今夏監督交代も好成績のインテル、マロッタCEOも現状に手応え「判断を急いではならないが…」

2021.11.30 15:34 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
インテルのジュゼッペ・マロッタCEO(最高経営責任者)が、イタリア『Calciomercato.com』のインタビューでここまでのシーズンを振り返っている。昨シーズンに11年ぶりのスクデットを獲得したものの、オーナーである蘇寧グループが財政難に陥ったこともあり、今夏にアントニオ・コンテ監督や複数の主力が去ったインテル。それでも、今季はシモーネ・インザーギ新監督の下でセリエA14試合を消化した現時点で首位と4ポイント差の3位につけており、チャンピオンズリーグ(CL)でも1節を残して決勝トーナメント進出を果たすなど、好成績を収めている。

『Calciomercato.com』のインタビューに応じたマロッタCEOも、ここまでの成績には満足しているとコメント。シモーネ・インザーギ監督を称賛すると共に、夏に同指揮官を招へいする際にも迷いはなかったと明かしている。

「我々はCLグループステージ突破という重要な目標を達成した。だが、これを(夏にクラブを批判した人たちへの)リベンジの瞬間と捉えてはいけない。スポーツにおいて判断を急いではならないのだ」

「とはいえ、もっともお金をかけた者が勝つという方程式は必ずしも有効ではない。働いている人たちの間に、チームワークと能力が必要だ。それこそ私がインテルで見つけ、強化しようとしたものでもある。おかげで我々はより自分たちに適したステージに戻ってこられた」

「人間的に見て、彼(シモーネ・インザーギ)はインテルの指揮官としての条件を満たしていた。私はすでに彼のことを知っていたから、驚きはないよ。数時間で彼を選び、コンテが成し遂げた仕事に継続性を持たせようとしてきたのだ」

「彼の名前は我々のリストに載っていたが、ラツィオと契約更新する可能性が高いと予想していた。もし彼が更新していたら、我々にとって状況は簡単ではなかっただろうね。他のクラブと比べて特徴が違うこともあり、我々はイタリア人の監督を希望していた」

また、マロッタCEOは来年1月の移籍市場についても言及しており、フィオレンティーナのセルビア代表FWドゥシャン・ヴラホビッチ(21)の獲得については否定。同時に、チームのクロアチア代表MFマルセロ・ブロゾビッチ(29)の契約交渉についても順調だと語った。

「我々は幸運にも、大きな欠点のないバランスのとれたチームを持っている。選手たちは我々に満足感を与えてくれているよ。1月の移籍市場はいつも難しいものだが、我々はチームを改善する機会については見つける必要がある」

「彼(ヴラホビッチ)は才能ある選手だ。フィオレンティーナとの間に対立があるのは知っているが、問題を解決できることを願っているよ。そして我々は、そのポジションに若い選手と経験豊富な選手をうまく組み合わせてもいる」

「もし選手が我々と一緒にいたいと思うなら、彼らを満足させることができるだろう。我々が行っているモデルと現在の困難さを理解してもらえれば、共に歩んでいけるはずだ。インテルは選手に多くのものを与えることができ、この愛情や競争力を他に見つけるのは難しいと思う。ブロゾビッチとは、すぐに合意に達することができるはずだ」

関連ニュース
thumb

劇的勝利のS・インザーギ「チームは最後まで信じた」…一方でピッチコンディションの悪さを指摘

インテルのシモーネ・インザーギ監督が感想を述べた。 インテルは22日のセリエA第23節でヴェネツィアをホームに迎え撃ち、2-1で勝利。19分に先制を許してしまったが、40分にイタリア代表MFニコロ・バレッラのゴールで追いつき、90分にボスニア・ヘルツェゴビナ代表FWエディン・ジェコが逆転弾をマークした。 最終盤の逆転劇でリーグ2試合ぶりの勝利を掴み取ったS・インザーギ監督は試合後、『DAZN』で「チームは最後まで信じた。アラタンタ戦や延長戦にもつれ込んだコッパ・イタリア、スーペル・コッパの後であるのを鑑みると、選手はよくやってくれたよ」と賛辞を送った。 その一方で、スクデット獲得に前進し続けるS・インザーギ監督はピッチコンディションの悪さもヴェネツィア相手に苦戦を強いられた原因のひとつと考えているようで、改善の必要性を訴えかけた。 「インテルとミランがともに直面する大きな問題はサン・シーロの状態だ。芝生は両チームにとってプレーができない状態になってきている」 「我々はもっとうまくやれたはずだが、芝生がひどいのが正直なところ。対策を講じる必要がある。これまであんなにもひどいのは初めてだ」 2022.01.23 13:10 Sun
twitterfacebook
thumb

ジェコの終盤逆転弾でインテルがヴェネツィアに勝利、ダービーへ弾み《セリエA》

インテルは22日、セリエA第23節でヴェネツィアをホームに迎え、2-1で逆転勝利した。 前節アタランタ戦をゴールレスドローで終え、連勝が8で止まった首位インテル(勝ち点50)は、3日前に行われたコッパ・イタリアではエンポリ相手に延長戦に持ち込み、センシの決勝弾で勝ち上がりを決めた。そのインテルはベストメンバーで臨み、ジェコとラウタロの2トップで臨んだ。 ナニが加入した17位ヴェネツィア(勝ち点18)に対し、立ち上がりから攻勢に出たインテルだったが、19分に先制される。アンパドゥの右クロスからファーサイドのアンリにヘッドで決められた。 失点後、ミドルシュートからゴールに迫ったインテルは36分にラウタロがボレーシュートで牽制すると、40分に追いつく。ダルミアンの右クロスをファーサイドのペリシッチがボレーで合わせると、GKが弾いたルーズボールをバレッラが押し込んだ。 インテルが追いついて迎えた後半も敵陣でのプレーを続けたが、自陣で守備を固めるヴェネツィアを崩しきることができない。69分にはディマルコの直接FKが枠を捉えるも、GKレッツェリーニにセーブされた。 逆転ゴールが遠いインテルは72分に3枚替えを敢行し、サンチェス、ダンフリース、ビダルを投入した。 終盤にかけても攻めあぐねたインテルだったが、90分に劇的な逆転弾。ダンフリースが右サイドを突破して上げたクロスをジェコが頭で合わせた。 これが決勝点となってインテルが勝利。代表ウィーク明け後に行われる次節ミラノ・ダービーに弾みを付ける勝利となった。 2022.01.23 04:01 Sun
twitterfacebook
thumb

ホアキン・コレア、重傷回避もミラノ・ダービーは欠場へ

インテルは21日、アルゼンチン代表FWホアキン・コレアが左足太ももにグレード2の損傷を負ったことを発表した。2週間後に再検査をすることも併せて発表されている。 コレアは19日に行われたコッパ・イタリア5回戦のエンポリ戦で先発。開始早々に負傷し、交代を強いられていた。涙を流しながらピッチを後にしたことで重傷が予想されていたが、当初よりは重くないケガで済んだようだ。 ただ、2月6日に行われる予定のミランとのミラノ・ダービーには出場できない可能性が高まった。 今季、ラツィオより加入したコレアは公式戦20試合に出場して4ゴールを挙げていた。 2022.01.22 00:30 Sat
twitterfacebook
thumb

ヴェネツィアで新たに10名がコロナ感染…週末のインテル戦は延期の可能性も

ヴェネツィアは20日、トップチームの選手、スタッフに複数の新型コロナウイルス感染者が発覚したことを報告した。 16日に行われたセリエA第22節のエンポリ戦の前日に行われたPCR検査で4名の陽性反応が確認されていたヴェネツィアだが、最新のPCR検査の結果、新たに10名の陽性判定が出たという。 なお、陽性判定者は管轄の保健当局に報告。現在のプロトコルに従って隔離されているとのことだ。 ヴェネツィアは22日にセリエA第23節のインテル戦を控えているが、開催延期の可能性もあるようだ。セリエAが新たに導入したプロトコルでは、チームの25人の選手のうち35%以上、つまり9人が陽性反応を示した場合、試合を延期しなければならないことになっている。 今回の報告で陽性者が14名となったヴェネツィアだが、そのうち何名が選手なのかは明かしていないが、イタリアメディアは選手の陽性者は8名と伝えている。 報道通りなら予定通り開催されるが、試合に出場できる選手リストは、21日午前11時までにセリエAの主催者に送らなければならず、今後更なる感染者が判明するれば開催は延期となるだろう。 2022.01.21 02:00 Fri
twitterfacebook
thumb

移籍間近のセンシが値千金の決勝点! インザーギ監督「彼が残りたいなら喜んで受け入れる」

インテルのシモーネ・インザーギ監督が、退団が近づいているイタリア代表MFステファノ・センシに言及した。イタリア『メディアセット』が伝えている。 19日にコッパ・イタリア5回戦でエンポリと対戦したインテル。立ち上がりにFWホアキン・コレアの負傷に見舞われながらも、代わりにピッチに入ったFWアレクシス・サンチェスのゴールで13分に先制する展開に。しかし、その後は追加点がなかなか生まれずにいると、61分と76分に失点し、逆転を許す。 それでも、後半アディショナルタイムにCKの流れからDFアンドレア・ラノッキアが同点ゴールを決めて延長戦に持ち込むと、試合を決めたのはサンプドリア行きが噂されてるセンシだった。延長戦から投入され、今季公式戦12試合目の出場となったセンシは、敵陣でのパスカットの流れで、ペナルティアーク中央から見事なコントロールシュートを沈めた。 センシの今季初ゴールとなる値千金の決勝ゴールでベスト8進出を決めたインザーギ監督は試合後、同選手の去就についてコメント。サンプドリア移籍が間近に迫っている中で、チームに留める選択肢もあることをほのめかしている。 「移籍市場での噂は知っている。彼は強くて質の高い選手だ。彼が留まりたいと思っているのなら、私は喜んで彼を受け入れるよ。彼は我々が自由に使える武器だ。今日は得点してくれて本当に嬉しいよ」 「我々は対話をしてきた。彼はこれからも自分の価値を見出していくだろう。私はサヨナラを言ったわけではない。ここに留めておきたいよ」 2022.01.20 15:36 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly