ヘルタ・ベルリンで監督交代! ダルダイ監督解任でトルコ人指揮官コルクト氏を招へい!

2021.11.29 23:15 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ヘルタ・ベルリンは29日、パル・ダルダイ監督(45)の解任及び、トルコ人指揮官のタイフン・コルクト氏(47)の新監督就任を発表した。契約期間は今シーズン終了までとなる。

2021年1月にブルーノ・ラッバディア前監督の後任として1年半ぶりにヘルタの指揮官に復帰したダルダイ監督。当時14位と低迷していたチームの再建を託されたが、リーグ戦16試合で4勝6分け6敗と苦しみながらも14位のままシーズンを終え、チームを残留に導いた。

5シーズンぶりの上位進出に向けて、今夏の移籍市場ではFWステファン・ヨベティッチやFWイシャク・ベルフォディル、MFケヴィン=プリンス・ボアテングらを獲得したが、開幕から3連敗と低調なスタートを切ると、ここまでのブンデスリーガで4勝2分け7敗の14位と期待外れの結果に。この成績不振を受けて、クラブはダルダイ監督の解任に踏み切った。

新指揮官に就任したコルクト氏は、シュツットガルトやホッフェンハイムのユースチームの監督を経て、ハノーファーやカイザースラウテルンでトップチームの監督を歴任。直近では2018年1月末にハネス・ヴォルフ前監督の後任としてシュツットガルトの指揮官に就任。

14位と残留圏争いに巻き込まれるチームをヨーロッパリーグ(EL)争いの7位まで引き上げる手腕を発揮したが、翌シーズンは開幕から低迷し同年10月に成績不振で解任されていた。


関連ニュース
thumb

ダービーを制したウニオン・ベルリンが8強入り! 室屋欠場のハノーファーはボルシアMGから金星《DFBポカール》

ウニオン・ベルリンは19日、DFBポカール3回戦でヘルタ・ベルリンと対戦し3-2で勝利した。ウニオン・ベルリンのMF原口元気は63分からプレー、MF遠藤渓太はベンチ入りも出場機会はなかった。 2回戦で3部所属のヴァルトホーフ・マンハイムを下したウニオン・ベルリンが、ヘルタ・ベルリンの本拠地に乗り込んだダービーマッチ。直近のリーグ戦で出番のなかった原口と遠藤は、この試合もベンチスタートとなった。 試合はウニオンが積極的な入りを見せると11分、味方のロングパスで左サイドを抜け出したクルーゼのクロスをボグルサマーが技ありボレーでゴールに流し込んだ。 一進一退の展開が続く中、ウニオンは32分にエツナリのパスで右サイドを抜け出したボグルサマーがボックス右横からクロスを入れると、これがボックス内のシュタルクの手に当たりPKを獲得。しかし、VARによる検証の結果、ボグルサマーのオフサイドを取られ、PKは取り消された。 1点を追うヘルタは、前半終了間際に決定機。46分、ミッテルシュタットのスルーパスでボックス左に抜け出したベルフォディルの折り返しからセルダーがゴールネットを揺らしたが、これはベルフォディルのけ出しがオフサイドと判定され、ゴールは取り消し。ウニオンが1点リードで前半を終えた。 迎えた後半、ウニオンは開始早々に追加点を奪う。50分、ロングボールを最前線でクルーゼが頭でつなぐと、これを拾ったエツナリがボックス右深くまで侵攻し高速クロスを入れると、ブロックに戻ったシュタルクのオウンゴールを誘発した。 リードを広げたウニオンは、54分にR・ケディラのオウンゴールで1点を返されたが、直後の55分にオチプカの左FKからクノッヘがゴールネットを揺らし、再び2点差とした。 その後、ウニオンは63分をエツナリを下げて原口を投入。試合終了間際にヘルタに1点を返されたウニオンだったが、逃げ切りに成功し準々決勝進出を決めた。 また、日本代表DF室屋成の所属するハノーファーvsボルシアMGは、ベイアーの2ゴールなど3点を奪ったハノーファーが3-0で完勝している。なお、室屋はケガのためベンチ入りしなかった。 ◆DFBポカール3回戦 結果 ▽1/19(水) ハノーファー(2部) 3-0 ボルシアMG ライプツィヒ 2-0 ハンザ・ロストック(2部) ホッフェンハイム 1-4 フライブルク ヘルタ・ベルリン 2-3 ウニオン・ベルリン ▽1/18(火) ザンクト・パウリ(2部) 2-1 ドルトムント 1860ミュンヘン(3部) 0-1 カールスルーエ(2部) ボーフム 3-1 マインツ ケルン 1-1(PK:3-4) ハンブルガーSV(2部) 2022.01.20 06:50 Thu
twitterfacebook
thumb

フィオレンティーナがピョンテク獲得! 2年ぶりのセリエAで復活期す

フィオレンティーナは8日、ヘルタ・ベルリンからポーランド代表FWクシシュトフ・ピョンテク(26)を買い取りオプション付きの半年間のレンタル移籍で獲得したことを発表した。背番号は「19」に決定している。 なお、イタリア『スカイ・スポルト』などが報じるところによれば、買い取りオプションの金額は1500万ユーロ(約19億7000万円)程度になるようだ。 ジェノアとミランでプレーした2018-19シーズンのセリエAで22ゴールをマークして、大きな輝きを放ったピョンテク。ミランでは翌シーズンから背番号「9」が渡り当てられ、大きな期待を集めた。 だが、そのシーズンは半年で4ゴールと不振に陥り、スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチが復帰した2020年1月から半ば追い出される形でヘルタへ新天地を求めた。 そのヘルタではここまで公式戦58試合に出場し、13ゴールを記録。ただ、今シーズンはリーグ戦9試合の出場でわずか1ゴールという数字に留まっていた。 フィオレンティーナは今季ここまでヨーロッパコンペティションの出場権獲得を狙える6位に位置しており、今冬の移籍市場ではリールからフランス代表FWジョナタン・イコネを獲得するなど、積極的な補強に動いている。 なお、フィオレンティーナは元々センターフォワードの枚数が少なく、ピョンテクの獲得がセルビア代表FWドゥシャン・ヴラホビッチの去就に直接影響を与える可能性は少ないようだ。 2022.01.08 22:42 Sat
twitterfacebook
thumb

ヘルタFWピョンテク、ジェノア復帰でイタリア凱旋の可能性…あとは選手次第か

ヘルタ・ベルリンのポーランド代表FWクシシュトフ・ピョンテク(26)にイタリア再挑戦の可能性が浮上している。 ジェノアとミランでプレーした2018-19シーズンのセリエAで22ゴールをマークして、大きな輝きを放ったピョンテク。翌シーズンから背番号「9」が渡り当てられ、大きな期待を集めた。 だが、そのシーズンは半年で4ゴールと不振に陥り、スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチが復帰した2020年1月から半ば追い出される形でヘルタ・ベルリンに。そして、今に至る。 ヘルタ・ベルリンでもケガの影響もあって、在籍2シーズンで公式戦13得点とインパクトを欠くが、イタリア『スカイ』によると、古巣ジェノアが再獲得に動いているようだ。 ジェノアはすでに買い取りオプション付きのレンタルでクラブ間合意。総額1700万ユーロ(約22億2000万円)の取引となり、あとはいくつかのオファーが届く選手本人の意思次第だという。 ジェノアは昨年11月からアンドリー・シェフチェンコ監督が指揮。セリエAで18位に沈む状況を脱しようと、アラタンタからMFアレクセイ・ミランチュクやFWロベルト・ピッコリの獲得にも動いているといわれる。 なお、今季のピョンテクはここまで公式戦10試合に出場しているが、先発数は4回のみ。得点数も昨年10月に行われたブンデスリーガ第7節のフライブルク戦で決めた1ゴールにとどまっている。 2022.01.05 14:45 Wed
twitterfacebook
thumb

ヘルタに打ち負けたドルトムント、バイエルンと9ポイント差に《ブンデスリーガ》

ドルトムントは18日、ブンデスリーガ第17節でヘルタ・ベルリンとのアウェイ戦に臨み、2-3で敗れた。 前節グロイター・フュルト戦を3-0と快勝した2位ドルトムント(勝ち点34)は首位バイエルンを暫定9ポイント差で追う中、ハーランドを最前線に2列目に右からブラント、ロイス、マレンと並べた。 14位ヘルタ(勝ち点18)に対し、ドルトムントは開始6分にピンチ。しかしエケレカンプのゴール至近距離からのシュートはGKヒッツがセーブした。 13分には決定機が訪れたが、ゴール前でフリーのロイスの放ったヘディングシュートは枠を捉えきれない。 続く15分にもピンチを迎え、FKの流れからゴール前でフリーのエケレカンプにシュートに持ち込まれたが、キックをミスして枠に飛ばなかった。 直後にはマオリダにネットを揺らされるもVARの末にオフサイドと判定され、またもドルトムントは救われた。 すると31分に先制する。ハーランドのパスが流れたところをボックス左に走り込んだブラントがチップキックシュートで流し込んだ。 しかしドルトムントが1点をリードして迎えた後半開始6分、同点とされる。ベルフォディルにスピードでぶち抜かれ、ボックス左からシュートを決められた。 さらに57分、ドルトムントは逆転される。ボックス手前右からリヒターにミドルシュートを叩き込まれた。 そして69分、ミスから致命的な3失点目。ブラントが自陣でパスをカットされ、ベルフォディルにボレーを打たれる。このシュートはGKヒッツが防ぐもルーズボールをリヒターに蹴り込まれた。 終盤の83分、途中出場のティゲスのゴールで1点差に迫ったドルトムントだったが、2-3で敗戦。バイエルンとの勝ち点差は9に広がった。 2021.12.19 04:27 Sun
twitterfacebook
thumb

奥川先発ビーレフェルト、ヘルタに敗戦で4戦勝ちなし《ブンデスリーガ》

ビーレフェルトは11日、ブンデスリーガ第15節でヘルタ・ベルリンとのアウェイ戦に臨み、0-2で敗れた。ビーレフェルトのMF奥川雅也は76分までプレーしている。 前節ケルン戦を引き分けた17位ビーレフェルト(勝ち点10)は、奥川が[4-2-3-1]の左MFで5試合連続スタメンとなった。 15位ヘルタ(勝ち点15)に対し、守勢の入りとなったビーレフェルトは14分にピンチ。しかし、セルダルのシュートはゴールライン前のニルソンが好カットを見せた。 その後も劣勢に立たされたビーレフェルトは36分にダリダのミドルシュートでGKを強襲されるも、ミュラーがセーブ。前半をゴールレスで乗り切った。 しかし、迎えた後半開始8分にゴールを割られる。ベルフォディルのパスからボックス中央のヨベティッチにシュートを決められた。 ゴールに迫れないビーレフェルトは、65分にようやくクルーガーが際どいシュートに持ち込むも枠を捉えるには至らない。 76分に奥川がピッチを後にしたビーレフェルトは追加タイム5分に致命的な2失点目。ゼルケにミドルシュートを叩き込まれた。 このまま0-2でビーレフェルトは敗戦。4戦勝ちなしとなった。 2021.12.12 04:28 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly