東京Vが新体制発表もMF佐藤優平の名前なし…「移籍を前提とした調整に」

2022.01.09 11:10 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
東京ヴェルディは9日、2022シーズンの新体制を発表した。

堀孝史監督が率いるチームは、ルーキーや復帰組などを合わせ、昨季から11名が新たに加わった。

なお、9日時点での選手が発表された中、MF佐藤優平(31)の名前はなし。クラブは「移籍を前提とした調整に入り、チームを離脱しています」としている。

佐藤は横浜F・マリノス、アルビレックス新潟、モンテディオ山形でプレーした後、2018年に東京Vへと加入した。

チームの主軸として牽引すると、2021シーズンは明治安田生命J2リーグで34試合に出場し1得点、天皇杯でも1試合に出場していた。

東京Vでの通算成績はJ2で131試合16得点、天皇杯で1試合に出場していた。


関連ニュース
thumb

Jリーグが声出し応援の段階的導入を発表! 6月のルヴァン杯・鹿島戦と、東京Vvs岩手で運営検証を実施

Jリーグは17日、公式試合における声出し応援の段階的導入についてのメディアブリーフィングを行った。 2020年に発生した新型コロナウイルス(COVID-19)の影響で、声出し応援ができないまま3シーズン目に突入したJリーグ。一方で、欧州リーグでは声出しができた他、先日まで行われたAFCチャンピオンズリーグ(ACL)でも声出し応援が可能だった。 日本国内でもサポーターの中ではいつまで声出し応援ができないのかという声が大きくなる中、Jリーグは段階的に声出し応援を導入していくことを発表した。 ステップは1から3まで用意され、声出し応援エリアや声出し応援席を設けて行われていく。 対象試合の観客席の一角を座席間隔を広く保った「声出し応援可能エリア」として指定し、指定エリア内の座席を購入された来場者に限り、不織布マスクを着用の上で声出し応援が可能となる。 また、当面は「声出し応援可能エリア」では飲食や飲酒は禁止。アルコール飲料以外の水分補給は可能となる。 ステップ1では2試合が対象となり、6月4日か11日に行われるYBCルヴァンカップ・プレーオフステージの鹿島アントラーズ戦。対戦相手は未定だが、県立カシマサッカースタジアムで運営検証が行われる。 また、6月12日の明治安田生命J2リーグ第21節の東京ヴェルディvsいわてグルージャ盛岡の試合でも実施。味の素スタジアムで運営検証が行われる。 ともに、ホームとビジターの合計3000人までとなり、選定理由は過去に調査実績のあるスタジアムが選ばれた。 またステップ2は7月に予定され、6試合程度を見込んでいるとのこと。ホームとビジターの計7000人が対象であり、こちらも過去に調査実績のあるスタジアムが選ばれることとなる。 さらに、ステップ3は8月中に実施。希望する前クラブでの実施を考えているとのことだ。 野々村芳和チェアマンは、今回の声出し応援の段階的導入についてコメントしている。 「世界の情勢、日本のコロナ政策を含めて、前に進んでいくことも必要であろうということは当然ながらサッカーの現場ではサポーターを含めて語られてきました」 「今回は声出し応援エリア、席を作ることで、段階的に導入し、ステップを着実に踏みながら、安心安全を確認して段階的に導入していきたいと思います」 「多くの皆さんが熱量を発散させられてこそ良い作品になる。国内では難しい状況ですが、1つずつステップを踏むと先が見えるようになります」 「国内においては安心を担保しないと参加できないという方もおられると思うので、そこの線引きを運営サイドで、どうマネジメントできるかをステップ1でやっていきたいと思います」 「政府の基本的な方針に基づいてどう進めていくかを、今日は実行委員の皆さんと話した上でサッカーを取り戻そうということを握らせてもらいました」 2022.05.17 19:30 Tue
twitterfacebook
thumb

「いずれは日本人になる」Jリーグ初挑戦で既に4ゴールの東京Vバスケス・バイロンが日本国籍取得を宣言「代表普通にあるぞ」

東京ヴェルディに所属するMFバスケス・バイロンが、22歳の誕生日に決意表明を示した。 チリ出身のバスケス・バイロンは、幼少期に来日。埼玉県でサッカーを始めると、青森山田高校へと進学。3年次には全国高校サッカー選手権大会に出場し、優勝に貢献した。 高校卒業後はJリーグ入りも噂される才能があった中、チリ国籍ということもあり、外国籍扱いとなるために当時東北社会人サッカーリーグ1部のいわきFC(現J3所属)に入団。2020年はチリのウニベルシダ・カトリカへとレンタル移籍を経験。2021シーズンはいわきFCでプレーすると、今シーズンから東京Vに完全移籍した。 東京Vでは、ここまで14試合に出場。先発は1試合に止まっているが、直近の5試合で4ゴールと大暴れ。この先の活躍に期待が寄せられている。 そのバスケス・バイロンは、16日に22歳の誕生日を迎えた中、自身のツイッターを更新。日本国籍取得を目指すと宣言した。 「今日で22歳になりました。今年から東京ヴェルディでプレーをしてますが、チームに点やアシストで貢献できるようもっと努力します!全員で本気で昇格を目指して闘います」 「個人的な報告をします。日本国籍取得する事を決断しました。僕もいずれは日本人になるので皆さん今後とも宜しくお願いします!」 これにはファンも「いつか日本代表に」、「日本代表のユニを着た姿を見たい」、「代表普通にあるぞ」、「楽しみな選手の一人」と大きな期待が寄せられている。 かつてはチリ代表を目指すという話もしていたバスケス・バイロンだが、これで日本代表入りを目指すことに。パワフルなアタッカーとして結果を残し続け、将来の日本代表入りに期待がかかる。 <span class="paragraph-title">【写真&動画】日本国籍取得を宣言したバスケス・バイロンのゴール集&インタビュー</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">今日で22歳になりました<br>今年から東京ヴェルディでプレーをしてますが、チームに点やアシストで貢献できるようもっと努力します!全員で本気で昇格を目指して闘います<br><br>個人的な報告をします。<br>日本国籍取得する事を決断しました<br>僕もいずれは日本人になるので皆さん今後とも宜しくお願いします! <a href="https://t.co/VyPenkHCEv">pic.twitter.com/VyPenkHCEv</a></p>&mdash; バスケス バイロン/BYRON VASQUEZ (@byronvasquez00) <a href="https://twitter.com/byronvasquez00/status/1526125314803257344?ref_src=twsrc%5Etfw">May 16, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">【VERDY TV】明日は水戸ホーリーホック戦!<br><br>「自分達のサッカーを信じてそれを貫く」<br><br>3試合連続ゴールを決めている <a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%83%90%E3%82%B9%E3%82%B1%E3%82%B9%E3%83%90%E3%82%A4%E3%83%AD%E3%83%B3?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#バスケスバイロン</a> 選手が水戸戦への意気込みを語りました。<br><br>ぜひ、ご覧ください。<a href="https://twitter.com/hashtag/verdy?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#verdy</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E6%B0%B4%E6%88%B8%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%9B%E3%83%83%E3%82%AF?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#水戸ホーリーホック</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E5%91%B3%E3%82%B9%E3%82%BF?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#味スタ</a> <a href="https://t.co/x1T88V0RxX">pic.twitter.com/x1T88V0RxX</a></p>&mdash; 東京ヴェルディ5/21(土)秋田戦14:00キックオフ@ソユスタ (@TokyoVerdySTAFF) <a href="https://twitter.com/TokyoVerdySTAFF/status/1525038137088561154?ref_src=twsrc%5Etfw">May 13, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.05.17 15:57 Tue
twitterfacebook
thumb

東京Vの大卒ルーキーDF谷口栄斗がプロA契約を締結

東京ヴェルディは13日、DF谷口栄斗(22)がプロA契約を締結したことを発表した。 谷口は東京Vの下部組織出身で、国士舘大学を経て今季から加入した。 その谷口は、ルーキーながらここまで明治安田生命J2リーグで13試合に出場し1得点を記録。契約締結条件の900分間の出場を超えていた。 2022.05.13 16:49 Fri
twitterfacebook
thumb

新潟が東京Vとの打ち合い制して首位浮上! 各地で後半AT弾のドラマが続出【明治安田J2第15節】

明治安田生命J2リーグ第15節の10試合が8日に各地で行われた。 今節は劇的な展開となった試合が多数。デンカビッグスワンスタジアムで行われた新潟vs東京Vでは壮絶な打ち合いが繰り広げられた。 まずは27分に右サイドの松田からボックス中央でパスを受けた高木が反転からシュートを決めて新潟が先制。ホームチームはさらにここから30分、35分と松田と舞行龍ジェームズが連続ゴールを決めて、前半だけで3点のリードを得る。 まさかの事態に東京Vは、ハーフタイムで一気に4人交代に打って出る。すると立ち上がりの50分、ボックス左角から放った新井のシュートが相手DFに当たってゴールイン。ループ気味の軌道となり、GKの頭上を上手く突く形となった。 続く58分には、再び新井が同じような角度から今度はクロスを選択すると、後半から投入されたバスケス・バイロンがゴール前で合わせて追加点。さらにその7分後、馬場の敵陣中央からの鋭い縦パスをワントラップで収めたバスケス・バイロンが最終ラインを突破し3点目。東京Vは絶望的な状況から生還して見せた。 しかし、7戦負けなしの新潟が底力を見せた。88分、途中出場の矢村がボックス手前から左足を振り抜くと、強烈なシュートがゴールに突き刺さり、再び勝ち越し。合計7点の殴り合いを制した新潟は、横浜FCを抜いて首位に躍り出た。 NDソフトスタジアムでの山形vs大分も予想外の展開に。前半からチャンスを作ったのはホームの山形。20分に國分のFKが枠を捉えれば、42分にはデラトーレのミドルシュートが相手GKを強襲する。大分も後半に入って惜しいシーンを迎えるが、互いになかなか得点には結びつけないまま、試合は終盤を迎える。 アディショナルタイムに入り、ゴールレスのまま終わるかに思われた93分、山田のクロスを途中出場のチアゴ・アウベスが胸トラップで収めて、キックフェイントを入れつつ巧みにシュートを流し込んだ。 勝利を確信する山形。しかし、7分と長めにとられた追加タイムの中でドラマは二転する。98分、大分はGKのロングフィードから右サイドの高い位置を取ると、小林のクロスをペレイラが頭で合わせて同点に。後半アディショナルタイムでまさかの2点が生まれ、試合は劇的ドローとなった。 また、金沢vs山口、千葉vs岡山でも後半アディショナルタイムにゴールが生まれている。 金沢vs山口では、0-0で迎えた94分に相手のFKを跳ね返した金沢がカウンターを発動。杉浦がボックス右から放ったシュートはGKに止められたものの、こぼれ球を大石が押し込んで決勝点を挙げた。 もう一方の千葉vs岡山でも、ゴールレスで迎えた93分に歓喜が訪れた。千葉は途中投入の髙橋の縦パスから攻撃のスイッチが入ると、福満を経由して高木がボックス右の深いところからマイナスの折り返し。最後は高橋が飛び込み、劇的なゴールを決めた。 そのほかでは、長崎を下した仙台が、秋田に敗れた横浜FCを抜いて2位に浮上。最下位の琉球は熊本に勝利し、今季2勝目を挙げている。 なお、大宮vs岩手は、岩手で複数の新型コロナウイルス感染が報告されたため、中止となっている。 ◆明治安田生命J2リーグ第15節 ▽5/8 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">ブラウブリッツ秋田 1</span>-0 横浜FC ロアッソ熊本 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">2 FC琉球</span> モンテディオ山形 1-1 大分トリニータ 水戸ホーリーホック 0-0 FC町田ゼルビア ザスパクサツ群馬 0-0 徳島ヴォルティス <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">アルビレックス新潟 4</span>-3 東京ヴェルディ <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">ツエーゲン金沢 1</span>-0 レノファ山口 V・ファーレン長崎 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">2 ベガルタ仙台</span> <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">ジェフユナイテッド千葉 1</span>-0 ファジアーノ岡山 栃木SC 0-0 ヴァンフォーレ甲府 ※中止 大宮アルディージャ vs いわてグルージャ盛岡 2022.05.08 18:00 Sun
twitterfacebook
thumb

大混戦のJ2リーグ。GK南が記録更新/六川亨の日本サッカー見聞録

連休初日の4月29日、Jリーグ初の国立競技場でのナイター開催となったFC東京対G大阪は、吹き込む雨と格闘しながらの取材。手元の温度計は10・9℃と3月初旬に戻ったような肌寒さだった。 ところが5月4日のJ2リーグ、東京V対仙台は23・8℃と初夏を思わせる陽気。記者席の前の通路では、アルバイトと思われる女性が生ビールを売っていた。こんなシーンを見るのは3年ぶりかもしれない。 そして試合は東京Vが新井瑞希の2アシストなどで3-1と快勝し、昇格プレーオフ圏内の6位に再浮上した。新型コロナウイルスから復帰した堀孝史監督はU―21日本代表候補のCB馬場晴也をスタメンで起用したのは当然として、2-1と再びリードしてからはインサイドハーフの梶川諒太に代えて18歳のドリブラー阿野真拓を、さらに3-1になるとFW新井に代えて17歳のスピードスター橋本陸斗をピッチに送り込んだ。 橋本は昨シーズンの2月にJ2史上最年少となる15歳10ヶ月26日でデビューを飾り、5試合に出場して実戦経験を積んだ。こうしてアンダー世代の選手が次々と出てくるのも東京Vの伝統であり、強みでもあるだろう。 この日は他会場でも首位の横浜FCが熊本に0-1で敗れて今シーズン初黒星を喫した。2位の仙台も敗れ、代って金沢に1-0の勝利を収めた新潟が2位に浮上。仙台は3位に後退した。この結果、2位の新潟から12位の熊本まで勝点6差に11チームがひしめく大混戦だ。 そして前述した東京Vは8日に敵地で新潟と対戦する。過去の対戦成績は東京Vが5勝7分け2敗とリードしているものの、昨シーズンはホーム、アウェーとも新潟が7-0、3-1と圧倒した。さらに新潟は、ここ7試合は負けなしで、ホームでは6連勝中と波に乗っている。両チームの対戦は、第15節で屈指の好カードと言えるし、21日の第17節に新潟は横浜FC戦を控えているだけに、ホームでの連勝記録を伸ばしたいところ。 東京Vの若手選手に触れた以上、2連勝で最下位を脱出した大宮のベテランGK南雄太にも触れないわけにはいかないだろう。4日の大分戦(1-1)でJリーグ通算661試合に出場という新記録を達成した。過去は横浜Fや名古屋で活躍し、日本代表の守護神でもあった楢崎正剛の660試合だった。 98年に静岡学園高校を卒業後、西野朗監督率いる柏に入団。翌99年にはU―20日本代表の正GKとしてナイジェリアで開催されたワールドユース(現FIFA U-20W杯)に出場し、準優勝の立役者となった。南にとっては97年にマレーシアで開催されたワールドユース(17歳で出場)に次ぐ2度目の大会だっただけに、チームを牽引する立場だった(FW永井雄一郎も2大会に出場)。 柏では通算291試合に出場し、その後は熊本で155試合、横浜FCで183試合、そして昨シーズン途中で移籍した大宮で32試合に出場し、661試合という大記録を打ち立てた。まだシーズンは序盤のため、今後もさらに記録を伸ばすことは間違いない。 ちなみに99年のワールドユース組で現役を続行しているのは南の他に小野伸二(札幌)、遠藤保仁(磐田)、稲本潤一(南葛FC)とフィールドプレーヤー3人がいる。いずれも“無事之名馬"を実践していると言っていいだろう。 <hr>【文・六川亨】<br/><div id="cws_ad">1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた</div> 2022.05.06 20:20 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly