カタールのアル・ガラファがアルジェリア代表2選手を獲得、ヘルタFWベルフォディル&メスMFブラヤと2年契約

2022.08.22 09:35 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
カタール・スターズリーグのアル・ガラファは21日、ヘルタ・ベルリンのアルジェリア代表FWイシャク・ベルフォディル(30)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2024年までの2年間となる。

ベルフォディルは、リヨンの下部組織で育ち、ボローニャやパルマ、インテル、リヴォルノといったイタリアのチームでプレー。その後、UAEのバニーヤースSCに加入すると、スタンダール・リエージュ、ブレーメン、ホッフェンハイムとヨーロッパに復帰。昨夏ヘルタ・ベルリンに完全移籍で加入していた。

ヘルタ・ベルリンでは、公式戦30試合で6ゴール3アシストを記録。しかし、今季はメンバーから外れていた。
なお、アルジェリア代表として19試合に出場し2ゴールを記録している。

また、フランスのメスから同じくアルジェリア代表MFファリド・ブラヤ(29)も獲得。こちらも2年契約を結んだ。

ブラヤはクレルモンやバスティア、ジローナ、メスでプレー。メスでは公式戦132試合で18ゴール20アシストを記録。リーグ・アンでは通算85試合12ゴール12アシスト、リーグ・ドゥでは104試合で13ゴール12アシストを記録していた。

関連ニュース
thumb

英2部ワトフォード、元バルセロナFWマナイとの契約を解除

チャンピオンシップ(イングランド2部)のワトフォードは9日、アルバニア代表FWレイ・マナイ(25)との契約を双方合意の下で解除したことを発表した。 アルバニアで生まれ、11歳に頃に渡ったイタリアでキャリアを始めたマナイ。2015年にインテルに移籍するも、加入前に在籍していたクレモネーゼやペスカーラ、ピサなどへのレンタルを繰り返し、トップチームでの出番はほとんどなかった。 2017年からレンタル先をスペインに変更し、グラナダとアルバセテでプレー。そして、2020年1月にバルセロナBへの完全移籍が決定。バルセロナでは2021-22シーズンからトップチームに登録されたが、トップチームデビューは叶わないまま、昨季はスペツィアにレンタル移籍。 買い取りオプションが付随していたが行使されずにバルセロナへ復帰すると、昨年7月にワトフォードへ完全移籍。しかし、今季はハムストリングのケガで長期離脱を強いられるなど、ここまで公式戦7試合でわずか275分のプレーにとどまっていた。 2023.02.09 01:50 Thu
twitterfacebook
thumb

WBA、リーズ監督の後任候補に挙がったコルベラン監督と2027年まで契約延長

チャンピオンシップ(イングランド2部)のWBAは8日、スペイン人指揮官カルロス・コルベラン監督(39)との契約を2027年6月30日まで延長したことを発表した。 2021-22シーズンにハダースフィールドをチャンピオンシップ3位に押し上げ、プレミアリーグ昇格まであと1歩のところまで導いたスペイン人指揮官は、今季からオリンピアコスの指揮官を務めたが、わずか1カ月半で解任。 その後、昨年10月に解任されたスティーブ・ブルース監督の後任としてWBAの監督に就任すると、降格圏の22位に沈んでいたチームを昇格プレーオフ出場圏内の6位まで押し上げていた。 新契約にサインしたコルベラン監督は、クラブの公式サイトで「アルビオンでの生活を心から楽しんでおり、契約延長を勝ち取れたことを嬉しく思っている」と喜びを語っている。 かつてリーズ・ユナイテッドU-21チームの監督を歴任した経験のあるコルベラン監督には、7日にジェシー・マーシュ監督を解任したリーズが後任監督の候補に挙げていたが、今回の契約延長により可能性は消滅した。 2023.02.09 00:40 Thu
twitterfacebook
thumb

モンペリエ、デル・ザカリアン氏を新指揮官に招へい! 1年半ぶりの再任に

モンペリエは8日、ミシェル・デル・ザカリアン氏(59)の新監督招へいを発表した。 今シーズン開幕から苦戦が続くモンペリエは、昨年10月中旬にオリヴィエ・ダロリオ前監督を解任。さらに、降格圏と2ポイント差の15位に低迷するチームは、7日にロマン・ピトー監督を解任した。 そして、後任指揮官に任命されたのは、選手、監督としてクラブに在籍経験のあるデル・ザカリアン氏。 現役時代にアルメニア代表DFとしてモンペリエで活躍したデル・ザカリアン氏は、2017年から2021年まで古巣を指揮。守備的な[5-3-2]、より攻撃的な[4-3-3]の2つの布陣を併用し、在任4シーズンでヨーロッパリーグ出場権獲得にあと一歩まで迫る安定したチームを作り上げていた。 現在、モンペリエでは失点数がリーグワースト4位の45失点と勝ち点逸の大きな要因となっており、ソリッドな守備構築に定評がある前指揮官の再任は的確な動きと見ていいはずだ。 なお、デル・ザカリアン新体制の初陣は同監督が今季途中まで指揮し、勝ち点で並ぶスタッド・ブレスト戦となる。 2023.02.08 22:27 Wed
twitterfacebook
thumb

ベルギー代表新監督に37歳のテデスコ氏が就任…かつてはシャルケやRBライプツィヒを指揮

ベルギーサッカー協会(KBVB)は8日、ベルギー代表の新監督にドメニコ・テデスコ氏(37)が就任することを発表した。 契約期間は2024年のユーロ終了後までとなる。 イタリア出身のテデスコ氏はドイツ下部リーグのASVアイヒヴァルトで選手としてプレー。だが、早々に選手キャリアに終止符を打つと、若くして指導者に転身。シュツットガルト、ホッフェンハイムのU-17チームでの指揮を経て、ブンデスリーガ2部のエルツゲビルゲ・アウエでファーストチームを初めて指揮。ここでの手腕が評価されて2017年には名門シャルケへのステップアップを果たした。 就任初年度はブンデスリーガ2位フィニッシュに導く手腕を発揮したが、就任2年目は開幕から思うような戦いを見せられず、2019年3月に成績不振を理由に解任の憂き目を味わった。 その後、2019年10月にスパルタク・モスクワの監督に就任。ロシア・プレミアリーグでチームを2位に導いたが、コロナ禍における家庭の事情で契約を更新せずに退任。2021年12月からはRBライプツィヒを率い、クラブ史上初のDFBポカール制覇をもたらしたが、2022年9月に成績不振と首脳陣との確執によって解任されていた。 ベルギー代表は2016年から指揮官を務めていたロベルト・マルティネス前監督が、カタール・ワールドカップ(W杯)後に退任。以降はアシスタントコーチを務めたティエリ・アンリ氏や、クロード・ピュエル氏、アンドレア・ピルロ氏、エルヴェ・ルナール氏らが候補として挙がっていたが、いずれも合意に至らなかった。 テデスコ監督はKBVBを通じて「私にとってベルギーの新たな監督になることは非常に光栄だ。この仕事を本当に楽しみにしているし、とてもやる気に満ち溢れている。最初の話からとても良い気分だった」とコメントしている。 タレントが豊富にいた世代もベテランの域に達しており、チームとして再建が必要になるベルギー代表を託される青年監督。3月からユーロ2024の予選がスタートし、3月24日のアウェイでのスウェーデン代表戦が初陣となる。 2023.02.08 18:25 Wed
twitterfacebook
thumb

三笘薫の幼馴染、日テレ・ベレーザのMF三浦成美がアメリカのノースカロライナ・カレッジへ完全移籍「緑の血を大切にサッカーをしたいです」

日テレ・東京ヴェルディベレーザは8日、なでしこジャパンのMF三浦成美(25)がアメリカのノースカロライナ・カレッジへと完全移籍することを発表した。 三浦は日テレ・メニーナから日テレ・ベレーザに昇格。ブライトン&ホーヴ・アルビオンで活躍する日本代表MF三笘薫とは実家が近く幼馴染としても知られている。 中学入学と同時にメニーナに入団。若くしてその才能を見出され、世代別の日本女子代表はU-16から経験。現在は日本女子代表として活躍している。 2019年の女子ワールドカップに出場した他、2021年の東京オリンピックにも出場。なでしこジャパンとして31試合に出場し1得点を記録している。 これまでなでしこリーグでは68試合1得点、なでしこリーグカップでは29試合3得点、WEリーグでは22試合出場、WEリーグカップでは5試合に出場、皇后杯では25試合で8得点を記録していた。 なでしこリーグ時代には4度の優勝、リーグカップも3度優勝。皇后杯も5度優勝している。 三浦はクラブを通じてコメントしている。 「このたび、アメリカのノースカロライナ・カレッジへ移籍することになりました。まず突然のご報告とシーズン途中での移籍となってしまい、申し訳ないです」 「チーム状態も良くなってきて、これからリーグの後期が始まるという中で難しい決断にはなりましたが、しっかりと自分で考え、決断しました」 「このクラブには小学生の時からスクールで通っていたので、14年間お世話になりました。毎日坂の上のグラウンドに通い、男女混合で色んな世代が集うこの場所でボールを蹴るのが大好きでした。ここには言葉で表せないような特別な想いがあります」 「メニーナ、ベレーザと緑のユニフォームを着て闘えたことは私の誇りです。サッカーに本気で向き合い、常に成長を追求し、何よりサッカーを楽しむ集団です。そんな選手、スタッフが大好きです。ここまで一緒にプレーしてくれた仲間にも心から感謝しています」 「試合に出られない時期や勝てない時期もありましたが、みんなにたくさん助けられました。先日の皇后杯の優勝も心の底から嬉しかったです」 「新天地でもここで学んだことを存分に活かして、何がやれるか、何が足りないか、常に成長を求めて頑張りたいと思います。どこへ行ってもいくつになっても緑の血を大切にサッカーをしたいです」 「長くなりましたが、12歳から25歳に至るまで、私を育てて下さった指導者の方々、クラブ関係者の方々、家族に心から感謝しています。またパートナー企業のみなさま、どんなに苦しい時期でも拍手して応援して下さったファン・サポーターのみなさま、ホームタウンのみなさま、本当にありがとうございました。離れる身ではありますが、このチームは最高です!後期のベレーザも応援を宜しくお願いします」 ノースカロライナ・カレッジはアメリカのナショナル・ウーマンズ・サッカーリーグ(NWSL)に所属。昨年はリバプールへと移籍したなでしこジャパンMF長野風花が所属していた。 2023.02.08 09:58 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly