堂安律、フライブルク移籍か…来週中にも契約完了の可能性

2022.07.01 12:15 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
PSVの日本代表MF堂安律(24)にフライブルク行きの可能性が新たに浮上した。

昨夏にビーレフェルトからPSVにレンタルバックして、公式戦二桁ゴールを成し遂げるなど、力を示した堂安。だが、PSVとの契約を2024年6月末まで残すなか、マインツ行きの報道が飛び出したりと今夏の去就が騒がれている。

フェネルバフチェ移籍の元ポルトガル代表FWブルマに続き、元ドイツ代表MFマリオ・ゲッツェもフランクフルト入りが決まり、マインツ移籍から一転して残留説が提唱され出してもいるが、再びドイツ行きの噂が再燃している。
オランダの複数メディアに続き、ドイツ『キッカー』でもフライブルク行きが報じられ、ザンクトパウリから加入のFWダニエル・コフィ・キェレーに続く攻撃陣の注目すべき新戦力として、来週中にも契約が完了し得るという。

なお、オランダ『ED』によると、PSVサイドは堂安を手放す場合、最低でも移籍金として800万〜900万ユーロ(約11億3000万〜12億7000万円)ほどを希望しているといわれている。


関連ニュース
thumb

日本人躍動のブンデスリーガが「ABEMA」で生中継! 毎週3試合を厳選、2試合は無料生中継

新しい未来のテレビ「ABEMA(アベマ)」は、ドイツ・ブンデスリーガを生中継することを発表した。 カタール・ワールドカップ(W杯)の全試合生中継が記憶に新しい「ABEMA」。2022-23シーズンはプレミアリーグを中継し、MF三笘薫(ブライトン&ホーヴ・アルビオン)、DF冨安健洋(アーセナル)などの試合を中継していた。 その「ABEMA」は、2022-23シーズンのブンデスリーガに関して、第20節から最終節まで45試合を生中継。日本人選手の所属クラブを中心に毎週3試合を生中継し、2試合を無料で、1試合をABEMAプレミアム(有料)にて放送する。 2月はMF堂安律が所属するフライブルクとMF遠藤航、DF伊藤洋輝、MF原口元気が所属するシュツットガルトの一戦から放送開始する。 なお、「ABEMA」にて生中継する試合のハイライト、フルマッチの再放送も無料でお届けまた、「ABEMAプレミアム」であれば、試合終了直後から30日間、いつでも見逃しフルマッチが楽しめる。 ◆2月の放送予定 第20節 バイエルン vs ボーフム(浅野拓磨) キックオフ時間:2月11日(土)午後11時30分~ (ABEMAプレミアム) フライブルク(堂安律) vs シュツットガルト(遠藤航、伊藤洋輝、原口元気) キックオフ時間:2月11日(土)午後11時30分~ (無料) ケルン vs フランクフルト(鎌田大地、長谷部誠) キックオフ時間:2月13日(月)午前1時30分~ (無料) 第21節 ボルシアMG(板倉滉) vs バイエルン キックオフ時間:2月18日(土)午後11時30分~ (ABEMAプレミアム) ボーフム(浅野拓磨) vs フライブルク(堂安律) キックオフ時間:2月18日(土)午後11時30分~ (無料) フランクフルト(鎌田大地、長谷部誠) vs ブレーメン キックオフ時間:2月19日(日)午前2時30分~ (無料) 第22節 RBライプツィヒ vs フランクフルト(鎌田大地、長谷部誠) キックオフ時間:2月25日(土)午後11時30分~ (無料) フライブルク(堂安律) vs レバークーゼン キックオフ時間:2月26日(日)午後11時30分~ (無料) バイエルン vs ウニオン・ベルリン キックオフ時間:2月27日(月)午前1時30分~ (ABEMAプレミアム) <span class="paragraph-title">【動画】鎌田大地のブンデスリーガ14ゴール</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="4DeSXf696fU";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.02.09 13:50 Thu
twitterfacebook
thumb

躍動ぶりに世界も驚愕! カタールW杯後2カ月、高パフォーマンスの欧州組10選

カタール・ワールドカップ(W杯)で日本代表の敗退が決定してから2カ月が経過した。 “新しい景色”としてベスト8以上の結果を残すことを目標に挑んだ日本代表。結果はベスト16と、またしても壁を越えることができずに終わったが、日本での熱狂ぶり、そして世界からの注目度の上がり方は、過去最高だったと言っても良いものだった。 グループステージで同居した、ドイツ代表、スペイン代表の両W杯王者には勝てないという見方が強かったが、いずれも逆転勝利という結果に。このパフォーマンスは世界中を驚かせ、日本中を熱狂の渦に巻き込んでいった。 その戦いからおよそ2カ月。中断していたヨーロッパのリーグ戦も再開しているが、W杯に出場した選手たちはクラブに戻ってからも輝き放っている。 そこで、W杯終了後からの各選手の活躍ぶりをピックアップ。特に突出した選手たちを紹介する。 <span class="paragraph-subtitle">◆MF三笘薫(ブライトン&ホーヴ・アルビオン)</span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/sega20230208_mitoma.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">Getty Images<hr></div> 【カタールW杯後成績】(2/7時点) プレミアリーグ:6試合4ゴール FAカップ:2試合1ゴール1アシスト EFLカップ:1試合出場 W杯後に最もインパクトを残しているのは、紛れもなく三笘だろう。ブライトンのレギュラーとして定着した三笘は、W杯後に公式戦9試合でプレー。5ゴール1アシストを記録している。 数字を残していることはもちろんだが、それだけではない。1月29日に行われたFAカップ4回戦のリバプール戦では、1-1で迎えた後半アディショナルタイムにボックス内でボールを浮かせ、シュートを打たずにもう一度浮かせて蹴り込んだ。テクニック溢れるプレー、そしてリバプール相手の決勝ゴールには世界中から称賛の言葉が送られ、カタールW杯で話題となった“三笘の1ミリ”から継続して世界からも注目を集め続けている。 第2次森保ジャパンでも中心となることは間違いなく、三笘のさらなる輝きは日本の希望とも言える。 <span class="paragraph-subtitle">◆MF堂安律(フライブルク)</span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/sega20230208_doan.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">Getty Images<hr></div> 【カタールW杯後成績】(2/7時点) ブンデスリーガ:4試合1アシスト カタールW杯でドイツ、そしてスペインを相手に2ゴールを記録した堂安もクラブで結果を残している。 ウィンターブレイクをはさみ、W杯後は4試合しか行っていないフライブルク。堂安は攻撃を牽引すると、1アシストを記録している。 残している数字こそ少ないが、チームにとっては非常に大きな役割を担っており、上位を争うチームを支えている。 <span class="paragraph-subtitle">◆MF鎌田大地(フランクフルト)</span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/sega20230208_kamada.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">Getty Images<hr></div> 【カタールW杯後成績】(2/7時点) ブンデスリーガ:4試合1アシスト DFBポカール:1試合1ゴール カタールW杯では期待されていながらも結果を残せなかった鎌田だが、再開後のブンデスリーガでは再びチームを牽引するプレーを見せている。 チームは4戦無敗。ボランチとして出場を続ける鎌田は、バイエルンとの上位対決で貴重なアシストを記録した。 来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場権を争う中で、今シーズンのCLももうすぐ再開するだけに、注目が集まる。 <a href="https://ryan.onelink.me/C7cD/5uev4c53" target="_blank"><div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/sega20230208_2.jpg" style="max-width:100%;"></div></a> <span class="paragraph-subtitle">◆MF遠藤航(シュツットガルト)</span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/sega20230208_endo.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">Getty Images<hr></div> 【カタールW杯後成績】(2/7時点) ブンデスリーガ:4試合1ゴール1アシスト 中盤の守備の要として日本代表を支えた遠藤。所属のシュツットガルトではキャプテンとしてプレー。デュエルキングとして活躍する中、今季は4位に甘んじている状況だ。 ただ、再開後のブンデスリーガでは攻撃面で結果を残すことに。再開初戦のマインツ戦ではアシストを、続くホッフェンハイム戦ではゴールを記録した。 ただ、チームは4試合未勝利。降格をしないためにもさらなる活躍が期待される。 <span class="paragraph-subtitle">◆DF冨安健洋(アーセナル)</span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/sega20230208_tomiyasu.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">Getty Images<hr></div> 【カタールW杯後成績】(2/7時点) プレミアリーグ:5試合1アシスト FAカップ:2試合出場 W杯前のケガの影響もあった冨安。シーズン再開後初戦を欠場したが、残りの試合は全て出場している。 プレミアリーグでは首位を走り、19年ぶりの優勝を目指すチームにおいて、途中出場がメインに。ただ、ミケル・アルテタ監督からはクローザーとして、チームの勝利の方程式の1つと計算されている。 元々は守備面が評価され、安定感をもたらすプレーが重視されていたが、このところは攻撃面でも積極性を見せるシーンも。今季初アシストもラッキーな形ではあるが記録しており、優勝チームの一員になれるのか、シーズン後半戦では重要度が増す存在となるだろう。 <span class="paragraph-title">◆MF伊東純也(スタッド・ランス)</span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/sega20230208_ito.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">Getty Images<hr></div> 【カタールW杯後成績】(2/7時点) リーグ・アン:7試合出場 “イナズマ純也”というニックネームもつけられ、右サイドをスピード溢れるドリブルで突破する姿が魅力の伊東。クラブに戻ってからも全ての試合で先発出場。終盤までプレーしている状況だ。 チーム内での信頼は完全に勝ち取っているが、今季はまだ1アシスト。再開後もアシストになりかけるシーンは何度も作っており、数字には残っていないがゴールに繋がるチャンスメイクは再三している。 リーグ・アンでも通用している伊東の高いパフォーマンス。チームはリーグ戦14戦無敗。中位に甘んじているが、上位に向かうためには伊東の数字にも期待したいところだ。 <span class="paragraph-subtitle">◆MF久保建英(レアル・ソシエダ)</span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/sega20230208_kubo.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">Getty Images<hr></div> 【カタールW杯後成績】(2/7時点) ラ・リーガ:5試合1ゴール1アシスト コパ・デル・レイ:2試合出場 初のW杯では満足いくほどのパフォーマンスを発揮できなかった久保。悔しさが残った中で、再開したシーズンでは高いパフォーマンスを維持し続けている。 数字を残したのはアスレティック・ビルバオ戦のみだが、1ゴール1アシストで勝利に貢献。ただ、コパ・デル・レイのバルセロナ戦、ラ・リーガのレアル・マドリー戦と古巣であり格上のチーム相手にも高いパフォーマンスを披露し、高い評価を得ている。 ダビド・シルバが不在となった中で、チームでは新たな役割を任されることも増えており、ケガが不安視されるところもある中で、チームの攻撃の軸となりつつある。 <span class="paragraph-subtitle">◆FW前田大然(セルティック)</span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/sega20230208_maeda.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">Getty Images<hr></div> 【カタールW杯後成績】(2/7時点) スコティッシュ・プレミアシップ:9試合3ゴール1アシスト スコティッシュ・FAカップ:1試合出場 スコティッシュ・リーグカップ:1試合1ゴール W杯では1ゴールを記録した前田。ゴール以上に注目されたのはスピードとスプリント能力を活かした最前線でのハードワークだった。 相手GKへ迫るほどのプレスから、スペイン代表戦の同点ゴールも生まれ、クロアチア代表戦では先制ゴールも記録した。 セルティックではFW古橋亨梧がいるためにチャンスメーカーになることが多い中、3ゴール1アシストをリーグ戦で記録。レンジャーズとの大一番では先制ゴールを記録した。 スピードは健在、プレスの強度も高く、相手より先にポジションを取れるため、クリアボールが当たって入るという2つのラッキーゴールも誕生。ラッキーかもしれないが、前田でなければ決まらないものでもあり、真価を発揮している。 <span class="paragraph-subtitle">◆DF板倉滉(ボルシアMG)</span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/sega20230208_itakura.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">Getty Images<hr></div> 【カタールW杯後成績】(2/7時点) ブンデスリーガ:4試合1アシスト W杯前の重傷から見事にカムバック。グループステージ3試合でフル出場を果たし、存在感を示した中、再開後のブンデスリーガでもチームの守備の要として活躍している。 再開初戦のレバークーゼン戦では2アシスト目を記録するなど攻撃面でも活躍。ダニエル・ファルケ監督も絶大な信頼を寄せており、板倉のリーダーシップとパフォーマンスを高く評価した。 チームはなかなか結果を残せていないが、板倉が出場することで安定感は増している状況。シャルケ戦では昨年9月以来、12試合ぶりにクリーンシートも達成しており、後半戦の躍動に注目が集まる。 <span class="paragraph-subtitle">◆MF守田英正(スポルティングCP)</span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/sega20230208_morita.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">Getty Images<hr></div> 【カタールW杯後成績】(2/7時点) プリメイラ・リーガ:3試合2ゴール アリアンツカップ:2試合出場 カタールW杯ではコンディションの問題もあり、フル稼働はできなかった守田。それでも中盤で気の利いたプレーを見せており力になっていた。 ケガの影響もあり、再開後のリーグ戦では3試合を欠場。しかし、ブラガ戦では2ゴールを決める活躍を見せて勝利に貢献。上位争い中のチームを支える活躍は健在だ <div id="cws_ad"><hr>カタールW杯で感動を与えてくれた日本代表の16名が大人気スポーツ育成シミュレーションゲーム『プロサッカークラブをつくろう!ロード・トゥ・ワールド』(サカつくRTW)に登場!<br/><br/>欧州の各クラブでも活躍を続ける代表選手たちのプレーが『サカつくRTW』でも再現。是非一度チェックしてみよう。<a href="https://ryan.onelink.me/C7cD/5uev4c53" target="_blank"><div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/sega20230208.jpg" style="max-width:100%;"></div></a></div> <span class="paragraph-title">【動画】何度見ても驚ける!13のカメラが捉えたリバプール戦の三笘薫スーパーゴール</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Every angle of THAT <a href="https://twitter.com/kaoru_mitoma?ref_src=twsrc%5Etfw">@Kaoru_Mitoma</a> goal! <a href="https://t.co/9xLmIPFmSQ">pic.twitter.com/9xLmIPFmSQ</a></p>&mdash; Brighton &amp; Hove Albion (@OfficialBHAFC) <a href="https://twitter.com/OfficialBHAFC/status/1620348852824858624?ref_src=twsrc%5Etfw">January 31, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> カタールW杯で感動を与えてくれた日本代表の16名が大人気スポーツ育成シミュレーションゲーム『プロサッカークラブをつくろう!ロード・トゥ・ワールド』(サカつくRTW)に登場!<br/><br/>欧州の各クラブでも活躍を続ける代表選手たちのプレーが『サカつくRTW』でも再現。是非一度チェックしてみよう。 <a href="https://ryan.onelink.me/C7cD/5uev4c53" target="_blank"><div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/sega20230208.jpg" style="max-width:100%;"></div></a></div> 2023.02.08 19:10 Wed
twitterfacebook
thumb

堂安途中出場のフライブルク、2部ザントハウゼンに苦戦も終盤の2発でベスト8《DFBポカール》

フライブルクは7日、DFBポカール3回戦でザントハウゼンとのアウェイ戦に臨み、2-0で勝利した。フライブルクのMF堂安律は72分からプレーしている。 2回戦でザンクト・パウリを下したフライブルクは堂安をベンチスタートとした。 2部のザントハウゼンに対し、[4-2-3-1]でスタートしたフライブルクは最前線にグレゴリッチュ、2列目に右からサライ、チョン・ウヨン、グリフォと並べた。 そのフライブルクが立ち上がりから押し込むと5分、グレゴリッチュのヘディングシュートでGKを強襲。その後も押し込んだフライブルクだったが、攻めあぐねていく。 34分にようやくサライのボレーシュートでゴールに迫った中、41分にはクイックリスタートからキューブラーがヘディングシュートを放つもわずかに枠を外れ、ゴールレスで前半を終えた。 迎えた後半もフライブルクが同様に押し込む展開で推移。すると55分にCKからギンターが際どいヘディングシュートを放った。さらに62分にもサライの右クロスからグレゴリッチュがヘディングシュートを放ったが、ここもわずかに枠の左に外れてしまう。 ゴールが遠いフライブルクは72分に堂安を右サイドに投入。終盤にかけても膠着した展開が続いたが、87分に均衡を破った。左CKからラインハルトのヘディングシュートが決まった。 そして試合終了間際にペテルゼンのゴールが決まったフライブルクが2-0で勝利。苦しみながらもベスト8進出を決めている。 2023.02.08 03:56 Wed
twitterfacebook
thumb

精巣がん克服のアラーが復活弾、指揮官も「幸せな瞬間」と祝福

ドルトムントのコートジボワール代表FWセバスティアン・アラーが復活のゴールを決めた。 今夏にアヤックスからドルトムントに加入したアラー。しかし、その直後に精巣がんが発覚し、治療のため無期限離脱を強いられることになった。 一時は引退も危ぶまれたが、2度の手術を乗り越え、先月23日にブンデスリーガ第16節のアウグスブルク戦で復帰。4日に行われた第19節のフライブルク戦にも先発すると、待望の瞬間が訪れた。 2-1で迎えた51分にセットプレーの流れからポルトガル代表DFラファエウ・ゲレイロが左サイドからクロスを上げると、ゴール前で待っていたアラーがヘディングシュート。叩きつけられたボールがゴールネットを揺らし、ドルトムントでの初得点となった。 エディン・テルジッチ監督は5-1で勝利を飾った試合後、アラーを祝福。本拠地ジグナル・イドゥナ・パルクでのゴールを喜ぶとともに、今後の活躍に期待を語った。 「7月か8月には初ゴールを決めてほしいと思っていたが、それが今日実現した。重要なゴールであり、本拠地の“黄色い壁”の前で決められたということも喜ばしい」 「彼にとっても、我々にとっても、非常に大きな意味を持つ幸せな瞬間だ。これから始まるゴールラッシュの第一歩になってくれれば良いと感じている」 <span class="paragraph-title">【動画】ガン克服のアラーが待望のゴールで歓喜爆発!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="VvH-3vyXuwU";var video_start = 30;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.02.05 13:23 Sun
twitterfacebook
thumb

アラー復活弾のドルトムントが10人フライブルクに5発完勝《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ第19節、ドルトムントvsフライブルクが4日に行われ、5-1でドルトムントが圧勝した。フライブルクのMF堂安律は67分までプレーしている。 前節レバークーゼンに快勝し再開後3連勝とした4位ドルトムント(勝ち点34)は[4-2-3-1]で臨み、アラーを最前線に、2列目に右からブラント、ロイス、アデイェミと並べた。 一方、堂安の勝ち越しアシストでアウグスブルクに3-1と勝利し再開後初白星とした5位フライブルク(勝ち点34)は、堂安が[3-4-3]の右シャドーでスタメンとなった。 立ち上がりからドルトムントが攻勢をかけると、17分に数的優位となる。アデイェミが左サイドを突破にかかると、シディリアにファウルを受けた。このプレーで2枚目のイエローカードを受けたシディリアが退場となった。 そして25分、ジューレのミドルシュートがポストに直撃した直後のCKから先制する。混戦の中、ゴールエリア左からシュロッターベックがシュートをねじ込んだ。 その後もドルトムントが主導権を握っていたが、前半終了間際の45分にフライブルクが追いつく。堂安がDFともつれてルーズとなったボールをボックス内のホーラーが蹴り込んだ。 それでも1-1で迎えた後半、開始3分にドルトムントが勝ち越す。CKの流れからベリンガムのヒールパスを受けたアデイェミがボックス内に侵入。DFに囲まれた中、シュートを決めきった。 さらに3分後、アラーに復活のゴールが生まれる。CKの流れからラファエウ・ゲレイロの左クロスをアラーがヘッドで押し込んだ。 余裕のドルトムントがアラーとアデイェミをお役御免とした中、69分にはブラントのミドルシュートが決まって4-1。 その後、ベリンガムとロイスも下げたドルトムントは82分にレイナのコントロールシュートが決まり5-1と圧勝。再開後の連勝を4に伸ばした。 2023.02.05 01:28 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly