ヴェルナーとハヴァーツの境遇を振り返るランパード「スピードや身体的負荷にショックを受けていた」

2021.12.03 15:09 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
元チェルシー指揮官のフランク・ランパード氏が、ドイツ代表FWティモ・ヴェルナーとMFカイ・ハヴァーツの2人がプレミアリーグへの適応に苦しんでいたことを明かした。イギリス『メトロ』がコメントを伝えている。

チェルシーで選手として大きな功績を残した後、2019年夏に監督として復帰したランパード氏。1年目はプレミアリーグを4位で終えたが、2シーズン目は前半戦終了時点で8勝5分け6敗の9位と振るわず、今年1月に解任という形でクラブを去った。

そのランパード氏が指揮していた2020年夏、クラブは大枚をはたいて大型補強を敢行。しかし、その際に獲得したヴェルナーとハヴァーツは、新たな環境でなかなか本来の実力を発揮できずにいた。元イングランド代表DFのギャリー・ネビル氏のYouTubeチャンネル『The Overlap』に出演したランパード氏も認めている。

「ティモとカイは明らかに適応に苦しんでいた。彼らはトレーニングのスピードや試合での身体的負荷にショックを受けていたのだ」

エデン・アザールのチェルシーでの1年目を思い出したよ。彼はチェルシー史上最高の選手の1人になったが、プレシーズンはまだおぼつかなかった」

「どんな選手にもそういう時期はある。ティモやカイも最初はそうだった。とりわけカイはコロナウイルスに感染してかなり出遅れてしまっていた」

ランパード氏はまた、解雇通告を受けた際の逸話も告白。監督の仕事を引き受けた時点でクビになる覚悟はあったようで、ブルース・バック会長から「話がある」と言われた瞬間に察したという。

「あれはFAカップ4回戦でルートン・タウンに勝った翌朝だった。会長のブルース・バックからメッセージが届いて、『トレーニング場から移動して、役員室に来てくれないか』と言われたのだ。すぐに察したよ」

「解任を伝えるのに最適な方法なんてものはない。礼儀作法も様々だと思うが、結局、クビということに変わりはないのだ」

「そのときブルースとマリナ(・グラノフスカイア)はとても真摯に対応してくれた。何が起こるかは分かっていた。その瞬間を除いて、監督を務めさせてくれたことには感謝しているよ」

「そういうものだ。チームは前進していくのだから、そこでできることは何もない。今までそういう立場になったことがなかったため少し奇妙な感覚だったが、仕事を引き受けた時点でその電話が来る可能性があることは覚悟していたよ」

「チェルシーでは連続してタイトルを獲得しない限り、いずれクビになるのだろう。そんなこと決してできないだろうがね」




関連ニュース
thumb

渦中のクリステンセンにトゥヘル「彼はプレーしたくなかったわけじゃない。私はそう思っている」

チェルシーのトーマス・トゥヘル監督がデンマーク代表DFアンドレアス・クリステンセンに言及した。イギリス『デイリー・メール』が報じている。 今季もチェルシーで公式戦34試合に出場するものの、契約切れが今夏に迫るクリステンセン。フリーでのバルセロナ行きが決定的とされるなか、14日に行われたFAカップ決勝のリバプール戦を欠場した。 ただ、現地メディアが指摘したメンバー外の経緯が物議に。そのリバプール戦で先発予定されながら、試合当日にケガでもないのに、トーマス・トゥヘル監督にメンバーから外すよう申し出たというのだ。 バルセロナ行きが濃厚とされる状況もあって、様々な憶測がなされ、プロ意識を欠く行為と非難の声も少なくないなか、トゥヘル監督がその件に口を開いた。 「アンドレアスは(リバプール戦)当日の朝、私に話をしにきた。『出る準備ができていない。先発するのも、ベンチにもいるのも』とね。彼なりの理由があるんだ。それはプライベートなことで、秘密にしておく。ただ、ここ数週間、同じような状況で、今回が初めてじゃない」 「彼はプレーしたくないというわけじゃなく、プレーできなかったんだ。私はそう思っている。それは大きな違いだ。我々は受け入れざるを得なかったし、これからも受け入れるつもり。私はアンドレアスにああいった類の試合でプレーしたい思いがあったと今でも信じている」 なお、チームは19日に行われるプレミアリーグ第27節延期分のレスター・シティ戦を含めて残り2試合だが、ドイツ人指揮官はクリステンセンの出場可否について、「FAカップ決勝のときも知らせを受けたのは直前だった。この試合も、他の試合も予測できないね」と話している。 2022.05.19 14:30 Thu
twitterfacebook
thumb

「アマチュアのような振る舞い」 FA杯決勝でメンバー入り拒否のクリステンセンに非難の声

FAカップ決勝を欠場したチェルシーのデンマーク代表DFアンドレアス・クリステンセンに対して、非難が強まっている。イギリス『ミラー』が伝えた。 チェルシーとの契約延長交渉が難航し、今夏にフリーでバルセロナへ加入することが濃厚となっているクリステンセン。14日に行われたFAカップ決勝のリバプール戦では先発が予定されていたものの、当日の朝になってトーマス・トゥヘル監督に準備ができていないと伝え、出場を拒否していた。チェルシーはクリステンセン抜きで決勝に臨み、PK戦で敗れている。 かつてリバプールやアストン・ビラでプレーした元イングランド代表FWスタン・コリモア氏は、こうした振る舞いを行ったクリステンセンを非難。アマチュアのような振る舞いだと断じて、バルセロナでも同様の事態が起きる可能性を危惧した。 「どのような業界で働いていても、プロとして振る舞うか、アマチュアのように振る舞うかには明確な線引きがあると思う。そして土曜日のクリステンセンは後者のカテゴリーに属していた」 「私の知る限り、彼は精神的な問題について話したことはない。かつての指揮官であるマウリツィオ・サッリは、彼が試合当日に胃痙攣を起こすことがあると話していた。我々は彼が今回も週末の状況に対処できなかったと受け止める必要はあるだろう。だが申し訳ないが、それはプロのサッカー選手である以上は受け入れるべきものだ」 「この仕事は、相手チームとの対戦や緊張への対処などに対してのテストでもある。そしてもし自分が先発に選ばれるようになり、見返りとして週に何千ポンドかを受け取る契約に喜んでサインしたなら、そのすべてを受け入れるか、条件を変更するかをすべきだ」 「試合前、トイレに閉じこもる選手を何人か知っていた。だが試合開始のゴングが鳴れば気を引き締め、周りにいる10人の仲間と共に白線を越え、仕事をする手助けをしてくれたよ。プロフットボーラーなら自分の肉体的、精神的な限界に挑戦して、極限の環境で責任を果たすしかない」 「誰も彼に危険な目に遭えとは言っていない。ただ、もしこれが大きな試合の前の緊張や気負いだけが原因なら、馬鹿げた話だ。現代の選手たちは自分の好きなものを好きなだけ食べたいと思っているようであり、そのうち彼らは試合を選ぶようになるのではと心配している」 「例えば、来シーズンのエル・クラシコや、タイトルを決めるかもしれない試合前にこれが起こるかもしれない。だからバルセロナは適切な調査を行い『君が年に3、4試合欠場するかもしれないことは理解しているが、それならその数週間分の給料は支払わないか、事態をカバーするため契約から週数千ポンドを減額する』と言ってほしいね」 「選手ももっとオープンに、『こうしたことがある』と言えば皆も理解してくれると思う。だが、FAカップ決勝の日や、その他の大事な試合の日にいきなり欠場するような事態は、完全に不公平だろう」 2022.05.18 13:04 Wed
twitterfacebook
thumb

バルサ行き濃厚のチェルシーDFクリステンセン、FAカップ決勝当日朝に欠場を申し出の事実…

バルセロナへの移籍が大きく取り沙汰されているチェルシーのデンマーク代表DFアンドレアス・クリステンセンだが、FAカップ決勝でプレーすることを断っていたようだ。 チェルシーの下部組織出身で2014年10月にトップチームデビューを果たしたクリステンセン。ボルシアMGへの2シーズンのレンタルを経験して以降はファーストチョイスではないながらも堅実なバックアッパーとしての地位を確立し、公式戦161試合に出場している。 チェルシーとの契約が今シーズン限りで満了を迎えるクリステンセン。バルセロナへの移籍が濃厚となっており、メディカルチェックも完了しているとのことだ。 そのクリステンセンだが、14日に行われたリバプールとのFAカップ決勝ではメンバー外となっていた。 本来であれば、クリステンセンはこのリバプールとの決勝でプレーする予定だったが、イギリス『BBC』によると、試合当日の朝にトーマス・トゥヘル監督へ試合でプレーする準備ができていないと申し出て、出場を断っていたというのだ。 今夏の退団が濃厚であるため、来季の構想に入らない選手がシーズン終盤の試合で起用されないということはよくあるが、トゥヘル監督は移籍を認めながらも起用する方針だったとのこと。ただ、クリステンセン側から申し出たというのだ。同選手がピッチに立っていれば、タイトルが獲得できたかは分からないが、ケガなどではないという事実が混乱を表していることとなる。 2022.05.16 20:55 Mon
twitterfacebook
thumb

バルサ移籍濃厚のクリステンセン、トゥヘルも退団認める

チェルシーのトーマス・トゥヘル監督がデンマーク代表DFアンドレアス・クリステンセン(26)の退団を認めた。イギリス『ミラー』が伝えている。 チェルシーの下部組織出身で2014年10月にトップチームデビューを果たしたクリステンセン。ボルシアMGへの2シーズンのレンタルを経験して以降はファーストチョイスではないながらも堅実なバックアッパーとしての地位を確立し、公式戦161試合に出場している。 今季もここまで19試合で出番を得ているものの、現行契約が今季までのクリステンセンに対しては以前から取り沙汰されていたバルセロナへのフリー移籍の噂が今年3月に入って一気に加速。契約合意に至り、すでにメディカルチェックも完了したという情報も舞い込んだ。 そうした中、14日に行われたFAカップ決勝のリバプール戦後の記者会見に出席したトゥヘル監督は選手たちの去就について言及。レアル・マドリーへの移籍が決定的となっているドイツ代表DFアントニオ・リュディガーと同様に、クリステンセンも退団することを認めた。 「我々は主力選手を失っているように思える。もちろん、トニ(リュディガー)も、アンドレアスも退団することになる」 2022.05.16 18:45 Mon
twitterfacebook
thumb

FAカップ決勝で敗れたチェルシー、女子が翌日に女子FAカップで優勝し2冠達成《女子FAカップ》

15日、女子FAカップ決勝のチェルシーvsマンチェスター・シティがウェンブリー・スタジアム行われ、3-2でチェルシーが勝利。2冠を達成した。 8日にFA女子スーパーリーグ(WSL)で3連覇を達成したチェルシー。リーグ3位のシティと対戦した。 男子のFAカップ決勝は14日に同じウェンブリー・スタジアムで行われた中、チェルシーはPK戦にもつれ込んだ末にリバプールに敗れており、女子はなんとかタイトルを勝ち取りたいところだった。 女子FAカップ史上最多となる4万9094人の観客が集まった中、試合はチェルシーが先制。エースのサム・カーが33分にゴールを奪うも、42分に同点に追いつかれる。 63分にはエリン・カスバートのゴールでチェルシーが勝ち越し。このまま勝利かと思われたが、89分にヘーリー・ラソがゴールを決めて土壇場でシティが同点に追いつき、試合は延長戦へ突入する。 粘るシティは何度となくチャンスを作るが、99分にカーがこの試合2点目を決めて勝負あり。3-2でチェルシーが勝利し、女子は見事にFAカップを獲得。2冠を達成した。 2022.05.16 11:25 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly