ベルギー代表DFデナイヤーもUAEへ! 昨季限りでリヨンを去ってフリー

2022.09.27 09:30 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ベルギー代表DFジェイソン・デナイヤー(27)が中東に舞台を移すようだ。

マンチェスター・シティでプロ入り後、セルティックやガラタサライ、サンダーランドを経て、2018年8月にリヨン入りしたデナイヤー。リヨンでは通算139試合の出場数を誇ったが、昨季で契約が切れ、フリーの状況が続いている。

既報でトルコやイタリアなどが新天地として噂された現役のベルギー代表戦士だが、去就はどうやらUAEクラブ行きで決着の様相を呈しているようだ。
移籍市場に精通するイタリア人のファブリツィオ・ロマーノ記者によると、デナイヤーはアラビアン・ガルフ・リーグを戦うシャバブ・アル・アハリ・ドバイへの加入を完了させるべく、27日にもベルギーからUAEに旅立つという。

これまで欧州を舞台に活躍してきた選手の有名どころでは今夏において、ボスニア・ヘルツェゴビナ代表MFミラレム・ピャニッチ、ギリシャ代表DFコスタス・マノラス、ブラジル代表MFアランに続くUAE行きとなる。

関連ニュース
thumb

4年ぶりリヨン復帰のラカゼットが絶好調! 公式戦25試合で17G5A、通算300試合出場を達成

リヨンのフランス代表FWアレクサンドル・ラカゼットが目下好調だ。 昨年7月にアーセナルからリヨンへ4年ぶりに復帰したラカゼット。5300万ユーロの移籍金で加入したアーセナルでは通算206試合71ゴール36アシストを記録したが、契約延長には至らず古巣へ戻ることになった。 アーセナル移籍前の在籍期間に274試合129ゴール43アシストという圧巻の数字を残した元エースは、即座にキャプテンに就任。さらに復帰戦となったリーグ・アン開幕戦のアジャクシオとの一戦で1ゴール1アシストと上々のリスタートを切った。 だが、31歳の活躍はここから。その後もコンスタントに得点を重ね、リーグ戦では現時点で22試合13ゴールを記録。さらに、クープ・ドゥ・フランスではアマチュアの格下相手ではあるもののハットトリックを決めている。 そして、8日に行われたクープ・ドゥ・フランスのラウンド16のリール戦は、リヨンにおける通算300試合目。開始8分に味方のゴールをアシストすると、21分には自ら左足でゴールを決めて祝砲とした。その後2点を奪われ決着の行方はPK戦に委ねられたが、なんとか勝利を掴み、メモリアルマッチを白星で飾った。 なお、リーグ戦ではここまで9勝5分け8敗の9位と苦戦。後半戦の巻き返しに期待したい。 2023.02.09 13:40 Thu
twitterfacebook
thumb

「無回転といえばこの人」「最強の飛び道具」70本以上ものFKを沈めた魔術師の異次元キック集が反響!「FKなら世界一じゃないか」

元ブラジル代表MFジュニーニョ・ペルナンブカーノ氏が、30日に48歳の誕生日を迎えた。 現役時代には世界最高のフリーキッカーとまで言われたジュニーニョ氏。キャリア通算で70本以上もの直接FKを沈め、相手GKに恐怖を与えてきた。 特に2000年に移籍したリヨンでは、公式戦343試合で100ゴール72アシストを記録するなど、リーグ・アン7連覇時の主力に。30日にはUEFA(欧州サッカー連盟)や海外メディアの公式SNSがそのFK集を公開している。 様々な種類のキックを操り、無回転FKも自在に蹴るジュニーニョ氏のキックにはファンも感嘆。「無回転といえばこの人」、「わけわからん」、「FKの王」、「世界一」、「最強の飛び道具」、「FKなら世界一じゃないか」と賛辞の言葉が並んでいる。 ジュニーニョ氏はリヨンのほか、母国ヴァスコ・ダ・ガマやカタールのアル・ガラファ、アメリカのニューヨーク・レッドブルズなどでプレー。引退後はリヨンでスポーツ・ディレクター(SD)も務めていた。 <span class="paragraph-title">【動画】どれもが一級品!史上最高のフリーキッカーが繰り出す異次元のキック集</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">The best free-kick taker ever? <br><br>Wishing a very happy birthday to Juninho Pernambucano! <a href="https://twitter.com/hashtag/UCL?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#UCL</a> <a href="https://t.co/neFOIAJEd8">pic.twitter.com/neFOIAJEd8</a></p>&mdash; UEFA Champions League (@ChampionsLeague) <a href="https://twitter.com/ChampionsLeague/status/1619996465840939008?ref_src=twsrc%5Etfw">January 30, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.01.31 19:45 Tue
twitterfacebook
thumb

リヨン、マルメから期待の若手ストライカーFWアミン・サールを獲得!

リヨンは30日、ヘーレンフェーンからU-21スウェーデン代表FWアミン・サール(21)の完全移籍加入を発表した。移籍金は1100万ユーロ(約15億5000万円)+ボーナス100万ユーロ(1億4000万円)。契約期間は2027年6月30日までとなる。 母国クラブのマルメでプロデビューを果たしたサール。ミャルビーへの武者修行を経て、2022年1月にヘーレンフェーンへ加入した。海外初挑戦ながらすぐにチームへフィットすると、エールディビジ13試合に出場して5ゴール1アシストを記録。今シーズンもチーム不動の主軸として、公式戦20試合の出場で5ゴール5アシストの成績を残した。 着実にステップアップを遂げているサールは、リヨンの公式サイトを通じて喜びと意気込みを述べている。 「オリンピック・リヨンは僕が子供の頃から知っていたクラブだ。フランスでもっとも大きなクラブの一つだと思っている。このクラブと契約できたことをとても嬉しく思っているし、チームの目標達成のためにベストを尽くしたい。早く仕事を始めて、チームメイトやファンのみんなと会いたいね」 2023.01.31 11:48 Tue
twitterfacebook
thumb

トロワがリヨンMFレーヌ=アデレードをレンタルで獲得、今季はリーグ戦14試合出場

トロワは30日、リヨンのMFジェフ・レーヌ=アデレード(25)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。 レンタル期間は今シーズン終了までとなる。買い取りオプションなどは付いていない。 レーヌ=アデレードはアーセナルの下部組織育ち。ファーストチーム昇格は果たしていないが、8試合に出場していた。 2018年7月にアンジェに完全移籍すると、2019年8月にリヨンへと加入した。2020年10月からはニースヘ1年間のレンタル移籍を経験している。 これまでリヨンでは公式戦48試合に出場し2ゴール4アシスト。今シーズンもリーグ・アンで14試合に出場していた。 なお、リーグ・アンでは通算99試合に出場し7ゴール11アシストを記録している。 世代別のフランス代表を経験しており、U-21フランス代表では21試合で7ゴールを記録。多才なトップ下の選手として知られている。 2023.01.31 10:50 Tue
twitterfacebook
thumb

ブライトン、ランプティ残留か…スポルティング&リヨンの交渉がオフ状態に

ブライトン&ホーヴ・アルビオンのガーナ代表DFタリク・ランプティ(22)に残留の可能性が出ているようだ。 チェルシーのアカデミー出身だが、トップチーム定着といかず、2020年1月からブライトンでプレーするランプティ。チームがプレミアリーグで上位争いに割って入る今季は途中出場が主だが、公式戦21試合に出場している。 直近に行われたFAカップ4回戦のリバプール戦では1アシストの活躍で勝利に貢献したが、ピッチを離れれば、スポルティングCPとリヨンの関心が噂に。両クラブともブライトンとの接触が取り沙汰され、動向が注目される。 だが、移籍市場に精通するファブリツィオ・ロマーノ氏によると、スポルティング行きはブライトンが完全移籍でしか退団を認めず、オフ状態に。どうやらリヨンも交渉から離脱しており、ブライトンに残りうる状況だという。 スポルティングはトッテナム行きが濃厚な元スペイン代表DFペドロ・ポロ(23)の代役として、リヨンはチェルシー移籍のU-21フランス代表DFマロ・グスト(19)に代わる選手としてランプティに着眼しているとみられる。 ブライトンからすれば、エクアドル代表MFモイセス・カイセドもアーセナルから狙われており、これ以上のチーム解体を避けたいところだが、ランプティの去就やいかに。 2023.01.30 10:50 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly