでない場合は、その後の1日1日を大切にするしかない。ただ、我々はとてもポジティブであり、CL決勝について疑いの余地はない。ウルブス戦はかなり現実的になるが、明日はダメだ」 2022.05.17 09:55 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly