「分からない」冨安の顔面が踏まれた場面にアルテタ監督は多くを語らず「VARが確認したのは確か」

2021.12.07 11:55 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アーセナルのミケル・アルテタ監督が、日本代表DF冨安健洋が顔面を踏まれたシーンについて言及した。イギリス『メトロ』が伝えている。

アーセナルは6日に行われたアウェーのプレミアリーグ第15節エバートン戦を1-2で落とした。冨安は右サイドバックとしてフル出場した。

この試合で大きな話題を呼んでいるのが28分のシーン。自陣右サイドでアーセナルがボールを奪うと、冨安がルーズボールを相手MFアランと競り合い、タッチライン上で倒れる。直後、寄せてきたDFベン・ゴッドフリーの右足で冨安の顔面を踏みつける格好となり、冨安のアゴから出血していた。

ただ、このシーンについてはVARチェックが入ったものの、ゴッドフリーにカードが提示されることはなかった。試合後、この場面について問われたアルテタ監督は、VARチェックが入ったことは事実だとし、多くは語らなかった。

「分からない。判定は下されている。VARがプレーを確認したのは確かだ。私が望んでいるのは、自分のチームがもっとうまくやることだ」



1 2

関連ニュース
thumb

「錆び付いたような印象」失点関与のアーセナルDF冨安、現地採点ではスタメン最低評価に「ジョタに倒された」

アーセナルの日本代表DF冨安健洋に現地紙は厳しい評価を下している。 EFLカップ(カラバオカップ)準決勝2ndレグ、アーセナルvsリバプールが20日にエミレーツ・スタジアムで行われ、アウェイのリバプールが0-2で勝利。この結果、2戦合計0-2としたリバプールの決勝進出が決定した。 アーセナルDF冨安健洋はフル出場、リバプールFW南野拓実は63分から途中出場している。 イギリス『スカイ・スポーツ』の採点(10点満点)では、冨安にスターティングメンバーの中では最低の4点が与えられ、「ふくらはぎのケガから復帰したが、錆び付いたような印象を与えた。ジョタの先制点では、あまりにも簡単に倒れ、リバプールのFWに右サイドから中へ切り込まれるのを許してしまった。後半には、カーティス・ジョーンズへのファウルで警告を受けた」と評価された。 また、『イブニング・スタンダード』の採点(10点満点)でも、やはり4点。「復帰後、信じられないほど錆びついているように見えた。パスは乱れ、空中戦ではいつものアグレッシブさを欠き、先制シーンはジョタにあっさりと倒された」としている。 先制された場面以外にも何度かスリップする場面があった冨安。調子の悪さを憂慮するシーンもあったが、復帰初戦ということもあり、アーセナルのミケル・アルテタ監督は、「彼は信じられないほどよくやってくれた」と擁護している。 <span class="paragraph-title">【動画】冨安がジョタに抜かれそのまま失点してしまうシーン</span> <span data-other-div="movie"></span> <iframe src="https://www.facebook.com/plugins/video.php?height=314&href=https%3A%2F%2Fwww.facebook.com%2FESPNFC%2Fvideos%2F689417545409726%2F&show_text=false&width=560&t=0" width="560" height="314" style="border:none;overflow:hidden" scrolling="no" frameborder="0" allowfullscreen="true" allow="autoplay; clipboard-write; encrypted-media; picture-in-picture; web-share" allowFullScreen="true"></iframe> 2022.01.21 12:55 Fri
twitterfacebook
thumb

「冨安が抜かれた…」リバプールFWジョタの股抜き弾にファンも感嘆「敵ながらあっぱれ」

リバプールのポルトガル代表FWジオゴ・ジョタがそのクオリティをまざまざと見せつけた。 リバプールは20日に行われたEFLカップ(カラバオカップ)準決勝2ndレグでアーセナルと対戦し2-1で勝利。2試合合計スコア2-0で決勝へ駒を進めた。アーセナルDF冨安健洋はフル出場、リバプールFW南野拓実は63分から途中出場している。 この試合で輝きを見せたのがジョタだ。19分、カウンターの形からDFトレント・アレクサンダー=アーノルドのラストパスを受けたジョタが左のハーフスペースで縦に仕掛けると、バランスを崩した冨安を完全に振り切ってペナルティアーク付近に切り込んで右足のシュートを放つ。これがDFにディフレクトする形でコースが変わってゴールネットを揺らした。 アーセナルのディフェンスラインが整う前に仕掛け、フィニッシュまで持ち込んで決めたジョタは、77分にも完璧な抜け出しから2点目。得点シーン以外にもアーセナルの右サイドを突破してチャンスを作る場面もあり、ひときわ輝いた。 ジョタの活躍には、日本のファンも感嘆。「冨安が抜かれた…」、「ジョタが良すぎた」、「冨安もジョタは止められなかった」、「敵ながらあっぱれの1発」と称賛の言葉を寄せた。 アフリカ・ネーションズカップのために引き続きFWモハメド・サラー(エジプト)とFWサディオ・マネ(セネガル)などが不在のなか、ジョタがチームの攻撃の要となっている。 <span class="paragraph-title">【動画】冨安の股を抜き、リバプールFWジョタのワールドクラスのゴール</span> <span data-other-div="movie"></span> <iframe src="https://www.facebook.com/plugins/video.php?height=314&href=https%3A%2F%2Fwww.facebook.com%2FESPNFC%2Fvideos%2F689417545409726%2F&show_text=false&width=560&t=0" width="560" height="314" style="border:none;overflow:hidden" scrolling="no" frameborder="0" allowfullscreen="true" allow="autoplay; clipboard-write; encrypted-media; picture-in-picture; web-share" allowFullScreen="true"></iframe> 2022.01.21 12:06 Fri
twitterfacebook
thumb

アーセナル破りカップ戦決勝進出のリバプール、クロップ監督も称賛 「今夜の選手たちのプレーは本当に特別」

リバプールのユルゲン・クロップ監督がカップ戦決勝進出のチームを称えた。クラブ公式サイトが伝えている。 リバプールは20日に行われたEFLカップ(カラバオカップ)準決勝2ndレグでアーセナルと対戦した。ホームでの1stレグは数的有利を生かせず、ゴールレスドローに終わったが、この日は19分にFWジオゴ・ジョタが卓越した個人技で先制点を記録。後半にもDFトレント・アレクサンダー=アーノルドのボールを受けたジョタが追加点を奪うと、その後は相手の反撃を許さず、2-0で勝利した。 この結果、リバプールは2戦合計2-0でEFLカップ決勝戦進出が決定。2月にウェンブリー・スタジアムでチェルシーと対戦する。試合後のインタビューに応じたクロップ監督は、数人の主力を欠きながらも好パフォーマンスを披露したチームを称賛。決勝進出を喜びつつ、気を引き締めている。 「今夜は傑出したパフォーマンスをたくさん見られた。我々が抱えている問題を考えると、チームを変更するオプションはほとんどなかったと思う。それでも今夜の選手たちのプレーは本当に特別だった」 「立ち上がりはアーセナルが主導権を握った。彼らは本当にアグレッシブだったね。我々は試合に適応する必要があったが、落ち着きを持ち、試合をコントロールし、本当に良いプレーをして、素晴らしいゴールを決められた。先制点は、ジオゴがゴールを決める前に少しやるべきことがあったとはいえ、チームで奪ったゴールと言える」 「2点目は、スタジアムの多くがフリーのジョタを見ていなかったと思うが、トレントは見ていた。最初の10分間の我々のプレーは好きではないが、その後にゲームへ参加し、とても柔軟で適切なプレーができるようになった。その点については満足している」 「決勝となれば、傑出した強豪と対戦する可能性がかなり高いが、今回もそうだね。ウェンブリーは特別な場所であり、誰もがそれを知っている。我々はこの大会で多くの努力をしてきて、本当に勝ち進みたいと思っていた。決勝で勝ちたいと思わないなら、参加する理由がない。とはいえ、それがどれだけ難しいかは理解している」 また、クロップ監督は2ゴールを決めて勝利に貢献したジョタに言及。傑出したパフォーマンスでチームを支えてくれていることを喜んだ。 「クオリティとメンタリティを備えている点が、彼を獲得した理由だった。彼はウルブスで走らなければならず、守備をする必要もあったが、それでも常に本当にエキサイティングなものを生み出していた」 「今、彼が我々のシャツをまとって、そうしたプレーを見せているのが本当に嬉しい。彼は2ゴールを決めた今夜に限らず、我々にとって非常に重要な存在であり、彼のスキルがチームにミックスされることは本当にエキサイティングだ。体調も良く、こうしたプレーが長く続くかもしれないね」 2022.01.21 10:38 Fri
twitterfacebook
thumb

「完全に問題ない」心臓の問題発覚でAFCON欠場のオーバメヤンが元気な姿「完全に健康だ」

アーセナルのガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤンが、問題がないことを報告した。 アーセナルのエースとしてプレーを続けてきたオーバメヤン。しかし、今シーズンは低調なパフォーマンスが続き、決定機を逸するシーンが増えるなどピッチ内のパフォーマンスが上がらないと、ピッチ外でも問題を起こし、チームから追放。キャプテンも剥奪されるという事態に陥っていた。 そんな中、アフリカ・ネーションズカップ(AFCON)に参加するためガボン代表に合流していたオーバメヤンだったが、大会前に新型コロナウイルス(COVID-19)に感染。さらに、心臓に問題を抱えているということが発覚していた。 結局ガボン代表としての活動にも参加できなかったオーバメヤンはロンドンへと帰還。改めて心臓の問題をチェックするということをミケル・アルテタ監督も語っていた。 そのオーバメヤンは自身のインスタグラムを更新。ロンドンでのトレーニングの様子をアップし、笑顔で元気であることを報告した。 「やぁ、みんな。僕はいくつかのチェックを受けるためにロンドンに戻ってきた。そして、僕の心臓は完全に問題ないし、僕が完全に健康であると言えることが嬉しいよ」 「ここ数日のメッセージに本当に感謝し、もうすでに戻ってきている」 この投稿には、アーセナルのチームメイトであるFWブカヨ・サカをはじめ、多くのメッセージが寄せられていた。 <span class="paragraph-title">【写真】心臓の問題発覚のオーバメヤンが笑顔で元気な姿を見せる</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CY9W5jLNED0/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CY9W5jLNED0/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CY9W5jLNED0/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Pierre-Emerick Aubameyang(@auba)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.01.21 10:30 Fri
twitterfacebook
thumb

アルテタ、失点関与の冨安健洋をかばう 「彼は信じられないほどよくやってくれた」

ミケル・アルテタ監督が日本代表DF冨安健洋を擁護した。クラブ公式サイトが伝えている。 カラバオカップ準決勝でリバプールと激突したアーセナル。先の敵地で行われた1stレグを0-0で切り抜け、20日にホームで2ndレグを迎えたが、0-2で敗れ、決勝進出を逃した。 アルテタ監督は試合後、「本当に残念だ。あと1試合でファイナルに行けるとなれば、高揚するレベルも上がるし、本当に楽しみにしていたからね」と肩を落とした。 そんなアーセナルの1失点目は負傷明けの冨安が右サイドバックを務めるサイドを崩されてのもの。冨安の粘りを欠いた対応が目立ったが、アルテタ監督はかばった。 「ボールをブロックしようとして、もう少しのところで滑ってしまったんだ。そのあとにボールが彼の足もとを通り抜けて、ジョタの蹴り損ねがGKと逆の方にいってしまった。だから、あれを防ぐのは難しかったと思う」 また、調子の悪さや試合勘の欠如を指摘されるが、スペイン指揮官は「彼は信じられないほどよくやってくれた」と擁護。チーム事情が影響しての起用だったと説明した。 「セドリックやカラムが欠場して、サイドバックがいなかったから彼を使わざるを得なかったんだ。彼はそれを知り、出場を直訴してくれた」 「練習もできていなかったのに、それでも今日の試合に出てくれた。だから、今日の選手たちを本当に誇らしく思うし、感謝している」 <span class="paragraph-title">【動画】冨安の股を抜き、リバプールFWジョタのワールドクラスのゴール</span> <span data-other-div="movie"></span> <iframe src="https://www.facebook.com/plugins/video.php?height=314&href=https%3A%2F%2Fwww.facebook.com%2FESPNFC%2Fvideos%2F689417545409726%2F&show_text=false&width=560&t=0" width="560" height="314" style="border:none;overflow:hidden" scrolling="no" frameborder="0" allowfullscreen="true" allow="autoplay; clipboard-write; encrypted-media; picture-in-picture; web-share" allowFullScreen="true"></iframe> 2022.01.21 09:30 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly