中澤佑二がMCを務める番組に中村俊輔がスーツ姿で登場も…「ピーが入る話ばかりだから笑」

2021.12.22 22:30 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
【写真】中澤佑二中村俊輔がスーツ姿で番宣、収録の様子もちらり


この投稿をInstagramで見る

中澤佑二 YUJI NAKAZAWA☻(@bomber22_official)がシェアした投稿




1 2

関連ニュース
thumb

伊東純也がクロスをダイレクトで決めて今季3点目の勝ち越し弾! しかし、その2分後に一発退場…

スタッド・ランスの日本代表MF伊東純也が再び結果を残した。 今シーズンからリーグ・アンのスタッド・ランスに移籍。ベルギー以外の国で初の挑戦となった伊東。チームの主軸としてプレーし、開幕戦こそケガの影響で欠場したが、第2節のクレルモン戦に途中出場しリーグ・アンデビュー。第3節以降はスタメンで出場を続けている。 第4節のリヨン戦で移籍後初ゴールを記録し、リーグ・アンでの初ゴールを決めると、続く第5節のアンジェ戦でもゴールを記録。ここまで7試合で2ゴールを記録している。 これまでは右のウイングが主戦場だった伊東だが、スタッド・ランスでは2トップの一角で起用されることに。得点力が上がっている中、早くもシーズン3ゴール目を記録した。 2日に行われたリーグ・アン第9節のトロワ戦にも先発した伊東は、1-1で迎えた54分に魅せる。 右CKからアレクシス・フィリプがクロスを上げると、これは相手DFがクリア。しかし、そのボールをボックス右で拾ったフィリプがクロス。これをボックス中央で伊東がダイレクトで合わせ、スタッド・ランスが勝ち越しに成功した。 これで勝ち越したスタッド・ランスだったが、伊東にアクシデント。55分、ロングボールが前に蹴り出されると、ルーズボールに対して伊東がスライディング。これがジャクソン・ポロソの左ヒザにスパイクが入る形に。一発レッドでの退場となってしまった。 ゴールを決めた直後に退場となった伊東。スタッド・ランスは今季のリーグ戦9試合のうち6試合で退場者を出しており、伊東もその1人になってしまった。 なお、試合はスタッド・ランスがリードして終盤に差し掛かっている。 <span class="paragraph-title">【動画】伊東純也が技ありの今シーズン3点目!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script async src="https://telegram.org/js/telegram-widget.js?19" data-telegram-post="f97glss/975" data-width="100%"></script> <span class="paragraph-title">【動画】得点からわずか2分後にまさかの一発退場</span> <span data-other-div="movie2"></span> <script async src="https://telegram.org/js/telegram-widget.js?19" data-telegram-post="f97glss/976" data-width="100%"></script> 2022.10.02 23:45 Sun
twitterfacebook
thumb

田中碧が今季初ゴールで勝利に導く活躍! アペルカンプ真大のクロスを技ありで合わせる!

デュッセルドルフの日本代表MF田中碧が今シーズン初ゴールを記録した。 田中は1日に行われた2.ブンデスリーガ(ドイツ2部)第10節のアルミニア・ビーレフェルト戦に先発出場。MF奥川雅也との日本人対決が実現した。 日本代表帰りの田中。ボランチの一角で先発出場すると、トップ下で起用されたMFアペルカンプ真大が大活躍を見せる。 21分にアペルカンプ真大のゴールで先制すると34分にPKで追いつかれてしまう。 それでも迎えた47分、ボックス内右でパスを受けたアペルカンプ真大の浮き球のパスを、ボックス中央で田中がダイレクトボレー。バウンド際をうまく叩きつけたゴールで、勝ち越しゴールを記録した。なお、これが今シーズンの初ゴールとなった。 試合は66分にアペルカンプ真大が2点目を決めると、76分にもチームは追加点。4-1で勝利を収めた。 <span class="paragraph-title">【動画】田中碧がクロスに上手く合わせて今季初ゴール!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="UkhyvyOQ21Y";var video_start = 21;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.10.02 22:22 Sun
twitterfacebook
thumb

三笘薫が最後の仕上げ! 素早い判断でのクロスでトロサールのハットトリックをお膳立て、リバプール戦ドロー呼び込む!

日本代表MF三笘薫が短い時間で結果を残した。 ブライトン&ホーヴ・アルビオンは1日、アウェイでリバプールと対戦した。 プレミアリーグでは好スタートを切り、4位につけるブライトン。グレアム・ポッター前監督がチェルシーに引き抜かれるという緊急事態に陥った中、ロベルト・デ・ゼルビ監督を招へい。エリザベス2世女王陛下の逝去や鉄道のストライキなどもあり、1カ月ぶりのゲームとなった。 デ・ゼルビ新監督の初陣となったリバプール戦ではレアンドロ・トロサールが躍動。4分、17分と連続ゴールを記録しリードを広げる。 今季なかなか調子が出ないリバプールもしっかりと反撃。33分、54分にロベルト・フィルミノが連続ゴールで追いつくと、63分にはオウンゴールで逆転に成功する。 苦しくなったブライトンは逆転された直後の65分に三笘を投入。すると83分に三笘が大きな仕事をする。 逃げ切りを図りたいリバプールが守備を固める中、ボックス左でパスを受けた三笘が対応される前にダイレクトでクロス。これをボックス内でトロサールがダイレクトシュート。記録上はアシストにならなかったが、三笘のお膳立てでトロサールはハットトリックを達成。さらにチームはリバプールに追いつき、そのまま3-3で勝ち点1を持ち帰ることに成功した。 日本代表としては、アメリカ代表戦でゴールを決めていた三笘。エクアドル代表戦は良さをあまり出せずに終わっていたが、クラブに戻って新監督の下で早速輝きを見せることに成功した。 <span class="paragraph-title">【動画】三笘薫の絶妙なクロスからトロサールがハットトリック達成!(00:30〜)</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr"><a href="https://t.co/QUdKjW5gTp">pic.twitter.com/QUdKjW5gTp</a></p>&mdash; Brighton &amp; Hove Albion (@OfficialBHAFC) <a href="https://twitter.com/OfficialBHAFC/status/1576316023619391494?ref_src=twsrc%5Etfw">October 1, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.10.02 09:25 Sun
twitterfacebook
thumb

美しすぎる!日本代表で出番なく帰った旗手怜央が豪快ミドル弾で今季初ゴール!

1日、スコティッシュ・プレミアシップ第9節のセルティックvsマザーウェルが行われ、セルティックが2-1で勝利した。 セルティックは日本代表帰りのFW古橋亨梧、MF旗手怜央に加え、招集外となったFW前田大然の3人が同時に先発出場する。 すると15分、ボックス左横でパスを受けたジョタがダイレクトクロスを供給するとゴール前のオライリーがヘディングシュート。相手GKが弾いたボールを古橋が押し込み先制する。 その後オウンゴールで追いつかれたセルティックだったが、64分に旗手が魅せた。 左CKを獲得したセルティックは、ショートコーナーから旗手にパス。すると、相手DFと対峙した旗手はカットインからボックス手前で右足一閃。鋭い弾道のミドルシュートがゴール左に突き刺さった。 日本代表では1秒もピッチに立てずに悔しい思いをした旗手。早速、その悔しさを結果で示すことに成功。セルティックは前節の敗戦を払拭する勝利を収めた。 <span class="paragraph-title">【動画】チームを勝利へ導く旗手怜央の圧巻ミドル!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="4cRQjDjGAMo";var video_start = 168;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.10.02 08:40 Sun
twitterfacebook
thumb

「何でもできる選手」現地紙がチーム最高評価で日本代表MF守田英正を絶賛「常にライン間で解決策を示した」

スポルティングCPの日本代表MF守田英正が高い評価を受けている。 9月30日、プリメイラリーガ第8節でスポルティングはジル・ヴィセンテと対戦した。 日本代表から戻った守田はこの試合もボランチの一角で先発出場。ジル・ヴィセンテもMF藤本寛也が先発出場を果たした。 守田は16分に味方のシュート性のクロスに飛び込み、移籍後初ゴールを記録。チームの先制ゴールを奪うと、22分にはロングボールに走り前線でキープ。すると見事なヒールパスでオーバーラップしたペドロ・ゴンサウベスに繋ぎ、アシストを記録した。 1ゴール1アシストで3-1の勝利に貢献した守田。ポルトガル『レコルド』はチーム最高点の4点(5点満点)をつけ、MVPに選出した。 「彼は中盤でも攻撃でも何でもできる選手であり、今回もそれを見せてくれた」 「最初のゴールの狡猾さに加え、2点目を品よく直線的にデザインした。ただ、それだけに留まらなかった」 「さらに前に出ていき、フィールドを埋める働きを見せ、中盤ではストッパーにもなっていた。彼は常にライン間で、解決策を示していた」 ゴールとアシストの数字だけでなく、プレスや守備、ポジショニングでも絶賛された守田。また一段上のレベルに上がるキッカケとなるだろうか。 <span class="paragraph-title">【動画】見事な飛び込みで初ゴール&技ありヒールアシスト!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="JcPD1BAOL8k";var video_start = 67;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.10.01 12:20 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly