フラメンゴがパウロ・ソウザ氏を新指揮官に招へいへ! 正式契約にはポーランド代表との契約解除が必要に

2021.12.27 07:00 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
フラメンゴがポルトガル人指揮官のパウロ・ソウザ氏(51)を新指揮官に招へいすることが決定的となった。ブラジル『グローボ』など複数メディアが報じている。

フラメンゴはシーズン3冠に導いたジョルジェ・ジェズス氏(現ベンフィカ)が2020年7月に退任して以降、ドメネク・トレントロジェリオ・セニレナト・ガウショと3人の指揮官を招へいしてきたが、いずれの指揮官も長続きすることなく退任。現在はマウリシオ・ソウザ氏を暫定指揮官に据えている。

そして、今シーズンのカンピオナート・ブラジレイロ・セリエA、コパ・リベルタドーレスをいずれも2位で終えることになったクラブは、来シーズンの巻き返しに向け、世界各国のクラブを率いてきた元ポルトガルMFに白羽の矢を立てた。

現役時代にポルトガル代表として活躍したパウロ・ソウザ氏は、指導者転身後は、QPRやスウォンジー、レスター・シティ、マッカビ・テル・アビブ、バーゼル、フィオレンティーナ、天津天海、ボルドーなどの指揮官を歴任。今年1月からはポーランド代表を率いている。

『グローボ』によると、フラメンゴとパウロ・ソウザ氏は契約延長オプションが付随する来シーズンからの2年契約で合意し、共に働く6人のコーチングスタッフの選定もすでに済ませているという。

ただ、正式契約に向けてはポーランドサッカー協会(PZPN)との契約解消が必要になる。

ポーランドは今回のカタール・ワールドカップ欧州予選でイングランド代表と同居したグループIを2位で終え、来年3月からは本大会出場を懸けたプレーオフを戦う予定だ。

そのため、PZPNのツェザリー・クレシャ会長はパウロ・ソウザ氏から退任の申し出を受け取ったことを認めているが、公式SNSを通じて「無責任な行動」と強く非難。現時点ではその申し出を拒否していることを明かしている。

したがって、フラメンゴの新指揮官就任に向けては3者間での話し合いによって解決策を見いだす必要がある。


関連ニュース
thumb

ビダルがフラメンゴ愛語る!「あそこでプレーするのは夢」

インテルのチリ代表MFアルトゥーロ・ビダル(34)が、フラメンゴでプレーする願望を明かしている。 母国のコロコロでプロキャリアをスタートさせたビダルは、2007年のレバークーゼン移籍で渡欧。その後はユベントス、バイエルン、バルセロナと各国のメガクラブを渡り歩き、2020年夏からはインテルでプレーしている。 クラブで獲得したタイトルは17を数え、昨シーズンにはインテルでもセリエAを制覇。ヨーロッパで大成功を収めたチリ代表MFは、アルゼンチン『TNT Sports』に出演した際に、いずれはフラメンゴでプレーしたいという願望を惜しむなく語った。 「フラメンゴが大好きなんだ。会長がユニフォームをプレゼントしてくれたこともあって胸が熱くなったよ。あそこでプレーするのは僕の夢だ。すぐにでもそうしたいね。経営陣が望むのであれば、僕はそこに行くために全力を尽くすよ」 「僕のヨーロッパでのチャプターは終わるかもしれない。それが正しいタイミングかどうかはわからないけど、もしそうなったら、僕の次の目標は一つ、フラメンゴで勝つことだ。チームは競争力があり、南米で最高のチームだ」 なお、インテルとの現行契約は今季限りまで。延長オプションはあるものの、15年に渡るヨーロッパでの挑戦が終わりを迎える可能性は低くなさそうだ。 2022.03.15 13:46 Tue
twitterfacebook
thumb

未婚のファンタジスタ・ロナウジーニョ、息子の誕生日を祝福

元ブラジル代表FWロナウジーニョ氏が自身のインスタグラムを更新。息子の誕生日を祝福した。 パリ・サンジェルマン(PSG)やバルセロナ、ミランなどで活躍したファンタジスタ、ロナウジーニョ氏。未婚ではあるが、元ダンサーのジョアンナ・メンデスさんとの間に男の子、ジョアン・モレイラくんを授かっている。 ジョアン・モレイラくんは現在クルゼイロECの育成組織に在籍。22日に17歳の誕生日を迎えた。 ロナウジーニョ氏はそれを祝し、自身のインスタグラムで息子とのツーショットなどを公開。「おめでとう!」というシンプルなメッセージとともに数枚の写真を投稿した。 この写真にはファンだけでなく、各方面からも祝福のメッセージが届けられた。バルセロナ時代のチームメイトである元ポルトガル代表MFデコ氏やブラジルのソングライターであるベロ、さらにはフットバレーやテックボールの女王と称されるナタリア・ギトラーなどが拍手の絵文字などで応えている。 また、母親のジョアンナ・メンデスさんも自身のインスタグラムを更新し、ジョアン・モレイラくんとの写真とともに祝福のメッセージを充てている。 <span class="paragraph-title">【写真】ロナウジーニョと息子のツーショット</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/Caa0u5BO1LC/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/Caa0u5BO1LC/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/Caa0u5BO1LC/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Ronaldo de Assis Moreira(@ronaldinho)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.02.26 20:19 Sat
twitterfacebook
thumb

ユナイテッドがアンドレアス・ペレイラ売却へ…貸出先のフラメンゴと完全合意か

マンチェスター・ユナイテッドが元ブラジル代表MFアンドレアス・ペレイラ(26)を売却するようだ。 ユナイテッド育成出身の攻撃的MFとして期待を集め、出番を増やした頃もあったが、燻り続けるA・ペレイラ。一昨年の夏に続いて、昨夏も貸し出され、現在は自身のルーツでもあるブラジルの名門フラメンゴでプレーしている。 そんなA・ペレイラは途中加入だったが、公式戦25試合出場で5得点1アシストをマーク。フラメンゴの買い取る動きが取り沙汰され、選手本人からもとどまりたい思いが聞こえてくる状況だったが、それが形になる見通しのようだ。 移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏によると、両クラブによる交渉は完全合意。移籍金1050万ユーロ(約13億8000万円)+リセール時に売却額の25%譲渡という条件で決着したという。 なお、 A・ペレイラはフラメンゴと長期契約を結ぶようで、ブラジル『グローボ』によれば、2026年12月までの契約期間になる模様だ。 2022.02.10 18:30 Thu
twitterfacebook
thumb

チルウェル離脱のチェルシー、ケネディを急きょレンタルバック!

チェルシーは13日、ブラジル人MFケネディ(25)の復帰を発表した。 DFベン・チルウェルの負傷による今季絶望を受け、左ウィングバックの緊急補強に動くチェルシー。その候補にDFリュカ・ディーニュが挙がったが、アストン・ビラ行きが決まり、リヨンに貸し出すDFエメルソン・パルミエリの連れ戻し案もうまくいかず、そこでフラメンゴにレンタル中のケネディを復帰させることで手を打った。 左サイドならどのポジションもこなせるケネディは2015年夏にフルミネンセからチェルシーに加入。これまで4度のレンタル移籍を経験して、昨年8月に5つ目のレンタル先として母国のフラメンゴに赴き、シーズン途中の加入ながらブラジレイロ・セリエAで14試合1得点1アシストの数字をマークした。 2022.01.14 18:45 Fri
twitterfacebook
thumb

フラメンゴがリールから2年間レンタルのチアゴ・マイアを完全移籍で確保

フラメンゴは12日、リールからレンタル中のブラジル人MFチアゴ・マイア(24)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2026年12月31日までの4年となる。 2014年にサントスでプロデビューを飾ったチアゴ・マイアは、卓越した戦術眼を生かした守備力と、高精度の左足から繰り出されるパスを武器とするボランチ。2017年の夏に加入したリールでは、加入初年度から主力して在籍2年半で公式戦68試合に出場。 しかし、2019-20シーズンはケガの影響もあって出場機会を失い、2020年1月にフラメンゴに1年間のレンタル移籍で加入。カンピオナート・ブラジレイロ・セリエAで優勝を果たしたチームにおいて前半戦は主力として活躍も、2020年12月に負ったヒザ前十字じん帯断裂の重傷によって、後半戦を棒に振っていた。 レンタル期間延長となった昨シーズンは負傷から復帰後、公式戦31試合に出場し、2ゴールを挙げるなど主力としてプレーしていた。 2022.01.14 00:39 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly