リーグ2試合ぶり先発の堂安律が前半で負傷交代…相手選手と衝突で顔面から出血も

2021.12.20 18:05 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
19日、エールディビジ第17節のRKCvsPSVの一戦が行われ、アウェイのPSVが1-4で勝利した。

日本代表MF堂安律は右サイドで先発したものの、27分に相手選手と衝突し負傷。そのまま途中交代となった。

15日に行われたKNVBベーカー2回戦のフォルトゥナ・シッタート戦で2ゴールの活躍を見せた堂安は、RKCで2試合ぶりの先発出場を果たした。

しかし、21分に堂安がヘディングシュートを試みた場面で、相手DFアレクサンデル・ビュットネルと衝突。右目辺りを押さえ、鼻筋から出血しているのが確認できた。堂安はそのままFWカルロス・ヴィニシウスと交代となった。

PSVはその直後にFWブルマも負傷交代。攻撃陣のうち2枚を失うこととなったが、ブルマとの交代でピッチに入ったFWヨルベ・ヴェルテッセンの2ゴールもあり、1-4で勝利。リーグ首位をキープしている。

オランダ『テレグラーフ』によると、堂安とブルマの離脱期間は現時点で明かされていないという。

PSVは、24日に行われる第18節のゴーアヘッド・イーグルス戦を終えると、次は年明け1月16日の第19節フローニンヘン戦まで試合がない状況だ。



1 2

関連ニュース
thumb

「代表にはどうしても必要」PSVで結果を残す堂安律を推す声多数「試さない手はない」

公式戦11ゴール目をマークしたPSVのMF堂安律に対する期待度がさらに上昇している。 エールディビジで2位につけるPSVは11日、第33節で9位のNECをホームに迎え、3-2で勝利を収めた。 堂安はボランチの一角で先発。見慣れないポジションでのプレーだったが、輝きを放った。 立ち上がり4分にいきなり決定機を迎え、ゴールレスで迎えた26分には貴重な先制点を奪取。ゴール正面やや左でパスを受けると、ワントラップから助走なしで左足を振り抜き、鋭い一撃を左隅に突き刺した。 堂安は今冬に行われたカタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選、中国代表戦とサウジアラビア代表戦の日本代表メンバーに招集されていたが、3月末の同予選には招集されていなかった。 そのため、「確実にレベルアップしてる。特にシュート精度は代表でも1番じゃないか?」、「田中碧より堂安使って欲しい」、「やはり堂安を試さない手はない」、「代表にはどうしても堂安の力が必要」などの、声が上がっている。 6月にはブラジル代表戦を含めた強化試合が控えている日本。地を這う強烈なミドルを沈めたレフティーも、日の丸を背負って輝くことを期待される1人だろう。 <span class="paragraph-title">【動画】堂安律の11ゴール目!地を這う強烈ミドル!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Japanese power <br>Very good goal <a href="https://twitter.com/doan_ritsu?ref_src=twsrc%5Etfw">@doan_ritsu</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/PSVNEC?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#PSVNEC</a> <a href="https://t.co/VYtWrg5CGJ">pic.twitter.com/VYtWrg5CGJ</a></p>&mdash; PSV (@PSV) <a href="https://twitter.com/PSV/status/1524626696959406087?ref_src=twsrc%5Etfw">May 12, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.05.12 20:30 Thu
twitterfacebook
thumb

PSV堂安律がボランチで公式戦11発目! 逆転Vならずも勝利に貢献《エールディビジ》

PSVの堂安律が今季の公式戦11ゴール目をマークした。 残り2試合のエールディビジで首位のアヤックスを4ポイント差で追いかけ、2位につけるPSV。11日の第33節で9位のNECをホームに迎え撃った。 逆転優勝にもう足踏みが許されないチーム状況のなか、堂安はボランチの一角で先発。見慣れないポジションでのプレーだったが、輝きを放つ。 26分にチームが敵陣に押し上げるなか、バイタルエリア左でパスを受けた堂安がワンタッチしてから助走なしで左足を一閃。左に突き刺さった。 代表返り咲きにアピールを続ける23歳レフティーのリーグ戦8得点目でリードしたPSVはその1点を皮切りにグティエレス、ザハビもネットを揺らす。 3点リードに成功してから2失点を喫したPSVだが、88分に堂安を下げたりと交代も駆使して時間を進め、3-2で勝利。2試合ぶりの白星で飾った。 これで連続無敗も「12」に伸ばしたPSVだが、同時刻キックオフの首位アヤックスも勝利で4ポイント差をキープ。最終節を待たずして、アヤックスの連覇が決まった。 PSV 3-2 NEC 【PSV】 堂安律(前26) グティエレス(前36) ザハビ(後16) 【NEC】 ドゥエルン(後21) オキタ(後27) <span class="paragraph-title">【動画】堂安律の11ゴール目!地を這う強烈ミドル!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="XND1maas92Y";var video_start = 106;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.05.12 08:05 Thu
twitterfacebook
thumb

堂安律のPSVに悲劇、サッカー連盟も認めた誤審で逆転優勝が困難に「芽が摘まれた」

シーズンも佳境に迫っているエールディビジで、重過ぎるミスが起きてしまった。 エールディビジはシーズン残り3試合となった中、首位にアヤックス(勝ち点78)、2位にPSV(勝ち点74)が位置しており、優勝を争っている。 日本代表MF堂安律も所属するPSVは逆転優勝を目指して戦う中、エールディビジ第32節ではアヤックスがAZと2-2の引き分けに終わり、勝ち点を取りこぼすことに。PSVは勝ち点差2に迫るチャンスを手にした。 そのPSVは3位のフェイエノールトとの対戦に。ヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)決勝まで勝ち上がったチームを相手にアウェイで戦うと、前半にコーディ・ガクポが2ゴールを奪い、2点のリードを得る。 そのまま試合は終盤へ。86分にシリエル・デサースが1点を返すが、そのままPSVが勝利すると思われた。 そんな中、後半アディショナルタイム4分にフェイエノールトがPKを獲得。これをデサースが決めて2-2の引き分けに終わり、PSVは勝ち点差を詰めることに失敗していた。 しかし、このPKの判定が大きな物議を呼ぶことに。イェンス・トールンストラのシュートがマウロ・ジュニオールの手に当たってハンド。VARも介入せずPKとなっていた。 オランダ『Voetbal `Primeur』によると、この件に関してオランダサッカー連盟(KNVB)が見解を示し、VARの介入が必要だったと結論づけたとのことだ。 KNVBの見解としては「審判のセルダル・ゴズブユクはPKを与えるべきではなく、その後にVARのポール・ファン・ボーケルが介入し、決定を覆すべきだった」とのこと。PKは誤審だったと結論づけた。 このPKがなく勝利していれば、PSVは首位のアヤックスと勝ち点差が「2」に縮まり、残り2試合での逆転優勝も見えてきたが、結果として「4」のまま。非常に苦しい状況に立たされている。 怒りが収まらないのは当然PSV。試合後もロジャー・シュミット監督やマリオ・ゲッツェらがこの判定を批判していたが、KNVBの結論を受けてPSVのスポーツ・ディレクター(SD)を務めるヨン・デ・ヨング氏がオランダ『テレグラーフ』にコメントした。 「KNVBが両方の間違いを認めたことは良いことだ。ただ、これによってエキサイティングなタイトル争いの芽が摘まれた」 「試合後、レフェリーがこの決定的な場面について説明しようとしなかったことは、今でも残念に思っている」 <span class="paragraph-title">【動画】優勝争いに水を差した大誤審…PK判定に選手ら激怒</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="yAP4oYGBKp8";var video_start = 677;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.05.10 11:22 Tue
twitterfacebook
thumb

日本代表MF堂安律、マインツと個人間合意か

マインツがPSVの日本代表MF堂安律(23)と個人間合意に達したようだ。ドイツ『ビルト』が報じている。 以前から堂安への関心が伝えられていたマインツ。昨シーズンにも獲得に動いたが、500万ユーロ(約6億8000万円)の移籍金額がネックとなり、断念していた。 しかし先日、マインツが今夏に向けて再び堂安に接触していると『ビルト』が報道。そして、同メディア5日付の記事によれば、両者は個人間合意に達したという。 ただ、クラブ間では移籍金に関して交渉が続いており、『ビルト』は400万ユーロから500万ユーロをマインツが支払うことになると予想している。 昨シーズンのビーレフェルトへのレンタルから復帰した今季の堂安は、エールディビジではここまで22試合で7ゴール1アシストを記録。国内カップ戦やヨーロッパカンファレンスリーグを含めると、37試合で10ゴール3アシストとなっており、今月1日のヴィレムII戦で、シーズン二桁得点を達成した。 2022.05.05 20:18 Thu
twitterfacebook
thumb

PSVで二桁ゴールの堂安律、マインツが獲得に再挑戦か

PSVの日本代表MF堂安律(23)にマインツの関心があるようだ。 昨夏にビーレフェルトからPSVにレンタルバックして、先日のエールディビジでシーズン二桁を達成した堂安。2024年6月末まで現行契約を残すが、ドイツ『ビルト』によると、マインツが昨季に続いて獲得に興味を示しているという。 昨季に500万ユーロ(約6億8000万円)の移籍金額がネックとなり、獲得を断念したマインツだが、2日に選手サイドと交渉した模様だ。 オランダの名門でしっかりと結果を出す現状を鑑みると、安値の取引にならなさそうだが、マインツはスポルティング・リスボンが関心を抱く元オランダ代表DFジェリー・セン・ジュステ(25)の売却で資金調達が見込める状況の模様だ。 そのマインツはセン・ジュステの売却時に移籍金として1000万ユーロ(約13億6000万円)を要求しているとのこと。マインツでは堂安を前回と同じく高く評価し、攻撃面を次のレベルに引き上げるパズルのピースと目されているようだ。 遠ざかる代表返り咲きも目指すなかで、最近の現地メディアでステップアップの可能性も示唆する堂安だが、今夏の去就はいかに。 2022.05.04 18:40 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly